SSH

ホーム > 科学探究プログラム

科学探究プログラム

今日の探究活動

2020.01.11

タイ研修プログラム2019 8日目 最終日

2020.01.10

タイ研修プログラム2019 6日目・7日目

2020.01.08

タイ研修プログラム2019 5日目

2020.01.07

タイ研修プログラム2019 4日目

2020.01.06

タイ研修プログラム2019 3日目

2020.01.05

タイ研修プログラム2019 2日目

2020.01.04

タイ研修プログラム2019 1日目

2019.12.22

サイエンスキャッスル2019関東大会

2019.12.22

東京都SSH指定校合同発表会

2019.12.21

タイ派遣プログラム 直前発表会・結団式

2019.12.21

親子で体験!Super Science Laboratory 2019

2019.12.15

高校生科学技術チャレンジJSECで「審査委員奨励賞」を受賞

2019.12.08

IWRC2019 ペットボトルロケット・プロジェクト

2019.08.28

科学知 「IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座」2日目

2019.08.27

科学知 先端科学講座 IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座

2019.08.27

科学知 「日常のなかの「問い」をみつめよう講座」

2019.08.25

工学院大学わくわくサイエンス祭 科学教室 TA参加

2019.08.25

科学知 先端科学講座 「遺伝医学と生命倫理講座」

2019.08.24

科学知 先端科学講座 「遺伝子解析実験講座」

2019.08.23

学際数理探究 特別授業 2日目

2019.08.22

学際数理探究 特別授業

2019.08.10

文京ジュニアサイエンスプロジェクト:妙高自然体験教室

2019.08.03

しけんかんにゆきをふらせよう -親子で体験!SSラボ2019-

2019.07.27

つくって発見!スマホde顕微鏡 -親子で体験!SSラボ 2019-

2019.07.13

ポリドロンであそぼう! 親子で体験!SSラボ 2019

2019.06.11

スーパーレクチャー2019「古生物の進化を探る!」

2019.04.23

タイ PCSHS-P 2019科学交流プログラム 6日目

2019.04.19

タイ PCSHS-P 2019科学交流プログラム 2日目

2019.04.18

タイ PCSHS-P来校 2019科学交流プログラム

2019.02.23

第4回東邦大学−GNU先端化学に関する合同シンポジウム

2019.01.11

タイ研修プログラム2018 Science Fair

2019.01.07

タイ研修プログラム2018 3日目

2019.01.06

タイ研修プログラム2018 2日目

2019.01.05

タイ研修プログラム2018 開始

2018.12.24

サイエンスキャッスル2018 関東大会

2018.12.23

平成30年度 東京都内SSH指定校合同発表会にて

2018.12.22

タイ研修プログラム 壮行会

2018.12.22

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2018

2018.12.18

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!2」

2018.12.15

「その成果はいかに?」~平成30年度研究成果報告会~

2018.11.25

スリー・ツー・ワン・ゼロ「発射」~ペットボトルロケットプロジェクト~

2018.11.17

日本音響学会 音楽音響研究会

2018.11.06

SSH卒業生 追跡アンケートのお願い

2018.11.04

第5回SWR in 都立戸山高校への参加

2018.10.20

あつまれ!理系女子 東京大会 10/27

2018.10.06

ペットボトルロケットプロジェクト(第2弾)

2018.09.09

ペットボトルロケット "Intelligent Water Rocket Competition 2018"

2018.08.26

文京ジュニアサイエンスプロジェクト:妙高自然体験教室

2018.08.25

科学知「遺伝子解析実験講座+遺伝医学と生命倫理講座」

2018.08.21

理数キャリア夏期勉強会特別授業 Arduino講座

2018.08.07

科学知「日常の中の「問い」をみつめよう講座」

2018.08.05

科学知「比較解剖で理解する脊椎動物のからだ講座」

2018.08.04

文京アカデミー 子どもアカデミア 理科実験教室

2018.07.29

科学知「IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座」

2018.07.14

親子で体験!SSラボ さんすうだいすき!

