ホーム > 学びと進路 | 高等学校の学び:学習活動

高等学校の学び:学習活動

高2 国際教養SクラスのSummer Seminar

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

08月

22日

2019

高校2年生 Sクラス(Super English Class)の4日間のSummer Seminarが終了しました。

まず初日には、AIESEC慶応大学支部から2名の学生の方がそれぞれのインターンシップの経験をお話に来てくださいました。インドネシアやベトナムのお話はもちろんのこと、AIESECそのものにも興味を示す生徒たちに対し、たくさんの質問に優しくお答えいただきました。

その後は、前期パラグラフライティングで学んだ英語力を試してみようと、英語でのMini Presentationに取り組みました。内容は、6つのグループがそれぞれ世界の6つの地域の1つの国を選び、その国の抱える問題と影響、その解決策を考えるという課題研究。
選んだ国はパプアニューギニア、モルジブ、ベネズエラ、イエメン、東ティモール、ソマリアです。歴史や、英文法の授業もあったため、プレゼンテーション準備に使える時間はたった12時間。限られた時間でも、完成度の高いプレゼンテーションが出来たのは、現役大学生の6人の卒業生が指導に来てくれたからです。
大学1年生から大学院1年生までの、異なる大学に通う卒業生は、みな英語に堪能で、発表活動にも卓越した精鋭たちです。優しい指導と鋭い指摘で、生徒たちの力を引き出してくれました。発表会後には温かい励ましのコメントや、お褒めの言葉をもらい、これからの励みになりました。また、休憩時間には進路相談にも乗ってもらう生徒もいて、良い交流の場になりました。

3月のコース発表で、お世話になった先輩たちに成長した姿を見せられるように、後期も頑張ります!

IMG_0426.JPGIMG_0433.JPGIMG_0438.JPGIMG_0440.JPGIMG_0441.JPGIMG_0442.JPG

高1・高2 夏期勉強会開始

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

08月

19日

2019

お盆休みも終わり、夏休みもいよいよ終盤。高校3年生は、夏休み早々から進学講座ががっちりと入っていましたが、高校1年生・2年生の夏期勉強会も今日からスタートしました。

昨日は、1年生・2年生とも河合塾の模試を受験しました。ここまでの夏休み中に、各自でしっかりと計画的に取り組んだ成果を出せたでしょうか。
今日からの5日間の講座で、その振り返りをしっかりと行いながら、自分たちの学習を深めていって欲しいと思います。

昨日までの猛暑の日差しも、きょうはすこしだけましな気がします。暑さに負けずに、みんな頑張れ!

IMG_0212.JPGIMG_0218.JPGIMG_0220.JPGIMG_0231.JPGIMG_0223.JPGIMG_0226.JPG

「アジ研」Season4 #海の日特別授業

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

08月

2日

2019

7月15日、東京海洋大学の小松先生との高大連携プロジェクトの一環として、アジ研生徒が東京海洋大学が行った海の日記念行事に参加しました。朝から夕方まで、大学生と一緒の特別授業です。

inspire  (3).jpginspire  (4).jpginspire  (5).jpg

タイトルは「高大連携特別授業『グローバル化する日本社会について』」です。

当日は高校国際教養コースの1年生9名、2年生4名、計13名が参加しました。

この特別授業は、大学生にとっては小松先生が半期で持たれていた「グローバルキャリア入門」の授業の最終授業で、文京生13名は100名以上の大学生と一緒に、「内なるグローバル化」をテーマにディスカッションを行いました。

inspire  (1).jpginspire  (8).jpginspire  (9).jpg

最初に代表生徒2名が本校についてプレゼンしました。事前準備が不十分だったにも関わらず、1年生も堂々と話すことができました。

午前・午後でそれぞれ「外国人コミュニティ」・「中国人杜氏」という難しいテーマについて議論しました。高校生1名に対して大学生7名という贅沢な空間でした。

緊張していた生徒や、普段教室ではあまり積極的に発言できない生徒も、大学生のサポートを受けて見違えるほど積極的に議論することができました。

inspire  (2).jpginspire  (7).jpginspire  (6).jpg

また、100名以上の大学生を前にして、自ら手を挙げて堂々と意見を述べることができました。

inspire  (10).jpginspire  (11).jpginspire  (12).jpg

全体の前で発言した生徒のコメントを紹介します。

「土曜日も祝日もあって、正直しんどいと思ってたけど、来てみたらすごく楽しくて来てよかったと思いました」(1年生・国際教養Aクラス)

「グループ内でも緊張したけど、自分の意見に更に付け足してもらったり、違う意見を言ってもらえたりして良かった。大人数で話すのが苦手だったから、貴重な経験ができて良かったです」(1年生・国際教養Aクラス)

「緊張しすぎて追い込まれて、逆にドンドン話ができるようになりました」(2年生・国際教養Tクラス)

 

 

 

「アジ研」Season4 #2

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

06月

8日

2019

東京海洋大学の小松先生との高大連携プロジェクト 第2回目実施!

