club

ホーム > クラブ > ソフトテニス > 第1回文京学院カップジュニアソフトテニス大会開催

クラブ

ソフトテニス
活動報告

第1回文京学院カップジュニアソフトテニス大会開催

[ カテゴリ:ソフトテニス ]

01月

10日

2018

2018年、新年の年明け早々の1月7日 日曜日、晴天で穏やかな日に、本校コートで「第1回文京学院カップジュニアソフトテニス大会」が開かれました。

20180107_01-s.JPG

参加申込みペアは77ペア。それを5年生の部(33ペア)と低学年の部(44ペア)の2グループに分け、予選リーグは3ペアで戦うリーグ戦形式で、その勝者は次の決勝トーナメントへ進む形式で行いました。各リーグの2位・3位の獲得ポイント上位2ペアによる敢闘賞をかけた優勝戦も同時開催、可能な限り試合ができるように組み合わせを作りました。
当日集まった小学生選手たちを見てみると、関東各地域の強豪チームがエントリーしていただけたことから、なんと関東大会とほぼ同じ顏ぶれとなりました!!大会結果もベスト4に入るチームの所属は、まさに関東各地域で分け合うものとなり、見ごたえのあるゲームが展開しました。予選リーグ・決勝トーナメントともに日頃から頑張って練習してきたジュニアチームにとっては、年初めの有意義な大会になったといえるでしょう。(手前味噌の言葉を使いましたが、大会運営をしながら試合を見て感じたことと、本部席にわざわざおいでいただき、関係者の皆様から、そのようなお話しをいただけたことからそのように表現させて頂きます)。

当日は早朝よりご来校頂き、試合開始が午前9時、試合終了は午後6時半と、終日開催の大会となりました。本当に皆さん、お疲れさまでした!ご参加頂いた皆様方に心より感謝申し上げます。その1日の大会運営を終えて感じ、見えたことは、子供たちの成長のために自分よりも子供優先に指導されているコーチ陣の熱い思い、それを支える保護者の皆様の暖かなサポート体制、その気持ちに応え、大好きなソフトテニスの試合で懸命にボールを追い、必死にコート上を走りまわり、誰にも負けない気持ちで相手コートに一球一球を打ち込む小学生選手たちの輝く姿です。

閉会式では、この大会の経験を活かして、来年の第2回大会の開催をお約束しました。新たなる年のスタートにふさわしい、良い大会となるようにこれからも、母体となる文京学院の中学・高校ソフトテニス部をしっかり育てて、「私たち自身」も「文京学院カップ」も成長できるように頑張って参りたいと思います!今年もよろしくお願い致します!(顧問 椎名)

下の写真は、左が大会風景、右2枚が表彰式後の記念撮影

20180107_02-s.JPG20180107_03-s.jpg20180107_04-s.jpg

文京学院このページの先頭へ