SSH

ホーム > 科学探究プログラム > スリー・ツー・ワン・ゼロ「発射」~ペットボトルロケットプロジェクト~

科学探究プログラム

スリー・ツー・ワン・ゼロ「発射」~ペットボトルロケットプロジェクト~

11月

25日

2018

「ペットボトルロケットプロジェクト」。正式名称は 「Intelligent Water Rocket Competition 2018」 で、東海大学湘南キャンパス・総合グラウンドで開催されました。(当日の様子は、web版の神奈川新聞ニュースでも紹介されました。)

前回同キャンパスへは9/9に訪れて、競技説明・抽選・自チーム紹介・相談会が行われたのですが、それから2ヵ月半の時を経て、今日がペットボトルロケットの打ち上げ本番の日になりました。今まで学内で繰り返してきた「試行錯誤」の総決算の日です。全12チームでそれぞれの'技'を競いましたが、とはいえ、いずれのチームもはじめはなかなか思い通りに行かなくて......。

10:00~ 開会式・競技説明の後に

10:30~ アピールタイムがあり、その後持参した「実機」が封印されます。

11:00~ 加圧担当者講習会 と続きました。

封印後は各チームの「ロケット発射」の直前まで、手を触れることが出来ません。その後発射タイムが近づいて開封許可が出て最終段階へと進みました。そのとき以降の様子を中心にお届けします。

前回ここを訪れた時の19号館校舎が1枚目です。晩秋の装いで、紅葉も最終段階でした。会場のグラウンドでは、すでに先行チームが打ち上げをスタートしています。3・4枚目が文京チームのロケットで、まさに発射を待っているところ。

191125PET Rocket2nd (1).JPG 191125PET Rocket2nd (3).JPG 191125PET Rocket2nd (5).JPG 191125PET Rocket2nd (4).JPG

以前お知らせしたように、本校文京学院からは高1梅組6名参加のところ、2チームに分かれてそれぞれが1チームとしてエントリーしています。しかし、同一校仲間なので協力すべきところは事前準備で仲良く。以下の写真は、ロケットを現地に運び出す直前の手入れ。3枚目は各チーム共通テーマになっているパラシュート搭載。「上手くひらいてね」と祈ります。

191125PET Rocket2nd (7).JPG191125PET Rocket2nd (12).JPG191125PET Rocket2nd (13).JPG

さて、時間が来たようです。私たち文京のひとチームはその名もチーム「文女」 運び出してグラウンドへ移動です。ここで発射場所に入るメンバーはご覧のようにヘルメットとゴーグルを着用して安全管理、でも「よくお似合いですよ」

191125PET Rocket2nd (14).JPG191125PET Rocket2nd (19).JPG191125PET Rocket2nd (21).JPG

もう一チームの3人が遠くから見守る中、発射台に設置して、点検をしました。

191125PET Rocket2nd (27).JPG191125PET Rocket2nd (34).JPG191125PET Rocket2nd (30).JPG

いよいよ「加圧」して発射に備えますが......、どうも様子が変です。「何かあったんですか」「空気が漏れているみたいです」あえなく失敗。原因を究明して再チャレンジします。

191125PET Rocket2nd (40).JPG 191125PET Rocket2nd (42).JPG 191125PET Rocket2nd (36).JPG 191125PET Rocket2nd (43).JPG

ステージ側に戻ってきて、先生・スタッフと相談です。がっかりしないで、どこが問題かチェックし次に向けて調整しなければ。「どうやら、底の部分のビスが緩んでいたようですね」「ハイ、オーケー。やり直します。」

191125PET Rocket2nd (44).JPG191125PET Rocket2nd (45).JPG191125PET Rocket2nd (47).JPG

 

さてさて、そしたらこのチームが後回しになっている間に、もう1チームは自分たちの打ち上げのために、粛々とプロジェクトを進めるしかありません。もう一つのチーム名はチーム「HAM」......「何ですか、この名前は??」 「ハイ生徒名の頭文字をとりました」「じゃあ、ハムって読むんじゃなく、エイチ・エイ・エムなんですね」

本番の臨場感を出すために、場内でアナウンスされている言葉を順に追って、

「シーケンス開始」「推進剤充填」「高度制限金具取り付け」「ピーロード部設置」「衛星準備」「ロケット最終確認」「ランチャー確認」「退避」「プレ加圧 ~3気圧」「空気漏れ確認」「誤発射防止ワイヤー切断」「本加圧 ~7気圧」

「安全確認」「ファイナルカウント」  「「発射」」

やりました「HAM」チーム、成功です。ちなみにこのチームのパラシュートは上手く開き、チーム独自のミッションだった「キャンディー」が空から地上に舞い降りました。「雨が降ったのではなく、『飴』を降らせたんですね。」「それ受けるんだけど」

191125PET Rocket2nd (58).JPG191125PET Rocket2nd (59).JPG191125PET Rocket2nd (60).JPG191125PET Rocket2nd (62).JPG191125PET Rocket2nd (63).JPG191125PET Rocket2nd (2).PNG

終了後は「機体回収」となり、現場を離れました。そこへやってきたのは「すみません、神奈川新聞です」「ちょっとお聞かせください」ということで、取材を受けました。HAMチームの皆さん、誇らしげです。

191125PET Rocket2nd (68).JPG191125PET Rocket2nd (72).JPG191125PET Rocket2nd (73).JPG

さらに「すみません、東海大学ですが、大学新聞にも掲載させてください」 最後に会場となったグラウンドをバックにロケットとともに3人で記念撮影を。その後ロケットに取り付けた小型カメラがどのように周囲を捕らえているか、PC確認まで実施して終了。

191125PET Rocket2nd (77).JPG191125PET Rocket2nd (86).JPG191125PET Rocket2nd (93).JPG

それで、先ほど上手くいかなかったリベンジの「文女」チームはというと、再度不具合を直して再チャレンジしました。そのときの様子は以下のとおり。教授とスタッフの指導を受けて、今度は大丈夫。そろそろ時間的に空が茜色に染まる頃、大空に舞い上がりました。今度は成功です。

191125PET Rocket2nd (98).JPG191125PET Rocket2nd (102).JPG191125PET Rocket2nd (104).JPG191125PET Rocket2nd (106).JPG  191125PET Rocket2nd (110).JPG  191125PET Rocket2nd (1).PNG

この世界では「失敗は成功の元」それを「文女」チームは体現してくれました。しかし同時に、感動の涙を禁じ得ません。で、このチーム独自のミッションは?? 「はい、ウズラの玉子を落下させて、割れないようにするというものです」「あら、本当! 事実割れていませんね」「そういえばどこかの学校で『エッグドロップ』とかいう実験をしていましたかしら」「ちなみにこの玉子、茹でてませんよね(笑)」 その後関係者にも説明していましたが驚きを隠せなかったようです。

191125PET Rocket2nd (115).JPG191125PET Rocket2nd (119).JPG191125PET Rocket2nd (123).JPG

全チームの終了後に審査が行われ、閉会式で結果発表が行われました。そしてそして、私たち文京2チーム中1チーム「チーム「HAM」が「ルネサス賞」をいただきました。「おめでとうございます」 全参加者による集合写真に続いて表彰チームの喜びの表情を。

191125PET Rocket2nd (127).JPG191125PET Rocket2nd (126).JPG

文京学院このページの先頭へ