2018.06.09

TJ-SSF2018 フィールドワーク

2018.06.08

TJ-SSF2018 研究発表・サイエンスラリー

2018.06.07

TJ-SSF2018 歓迎式・研究発表

2018.06.06

TJ-SSF2018へ出発

2018.06.05

フランス人化石研究者 特別講義

2018.04.21

タイ PCSHS-P 来校 サイエンスフェア

2018.04.20

タイ PCSHS-P 来校 高1化学実験授業

2018.04.10

平成29年度の研究成果発表会 表彰報告

2018.03.16

「SSH 学際科学特別授業」 アメリカ大使館員を招いて

2017.12.24

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー(SSラボ)

2017.12.23

サイエンスキャッスル2017関東大会参加

2017.12.23

平成29年度スーパーサイエンスハイスクール東京都内指定校合同発表会

2017.12.09

SSH・SGH研究成果報告会

2017.12.05

12月9日(土)午後 SSH・SGH研究成果報告会開催

2017.12.05

高校1年生:「サイエンスアゴラ2017」に出演!

2017.11.26

IWRC 2017 めざせ!人工衛星打ち上げ

2017.11.08

SSプレカレッジⅡ(SSPⅡ) 最終発表会

2017.09.15

映画「ドリーム」試写会 アメリカ大使館からの招待

2017.09.05

あつまれ!理系女子 東京大会 10月28日

2017.07.08

小笠原研修フィールドワーク事前学習 1日目

2017.06.09

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!」

2017.04.25

PCSHS-P、KVIS 科学交流6日目

2017.04.24

PCSHS-P、KVIS 科学交流5日目

2017.04.22

PCSHS-P、KVIS 科学交流3日目

2017.04.21

PCSHS-P、KVIS 科学交流2日目

2017.04.20

タイの生徒来校 科学交流1日目

2017.04.14

T-J サイエンスフェア2017

2017.03.20

平成28年度 第12回関東近県SSH校合同発表会への参加

2017.03.18

親子で体験SSラボ「イチゴのひみつ」

2017.02.05

TSS第5回生徒研究成果合同発表会

2016.12.24

親子で体験!SSラボ 「静電気」

2016.12.18

Intel (R)Genuino 101 Competition

2016.12.14

WAW!2016 国際女性会議

2016.11.21

サイエンスキャッスルゼミ・出張ミニプレゼン道場

2016.11.21

サイエンスアゴラのトークセッションに参加

2016.11.13

プレゼン道場へ参加してきました

2016.11.06

理系女子のためのシンポジウム

2016.10.20

集まれ!理系女子 10/29

2016.08.20

夏季勉強会&特別講義

2016.08.11

SSH生徒研究発表会

2016.08.06

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/6

2016.08.05

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/5

2016.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 04

2016.07.30

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 03

2016.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 02

2016.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2016.07.20

グローバル環境科学 フィールドワーク事前学習 六義園実習

2016.07.09

グローバル環境科学 小笠原でのフールドワーク事前学習

2016.06.23

サイエンスコロキウム 第2回タイ・セミナー

2016.06.11

第5回 エッグドロップコンテスト

2016.04.19

タイ PCSHS-P 5日目

2016.04.18

タイ PCSHS-P 4日目

2016.04.16

タイ PCSHS-P 3日目

2016.04.15

タイ PCSHS-P 2日目

2016.04.14

タイ PCSHS-P 来校 1日目

2015.12.26

タイ研修 6日目

2015.12.25

タイ研修 5日目

2015.12.24

TJ-SSF2015 4日目

2015.12.23

TJ-SSF2015 3日目

2015.12.22

TJ-SSF2015 2日目

2015.12.21

TJ-SSF2015 1日目

2015.12.20

TJ-SSF Thailand-Japan Student Science Fair 2015 へ出発!

