国際教育プログラム

ホーム > 異文化体験プログラム > Aussie BEST

異文化体験プログラム

Aussie BEST

Aussie BEST写真(Bunkyo English Study Tour)
私たちはオーストラリア・ゴールドコーストのSt.Hildas School(セントヒルダ高校)の生徒の家で2週間のホームスティをしました。
そこでは日本では味わえない体験、たくさんの人々との出会いやいろいろなものを通して、自分自身の成長や変化、客観的に見える日本の生活etc...今までにないものを得ることができたと思います。オーストラリアでの2週間は私たちの中で一生かけがえのないものになるでしょう。  (Aussie BEST 団長)

 

日付 研修スケジュール 16日間(夏休み期間中) 宿泊場所
1日目 <夜>
航空機にてオーストラリアヘ (ケアンズ経由ゴールドコースト行き)  
機中泊
2日目 <午後>
ゴールドコースト着。
バスでセントヒルダ高校へ。
ホストファミリーと帰宅。
  ホームステイ
3日目
~
15日目
<学校生活>
現地の高等学校(St. Hildas School)に入りオープニングセレモニーのあと、ESLによる英語授業やセントヒルダの授業(日本語授業他)に参加します。セントヒルダの小学校、幼稚園の生徒との交流もあります。バディ達と一緒に日本文化紹介を通して交流を深めます。
また、自然保護動物園や国立公園、水族館などへのアクティビティやブリスベンの博物館・美術館見学も行います。
<週末>
ホームスティ先のホストファミリーとともに自由に過ごします。
ホームステイ
 
    
歓迎セレモニー    ESL英語授業 
   
日本語クラスの授業    幼稚園訪問 
   
セントヒルダ校舎    自然保護動物園 
16日目 ゴールドコーストより航空機にて帰国の途へ
成田空港着 到着後、成田空港にて解散
 

 

 

当プログラム参加に当たって

異文化理解という修学旅行・語学研修の本来の趣旨を理解し、現地の人々とのコミュニケーションを深め、文化交流に努めること。
本校英語クラスの一員として国際理解に努め、広い視野で物事を判断すること。
一人の人間として責任ある行動をとり、協調性をもって行動すること。
常に健康管理に留意し、自己の内容に心がけること。

 

St.Hildas School について

 創立は1912年。伝統ある私立の女子校で、生徒数は幼稚園から高校まで約1,100人。  オーストラリアのクイーンズランド州ゴールドコーストのサウスポートに位置している。敷地は14ヘクタールの緑に囲まれたキャンパスとなっている。キャンパスには幼稚園、小学校、中学、高校それぞれの校舎の他、2つの図書館もある。図書館は資料や本が充実しており、生徒の人気も高い。学業だけでなく、スポーツやクラブ活動にも力を入れていて、バスケットボールやバドミントン、バレーボールの室内コートも用意されている。テニスコートは屋外にも設置されている。
 生徒は、自宅からの通学生の他に、寮生も在籍。自ら率先して行動をし、自立するための環境も整っている。学生食堂のメニューも充実していて、イベント時には豪華な夕食や伝統的な食事も味わうことができる。保健室では体調管理のアドバイスや予防接種も受けられる。初めて寮に入る生徒達の不安も考え、アドバイザーも用意されている。
 ゴールドコーストはクイーンズランド州の南東部で、ブリスベンから94km南。人口は約540,000人。クイーンズランド州では、ブリスベンに続く2番目に大きな都市。年間約83万人の観光客が訪れる。観光客にはサーフィンなどのマリンスポーツに加え、世界自然遺産にも登録されているスプリングブルック国立公園やテーマパークなども人気。気候は亜熱帯性気候で年間を通して暖かく、平均気温は25℃、最低でも15℃と過ごしやすい。

 

 

2014年度 Aussie BESTの様子(高校2年 英語クラス)

