学校案内

ホーム > 学校案内 > 学校長メッセージ

学校長メッセージ

 

 

170403.jpg
中高一貫部校長
水上 茂

多様性を重んじる思いやりの心を育む


 今年で創立94年を迎える本校は、創設者島田依史子先生が掲げた「誠実・勤勉・仁愛」の校訓のもと「女性の自立」を教育目標に社会に貢献する人材を輩出することを目標にしてまいりました。こんにちの共生社会においても、校訓の精神が、誰にでも求められる資質であることに変わりありません。本校では、生徒一人一人が、時代の要請に応えられる事、普遍的・伝統的なものにも価値を見出せる事など、単に数字では表すことの出来ない事を大切にしてまいります。
 グローバル化の名の下に、目まぐるしく環境が変化する中、現代の社会では戦後70年以上過ぎた今も様々な問題が山積しております。次の世代を生きる子供達には、問題を提起し、その問題にどのように取り組み、それを解決し、どのように世界に示していけるかが問われています。このような時代の動向を踏まえながら、本校では3つのコースを設け、教育活動を展開しております。この取り組みは、文部科学省より「ス-パーサイエンスハイスクール(SSH)(2012~2017)」、「スーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイト」の両指定という形に結実いたしました。
 今後とも中高6年間の様々な取り組みを通し、一人一人の個性を大切に多様性を重んじる思いやりの心を育み、それをすべての基として「思考・判断・表現」できる生徒を世に送り出したいと考えております。

 

121e64b9e59cd8c99631b36177768c343131b23f.jpg
高等部校長
清水 直樹

国際・理数・スポーツ 3コース制のさらなる推進へ


本校は、グローバル化が急速に進む今後の社会を見据えた教育改革に挑戦し、その一つ一つを着実に実行してまいりました。その結果、文科省から「スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)」の指定(2012~2017)を受けましたが、これは都内女子校では初めてのことでした。また、今年度は「スーパー・グローバル・ハイスクール・アソシエイト(SGH)」の指定(2015~)を継続して受けています。これは、本校の「国際教養コース」「理数キャリアコース」「スポーツ科学コース」という3つのコースを学びのステージとした、探究活動をはじめとする教育活動が評価されてのことです。 また、放課後に実施する「国際塾」では、英語運用能力を高めていくために、英語の四技能をバランスよく身につけるための講座が、年間を通して実施されております。バレーボール、サッカー、ソフトテニス、新体操などスポーツ活動も盛んです。この活動を通して成長していく生徒も多いため、さらにその教育効果を高めようと、「スポ学」という文武両道の理念を各顧問が共有するための指導体制も整えてまいりました。こういった教育活動で培っていく主体的な学びの姿勢と協働性の力は、2020年に向けて改革が進められている大学入試に対応していくと同時に、常に変化し続けるグローバル世界の中で、たくましく、しなやかに生きていくための大きな力になると確信しております。本校は本年度で創立94年目となります。創立者島田依史子先生が掲げた「自立と共生」の建学の精神と、「誠実・勤勉・仁愛」の校訓を日々の教育活動に具現化していくために、教職員一同、皆さん一人ひとりに寄り添い、積極的に働きかけ、多様な学びの機会を提供してまいります。

 

文京学院このページの先頭へ