2015.12.20

「人類働態学会地方会」にて優秀発表賞を受賞しました。

2015.12.12

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.20

東京理科大学 清水克彦教授の特別授業

2015.11.13

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.01

The 2nd Symposium for Women Researchers 第2回SWR(第6回SSH女子交流会)

2015.10.31

集まれ!理系女子 第7回女子生徒による研究発表交流会

2015.09.25

文女祭(あやめさい):マジカル・サイエンス・ツアー!

2015.08.29

女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(WAW! 2015)

2015.08.28

「遺伝子診断がもたらす未来とは?」 SSH先端科学講座

2015.08.23

工学院大学 わくわくサイエンス祭

2015.08.20

さくらサイエンス ノーベル賞科学者の講演と国際交流

2015.08.18

理数キャリア 特別授業 2日目

2015.08.17

理数キャリア 夏季勉強会/特別授業1日目

2015.08.10

Jr.SSH in 妙高

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9PM

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9AM

2015.08.08

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 サイエンス・クッキング

2015.08.06

SSH生徒研究発表会

2015.08.01

小笠原自然体験教室(4)

2015.07.31

小笠原自然体験教室(3)

2015.07.30

小笠原自然体験教室(2)

2015.07.29

小笠原自然体験教室

2015.07.18

親子で体験!SSラボ はなびのしくみをさぐろう!

2015.07.10

グローバル環境科学 フィールドワーク実習

2015.07.07

中学1年生:アドバンストサイエンス 課題研究活動報告

2015.06.20

エッグドロップコンテスト

2015.06.10

『恐竜の進化を探る!』 スーパーレクチャー

2015.06.06

卵の科学  学際科学

2015.05.30

「小笠原自然体験教室」の事前学習

2015.05.30

SSラボ(1):Mはかせ から の しれい。ブラックボックスの なぞ が とけるかな?

2015.05.09

10日 TBS 18時30分

2015.04.21

タイ PCCP 最終日目

2015.04.20

タイ PCCP 4日目

2015.04.18

タイ PCCP 3日目

2015.04.17

タイ PCCP 2日目

2015.04.16

タイ PCCP来校

2015.04.15

PCCP歓迎準備

2015.04.08

SSH説明会

2015.03.28

つくば科学研究コンテストで受賞

2015.02.14

平成26年度SSH研究成果報告会開催

2015.01.07

タイ PCCPサイエンスフェア

2015.01.05

タイ PCCP訪問

2014.12.09

スーパーレクチャー 『古生物学への誘い』

2014.11.15

理数クラス3年生が「JSEC 2014」の最終選考に

2014.11.08

タイ派遣生徒 事前プログラム(第1回目)

2014.11.01

タイ派遣生徒・説明会

2014.10.25

『理系女子フェア2014×講談社Rikejo』に参加

2014.10.24

「納豆菌が口内環境に与える影響の研究」が優秀賞を受賞!

2014.09.22

日本水産学会秋季大会参加(会場:九州大学箱崎キャンパス)

2014.08.24

高校1年・理数クラス わくわくサイエンス祭に参加

2014.08.18

高1・高2理数クラス 夏期勉強会

2014.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その4

2014.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その3

2014.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その2

2014.07.27

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2014.07.18

SSクラブ 東京海洋大学 特別講座

2014.07.09

数学特別授業(数論)

2014.07.01

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー

2014.06.28

人類働態学会でのポスター発表

2014.06.21

第3回~エッグドロップコンテスト~

2014.06.16

グローバル環境科学 小笠原事前学習

2014.06.14

卵の科学 ~加熱調理を中心に~

2014.06.07

親子で体験!SSラボ 第1回

2014.06.05

「グローバル環境科学」 小笠原自然体験 

2014.05.31

SS国際情報 校外特別研究活動 希少植物の残る里山に行こう

2014.05.31

学際科学 エッグドロップ装置の開発(3)

2014.05.23

コミュニケーション英語II

2014.05.17

SSコミュニケーション授業内容

2014.05.17

学際科学 エッグドロップ装置の開発(2)

