学校案内

ホーム > 学校案内 > 学校長メッセージ

学校長メッセージ

校長 佐藤 芳孝
文京学院大学女子中学校 高等学校
統括校長 佐藤 芳孝

将来の専門性に繋がる学び - コース制

 

 グローバル社会における一人ひとりのキャリアを考えた時、何よりも専門性を持つことが強く求められるという認識を私たちは持っています。それはいかなる分野であっても専門性をもつことで際立った存在になることができ、専門性を持つグローバルなネットワークにつながる可能性が飛躍的に高まると考えています。言うまでもなく、深い専門性は一朝一夕に獲得できるものではありません。従って、高等教育の前段階である中学、高校においては、専門性に繋がるプロセスを重視した学びの体系が求められると考えました。
 生徒には、自分の好きなことを大切にすること、将来への夢を持ち続けることを日頃より強調しています。誰しもが秀でた能力をもち、誰しもが好きなことを持っています。それを見つけ支えていくというのが私たちの役割と考えました。それがコース制です。幸い、昨年、今年とコース制の意義を十分理解した上で多くの生徒が本校を目指してくれました。才能ある個性的な生徒ばかりです。私たちはそのことに手ごたえを感じています。
 コース制はアドバンストサイエンス/理数キャリア、グローバルスタディーズ/国際教養、スポーツサイエンス/スポーツ科学から成ります。本校はスーパーサイエンスハイスクール(SSH)とスーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイトの指定を受けていますが、それらのプログラムを通して蓄積した教育力を全てのコースに投入することで、生徒の潜在能力を掘り起こしていきます。例えば、SSHプログラムでは探究学習と発表力養成を重点的に進めてまいりましたが、そこで得られた知見は全てのコースに生かされます。私たちは常にグローバルキャリアを強く意識していますので、アドバンストサイエンス、スポーツサイエンスにおいても、当然のこととして英語学習は重視されます。
 中学、高校で得られた学びや経験は将来において必ずいきてきます。日常の学校生活を通して良好な人間関係を作ることや規律ある生活を送ることは学びと不可分です。むしろ学びの前提になると考えています。その上で、いかなる場面においても、自律的に学ぶことを生徒に求めていきます。私たちは、グローバル社会で受動的に生きていくためではなく、多様性を尊重する確かなグローバル社会を高度な専門性を持ってデザインできる人材を育成していきたいと考えています。

 

中高一貫部校長 南部 和彦
中高一貫部校長
南部 和彦

変革の担い手を育てる


 日本は今、成長期を終え、少子化、高齢化を迎え世界でも類をみない成熟社会に突入しています。それに伴い解決しなければならない課題も山積しつつあります。どのようにこの問題を解決していくか、今世界が日本の動きに注目しています。 そしてこの課題の解決に当たるには従来の学びだけでなく、付加価値のある新たな学びを習得した人材が必要とされています。
 これまで重視されてきた知識の量ではなく、どれだけ自ら深く考え、練り上げ、さらに自分の考えを他者に伝え、表現できるかが求められています。いわゆる思考力・判断力、表現力です。 民間のある調査機関によれば2030年には49%の仕事がロボットや人工知能によって代替えされており、単純な情報処理や労働はもはや人間の仕事ではなくなっているとの予測を発表しています。 ロボットや人工知能が登場している時代においては人間にしかできないと言われている想像力や創造力が必要となり、この力を醸成するための思考力・判断力・表現力が一層強く求められています。
 このような時代の動向を踏まえながら、次世代育成のための「特色ある教育の展開」に取り組むことは私立学校の使命であると考えています。 文京学院においては、変革の担い手を求め、コース制を通して5年後、10年後の新しい時代においても果敢に課題の解決に立ち向かっていく女性グローバルリーダの育成を図っています。
 文京学院におけるこれまでの地道な取り組みは文部科学省より高く評価され、平成24年度にはスーパーサイエンスハイスクール、平成27年度にはスーパーグローバルアソシエイト校の指定を受けました。 この両指定による研究の成果は中高の授業における質の高さで検証することができます。一斉指導による授業をベースに基礎・基本の定着を図りながら、生徒自らが授業に参加していく対話型の授業を積極的に展開しています。教師が教えるのではなく、生徒自身が課題を見つけ、疑問から仮説をたて、自分で検証し、それを発表する力です。中高ではこの「探求型学習」を全学年における学びの中で活かしています。一昨年のアクティブラーニングの導入に伴い、ICTの活用による授業も取り入れ、生徒の学習意欲の喚起にも一層の改善を図っています。
 また2020年問題では「高等学校基礎学力テスト」の重要性が叫ばれるようになってきています。本年度は文京学院においても生徒の基礎学力の確実な定着に向けてICTの活用による指導も同時に展開していきます。 このような多面的な学びの積み重ねが明日の日本を変える、変革の担い手の育成につながると信じています。この学びこそが6年間ご子女をお預かりする文京学院の中高一貫教育の大きな特色と言えます。5年後、10年後の変化の激しい社会においても、力強く、しかもしなやかに世界という舞台で活躍できる文京学院生を本年度もしっかりと育てて参ります。

