国際教育プログラム

ホーム > SGH > 「アジ研」第2回指導

SGHアソシエイト

「アジ研」第2回指導

05月

7日

2016

本日は、SGHプロジェクト『アジア研究』の第2回目の集まりです。
今回は各自の本格的な研究に向け、全員でシンガポールを題材として模擬調査を行いました。全体を4人組の3班に分け、それぞれで設定された4項目を分担してPCを用いて調べます。その後、各班で各項目の担当者たちが情報を持ちよって、全体の前で発表する。その後、聞いていた残りの人たちから、その発表に対してフィードバックしていくという流れでした。調査に際しては、今回メンターとして参加してくれた東京海洋大学がお手伝いしてくれました。
その後は、今度は小松先生から、新聞記事 を用いて(丁度この日の朝刊からシンガポール前首相のインタビュー 記事を引用)、全員の発表内容を掘り下げていきました。一つの題材を、レポート作成を意識してのアカデミックな取り組み方 は、今後生徒達が様々な場面で取り組むことになるプロジェクト課題でも参考になるものです。
今までよりも一段階上の、『調べ学習』に 生徒も大きな刺激を受けていたようです。 今後の取り組みが楽しみになってきました。順次ご報告いたします! 乞うご期待。  

(SGH教育センター 佐藤 記)

af5ab96a9d97adbe0d76c898cf769d47f7dfe8c2.JPG20150507asia-ken (2).JPG20150507asia-ken (3).JPG20150507asia-ken (6).JPG20150507asia-ken (5).JPG20150507asia-ken (7).JPG

文京学院このページの先頭へ