2014.05.10

学際科学 エッグドロップ装置の開発

2014.04.30

情報セキュリティー講座(高校1年SS国際情報)

2014.04.25

タイ PCCP 六義園・浅草観光

2014.04.24

タイ PCCP 工学院大学へ

2014.04.23

タイ PCCP 清水建設での体験

2014.04.22

サイエンスフェアー タイ・PCCP

2014.04.21

タイ PCCP校来校

2014.03.30

日本水産学会春季大会参加 金賞・奨励賞に輝く

2014.03.22

SSH学際科学公開授業

2014.01.03

1月の活動

2013.12.01

12月の活動

2013.11.01

11月の活動

2013.10.06

10月の活動

2013.09.13

9月の活動

2013.08.25

7・8月(夏季休業中)の活動

2013.06.23

6月の活動

2013.05.20

5月の活動

2013.04.27

4月の活動

2013.03.23

3月の活動

2013.02.09

2月の活動

2013.01.27

1月の活動

2012.12.08

12月の活動

2012.11.18

11月の活動

2012.10.14

10月の活動

2012.09.30

9月の活動

2012.08.29

8月の活動

2012.06.16

6月の活動

2012.05.27

5月の活動

2012.04.28

4月の活動

タイ研修プログラム2019 8日目 最終日

01月

11日

2020

いよいよ今日が最終日。PCSHS-Pともお別れです。 最後の朝食を学校でとった後で、これまで一緒に活動をして、見送りに来てくれたバディとの別れを惜しみながら、またの再会を誓い合います。

生徒達はこれからバンコクに向かい、水族館など市内を見学します。もちろん今日もバディがいて、最後の空港まで一緒に行動してくれます。最後まで楽しい思い出が作れそうです。今夜のフライトで日本に帰ります。本当に充実したタイ研修になりました。

IMG_3405.JPGIMG_3402.JPGIMG_3408.JPG

タイ研修プログラム2019 6日目・7日目

01月

10日

2020

サイエンスフェアの翌日から、タイの先生方やバディと一緒にKoh Talu Island という島へ、1泊2日のフィールドワークにいきました。 学校からバスで200kmほどの港からボートに乗って島に渡りました。 すてきなコテージのある滞在型のリゾート地で、小さな島ですが椰子の木が茂り、エメラルドグリーンの海が広がるとてもきれいなところです。

IMG_3341.JPGIMG_3389.JPGIMG_3366.JPG

昼食後にチェックインを済ませ、着替えをしてから珊瑚の移植体験をしました。 ボートに乗って景色を楽しんだ後は、シュノーケリングのレッスンを受けました。 遠浅の入り江で背の立つほどのところですが、 ゴーグルを通して珊瑚や泳いでいる魚たちを見ることができて、 みんな大喜びです。

夕食のあとに、昼間に移植体験をした珊瑚に関するレクチャーを受けてから、今度は目の前の浜辺にで出て、星についてのレクチャーとなりました。 今日はあいにくの満月でしたが、それでもたくさんの星がみえました。

2日目は、島の周りをハイキングしました。
この島ではウミガメの保護活動にも取り組んでいます。プロジェクト活動の場所に行って、ウミガメについてのレクチャーを受けました。 人間の乱獲によって激減してしまったウミガメですが、地道な保護活動によって少しずつですがその数も回復しつつあります。 ウミガメの産んだ卵を大切に孵化させて、ある程度大きくなったウミガメに識別用のマイクロチップをつけて、海に帰してやります。 生まれてから数日の赤ちゃんウミガメが小さな手足を使って水槽を泳ぐ姿は、とてもかわいいです。 10人ほどの生徒が、もうじき海に放すウミガメを、歯ブラシを使ってきれいにしてあげていました。 細菌などからの感染を防ぐためにも大切な作業です。