成田空港を発って約8時間、ゴールドコーストに到着します。時差は1時間ほどなので、時差ボケはありません。日中の気温は23度ぐらい(夜は10度ぐらいまで下がります)。湿気のない爽やかな風と、真っ青な空に迎えられ、St.Hilda's Schoolへ向かいました。St.Hilda's Schoolは、1912年に創立された伝統校。14ヘクタールの緑に囲まれたキャンパスには、幼稚園、小学校、中学、高校それぞれの校舎があります。私たちは、滞在中この学校で生活し、ESL(英語授業)やバディ(St.Hilda'sの生徒:滞在中さまざまな面でサポートしてくれます)の授業に参加したりします。この学校へは、空港から約1時間ほどですが、途中、観光名所やブーツメーカーの「UGG」の工場に立ち寄りつつ学校へ向かいました。学校に到着すると、St.Hilda'sの先生に案内されながら、その広大なキャンパスを見て回りました。美しい芝と、日本の学校とは違う校舎の造りに、いちいち歓声を上げながら、約1時間ほどのキャンパスツアーとなりました。放課後(15:30頃)、ホストファミリーと初対面です。ほとんどのホストファミリーが(高級)車で登下校を送迎してくれることになります。16日間、文字通り家族となる人たちとの対面に、期待と不安の混じった表情で挨拶を交わした後、生徒たちは各家庭へと向かいました。

 

Aussie1 (1).JPGAussie1 (3).JPGAussie1(2').JPG


週末は各家庭で過ごします。家族全員で子供のサッカーの試合を応援に行ったり、クルーザーに乗ってWhale Watchingに繰り出したりと、家庭によって週末の過ごし方は様々ですが、異文化に触れるという点では一緒。それぞれに充実した週末を過ごしました。
平日は、大きく分けて2種類のプログラムがあります。ひとつはSt.Hilda'sでのESLの授業およびキャンパス内でのプログラムです。英語教育のプロフェッショナルによる授業は、趣向を凝らした教材が用いられるだけでなく、体を使ったりゲームを取り入れたりと、非常に充実したものです。約15名ずつの少人数授業も効果が高いものです。ESL最終日には、St.Hilda'sの先生から一人ひとりに修了証が渡されます。また、キャンパス内にある幼稚園への訪問は生徒たちが心待ちにしているプログラムのひとつでした。折り紙を教えてあげたり、日本語で「キラキラ星」を歌ってあげたりと、わずか2時間の訪問でしたが、帰り際には園児からハグの嵐でした。その他、バディと一緒にSt.Hilda'sの授業に参加するのもいい経験になります。バディごとに授業が異なるため、科学の授業や日本語の授業など、様々な授業に参加する機会があります。もちろん英語で行われる高校1年~3年の授業を完全に理解することは難しいことですが、それを実感することで、さらに英語学習に対するモチベーションが高まります。

Aussie2 (1).JPGAussie2 (2).JPGAussie3 (1).JPG


学外でのプログラムでは、Griffith UNIVのキャンパスツアーに参加したり、ブリスベン(バスで1時間ほど)で博物館と現代美術館を訪れ、アボリジニの文化について学ぶこともできました。また、動物園でオーストラリアの動物に触れたり、海のテーマパークを満喫したり、巨大なショッピングモールやサーファーズパラダイスで買い物に勤しんだりと、多岐に渡りゴールドコーストを満喫しました。

Aussie4 (3).JPGAussie4 (2).JPGAussie4 (1).JPG

    
学内プログラムのメインはCultural Presentation(日本文化紹介)です。この日のために5月から準備を進めてきたプレゼンテーションを披露します。今年は、「七夕とはなにか」「日本の伝統的な遊び」「日本の昔話」「習字」など日本独特の文化を紹介、体験してもらいました。このプレゼンテーションに参加したSt.HIlda'sの生徒は日本語の授業を選択している約40名。日本文化に興味が強く、次々にブースを訪れては熱心に説明を聞いてくれました。準備が功を奏し、どの班も満足いくプレゼンテーションができたようです。

Aussie5 (1).JPGAussie5 (2).JPGAussie5 (3).JPG


こうして本当に多くのことを経験できた研修も最終日を迎えました。集合場所までホストファミリーが(高級)車で送ってくれます。16日間を毎日過ごしたホストファミリーはもはや家族同然です。別れるのがつらく、涙が止まらない生徒も。しかし、このとき国や言語を越えた人間関係が築けることに気づけるのだと思います。成田空港に着いたとき、出国時よりも、生徒が一回も二回りも大きくなったように感じました。

Aussie6 (1).JPGAussie6 (2).JPGAussie6 (3).JPG

文京学院このページの先頭へ