学びと進路

ホーム > 学びと進路 | 中学校の学び:新構想 > 中学 コース横断型の学び > British Hills 異文化体験英語プログラム②

中学校の学び:新構想

British Hills 異文化体験英語プログラム②

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

12月

24日

2018

明け方、随分冷えると思ったら一面の銀世界になっていました。早朝から雪遊びを楽しむ生徒もおり、元気に2日目が始まりました。
本日は、ダンス、キャンドルメイキング、スコーン作りと3つの活動を行ないました。
ダンスでは、全身を使った動きに汗が流れてきます。チアダンス部の生徒は華麗なステップと表現力でみんなをリードしていました。
キャンドルメイキングでは、各自がデザインを作り、クリスマス用のキャンドルを作りました。
スコーンはイギリス伝統のお菓子です。英語での説明をよく聞かないと、分量を間違えてしまいます。きれいに焼きあがったスコーンをお土産にしました。
この日の昼食はパブやティーラウンジで各自注文します。大きなフィッシュアンドチップスもたいらげて旺盛な食欲をみせてくれました。
生徒が毎朝提出する「研修のしおり」を見ると、「ブリティッシュヒルズは初めてで、雪を見た瞬間興奮しました。外国人の先生の英語を早く理解できるようになりたいです。」、「一年ぶりのブリティッシュヒルズです。スピーチスキルズの先生が去年と同じ人で驚きました。去年はスピーチ原稿が全く書けず、悔しかったけど、この一年英検準2級の勉強をたくさんしたのですらすら書くことができました。嬉しかったです。」など、頑張っている様子がよく分かります。
夕食は、ダイニングで大皿料理を取り分けていただきました。サーモン、ビーフシチュー、エビピラフなどたくさんのお皿が並びます。お腹いっぱいでデザートのケーキはあきらめる生徒もいました。
ダンスで疲れたのでしょう。消灯後はすぐに寝てしまったようです。

RIMG0075.JPGCIMG2435.JPGCIMG2502.JPGCIMG2554.JPGRIMG0078.JPGCIMG2511.JPGCIMG2527.JPGRIMG0167.JPGRIMG0137.JPG

文京学院このページの先頭へ