IMG_3371.JPGIMG_3372.JPGIMG_3375.JPGIMG_3376.JPGIMG_3377.JPGIMG_3384.JPG

そのあと、みんなで浜辺の掃除をしました。マイクロプラスチックによる海洋汚染はとても深刻な問題で、今回の派遣生徒の一人が研究テーマにもしています。

IMG_3385.JPGIMG_3387.JPGIMG_3388.JPG

島の滞在ではとてもリラックスできて、素敵な時間を過ごすことが出来ました
ここまでサイエンスフェアに向けて頑張ってきた生徒達にとっては、ちょっとしたご褒美の時間になりました。 島から戻った後は、フア・ヒンのモールやナイトマーケットに行って、バディと一緒に思い思いにショッピングを楽しみました。

夕食の時にちょっとしたサプライズがありました。実は今日は引率の担任教諭の誕生日だったのです。クラスの生徒とバディで話をして、タイの先生にも協力してもらい、ディナー会場でバースデイケーキを用意してもらいました。何も知らなかった担任はびっくりするやら感激するやら。研修の最後に、生徒たちから担任へのすてきなサプライズプレゼントでした。

IMG_0110.jpgIMG_0117.jpgIMG_0122.jpg

明日はいよいよ最終日。朝、学校の寮を出発してバンコクの見学に向かいます。最後の荷造り頑張ってください。

タイ研修プログラム2019 5日目

01月

8日

2020

本日のプログラムは、このタイ科学交流プログラムのメインプログラムであるサイエンスフェアの日です。
PCSHS-P内で丸1日かけて行われるサイエンスフェアは、オープニングセレモニーから始まり、大学の先生による特別講義、タイと日本の生徒達によるオーラルプレゼンテーション、 ポスターセッション、閉会式、そして最後に文化紹介という流れで進行します。 日本でも今日は始業日で、授業が始まったところです。

オープンニングセレモニーには、提携する大学の関係の先生やタイの教育活動に関わる高官の方々もいらっしゃっていて、このサイエンスフェアの持つ大きな意味を 生徒も実感できたと思います。このセレモニーの司会は全てタイの生徒が行っており、英語だけではなく日本語でのアナウンスもありました。 本校の生徒たちは生徒席の最前列に座っており、特別なゲストであることが一目で分かります。各校の代表者による記念品の贈呈がお互いに行なわれ、両校の親交を深めました。

DSC_8305_1600.jpgDSC_8454_1600.jpgDSC_8431_1600.jpg

特別授業は先日訪問したシラパコーン大学のペッチャブリーキャンパスの先生で、昆虫の専門家です。 テーマは『タイにおける昆虫の重要性について』というもので、昆虫とは何かという基礎的な話から、昆虫が生態系において果たす役割や、生活に害をなす害虫とその被害、 そして最後には昆虫食の重要性などについての講義を聴きました。大きなモニターの前で、TEDプレゼンテーションを聴いているようです。時折クイ ズ形式で質問がなされ、 見事に正解した生徒は先生からギフトをもらうことができました。文京生も積極的に答えて、ギフトを貰ってうれしそうでした。

DSC_8442.JPGDSC_8448_1600.jpgDSC_8441_1600.jpg

口頭発表はタイと本校が2テーマずつです。 本校からは『木質ペレットの消臭効果』と『琴の音波パターン』の2つの研究について口頭発表を行いました。 生徒たちはもちろん英語で発表を行います。この発表に行き着くまでに生徒たちは、非常に苦労をしながら実験を行ってきました。 実験から得られた情報を整理して人が理解しやすいようにまとめることや、更にそれを英語に直しすことなど、幾多の苦労を乗り越えて現在にいたります。 燃料として用いられている木質ペレットに消臭効果という新しい価値を付加させようというペレットの研究、発表者本人が琴を習っていることから研究がスタートし伝統的な楽器の持つ特性を科学的に分析することに挑んだ琴の研究、両者共に素晴らしい口頭発表を行うことができました。英語での質問にもしっかりと答えることができていました。