今日は東京海洋大学の学生3名に、シンガポールについてプレゼンテーションを行っていただきました。この3名の大学生は、海外探検隊としてこの夏にシンガポールを訪れる予定の方々です。

20190608_044037580_iOS.jpg20190608_044826575_iOS.jpg20190608_045812011_iOS.jpg20190608_050119200_iOS.jpg20190608_050821173_iOS.jpg20190608_050922216_iOS.jpg

生徒は大学生のスムーズかつ分かりやすいプレゼンテーションに強い刺激を受けたようです。

プレゼンの後は、自分たちがシンガポールを研究するならどんな研究テーマが良いか、インターネットを使って調べました。

3グループに分かれて、各グループに大学生が1名ついてアドバイスをしてもらいmした。大学生や小松先生から色々なアドバイスをもらい、面白いテーマを見つけられた人もいました。

20190608_052416401_iOS.jpg20190608_053445402_iOS.jpg20190608_054542349_iOS.jpg

講座終了後には、スタディサプリを活用して、振り返りを行いました。そこでの生徒のコメントを一部ご紹介します。

あまりすぐ調べるという習慣がないので、今回の調べを通して気になることは何でも調べてみようと思った。今はスマホやパソコンですぐに調べられる時代なのでそういう分には恵まれた時代に生まれたと思った。友達にアジアの国出身の子もいて、身近なことのため、いろんなことを調べて知識をつけようと思う。」(高2国際教養Aクラス)

良かったことは自分の興味の幅が広がったことだ。自分が知らないことを1から調べるのは大変だけど、今日のようにいろいろ教えてもらって調べようという意欲が湧いた。」(高2国際教養Aクラス)

大学生のプレゼンを生で聞くことができて良かった。自分も三年後には、今日来てくれた大学生の様に人前でハキハキ話せるようになりたいと思った。」(高1国際教養Aクラス)

自分では、興味がある芸術について調べ、友達と話すことが出来ました。大学生の方にもっと積極的に質問をすればよかったなと思いました。次回は、自分から大学生の方に話しかけてもっと気になることを聞いてみたいです。また、積極的に手を挙げて質問や発言をしたいです。」(高1国際教養Aクラス)

 

「アジ研」Season4 #1

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

05月

11日

2019

今年で4年目を迎える、本校国際教養コースと東京海洋大学との高大連携プログラム、「アジア研究」Season4がスタートしました。

20190511 (14)-2.jpg20190511 (11).JPG

第1回の今日は、参加希望の高校1年生・2年生約30名が東京海洋大学の小松教授からお話を伺いました。

最初は、去年参加した2年生へのむちゃぶりです!2人の堂々と話す姿に多くの1年生が刺激を受けていました。

「留学生との交流と聞いて不安に思ったけど、の話を聞いて楽しみになりました」(1年生)

ある2年生は「堂々と話しているように見えるが、それはアジ研で鍛えられたのか?」と質問。それに対して2人は「人前で話すことが苦手だったけど、すぐにパッと手を挙げることや話すことが鍛えられたと思う」、「アジ研に入るまでこんなに多くの人前で話す機会はなかった。今もすごく緊張しているけど、何とか乗り切れている」など、アジ研を通して成長できたことを伝えていました。

20190511 (1)-2.jpg20190511 (9).JPG20190511 (5).JPG

アジ研の目標の一つは「情報発信力やコミュニケーション力を高める」ことです。そのため、この時間は「3秒以内に手を挙げる」ことがルールです。たくさんの生徒が勇気を出して手を挙げ、自分の言葉で表現することができました。

IMG_2084(2).jpg20190511 (4).JPG20190511 (10).JPG

 

最後は、タイのドラマ映像からクイズが出題されました。佐賀県が海外ドラマロケ地を誘致し、観光客を3年間で15倍に増やすことに成功したことを知り、生徒からは次のような感想が出ました。

「海外のことでも知らないことはたくさんあるけど、日本国内のことでも知らないことがたくさんあることが分かった。海外のことを見ながら日本のことを見直した」(2年生)

