学びと進路

ホーム > 学びと進路 > スポーツ科学

特色あるコース指導:スポーツ科学

5D3M7304.JPG

スポーツと学業の両立によるワンランク上の「探求活動」

スポーツ活動と探究活動によって磨かれていく「ライフスキル」。心身ともに健康であることの重要性や喜びを、社会全体に広げていくこともまた、ライフスキルがあってこそ可能になる力の一つです。スポーツを起点に人とつながり、その感動をグローバルに広げていきます。

 

 

 

 

中学校・高等学校(一貫教育)のそれぞれのコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

高等学校のそれぞれのコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

スポーツ科学コース紹介動画

 

 

 

スポーツを科学的に捉える探求活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」

各学年でスポーツをテーマにした探求活動「スポーツ・サイエンス・ラボ」に取り組みながら、部活動などのスポーツ活動と学業の両立を目指します。文理を問わない多様な進路設定が可能になっています。

 

高校1年次

「探求力を磨く」

所属する「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」の指導を受けながら、クラス研究と個人(グループ)研究を実施する。

高校2年次

「探求を深める」

【前半】スポーツを支える人たちの現場を学ぶ(企業研究のフィールドワーク)。
【後半】継続して探究活動を希望する生徒を「スポーツ・サイエンス・ラボⅡ」でサポートしながら、SSH活動とも連携して、校内・校外での研究発表を目指す。

 

海外スポーツ研修(希望者対象)
オーストラリア(ゴールドコースト):セントマーガレット女子高校

 *海外スポーツ研修(2016年度)の様子はこちらからご覧いただけます。

高校3年次

「多様な進路の実現」

コースの特徴である文理にわたる多様な選択科目が、多様な学部・学科を目指すことを可能にする。

 

【想定進学先】
スポーツ科学系・体育系
看護・理学療法等の医療系
経営等のビジネス系

【実績】

筑波大・早稲田大・慶応大SFC・順天堂大・文京学院大などの
体育学科・スポーツ科学科・環境情報学科・保健医療学科・スポーツマネジメント学科

 

 

 

大好きなスポーツを通じて「高い専門知」と出会う

校内に組織されたスポ学教育センターを中心に、一人ひとりの探求活動をサポートし、未来へつなぐキャリアを考えるきっかけを提供しながら「スポ学講座」を展開。キーワードは、身体・こころ・栄養学・スポーツの4つで、活動は校内だけにとどまらず、校外からも各分野のエキスパートが多数来校し、スポーツマインドを持った人材育成に努めています。

 

実践例

これまで部活の顧問に任されてきた選手の育成を、組織的に行う統括機関(スポ学塾)を設置し、大学の研究機関や、外部指導員のサポートを受け、スポーツを科学的にとらえることで、より効果的に「人間力」を高める指導を実践します。

スポーツ科学先進国との積極的なコミュニュケーションを可能にするために、英語力の修得にも力を入れます。

 

5D3M7411.JPG

実践例(1)
 様々なアンケート調査によりデータを蓄積。部活動を科学的に分析

・日常の学校生活と競技の 相関関係
・健康状態とスポーツ障害の 相関関係
・栄養とパフォーマンスの 相関関係
・メンタルコンディションとパフォーマンスの 相関関係
・遊びと競技の 相関関係
・学習と競技の 相関関係

実践例(2)
 海外での科学的な取り組みに触れる

スポーツ科学先進国との交流プログラム:
オーストラリア セントマーガレット高校のスポーツプログラム(オーストラリア・語学研修)に参加

実践例(3)
 コミュニケーションスキルを身につける:英語を用いた指導の実践

スポーツという共通項で結ばれた異文化の人たちと、コミュニケーションできる英語力を身につける

 

【連携】

併設大学 保健医療技術学部 理学療法学科 スポーツマネジメント研究所と連携し、運動部の選手のコンディショニングを行っています。

 

 

多彩な海外研修

本校では、非常に多くの魅力的なプログラムが設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。下記語学研修・留学プログラムは全コースの希望者が参加可能ですが、「スポーツサイエンス研修旅行」はスポーツ科学コースの生徒のみ参加可能な研修旅行です。

 

