club

ホーム > クラブ > ソフトテニス > 高校 全国総体予選個人戦 結果報告

クラブ

ソフトテニス
活動報告

高校 全国総体予選個人戦 結果報告

[ カテゴリ:ソフトテニス ]

05月

22日

2017

5月14日(日)・21日(日)開催の高校の全国総体予選個人戦 結果報告
 
全国総体予選 14日 北園高校会場・21日 東京家政大附属高校会場開催
ブロック予選決勝進出2ペア (3年ペア・2年ペア)
決勝大会進出1ペア 東京都ベスト64
 
14日に予選を突破した高校3年生2名が全国を目指し、決勝大会に臨みました。翌日から中間試験日程ながら、前日の調整では、気持ちを引き締め、さすが高校3年生らしく成長した姿を見せた二人、いよいよ挑戦の日です。この日の試合の入りは、前日の練習通り相手の攻めを予測しながらの試合進行で1ゲーム目先取。2ゲーム目も入りは良かったのですが、少しずつ思ったボール処理ができず焦りの意識が生まれてしまいました。落ち着いて戦えば、挽回できるチャンスもありましたが、狙うべきコースやコート上での動作がブレてしまい、試合は劣勢に。そのまま、相手に押し切られ、ゲームカウント1-4で敗戦。東京都ベスト64が全国を目指した大会の結果でした。
今年の3年生は4名ですが、バレーボールから転身して、頑張り切った仲間や、中学時代のテニスを越えたいと入部した努力家の仲間とともに入部した2人。試験の為、応援も制限がある中、自宅応援の仲間の気持ちも受けて頑張れたと思います。結果は残念なものでしたが、この3年間成長を見せた2人、ペアとしては、高校1年時には、後衛が大会前に大けがをして、試合を棒に振ってしまい。前衛は初心者の仲間と組んで、慣れない後衛で出場し、予選決勝まで進んだ経験もあります。高校2年生で東京都のシード権を取るのも大変でしたが、この平たんでない道のりに価値を見出すこともできました。
また、中学時代指導を受けた顧問の先生方には、今でもそれぞれ2人のことを気に留めていただき、試合の応援にも来ていただきました。勝負所では、もう一息頑張りを見せたかったのですが・・・。しかし、勝敗はついてしまえば変わりません。ただ、2人の成長が暖かく見守っていただきありがとうございました。これからも2人の成長を感じてもらえる機会を作りたいと思います。高校3年間ソフトテニスが大好きで、今日までチームを盛りたてる努力をしてくれた4人に感謝です。そして、これからの人生に向かい合い、しっかりを上を目指して頑張って欲しいと思います。
試合当日は、保護者の皆様及び卒業生が多数応援に来てくれました。皆さん、ありがとうございました。
2017052101.jpg 2017052102.jpg

文京学院このページの先頭へ