club

ホーム > クラブ > カラーガード > 「学ぶ」は「真似ぶ」という語源から ~コーチ指導の様子から~

クラブ

カラーガード
活動報告

「学ぶ」は「真似ぶ」という語源から ~コーチ指導の様子から~

[ カテゴリ:カラーガード ]

11月

11日

2016

人のマネをすると言うと必ずしも良いイメージではないのですが、正しい型・フォームを身につける時に、まず最初に手本を模倣することが王道です。スポーツ全般また、言語学習や芸術にも当てはまるでしょう。今日のコーチ指導から感じたことはまさにそれでした。

まず見よう見まねでやってみることですが、一区切りの後、上級生だけを集めてコーチが実践に基づく理論をレクチャーしてくれました。教わった理論をコーチ不在時に、下級生指導に生かせられればすばらしいですね。

1111Stretch (10).JPG1111Stretch (9).JPG1111Stretch (11).JPG1111Stretch (15).JPG1111Stretch (14).JPG1111Stretch (20).JPG

以下のようなフォームにもトライしました。眺めているほうは興味深いのですが・・・・・・。本人は大変そうです。

1111Stretch (18).JPG1111Stretch (5).JPG1111Stretch (7).JPG

フラッグを手にしてからもコーチの真似をしてやってみました。今までやっていたことも客観的に見られると、グリップの位置・旗の通過点など雑だったことに気づいて、その場で直ちに修正しました。

1111Stretch (44).JPG1111Stretch (38).JPG1111Stretch (37).JPG

 

さて、たまたま本日の雨天のため、エントランスで柔軟しているソフト部さんを見かけました。また隣のチアダンス部さんも活発な動き。カラーの上級生はよくやる筋トレ。どのスポーツもボディーワークを大切にしています。

1111Stretch (23).JPG1111Stretch (33).JPG1111Stretch (46).JPG

文京学院このページの先頭へ