P1130360_1600.jpgP1130343_1600.jpgP1130396_1600.jpgP1130477_1600.jpgP1130467_1600.jpgP1130556_1600.jpg

午後のプログラムはポスターセッションです。

以下の11テーマの研究が本校の研究です。これまでに特別な経歴を持つ研究については( )に記載しました。
『木質ペレットの消臭効果(サイエンスキャッスル審査対象ポスター)』
『琴の音波パターン』
『クチナシを水につける時間が緑変化に与える影響』
『染料の種類と水の蒸発量の関係(サイエンスキャッスル審査対象ポスター)』
『トライアングルの打点と角度が周波数に与える影響(JSEC入選)』
『栄養条件が納豆菌の形態に与える影響』
『ビタミンCを用いたバナナの変色防止効果(学芸サイエンスコンクール自然科学研究部門入選)』
『ピザの定理における正N角形への拡張(JSEC審査委員奨励賞・サイエンスキャッスル優秀ポスター賞)』
『ロウソクの燃焼(東京都SSH指定校合同研究発表会口頭発表参加テーマ)』
『黒い津波の形状、高さ、速度(サイエンスキャッスル審査対象ポスター)』
『身近な魚はマイクロプラスチックを食べてしまっているのか(海のサマースクールにてポスター展示)』

他校の生徒たちの前で発表することには慣れている生徒たちですが、今回は初めての海外での発表です。使用する言語が英語という点だけではなく、 国が違えば常識や疑問を持つポイントも異なります。本校の生徒たちは沢山のタイの生徒たちに囲まれ、苦労しながらも、自身の研究をポスターでしっかりと発表していました。 その背景には仲良くなった『タイでの友人達』に、自分の研究を伝えたい、そして相手の研究を知りたいという思いがあるからに違いありません。特別な友人に対する気持ちが、 本校の生徒達の力をいつも以上に高めてくれたのだと思います。 またこのポスターセッションでは、生徒・教師・ゲストの先生方にシールが数枚配られています。よいと思った研究に張るシールの枚数を競う研究の人気投票も同時に行なわれていました。 結果は閉会式でのお楽しみだそうです。

DSC_8535_1600 (1).jpgDSC_8536_1600.jpgDSC_8576_1600.jpgDSC_8600_1600.jpgDSC_8607_1600.jpgDSC_8618_1600.jpgDSC_8621_1600.jpgDSC_8639_1600.jpgDSC_8660_1600.jpgDSC_8699_1600.jpgDSC_8736_1600.jpgDSC_8806_1600.jpg

閉会式では、本校の教員・生徒に対する科学交流プログラムの修了証が配られました。壇上に1人1人上がりタイの副校長先生から修了証とメダルを受け取り、 写真撮影を行います。生徒たちは緊張しながらもみんな嬉しそうでした。

なお人気投票では『ピザの定理における正N角形への拡張』が5つの人気のあった研究の1つに選ばれました。該当の生徒は修了証授与の際には参加賞のメダルに加えて、金色のメダルも得ることができました。

閉会式後の文化紹介は、一転してとても賑やかなで楽しいお祭りのようです。司会進行はすべて生徒が行い、タイの生徒たちによる屋台がでて、野外の特設ステージでは乗りのよい音楽に乗って 生徒による出し物がで行なわれ、それを両校の生徒や先生方が楽しみます。 本校の生徒も日本の文化紹介(歌と踊り)と、研究テーマの仮装大会(ミュータントアワード)に参加しました。

IMG_3276.JPGP1130586_1600.jpgIMG_3275.JPG

本校の文化紹介は、司会の生徒によるタイ語と英語での挨拶で始まりました。 最初は森山直太朗の『さくら』をみんなで歌いました。日本の歌ということで、まずは厳かな雰囲気の中で始まりました。 次は、日本ではAKB48、タイではBNK48の曲として有名な『恋するフォーチュンクッキー』です。本校の生徒たちが踊りだすと、タイの生徒たちもみんな一緒に踊りだしました。 最後は『ソーラン節』です。踊りが大好きなタイの生徒たちの勢いは止まりません。司会の生徒達の『まずは1回私達の踊りを見て踊りを覚えて!一緒に踊ろう!』という 英語の呼びかけに応じ、タイの生徒の半数近くがステージ近くに集まって来て一緒に踊って、最高の盛り上がりでした。

