club

ホーム > クラブ > カラーガード > 「有朋自遠方来 不亦楽」 読み : 友あり、遠方よりきたる。また楽しからずや。

クラブ

カラーガード
活動報告

「有朋自遠方来 不亦楽」 読み : 友あり、遠方よりきたる。また楽しからずや。

[ カテゴリ:カラーガード ]

10月

7日

2016

意味 : 心の友と呼べるような親友が遠くから訪ねてきてくれるのは、大変楽しいものです。特に同好の志を持つ者が集まってくることは人生を豊かにします。

月・火曜に続いて部活体験に来てくれました。前回の体験生をお世話した上級生に、顧問が様子を尋ねたところ、「未経験者に教えるのは結構難しいです」との感想。まさにそのとおりで、今の自分に出来て当然のことでも、昔は自分自身ができていなかったことなのです。その時の自分に一時立ち返ってみないと、相手を指導できません。さらにその日その日の来訪者に対して、短時間でも満足してもらうにはどうすれば良いか。「教え方」の勉強になったのではないでしょうか。「教える」と「教わる」は同義です。

今日は小学6年生と中学3年生の二人。嬉しいことに中3生はリピーターです。「また来てくれてありがとう」

1007Taiken-2 (4).JPG1007Taiken-2 (13).JPG1007Taiken-2 (16).JPG

一方で通常練習をしている様子を、部長から保護者に解説しています。

1007Taiken-2 (15).JPG1007Taiken-2 (19).JPG1007Taiken-2 (20).JPG

練習風景以外にダンスドリル大会時の演技も披露し、二人の体験生と保護者に要所要所でコメントしています。

7db18d843d2ac4a4d472143a5e5cee103f93032d.JPG1007Taiken-2 (42).JPGbaf3176ec8cb8d1d2512069d4d3f5cc4c886abe0.JPG1007Taiken-2 (44).JPG

以前流行語になった「お・も・て・な・し」、そして一度は耳にしたことがある「ホスピタリティー」。体験来訪者は今、本校生徒ではありません。気持ちを込めて、相手に伝わるメッセージを心がけました。

 

さて、こちらは同時進行で別プログラムです。進学棟校庭で中学生メンバーだけで次期大会演技の導入部分をおさらいしました。まだこれから先が長いです。日が短くなり、17時過ぎはあっという間にご覧のように暗くなります。中央の写真は1年生が先輩の指示で歩幅を意識して歩いているところ。

1007Taiken-2 (29).JPG1007Taiken-2 (30).JPG1007Taiken-2 (33).JPG

文京学院このページの先頭へ