 

121e64b9e59cd8c99631b36177768c343131b23f.jpg
高等部校長
清水 直樹

高等部校長就任にあたって


 平成28年4月より、文京学院大学女子中学校高等学校の高等部校長に就任しました。私の前任であった佐藤芳孝校長は、中学高校統括校長として学校全体をマネジメントする立場となります。今後は、佐藤統括校長、中高一貫部の南部和彦校長とともに、私も高等部の責任者として、歴代の校長がこれまでに築き上げてこられた教育理念をしっかりと受け継ぎ、高等学校での教育活動に取り組んでまいります。
 佐藤校長就任からのこの7年間で、文京学院は、グローバル化が急速に進む今後の社会を見据えた教育改革に挑戦し、その一つ一つを着実に実行してきました。2012年に「スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)」の指定を受けることができましたが、これは都内女子校では初めてのことです。2015年には、さらに「スーパー・グローバル・ハイスクール・アソシエイト(SGH)」の指定を受けることができ、全国でも29校しかないSSHとSGHのダブル指定校となりました。校舎のバリアフリー化を進めると共に、新しい学びの形を創出するための「アクティブラーニングスタジオ」を設置するなど、施設の充実にも取り組みました。また、従来の中学校舎を「進学棟」として高校3年生のみの校舎とすることで、生徒たちの多様な進路目標をサポートしていく体制を強化し、進学実績も年々上昇しています。中学1年生から高校2年生までが一体化して本部棟で学ぶこととなり、中高一貫教育の体制もますます強化されました。2010年から開始された「国際塾」では、英語運用能力を高める講座が年間を通して展開され、英語力を高めるのはもちろんのこと、海外大学へ進学する生徒も少しずつですが増えてきました。本校では部活動も盛んです。この部活動を通して成長する生徒も多いため、さらにその教育効果を高めようと、バレーボール、サッカー、ソフトテニス、新体操をはじめとした多くの部活動を学校指定部として、「スポ学」という文武両道の理念を各顧問が共有するなど指導体制を整えてきました。
 こういったさまざまな教育改革をベースとして、2015年から、中学高校ともに「グローバルスタディーズ / 国際教養」「アドバンストサイエンス / 理数キャリア」「スポーツサイエンス /スポーツ科学」の新しい3つのコースが始動しました。この3つの新たな学びのステージをさらに発展させていくことはもちろんですが、停まることなく急速に変化していく現代社会の中で、どんな力が必要とされているのかを見極め、新たな改革を推し進めていくことが、私に課せられた使命であると思っております。
 文京学院は本年度で創立92年目となります。創立者島田依史子先生が掲げた「自立と共生」の建学の精神と「誠実・勤勉・仁愛」の校訓を、日々の教育活動に具現化していきながら、卒業生、保護者、教職員をはじめとする学園を支えてこられた多くの関係者の皆さまが守ってこられた伝統を受け継ぎ、次世代にしっかりと継承していくことも大切な使命の一つと思っております。8年後の100周年を迎える時に、さらに発展した文京学院の姿を見ていただけるように、私の座右の銘でもある「人事を盡して天命を待つ」に倣い、誠心誠意、人事を盡して職務に取り組んでまいります。

 

文京学院このページの先頭へ

入試・説明会

スーパーグローバル
ハイスクールアソシエイト

スーパーサイエンス
ハイスクール

クラブ活動