P1130609_1600.jpgP1130621_1600.jpgP1130652_1600.jpgP1130670.MP4_snapshot_02.02.jpgP1130670.MP4_snapshot_04.20.jpgDSC_8970_1600.jpg

「ミュータントアワード」では、研究チームごとに自分たちの研究テーマを仮装で表現して、簡単なスピーチでアピールします。 各自が日本やタイの研修の合間に工夫をしながら考え準備した衣装をまとって、ユーモラスに、かつ感謝の気持ちも込めてて設ステージの上に立ちます。 そしてファッションショーのようにタイのタイの生徒達の前を練り歩いていきました。

DSC_9205_1600.jpgDSC_9293_1600.jpgDSC_9274_1600.jpg

そしていよいよ結果発表です。投票で選ばれた上位5位までの生徒が表彰されます。例年入賞者は1~2チームほどですが、今年度は入賞者が3チームもい て、なんと今回は1位に選ばれた生徒もいました。王冠と記念品をタイの先生から贈呈された生徒たちは、満面の笑みでした。

DSC_9484_1600.jpgDSC_9426_1600.jpgDSC_9493_1600.jpg

楽しかった文化紹介も終わりの時間が近づいてきました。全ての出し物が終わった後も、音楽と共にみんなで踊ります。踊りの大好きなタイの生徒達は一心不乱に踊っていました。 もちろん本校の生徒達も満面の笑みで踊っていました。
そして最後は国歌が会場に流れまれました。国歌が流れ始めると教員も生徒も皆が会話や作業を即座に止めて、起立をします。 そして厳かな空気が場を満たしたなかで文化紹介は終わりを告げました。

全ての出し物を大成功で終えた生徒達は、『もうずっとタイに居たい!』と、喜びを全身で表していました。 皆さんお疲れ様でした!
明日からは私服に着替え、島で様々な体験をします。寝不足に気をつけて明日に備えて下さい。

タイ研修プログラム2019 4日目

01月

7日

2020

本日は、タイの王立大学であるシラパコーン大学(Silpakorn Univercity)をタイの生徒たちと共に訪問しました。

シラパコーン大学はPCSHS-Pの教育提携大学で、タイでの科学教育活動に尽力されているシリントーン王女(現在のタイ国王陛下ラーマ10世の妹) の出身大学かつ美術と考古学分野のトップ校として有名な大学です。 今回はそのシラパコーン大学のサナームチャン宮殿キャンパスの理学部物理学科を訪問しました。

DSC_7084_1600.jpgDSC_7106_1600.jpgDSC_7109_1600.jpg

午前中は、シラパコーン大学の2名の教授による実験授業が英語で行われました。 今回の実験のテーマは『音の解析』です。銅製の金属棒と、その金属棒を折り曲げて楽器のトライアングルのような形にしたもの、 この2つを鳴らした時に発せられる音の波の形をオシロスコープを使って見るというものです。
今回の実験は昨年度タイを訪問した本校の生徒が作成した論文を元にして考案されたものでした。 今年度のメンバーにはこの研究を引き継いだ生徒もいて、このような実験ができることを大変喜んでいました。 引き継いだ生徒が教授と生徒の前でトライアングルの演奏を実演する場面もありました。 本校の生徒の活躍が、また次の年度に引き継がれていることは非常に感動的です。

DSC_7154_1600.jpgDSC_7161_1600.jpgDSC_7456_1600.jpgDSC_7237_1600.jpgDSC_7387_1600.jpgDSC_7519_1600.jpg

