学びと進路

ホーム > 学びと進路 | 高等学校の学び:学習活動 > 特色ある学習活動 > 「アジ研」Season4 #2

高等学校の学び:学習活動

「アジ研」Season4 #2

[ カテゴリ:特色ある学習活動 ]

06月

8日

2019

東京海洋大学の小松先生との高大連携プロジェクト 第2回目実施!

今日は東京海洋大学の学生3名に、シンガポールについてプレゼンテーションを行っていただきました。この3名の大学生は、海外探検隊としてこの夏にシンガポールを訪れる予定の方々です。

20190608_044037580_iOS.jpg20190608_044826575_iOS.jpg20190608_045812011_iOS.jpg20190608_050119200_iOS.jpg20190608_050821173_iOS.jpg20190608_050922216_iOS.jpg

生徒は大学生のスムーズかつ分かりやすいプレゼンテーションに強い刺激を受けたようです。

プレゼンの後は、自分たちがシンガポールを研究するならどんな研究テーマが良いか、インターネットを使って調べました。

3グループに分かれて、各グループに大学生が1名ついてアドバイスをしてもらいmした。大学生や小松先生から色々なアドバイスをもらい、面白いテーマを見つけられた人もいました。

20190608_052416401_iOS.jpg20190608_053445402_iOS.jpg20190608_054542349_iOS.jpg

講座終了後には、スタディサプリを活用して、振り返りを行いました。そこでの生徒のコメントを一部ご紹介します。

あまりすぐ調べるという習慣がないので、今回の調べを通して気になることは何でも調べてみようと思った。今はスマホやパソコンですぐに調べられる時代なのでそういう分には恵まれた時代に生まれたと思った。友達にアジアの国出身の子もいて、身近なことのため、いろんなことを調べて知識をつけようと思う。」(高2国際教養Aクラス)

良かったことは自分の興味の幅が広がったことだ。自分が知らないことを1から調べるのは大変だけど、今日のようにいろいろ教えてもらって調べようという意欲が湧いた。」(高2国際教養Aクラス)

大学生のプレゼンを生で聞くことができて良かった。自分も三年後には、今日来てくれた大学生の様に人前でハキハキ話せるようになりたいと思った。」(高1国際教養Aクラス)

自分では、興味がある芸術について調べ、友達と話すことが出来ました。大学生の方にもっと積極的に質問をすればよかったなと思いました。次回は、自分から大学生の方に話しかけてもっと気になることを聞いてみたいです。また、積極的に手を挙げて質問や発言をしたいです。」(高1国際教養Aクラス)

 

文京学院このページの先頭へ