SSH

ホーム > 科学探究プログラム > 「遺伝子診断がもたらす未来とは?」 SSH先端科学講座

科学探究プログラム

「遺伝子診断がもたらす未来とは?」 SSH先端科学講座

08月

28日

2015

本日のSSH先端科学講座〜科学知の技法 〜のテーマは、
『遺伝子診断がもたらす未来とは?遺伝カウンセリングのロールプレイで学ぶ遺伝医学と生命倫理』です。

最先端の遺伝子科学、DNAを解析すれば何でもわかるのか?ネット上には「遺伝子診断」や「遺伝子検査」のサイトがけっこうあります。でも、実際にはどうなのでしょうか?講座の前に、まずは自分たちでネット検索して、その信頼性や問題点について考えます。調べた内容をもとにして、自分たちの考えを発表しました。

いよいよ講座が始まります。今日の講義は、認定遺伝カウンセラーとして活躍をされている田村智英子先生が担当してくれました。まずは検査や診断が可能な「単一遺伝子病」のお話しです。遺伝性の疾患がどのような仕組みで遺伝するのか。遺伝子変異と病気発症のメカニズム、予防手術・・遺伝子診断と治療について、先端医学の現場の話を聞きました。

IMG_6114.JPGIMG_6128.JPGIMG_6135.JPG

午後は、「出生前診断」をめぐる話です。妊娠、出産の裏に潜む、染色体異常や子供の障害に対する不安。検査によって出生前にいろいろな病気がわかるのだったら、あなたはどうしますか?
複数の遺伝的要因や環境要因が複雑に絡み合って発症する「多因子疾患」の遺伝子検査についてはどうですか?

こうした難しい選択や正解のない問いについて、それぞれの立場になりきってやりとりする「ロールプレイ」という手法で考えてみました。結婚目前に父の遺伝病に悩む姉妹、恋人の2人とそれぞれの母親の間で遺伝子検査の受診の是非を問いあう、などのシチュエーションをもとに、どんな気持ちでどんな主張をするだろうか。それぞれ作戦会議をしながら役になりきって演じます。自分自身の考えとは違う立場で話す難しさ、思わず相手に説得されてしまって反論できなくなったり・・人のやりとりを見ながら、あらためて考え込んでしまいます。

IMG_6149.JPGIMG_6155.JPGIMG_6153.JPG

最初に調べたこと、感じたこととはずいぶん印象が違ったことが多かったなと思います。現在の先端科学でも、あいまいで信頼できないものがたくさんあります。また、ある程度はっきり結論が出るものもあります。その結果をどう捉えるのか、利用するのかしないのか、簡単に答えは出ないのだなと感じました。それでも考えることは必要です。深~い講座でした。

文京学院このページの先頭へ