研修旅行

対象コース 名称 渡航先 時期


国際教養

オージー・グローバル オーストラリア セントヒルダ女子高校 高2 7月(16日間)
シンガポール・グローバル シンガポール 高2 2月(5日間)
理数キャリア マレーシア・サイエンス マレーシア ランカウイ島 アンパン女子高校 高2 2月(6日間)
スポーツ科学 オージー・スポーツ オーストラリア セントマーガレット高校 高2 2月(6日間)
全コース 国内研修旅行 関西方面 高2 2月(5日間)
※いずれのコースも海外研修または国内研修を選択できます。
※中学研修旅行:関西方面(中3全員・4日間)

 

派遣留学・語学研修・科学交流 :SSH連携校以外はコースに関わらず参加可能

  派遣先 受入れ先 期間 対象学年
ロータリー
長期留学
合格後決定
(ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中南米、インド) ※1
現地高校 8月~翌5月末
約10か月
高1~高2
高2~高3
オタゴガールズ
長期留学
ニュージーランド
ダニーデン
オタゴ女子高校 1月~翌12月
約11か月
高1~高2
オタゴガールズ
中期留学
ニュージーランド
ダニーデン
オタゴ女子高校 7月~10月
約3か月
高2
St.Benedict English
Intensive Camp
アメリカ ミネソタ州 セントベネディクト大学 7月~8月
25日間
高1・高2
UK BEST イギリス ウースター ウースター大学 7月下旬
14日間
高1・高2
Maple BEST カナダ ビクトリア ビクトリア 7月下旬
11日間
中3
SSH研究連携校※2 タイ  プリンセスチュラポーン科学高校
ペッチャブリー校
1月 理数キャリアコース
British Hills 福島
ブリティッシュヒルズ
ブリティッシュヒルズ 12月(3日間) 中1・中2
※1:決定権はロータリーにあります。 ※2:選抜制

 

AG8.JPGのサムネール画像のサムネール画像IMG_0108.JPGAU1.JPG

 

このページの先頭へ

 

INFORMATION

春高バレー1月5日開幕

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

01月

1日

2019

高校スポーツの祭典!春の高校バレーが1月5日に開幕します。会場は、武蔵野の森総合スポーツプラザです。(最寄駅 京王線飛田給駅)

本校の初戦は、1月5日、午後13時15分、Dコートにて、大社高校(島根県)となります。

こちら(フジテレビサイト) 男子の組み合わせが最初に出ますので、右上の「女子」のタブをクリックしてください。

全国の高校バレーボール部の数は、3,908校。競技人口は、58,531人と、高校女子では最もメジャーなスポーツ!しかし、メジャーであるからこそ、この華やかなステージに立つためには、想像を絶する努力が必要です。選手、監督、コーチ、そして、日々の活動を支える保護者の皆様、そして応援するすべての人たち・・・それぞれの力が結集し、相乗効果となり、1+1+1+1+1>10になれば、過去最高の成績を残せるかもしれません!皆様、応援よろしくお願いいたします。

東京代表決定戦動画(フジテレビサイト)

スポーツマネジメントを学ぶ

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

12月

5日

2018

高校スポーツ科学コースでは、専門の方を招いて、探求活動のベースとなる知識を身につけるための講座、「スポ学講座」を、年に数回行なっております。今年から新たに、メンタルトレーニングと、スポーツマネジメントのスペシャリストをお呼びしました!

メンタルトレーニングの講座では、東海大学の小林玄樹先生をお招きしました。→7月16日実施の記事

スポーツマネジメントの講座では、11月30日に、日本女子体育大学の芳地泰幸先生をお招きしました。「最強の組織作りとチームビルディング」というテーマで、高校1年生を対象に、わかりやすく楽しい講座を実施していただきました。

組織とは、神経が通った一つの生命体・・・1+1=2 ではなく、3以上にしていくためには、相乗効果を起こすチームワークが必要!!そのチームワークをどうすれば生み出せるか・・・学びの多い90分間でした!