午後はシラパコーン大学の紹介と、施設の見学がありました。 シラパコーン大学の物理科は主に『太陽エネルギー学』『大気物理学』『高分子物理学』『材料物理学』『生物物理学』のテーマを扱っているそうで、 今回見学した施設も、太陽光の監視システムや太陽光を利用したビニールハウス(60℃の気温を体験しました!)、材料を加工するための機器室でした。 普段学校で勉強している物理がどのように大学へと繋がっていくのか、生徒たちも実感できたかと思います。

DSC_7877_1600.jpgDSC_7667_1600.jpgDSC_7542_1600.jpg

また、キャンパスに近いサナームチャン宮殿の見学も行いました。 サナームチャン宮殿は4世代前の国王ラーマ6世が作ったもので、王室に縁のある建物です。 タイの人々にとって王室は、日本人にとっての皇室以上に特別な存在です。 建物は武装した警備兵によって守られており、服装の確認から施設内での立ち居振る舞いの注意などが行われて初めて入場が許可されます。 生徒たちもタイと日本の文化的な違いを強く体験できたことかと思います。

DSC_7928_1600.jpgDSC_7963_1600.jpgDSC_8005_1600.jpg

明日は今回の科学交流プログラムの最大の山場である9th BGU-PCSHS-P Project Fair 2019です。 生徒たちはこの日の為に半年以上前から、自身の研究活動を英語で発表する準備をしていました。 大学から帰った後も、一部の生徒たちはタイの生徒たちに混じってリハーサルを行いました。 明日のProject Fairが大変楽しみです。

DSC_8177_1600.jpgDSC_8215_1600.jpgDSC_8228_1600.jpg

タイ研修プログラム2019 3日目

01月

6日

2020

今日はタイの生徒たちと一緒に、学校で1日中授業を行う日です。

最初は、タイの高校1年生と一緒に文京の先生による2種類の化学の特別実験授業がありました。食用に使われる昆布のだし汁に含まれる成分を化学的に分析する実験と、もう一つは個体・液体・気体という物質の3態について考える実験です。
授業はもちろんすべて英語で行われます。化学を愛する先生方に後押しされて、1学年下のタイの生徒たちを文京生がリードしながら進める場面もありました。WAXの燃焼実験ではとても盛り上がりました。目に見える現象の背景にある化学的な根拠をじっくりと考える奥の深い授業でした。

IMG_3039.JPGIMG_3015.JPGIMG_3055.JPGIMG_2997.JPGIMG_3037.JPGIMG_3026.JPG

続いて、タイの先生方による薄層クロマトグラフィーの実験です。今度はバディである高校2年生と一緒に行いました。文京生にとっては初めて行う実験でしたが、タイの生徒のサポートも受けながら内容についてもしっかりと理解できました。

IMG_3059.JPGIMG_3072.JPGIMG_3076.JPG

午後は、タイの先生方によるSTEMラボでのサイエンス・アクティビティーです。
STEMとはScience,Technology,Engineering and Mathmatics、科学・技術・工学・数学の教育分野を総称する言葉です。

最初のテーマは、Bristlebotという、歯ブラシのブラシ部分にボタン電池とモーターを取り付けただけのとてもシンプルな歩行ロボットの制作です。なぜ動くのかというメカニズムを考えると同時に、いかにまっすぐに速く動かすか、ということについて競技会形式で取り組みました。

IMG_3085.JPGIMG_3097.JPGIMG_3112.JPG

次のテーマは再生エネルギーの一つである風力発電についてです。効率よく発電するための羽根のデザインについて、羽の形や枚数などを実際に模型を作り発電量を測定して、競い合いながら考えました。試行錯誤しながら工夫をすることで、自分たちの仮説を実際の形にしていきます。

IMG_3144.JPGIMG_3175.JPGIMG_3185.JPG

必要な情報収集をしながら自分たちの知っている知識を総動員したうえで、英語を通してバディたちと協働作業を行うという、大変でしたが内容の濃いとても充実した1日になりました。お疲れさまでした。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
文京学院このページの先頭へ