club

ホーム > クラブ > サッカー > 中学サッカー部 石川遠征

クラブ

サッカー
活動報告

中学サッカー部 石川遠征

[ カテゴリ:サッカー ]

11月

5日

2014

石川遠征では、
中1.2だけのチームを作るということよりも、個の発見がテーマでした。今回の大会ではただ単に試合数をこなす事よりも、映像で試合を分析し、自分たちがどんなプレーをしているかということを確認させました。守備・攻撃とラインを引かず、どのポジションの選手も共通理解を持てるようにA、B関係なく見せました。具体的には、DFライン4人の距離感、ボールの奪い方、自分たちがどこでプレーしているのか‥などです。

村松(中1)、藤井(中2)はエースとしての自覚が出てきました。松村は、相手によっては、ガンガン攻撃的に攻めることもできますが、全国レベルの楠クラブとの試合では何も通用していませんでした。そこはまだ中1ということで、これからに期待したいと思います。藤井は、どの相手に対しても臆することなく1対1の勝負に挑み、勝負にこだわっていました。また、自分の課題であったヘディングも少しずつ出来るようになっていました。責任感が出て来たのかと思います。それに比べ、今まで活躍していた選手の中に、殆ど目立たなくなってしまった選手もいました。逆に、今までずっとBチームだった中2の3人はBチームの中で一際輝いていました。Aチームの試合でもチームにフィットしてAとBの差がなくなってきました。チーム全体の底上げができた遠征になったと思います。「実は、底上げではなく、伸び悩みだった・・・」などということがないように、しっかりトレーニングを継続していきたいと思います。

image1ishikawa.JPGimage3ishikawa.JPGimage4ishikawa.JPG

文京学院このページの先頭へ