M1100009.JPGM1100012.JPGM1100017.JPGM1100019.JPGM1100027.JPGM1100029.JPG

~今後のスポ学講座~

◆12月14日(金)  「高1対象 筋肉のつながりを考えてみよう!」 

江戸 優裕先生  千葉県立保健医療大

◆12月18日(火)「高1・高2 対象テーピング講座」  

泉澤 勝 先生 他  了徳寺大

◆1月16日(水)「高1・高2 対象 女性のからだとスポーツのかかわり」 

千代丸先生・濱田先生  文京学院大学・理学療法学科

◆2月上旬 「高1対象 心理条件による心拍数の変化を知る」

長野 裕一郎先生 文京学院大学・心理学科

春高へ出場決定!!高校スポ科で応援

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

11月

17日

2018

11月17日(土)、春の高校バレー東京代表決定戦が、墨田区総合体育館にて行われました。今年も、高1・高2・高3年生のスポーツ科学コースの生徒全員で、応援に駆け付けました。昨日は、バレーボール部の選手を送り出すためのセレモニーが、高3・高2のスポーツ科学コースのクラスの終礼で行われていました。高3は、新体操部の生徒が中心になり作成したモチベーションビデオを上映。高2は、歌と感動トークで送り出したそうです。この時点で、すでに感動で涙する生徒もいたとのこと。送られるバレーボール部の生徒も、送り出すクラスメイトも、スポーツ科学コースならではの、絆を見せてくれました。

「明日はどう?勝てそう?」と、ある先生が高校バレーボール部の高2の生徒に質問したそうです。

「今まで苦しい時にいつも助けてくれて、いつも一緒にいてくれた高3のために頑張ろうって、本気で思います。」という返事が返ってきて、思わず涙腺が緩んだそうです。

試合結果は・・・

1試合目は、八王子実践に敗れてしまいましたが、2試合目、代表決定戦で、共栄学園に第1セットをとられるも、逆転勝利をおさめ、2年連続で春高バレー出場を決めました!!

身長やパワーで圧倒されても、レシーブで拾いまくって、粘り勝ちする文京学院のスタイルは、今年(春高バレーは年明けすぐに開幕)も感動を与えてくれそうです!!

IMG_1667[1].JPGIMG_1671[1].JPGIMG_1672[1].JPG

高校1・2年生:スポ学講座~メンタルトレーニング~

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

07月

16日

2018

7月13日(金)、高1・高2のスポーツ科学コース対象の生徒に、「メンタルトレーニング~導入編~」の講座が実施されました。講師は、東海大学で長年に渡りメンタルトレーニングを担当なさっている小林玄樹先生でした。メンタルトレーニングとは、もともとは宇宙飛行士のために開発されたものだそうで、どんな時もネガティブにならず、心の状態をポジティブに保つための秘訣を教えてくださいました。

やる気を出すための内発的モチベーションは 好き・楽しい・面白い  

やる気を出すための外発的モチベーションは お金がもらえる・褒めてもらえる

「あなたの夢は何ですか?」という質問と、「宝くじが当たりました。何に使いますか?」という質問を、バディに投げかると、9割の生徒が、後者の方が目が輝く・・・つまり、ほとんどの生徒は、外発的モチベーションでスポーツや勉強に取り組んでいるので、なかなかやる気が継続しない・・・では、どうすれば良いか・・・という、お話しでした。

 

IMG_4777[1].JPGIMG_4781[1].JPGIMG_4811[1].JPGIMG_4790[1].JPGIMG_4791[1].JPGIMG_4808[1].JPGIMG_4797[1].JPGIMG_4800[1].JPGIMG_4812[1].JPG

熱中症対策

[ カテゴリ:スポーツ科学 ]

07月

11日

2018

7月11日、夏に活動を行う部活動を対象に、熱中症にかかったときの応急処置講習会を行ないました。室内の場合、屋外の場合、それぞれどのようにすればよいのかを学びました。

「額を冷やす」○?×?

「お茶を飲む」○?×?

などという、基本的な質問から、始まりました・・・みなさんは、お分かりですよね!!この夏、熱中症には十分気をつけならが、もしかかってしまったときに、しっかり対応することが、将来の後遺症を防ぎます!聞き損ねた・・・という部活の人は、是非夏休みに入る前に、保健室まで足を運びましょう!!

IMG_0554.JPGIMG_0558.JPGIMG_0561.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
文京学院このページの先頭へ