国際教育プログラム

SGHアソシエイト

お知らせ

2019.04.03

「SGH甲子園2019」出場

2018.10.29

拡大版アジ研~Asian 5 Stars~

2018.10.20

ユネスコスクール認定

2018.08.23

グローバルスタディーズセミナー 最終日

2018.08.21

グローバルスタディーズセミナー その2

2018.08.20

グローバルスタディーズセミナー 開講!

2018.01.29

国際交流委員会

2017.07.19

INSPIRE@東京海洋大学 報告

2017.07.12

国際交流委員会②

2017.06.28

国際交流委員会①

2016.11.11

中学3年生:企業見学会まとめ

2016.05.18

高校1年生:シンガポールの大学生が出前授業

2016.05.07

「アジ研」第2回指導

2016.04.23

「アジ研」第1回指導

2016.04.16

国際教養コース2年対象:「アジ研」募集

2016.04.11

学生が生徒に「感動と刺激」

2015.09.09

中学校1年生:アドバンストサイエンス 第3回活動報告

2015.08.23

Global Studies Seminar アクティビティ(その3)

2015.08.22

Global Studies Seminar アクティビティ(その2)

2015.08.22

Global Studies Seminar アクティビティ(その1)

2015.08.21

Global Studies Seminar 2日目

2015.08.20

Global Studies Seminar 1日目

2015.07.07

中学1年生:アドバンストサイエンス 第2回活動報告

2015.06.30

探究の技法 中間発表

2015.06.29

総合学習 中間報告会

2015.06.22

高校1年生:探究の技法 中間発表

2015.06.20

高校1年生:探究の技法・根源の探究

2015.06.16

高校1年生:探究の技法・根源の探究

2015.06.10

中学1年生:ファンデーションステージプログラム その3

2015.06.09

高校1年生:探究の技法・根源の探究(総合学習)

2015.06.03

中学1年生:ファンデーションステージプログラム その2

2015.05.30

中学1年生:ファンデーションステージプログラム

2015.05.15

国際教養コース:課題研究がスタート。

高校1年生:探究の技法 中間発表

06月

22日

2015

20150622-01.JPG20150622-02.JPG総合学習の時間に行っている、探究の技法「共生社会研究」の中間発表日。国際教養コースのグループ発表を、担任以外の先生が、聞いて、コメントを出してくださいました。本番の発表は秋の文女祭です。そこまでに、上手にまとめることができるでしょうか。

高校1年生:探究の技法・根源の探究

06月

20日

2015

いよいよ中間報告が来週に迫ってきました。
調査が「追い込み」段階で少し焦っているチーム、報告時に示す資料を作成しているチーム、報告内容の整理もできて自主的にリハーサルを行っているチーム...。ペースはそれぞれですが、どのチームもメンバー全員が一生懸命自分の仕事に取り組んでいます。
来週の中間報告では、担任以外の教員もアドバイザーとして立ち会います。どんな報告になるのか、楽しみです。

IMG_0232.JPGIMG_0236.JPGIMG_0235.JPG

 

高校1年生:探究の技法・根源の探究

06月

16日

2015

前回、チーム編成とテーマ選びを済ませた1年楓組ですが、限られた時間で中身の詰まった研究をするには、テーマの決め方に曖昧さが残るチームが多くありました。
そこで、今回は、研究対象の絞り込みを中心に、担任の助言も参考にしながら各チームで話し合いを進めました。学校教育について国際比較をするチームでは、経済状況や地理的な位置などを考慮しながら、どの国を比較対象にするか検討しました。また、テレビの教育番組について研究するチームでは、自分たちの幼少期に親しんだ番組を思い出しながら、それぞれの番組が視聴者の目をそらさせないためにどのような工夫をしているのか、意見を出し合っていました。

夏休み前には、これまでの研究の進捗を報告し合う「中間報告」の機会が設けられます。

 

IMG_0217.JPG     IMG_0219.JPG

中学1年生:ファンデーションステージプログラム その3

06月

10日

2015

ファンデーションステージプログラムその3では、前回までに作ったしあわせマップを給食に応用して「しあわせ給食」を考えて発表しました。

ルールや常識を忘れて想像力を働かせること・グループで意見を共有すること・そして皆の前で積極的に発表することが目標でした。

動物がしあわせを運ぶと考えたグループの提案した給食は、『給食中に動物が教室内を歩いている給食』でした。動物に餌をあげることもできるらしいです。衛生の問題など気になることもありますが、ウサギが飛び跳ね、ハムスターが移動し、犬がそばにいる給食はとても癒されそうだと皆から好感触でした。

ディズニーランドがしあわせを運ぶと考えたグループは、「10回残さずに食べられた子にTDLチケットが渡される給食」を提案しました。残り物が減り、環境にもやさしいとのことでした。

家族との時間がしあわせを運ぶと考えたグループは、「家族とモニターでチャットできる給食」を提案しました。テクノロジーの進化を痛感する提案です。また、家のご飯が一番おいしくてしあわせだから、「お母さんたちが作ってくれる給食」を提案するグループもいました。

3クラスが混ざり合い、普段一緒にいる友達ではないメンバーでグループになりましたが、積極的に意見を交換して楽しく「しあわせ給食」を提案することができました。

IMGP2120.JPGIMGP2123.JPGIMGP2124.JPGIMGP2140.JPGIMGP2164.JPG

IMGP2118.JPG

高校1年生:探究の技法・根源の探究(総合学習)

06月

9日

2015

高校1年の国際教養コースでは、SGHの構想に沿って課題研究を行っています。研究テーマは、国際教養コースの統一キーワード「共生・境界・根源」に加え、各クラスの担任が提示する「第4のキーワード」から生徒自身が考えてゆきます。楓組の「第4のキーワード」は、教育です。現代の世界が抱える「教育」を巡る諸問題を洗い出し、その解決方法を模索します。
今回は、チーム編成と各チームのテーマ決めを行いました。自分たちにとって最も身近な社会問題ですから、各チームでの話し合いでも、テーマ候補がいくつも出されました。教育内容や学力の国際比較など、国際教養コースらしいテーマも多く見られました。

次回は、研究をより「濃い」ものにするため、研究内容の絞り込み・テーマ設定の再検討を行います。

IMG_0181.JPG

IMG_0180.JPGのサムネイル画像

前の5件 1  2  3  4  5  6  7
文京学院このページの先頭へ