club

ホーム > クラブ > サッカー > 新人戦3決・ラスト30秒の悲劇

クラブ

サッカー
活動報告

新人戦3決・ラスト30秒の悲劇

[ カテゴリ:サッカー ]

02月

22日

2016

東京都高体連サッカー専門部女子主催 東京都高校女子サッカー新人戦大会 3位決定戦

2月21日(日) 10:00   私学事業団総合運動場(新小岩)

文京学院 VS 修徳  70分ゲーム

先発

GK 松井(1年 文京学院中 )

DF 権田(2年 文京学院中 )
   千葉(1年 文京学院中 )
   東 (1年 文京学院中 )
   渡辺(1年 文京学院中 )

MF 松村(2年 文京学院中 )
   清水(2年 文京学院中 )
   有澤(2年 フィオーレ武蔵野)
   相原(2年 フィオーレ武蔵野)

  
FW 麻尾(1年 つくばFC)
   松本(1年 文京学院中)


交代 ハーフタイム 森本(1年 足立LSC)⇒松本

修徳 2-1 文京学院

crying20分 修徳

happy0151分 文京学院(松村)

crying72分 修徳

TBS 女子サッカーツイッター 

朝一番で、サッカーノートを出した、高2有澤選手(ボランチ)のコメントを掲載します。

新人戦、準々決勝(東久留米総合戦)では、接戦をモノにした。準決勝(十文字戦)では、圧倒的な差で負けた。今日の3決は、後半1-1に追いついたが、最後の最後に決められ、負けた。敗因のひとつは、ボランチの運動量にあると思う。今日の自分のプレーは、最悪だった。攻撃も守備も清水に頼ってしまった。だから1点とって、同点に追いついた後も、前線を孤立させてしまった。今日の自分は、シュートを1本も打っていない。攻守の切り替えが遅く、奪ったあとのサポートも行けなかった。修徳に決められた2点目、相手の10番を完全にフリーにさせてしまった。あの失点は、ボランチのマークの受け渡しや、キーパーのコーチングの声があれば、防げた点だったかもしれない。全体がボールしか見ていなかった。高1の渡辺が、責任を感じて、涙を流した。他の1年生のDFも。責任を持ってプレーするということは、どうゆうことなのか、きっと学ぶことができたと思う。そうゆう面で、この試合は、文京の将来につながる試合になった。新人戦では、ベスト4に入れたが、数多くの全国の舞台で戦ってきた十文字、修徳を倒すことはできなかった。次はインターハイ。この敗戦をいつまでも引きずっていられない。インターハイ予選では、格上のチームに勝てるように、一日一日の練習を充実させていきたい。次は、必ず、勝つ! 

 

60122d24d3fa9c63a1befcd5fcbc112faf10683c.JPGIMGA0318.JPGfc39106c129417a1058709c1f8b30d96495421d2.JPGba2c448f6641fe78af319d953dcc2b99ed7e9573.JPG1b4e5a60c3a23ad819f636b6efa3258296321d15.JPGIMG_0789.JPGIMG_0855.JPGIMG_0882.JPGIMG_0891.JPG

 

 

 

文京学院このページの先頭へ