club

ホーム > クラブ > サッカー > 草津4日目

クラブ

サッカー
活動報告

草津4日目

[ カテゴリ:サッカー ]

07月

25日

2014

高校Aチーム

全国大会常連の広島文教さんと最終戦を行いました。U17日本代表選手を擁する、素晴らしいチームです。前半、見事に先制され、その後も押されましたが、後半、相手のミスをすかさず突いた稲田選手がループシュートを決め、同点に。ここで、ペースを戻すかと思われましたが、DFがオフサイドだと判断してプレーを止めてしまったところでボールを奪われ、豪快なシュートを決められました。「笛が鳴るまでやめない」攻守ともに、大切なことだと、痛感したことでしょう。せっかく同点に追いついたのに、その直後にまた逆転。心が折れたこの瞬間を、どう立て直せるかが、課題です。ガックリしてしまい、ラインコントロールもうまくいかず、運動量が落ち、2失点。合計1-4の完敗でした。予選リーグは全勝でしたが、1位リーグでは、1勝4敗でした。DF陣は、交代なしで1位リーグの5試合を戦ったので、合計250分、全国レベルの攻撃陣と戦い、かなり疲れたと思いますが、チーム強化の良い機会になりました。そして、この大会では攻撃陣で1年生の有澤選手、相原選手を起用する機会を増やし、新たな可能性も見い出せました。

IMGA0979.JPG

IMGA0982.JPG

 

 

 

 

 

 

 

実力を思い知らされた選手たち。まだまだ運動量が少ない・・・ヘディングで競り勝てない・・・攻撃の圧力が足りない・・・クロスボールへの入り方が悪い・・・ひとつひとつの課題がはっきりすることで、練習のモチベーションも上がることでしょう。

閉会式の後、13時45分に草津温泉を出て、石川県の和倉温泉に19時15分に到着。5時間30分のバスの移動でしたが、選手たちは、歌をうたいながらハイテンション・・・敗戦のショックなど、まったく無いようでした!きれいな日本海が見えてくると、歓声が上がり、さらに瓦屋根の大きな家や、牧歌的な車窓の風景に、「心が洗われる!」と、感動していました。そして、到着後すぐに、「うまい!」を連呼しながら、たくさんご飯を食べました!「私たちは、家族よりも長い時間一緒にいるよね。」と、ある選手がつぶやきました。普通のチームが、エリート集団に勝てるとしたら、「家族を守るためなら、つらいことも頑張る」という、組織のために、自己を犠牲にできる選手集団になることだと、常に思って指導しています。それが「生きる力」に変化し、社会に出た時に役に立つ・・・

明日は、9時から 松商学園(長野) 13時40分から 大阪桐蔭(大阪) と 対戦します!

石川県和倉温泉多目的グランド Bコート

IMGA0995.JPG

IMGA0997.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高校Bチーム+中3

群馬県の太田商業高校さんと最終戦を行いました。千葉選手が膝の不調で欠場。苦しい状況でしたが、3-1で勝利しました。今回は、いつも試合に出ている7名の中3と、いつも試合に出ていない高校生でチームを組みましたが、「負けたら悔しい。負けるもんか!」と、闘志を表すのは、いつも試合に出ている中3でした。試合に出ていない選手が、どのようにモチベーションを上げていけるか、いろいろと試行錯誤が必要かと思いました。

中学1・2年生チーム

1試合目 愛知松陰 15分ハーフ 4-1
2試合目 八千代松陰 25分ハーフ 3-0
紅白戦 中1.2ベストメンバーvs中3&バックアップメンバー   0-1

IMGA0985.JPGimage (1).jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日間のトレーニングの確認&成果が、今日の最後の紅白戦でした。毎日行っていた、八千代松陰との練習ゲームでは、日に日に、中1.2のトレーニング成果が意図的に出せるようになっていましたが、紅白戦では、中3チームが主導権を握っており、このチームの良いところは何も見えてきませんでした…
しかし、明日からのゲームは、中1.2が主体のチームで勝負します。
やはりエースストライカーがいない今年のチームは、カウンターサッカーだけではなく、攻撃に厚みを増やすことが必要だと感じました。試合&トレーニングで実りある大会にしたいと思います。

文京学院このページの先頭へ