IMG_2086(2).jpg

「町おこしって日本人が日本人向けにすることだと思っていたけど、タイ人に向けてPRして町おこしをするっていう視点がすごいと思った」(2年生)

早速このプログラムの目的を実感しているようです。

次回は東京海洋大学の学生の方から、シンガポールについて教えていただきます。
今後は学校から飛び出して、大学での特別授業に参加することも楽しみです。

 

高校2年生(国際教養Sクラス):「パラグラフライティング」

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

04月

17日

2019

高校国際教養コースには、2年次にSクラス(Super Englishクラス)という英語をより強化したい人のためのクラスが設置されます。
Sクラス生徒が主体の授業に「パラグラフライティング」があります。これはネイティブスピーカーによる授業で、Global Issuesについて論理的な文章を書く力を養うことを目的としています。

授業冒頭は生徒同士の英会話で始まります。今日のテーマは"What news this week was most interesting to you?"でした。多くの生徒がパリのノートルダム大聖堂の火災について話していました。
年間計画の中で、今は論理的な文章の構造を学ぶ時期です。オールイングリッシュの教材を使い、基本的な構造を使えるように練習しました。

IMG_2006.JPGIMG_2008.JPGIMG_2010.JPGIMG_2013.JPGIMG_2015.JPGIMG_2017.JPG

高校2年生(国際教養コース):「政治経済」の授業ガイダンス

[ カテゴリ:アクティブラーニング ]

04月

16日

2019

高校生になって初めての公民科の授業が「政治経済」です。
最初の授業では「令和」改元をテーマに、「元号」に対して問いを立て、自分たちで調べて発表しました。想定外の答えが色々と見つかり、驚きや発見がありました。
私たちの身近な「元号」の背景には様々なルールや仕組みがあります。今後はそのルール・仕組みについて学びます。

IMG_1970.JPGIMG_1953.JPGIMG_1962.JPGIMG_1965.JPGIMG_1967.JPGIMG_1963.JPG

高校2年生(国際教養コース):リトアニア映画上映会・制作者講演会

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

04月

12日

2019

本日の午後、高校2年国際教養コースの生徒は、本校併設大学協定校であるリトアニアのヴィータウマス・マグヌス大学アジア研究センター元所長のオウレリウス・ジーカス教授をお招きし、お話を伺いました。

ジーカス教授は、リトアニアと日本の橋渡し役として大変ご活躍中の方です。今回は制作された『カウナス スギハラ、日本を想う(Kaunas, The Cith of Sugihara and Japan)』というドキュメンタリー映画の上映会で日本を回っておられ、本校にもその一環としてお越しいただきました。

生徒は邦画『命のビザ』を事前に鑑賞し、杉原千畝について学んだうえで臨みました。

CIMG3385.JPGCIMG3384.JPGP4129318.JPG

 

日本語とリトアニア語のインタビュー形式で展開された映画を鑑賞し、終了後にはジーカス先生から3つのテーマでお話をしていただきました。

1つ目は「挑戦したこと」。リトアニア人と日本人が一緒に座って見られるように、ナレーションは使わず字幕で完全バイリンガル対応できるよう工夫したというお話がありました。

2つ目は「楽しかったこと」。日本での撮影期間がわずか10日間と聞くと、生徒から驚嘆の声が上がりました。

そして3つ目は「残念なこと」。多くの資料を集めたが、その1割程度しか使えなかったのがとても残念だったそうです。

その後は生徒からの質問に答えていただきました。

「もしもジーカス先生が杉原千畝の立場だったらどのような行動をしたか?」
「残りの9割の資料を使って、次はどんな作品を作りたいか?」
「リトアニアでは第二次世界大戦についてどのように学ぶのか」
「この映画で一番伝えたかったことは何か」

など、積極的な質問に笑顔で答えていただきました。

日本人とリトアニアから来たユダヤ人のラブロマンスについて質問されると、「ラブロマンスの要素があると映画はもっと面白くなるだろう」と楽しそうに仰っていました。

CIMG3386 - コピー.JPGCIMG3388-2.jpgCIMG3394.JPG

CIMG3397.JPGP4129328.JPGP4129332.JPG

P4129333.JPGP4129337.JPGCIMG3403.JPG

 

高校1年生(国際教養):コース内ポスター発表会

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

03月

7日

2019

本日、高校1年生国際教養コース4クラスで、コース内ポスター発表会を行いました。1年間続けてきた探究活動の成果を出す場であり、また発表の練習の意味合いもあります。

今日は学園長先生、理事長先生、校長先生にもお越しいただき、たくさんの発表を見ていただきました。開会式で清水校長先生からは「文京生として探究活動を通じてつけてほしい力」についてお話しいただきました。閉会式では、理事長先生からご講評いただき、国際教養コースの生徒のサイエンスに関する興味関心の高さにお褒めの言葉をいただきました。また「発表する人は相手を見て目で伝えましょう」ということや「1番目に質問することの大切さ」についてお話いただきました。

