club

ホーム > クラブ > ソフトテニス > 中学生試験前日の頑張り! 東京都強化研修大会ベスト8!文京区1年生大会第3位!

クラブ

ソフトテニス
活動報告

中学生試験前日の頑張り! 東京都強化研修大会ベスト8!文京区1年生大会第3位!

[ カテゴリ:ソフトテニス ]

12月

5日

2017

12月3日(日) 東京都ソフトテニス部強化研修大会(東京都新人大会ベスト16入り選手の大会)
        会場:羽村富士見公園コート 予選リーグを勝ち上がり、決勝トーナメント準々決勝進出 第5位入賞!
        文京区学年別大会1年生の部
        会場:文京区茗台中学校 第4ブロック中学校ソフトテニス1年生大会出場権獲得!
 
後期の中間試験を前日に控えた12月3日、中学1年生・2年生がそれぞれ招集された大会で頑張りを見せました!その日の天候は11月大会とは打って変わって快晴。最高のコンディションの中で行われました。調整練習は前日1時間のみという中、選手一人一人が高い意識でいれば、きっと良い結果が出ると信じて当日は集中力を高めながら、全員が自分の試合に臨みました。
 
まず、中学2年生ペアは、東京都ベスト16位以内に出場権が与えられるハイレベルな大会に挑戦しました。この大会で、次年度大会のシード権も決まります。
選抜選手の大会らしく朝から会場には、高い意識を持った選手の集まり特有の引き締まった雰囲気が漂います。当日発表された予選方式は、4つの枠に5ペアごとの総当たりのリーグ戦が組み込まれ、その中の上位3ペアのみ決勝トーナメントに進出できる変則大会です。しかし、リーグ戦は実力を測るには最良の方法です。本校ペアも決勝トーナメント進出を目指し、最高の環境の中で予選がスタートしました。
出だしは苦戦です。初戦・2試合目ともにボールコントロールに苦しみ敗北、0勝2敗の大ピンチ。残る2試合に勝たなければ、予選敗退が決まります。今こそ最大の経験を積める大舞台と考え、自分自身のプレーや対戦相手の試合情報を与え、試合方針をしっかり整理した後に試合に臨むと、これまでとは全く違う試合展開となり、見事に修正、残り2戦に勝利。これで決勝トーナメント進出を勝ち取りました。
ここからは更に強豪相手との試合になります。ベスト8入りをかけた戦いは、試合の勝負ポイントをしっかり押さえて、4-0で完勝。
次は準決勝です。新人大会でも上位進出している相手に一つ壁を越えた二人がどれほど頑張りを見せるか?今日は本当に素晴らしい経験となる試合参加になりました。もう試験のことは、別の頭の中にしっかりしまわれて、高い集中力の中で試合に果敢に臨みました。
1ゲーム目3-5、2ゲーム目5-3、ここまでは互角でしっかり相手が見える良いテニスで中盤に入ります。3ゲーム目もリードするも接戦となり5-7で落としました。ゲームカウント1-2、次を取って、ついて行きたい展開です。しかし、4ゲーム目もリードする中で追いつかれ7-9。緊張感の中、よく頑張っていますが、接戦を落とすと段々勝負どころの判断が甘くなります。5ゲーム目は、相手の集中力も上がり、1-1から一気に寄り切られ最後は1-4でゲームセット。準決勝進出は逃しました。しかし、目指す上位進出の壁を一つ破った大会となり、試験前のハンデをものともせずよく頑張った二人でした。あとは帰宅して試験勉強で上位を目指すこととなりました。
 
さて、中学1年生は、全員初心者からのスタートです。ようやく全員がその力を自分たち自身で出さなければならない舞台に上がることとなりました。きっと試合の緊張感を克服した選手が上位に進出できるはずとみていましたが、予想通り、チーム内で最近負け知らずの1番手ペアがシードからの2回戦で早々に敗退。1年生のもろさが出てしまいました。しかし、2番手ペアは、その分も自分たちが頑張ると、しっかり勝ち上がり、準決勝進出です。
今大会は全メンバー2回戦以上に進出を果たし、勝つ喜びを知ることができました。みんなが応援する中、準決勝進出の2人は優勝目指し頑張りましたが準決勝敗退。結果は第3位でした。しかし、この大会の上位者は第4ブロック中学ソフトテニス大会への推薦を受けて、出場できるので、更に広域な大会で成果を出せるように再度仕切り直して頑張ってくれるでしょう。
以上、中学生たちの頑張りの報告とします。
 
(写真左:強化大会 写真右:1年生大会風景)
metrosele2017-s.jpgbunkyo01g-s.jpg

文京学院このページの先頭へ

入試・説明会

スーパーグローバル
ハイスクールアソシエイト

スーパーサイエンス
ハイスクール

クラブ活動