学びと進路

ホーム > 学びと進路 > Advanced Science

新構想:Advanced Science

cea9fdb5adb9d2bf51abf2059fcb6e3641dad24d.JPG

SSH活動をベースに育成する価値ある「探求マインド」

SSH指定校として、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探求マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 


 

6年間の指導の流れ

中学校・高等学校(一貫教育)のそれぞれのコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のそれぞれのコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探求力を備えた研究者を育成

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

中学1年次

「科学の楽しさを体感」

自然現象に関連する原理や科学的思考を、観察・実験を通して体感的に学習し、自然科学に対する興味関心を高める。

中学2年次(2年進級時にコースを選択)

「科学探求の基礎を体験」

継続的な観察・観測と調べ学習を通して、実験器具の使用法、情報の収集法、データの整理法、さらに発表スキルの基礎を学び、レポートを作成する。

中学3年次

「科学探求の基礎を習得」

1・2年で培った基本的な科学的知識と探求力をもとに、背景の調査、課題の発見、目標設定、実験計画、データ整理、発表まで、一連の研究活動を主体的に行う。

高校1年次(高校進級時にコースを再選択)

「科学探究のスキルを高める」

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。

高校2年次

「国際的コミュニケーション能力の向上」

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

高校3年次

「進路実現と国際的研究者の育成」

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

【想定進学先】

Advanced :理系国公立大学・難関理系私大
Standard:難関理系私大・理系私大

 

 

SSH

文京学院のSSH活動は、「SSH」「コアSSH*」「ジュニアSSHの」三本柱です。*コアSSHは平成24~25年度の活動
SSHについては、下記該当ページをご覧ください。

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)とは
SSHのカリキュラム
SSHの活動
SSHの年間プログラム

sshchart.png

 

 

Pick Up!

 

中学生は「ジュニアSSH」で探求活動をスタート

アドバンストサイエンスには、SSH指定校としての活動がもりだくさん。中学入学生は「ジュニアSSH」の名称で、高校の学びにつながるユニークな探求活動(実験・観察・研究発表会)に参加しています。

科学塾
学内に設置された科学教育センターが運営しています。理科学分野に興味を持つ生徒の育成と、理数教科の能力伸長を目指す特別授業などが行われています。

SSクラブ
単独かグループで研究テーマを掲げ、放課後を中心に研究活動を展開。理科の教科書にはないユニークな観察・実験を通して、理系女子のマインドを刺激しています。

独自の国際交流
学校全体の国際交流ではなく、独自の“理数の国際交流”があるのもアドバンストサイエンスの魅力の一つ。世界的に有名なフランス人の化石研究者の講演も行われました。

 

 

多彩な海外研修

本校では、非常に多くの魅力的なプログラムが設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。下記語学研修・留学プログラムは全コースの希望者が参加可能ですが、研修旅行については、Advanced Scienceコースの生徒は「アドバンストサイエンス研修旅行」または「国内修学旅行」を選択します。

研修旅行

対象コース 名称 渡航先 時期


国際教養

オージー・グローバル オーストラリア セントヒルダ女子高校 高2 7月(16日間)
シンガポール・グローバル シンガポール 高2 2月(5日間)
理数キャリア マレーシア・サイエンス マレーシア ランカウイ島 アンパン女子高校 高2 2月(6日間)
スポーツ科学 オージー・スポーツ オーストラリア セントマーガレット高校 高2 2月(6日間)
全コース 国内研修旅行 関西方面 高2 2月(5日間)
※いずれのコースも海外研修または国内研修を選択できます。
※中学研修旅行:関西方面(中3全員・4日間)

 

派遣留学・語学研修・科学交流 :SSH連携校以外はコースに関わらず参加可能

  派遣先 受入れ先 期間 対象学年
ロータリー
長期留学
合格後決定
(ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中南米、インド) ※1
現地高校 8月~翌5月末
約10か月
高1~高2
高2~高3
オタゴガールズ
長期留学
ニュージーランド
ダニーデン
オタゴ女子高校 1月~翌12月
約11か月
高1~高2
オタゴガールズ
中期留学
ニュージーランド
ダニーデン
オタゴ女子高校 7月~10月
約3か月
高2
St.Benedict English
Intensive Camp
アメリカ ミネソタ州 セントベネディクト大学 7月~8月
25日間
高1・高2
UK BEST イギリス ウースター ウースター大学 7月下旬
14日間
高1・高2
Maple BEST カナダ ビクトリア ビクトリア 7月下旬
11日間
中3
SSH研究連携校※2 タイ  プリンセスチュラポーン科学高校
ペッチャブリー校
1月 理数キャリアコース
British Hills 福島
ブリティッシュヒルズ
ブリティッシュヒルズ 12月(3日間) 中1・中2
※1:決定権はロータリーにあります。 ※2:選抜制

 

AG8.JPGのサムネール画像のサムネール画像IMG_0108.JPGAU1.JPG

 

 

国際塾との連携

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Drama、Graphic Designなど、ネイティブスピーカーの講師が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。

国際塾の主な特徴

・レベル・ニーズに合わせて受講可能な自由度の高い講座設定
・英語によるプレゼンテーション、ディスカッションの実施
・英語運用の能力伸張度測定テスト(GTEC)の実施
・伸張度に関するアドバイスやカウンセリングの実施
・国内国際系大学・海外大学進学希望者に対する進路アドバイス
・長期休暇には特別講座(例:TOEIC講座)を開講