多くの生徒が知識を自分の言葉にして話すことができました。

写真 2019-03-07 10 35 42.jpg写真 2019-03-07 11 04 35.jpg写真 2019-03-07 11 12 21.jpg写真 2019-03-07 11 34 13.jpg写真 2019-03-07 11 35 00.jpg写真 2019-03-07 11 35 04.jpg

高校1年生(国際教養):【日本史A】英語で学ぶ第二次世界大戦2

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

12月

22日

2018

先日一回目を行った「英語で学ぶ第二次世界大戦」の授業の第二回目を行いました。

前回出したquestionsに、ネイティブの先生方がAnswersを提示してくれたり、グループで答えを考えたりしました。

Questionsを書く際に、英語で書くことに挑戦してくれた人も多くいました!

"What was the aim of America in the Battle of Midway?"

"The US and Japan have the different anniversary days for the end of the WWⅡ. What do you think about the difference?"

もっと深く考えるには時間が足りませんでしたが、限られた時間の中でグループで考え、発表することができました。

また授業後のアンケートでは、90%の生徒が「楽しかった」と回答し、96%の生徒が「Listeningの技能を使えた」と感じたと回答していました。そして98%の生徒が、「第二次世界大戦を多様な視点で考えることに役立った」と感じてくれました。

生徒自身も、事前に提示した目標に対してどれくらい達成できたかを測るルーブリックに回答し、この2時間で「何ができるようになったか」を振り返りました。

新年以降は、日本語で戦争、そして戦後の日本について学んでいきます。

IMG_9920.JPGIMG_9917.JPGIMG_9933.JPGIMG_9921.JPGIMG_9922.JPGIMG_9925.JPGIMG_9949.JPGIMG_9929.JPGIMG_9943.JPG

 

高校1年生(国際教養):【日本史A】英語で学ぶ第二次世界大戦

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

12月

15日

2018

高1国際教養コースTクラスの「日本史A」の授業において、ネイティブスピーカーの教員とのコラボ企画として、特別授業を行っています。

1時間目は日本人教員と第二次世界大戦について大筋や地理を確認し、2時間目の前回はネイティブスピーカー教員によるレクチャーを受けました。

英語を「学ぶ」のではなく、英語を「使って学ぶ」ことを目的として、2時間目の終わりには、日本とアメリカでの視点の共通点・相違点を考え、次回に向けて日本語と英語で質問を考えました。

最終回の次回は、生徒からの質問を考えながら、1つの出来事を異なる視点で捉えるとはどういうことか学びます。

IMG_1263.JPGIMG_1275.JPGIMG_1282.JPGIMG_1299.JPGIMG_1300.JPGIMG_1307.JPGIMG_1315.JPG

高校1年生(国際教養):SDGsを学ぶイベントに参加

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

12月

15日

2018

今年の高校1年生国際教養コースは、SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)について探究活動を行っています。

そこで、12月6日に「東京ビッグサイト」で開催されていた「エコプロ2018」での校外学習を行い、企業が環境問題やSDGs達成のために行っている取り組みを学んできました。

参加後のアンケートでは、「楽しみにしていた」生徒は51%でしたが、参加後「楽しかった」と回答した生徒は91%に上りました。

また、84%の生徒が「SDGsについて知識が深まった/興味関心が高まった」と回答しており、今後の探究活動に役立てることができたようです。

IMG_1183.JPGIMG_1184.JPGIMG_9811.JPGIMG_9813.JPGIMG_1188.JPGIMG_9816.JPGIMG_9829.JPG

(高1国際教養 加藤 記)

お知らせ

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

10月

19日

2016

(当ページは、「コース横断型の学び」のページに統合いたしました。こちらをご覧ください)

資格取得

[ カテゴリ:資格取得 ]

04月

11日

2014

資格取得

理科

[ カテゴリ:理科 ]

04月

11日

2014

理科

アクティブラーニング

[ カテゴリ:アクティブラーニング ]

04月

11日

2014

アクティブラーニング

実技

[ カテゴリ:実技 ]

04月

10日

2014

実技

地歴

[ カテゴリ:地歴・公民 ]

04月

10日

2014

地歴

文京学院このページの先頭へ