ssh

ホーム > 科学探究プログラム > 中学の探究活動

科学探究プログラム

中学の探究活動

SSH(2012-2017)の指定によるカリキュラム開発で、中学から始めて高校・大学へと繋がる探究活動プログラムを実践しています。中高6年間を通して、観察や実験、データのグラフ化や統計処理など「探究活動」に関わる基礎知識やスキルを丁寧に学び、それらを実践的に活用してスキルの定着を図ります。中高一貫生徒は、中学での「探究活動」を通して事前に学べるため、高校での協働的・主体的な学習をリードする存在として期待されます。

探究の技法

中1 科学探究の楽しさを体感! (ファンデーション・プログラム)

自然科学に関する原理に触れながら興味関心を高め、観察や調べ学習の方法など、探究活動の基礎スキルを体験的に習得する。

中2 探究基礎の実践!

自分の問いに基づいた観察調査や実験などを通して、情報の収集、データ整理や図表化など実践的なスキルを習得し、研究レポートを作成する。

中3 探究成果を発表!

1・2年で実践した探究活動の成果として、科学的知識と探究スキルを活用し自分の研究内容をわかりやすくまとめて発表する。

 

【中学1年 ファンデーションプログラム】

大学教員の指導のもとで「探究活動のとりかかり」を学びます。明確な答えのない課題に取り組む学習姿勢や、課題の背景にあるものを分析する方法を体験するほか、徹底して科学的な観察力をトレーニングすることで、「なぜ?」と、問いに気づく力を育成します。

【中学3年 研究発表会】

中3の1月には、3年間の探究活動をポスターにまとめて全校に発表します。中1・中2生にもわかりやすく自分の研究内容や思考を伝えるために工夫することで、論理的な表現力を育成します。

P7111126-s-thumb-220xauto-25218.jpgP7111128-s-thumb-220xauto-25220 (1).jpg3as0124-thumb-220x165-29367.jpg

 

他のプログラムとの連携
科学塾:数学の基礎学力をしっかりと育成します(中1~中3 週1回 60分×年間20回)。
国際塾:英語の基礎力や表現・運用への積極的な姿勢を育てていきます。
校外学習:事前事後指導のなかで、体験を通して学んだ内容を発表する力を養成します。

 

 
妙高自然体験教室

妙高高原での自然体験やフィールドワークを通して、地球環境について科学的理解を深める。体験活動には、ディスカッション・レポート作成・発表が含まれます(夏休み:3泊4日)。また、事前指導や学園祭での発表に加えて、SSクラブとして研究を続けていき、高校生と一緒に研究成果発表会でのポスター発表などに参加することもできます。

(「妙高自然体験教室」の様子はこちらから

 

国立妙高青少年自然の家のHP

 

 
文京学院このページの先頭へ