国際塾の概要についてはこちらをご覧ください
国際塾の受講コースについてはこちらをご覧ください

DSC00223.JPG国際塾 (44).JPG国際塾 (33).JPG

このページの先頭へ

 

INFORMATION

中学1年生:探究の技法⑥

[ カテゴリ:Advanced Science ]

07月

15日

2017

Advanced Science(アドバンストサイエンス)では、「音階の科学~手作り楽器で音階の法則を見つけよう」をテーマに、牛乳パックと割り箸とテグスでお筝を作り、糸の長さと音の関係を実験してきました。
家にあるさまざまな物で楽器を作り、音をつくりだすことが夏休みの課題です。
他の2つのコース選択者にも夏休みの課題が出されています。
生徒の自由な創意工夫が楽しみです。
P7111119-s.JPGP7111126-s.JPGP7111128-s.JPG
P7111125-s.JPGP7111116-s.JPGP7111133-s.JPG

中学3年生:アドバンストサイエンスコース研究発表会

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

25日

2017

本日2時間目、進学棟地下2階の第2体育館を会場に、中学3年生「アドバンストサイエンスコース研究発表会」が開催されました。昨年まで高校のSSH成果報告会を校内に公開するために開催されていたものを、中学のコース制が3学年揃った今年度から、中学・高校共同開催の形で全中学生対象に開催した研究発表会です。

会場の体育館には、全コースの高校生の研究成果を形にしたポスターが壁全面に掲示され、会場の中央では高校2年生の代表生徒たちとサイエンスコースの中学3年生全員がポスターセッションを行うという校外の研究交流会本番さながらの形式で発表会は開催されました。高校2年生の発表者たちは、タイ国科学交流団のメンバーとサイエンスキャッスル参加メンバーで、発表経験豊富な先輩たちです。希望によっては英語での発表にも積極的に取り組んでくれました。

また、中学3年生も昨年度の関東近県SSH合同発表会への参加経験を持つメンバーなので、見学に来る同級生や下級生の分け隔てなく、自分の研究内容を丁寧に説明していました。またポスターセッションにおいては、知識を受け取る見学者側の存在は非常に重要ですが、会場の全中学生たちは、限られた時間を大切に使い、その説明に聞き入り、思いつく素朴な疑問を自分の言葉でしっかり質問していました。

この研究発表会に参加した中学生たちは、それぞれの立場で、日頃の学年別の教科書を学ぶ授業とは違った中高6ヵ年共通の「自らの探求力」を磨くための学びの場として有意義な時間を過ごすことができたようです。

 
DSC01326.JPGDSC01327.JPGDSC01325.JPG

中学3年生:地方創生プロジェクト探究学習③

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

01月

25日

2017

中学3年生の公民の授業で取り組んできた「地方創生プロジェクト探究学習」が、いよいよ終盤に入りました。4クラス中、3クラスで発表が終わりました。これまで各グループごとに担当地域の地方創生の取り組みについて調べ、パワーポイントやポスターにまとめてクラス発表を行いました。作成したポスターや画像・動画をスクリーンに表示して発表した班もありました。

パワーポイントを初めて作成する生徒も多くいましたが、熱心に取り組んでいました。相手に伝わりやすいようにまとめ、理解した上で伝えることの大切さと難しさを実感することができたことでしょう。

今後の研究活動などに活かしてほしいと思います。

(教科担当 加藤 記)

P1201639.jpgP1211642.jpgP1211646.jpgP1241651.jpgP1241652.jpgP1251655.jpgP1251659.jpgP1251661.jpgP1251664.jpgP1251670.jpgP1251672.jpgP1251673.jpg

中学3年生:公民「地方創生プロジェクト探求学習②」

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

12月

14日

2016

これまで資料読み込みをしてきましたが、インターネットを使っての調べ学習・プレゼンテーション資料作成に入りました。
今回はプレゼン方法として、パワーポイント資料をつくるか、紙のポスターをつくるかのどちらかを選択できるようにしました。今年新しくできたBAL2には、タブレットPCがたくさんあり、机も移動しやすいため、グループでの探究活動がとてもしやすくなりました。
調べた結果、自分達なりの新しい提案をするのが今回の目標です。

(教科担当 加藤 記)

0c6d64d4ba95221dfff95c6bab3c49c07bc521a4.JPG11a00cb148621ce6fec9cfd8fc5aa277d6a62320.JPGPC141435.JPGPC141436.JPGPC091380.JPGPC091381.JPG

中学3年生:公民「地方創生プロジェクト探究学習①」

[ カテゴリ:中学 コース横断型の学び ]

12月

10日

2016

課題解決学習の一環として、地方創生プロジェクトの成功事例をグループで調べています。
まずは本で取り上げられている事例を読み、各班担当地域の取り組みについて知る作業をしました。
今後は、インターネットなどを使って更に調べを進め、最終的には「地方創生にはどのようなことが大切なのか」ということや、「自分たちが調べた地域は今後どのような取り組みをしたら良いだろう」ということを考える予定です。
調べたこと・考えたことは、ポスターやパワーポイントにまとめて発表します。

(教科担当 加藤 記)

PC081375.JPGPC101384.JPGPC101386.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
文京学院このページの先頭へ

入試・説明会

スーパーグローバル
ハイスクールアソシエイト

スーパーサイエンス
ハイスクール

クラブ活動