SSH

ホーム > 科学探究プログラム

科学探究プログラム

今日の探究活動

2018.03.16

「SSH 学際科学特別授業」 アメリカ大使館員を招いて

2017.12.24

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー(SSラボ)

2017.12.23

サイエンスキャッスル2017関東大会参加

2017.12.23

平成29年度スーパーサイエンスハイスクール東京都内指定校合同発表会

2017.12.09

SSH・SGH研究成果報告会

2017.12.05

12月9日(土)午後 SSH・SGH研究成果報告会開催

2017.12.05

高校1年生:「サイエンスアゴラ2017」に出演!

2017.11.26

IWRC 2017 めざせ!人工衛星打ち上げ

2017.11.08

SSプレカレッジⅡ(SSPⅡ) 最終発表会

2017.09.15

映画「ドリーム」試写会 アメリカ大使館からの招待

2017.09.05

あつまれ!理系女子 東京大会 10月28日

2017.07.08

小笠原研修フィールドワーク事前学習 1日目

2017.06.09

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!」

2017.04.25

PCSHS-P、KVIS 科学交流6日目

2017.04.24

PCSHS-P、KVIS 科学交流5日目

2017.04.22

PCSHS-P、KVIS 科学交流3日目

2017.04.21

PCSHS-P、KVIS 科学交流2日目

2017.04.20

タイの生徒来校 科学交流1日目

2017.04.14

T-J サイエンスフェア2017

2017.03.20

平成28年度 第12回関東近県SSH校合同発表会への参加

2017.03.18

親子で体験SSラボ「イチゴのひみつ」

2017.02.05

TSS第5回生徒研究成果合同発表会

2016.12.24

親子で体験!SSラボ 「静電気」

2016.12.18

Intel (R)Genuino 101 Competition

2016.12.14

WAW!2016 国際女性会議

2016.11.21

サイエンスキャッスルゼミ・出張ミニプレゼン道場

2016.11.21

サイエンスアゴラのトークセッションに参加

2016.11.13

プレゼン道場へ参加してきました

2016.11.06

理系女子のためのシンポジウム

2016.10.20

集まれ!理系女子 10/29

2016.08.20

夏季勉強会&特別講義

2016.08.11

SSH生徒研究発表会

2016.08.06

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/6

2016.08.05

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/5

2016.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 04

2016.07.30

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 03

2016.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 02

2016.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2016.07.20

グローバル環境科学 フィールドワーク事前学習 六義園実習

2016.07.09

グローバル環境科学 小笠原でのフールドワーク事前学習

2016.06.23

サイエンスコロキウム 第2回タイ・セミナー

2016.06.11

第5回 エッグドロップコンテスト

2016.04.19

タイ PCSHS-P 5日目

2016.04.18

タイ PCSHS-P 4日目

2016.04.16

タイ PCSHS-P 3日目

2016.04.15

タイ PCSHS-P 2日目

2016.04.14

タイ PCSHS-P 来校 1日目

2015.12.26

タイ研修 6日目

2015.12.25

タイ研修 5日目

2015.12.24

TJ-SSF2015 4日目

2015.12.23

TJ-SSF2015 3日目

2015.12.22

TJ-SSF2015 2日目

2015.12.21

TJ-SSF2015 1日目

2015.12.20

TJ-SSF Thailand-Japan Student Science Fair 2015 へ出発!

2015.12.20

「人類働態学会地方会」にて優秀発表賞を受賞しました。

2015.12.12

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.20

東京理科大学 清水克彦教授の特別授業

2015.11.13

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.01

The 2nd Symposium for Women Researchers 第2回SWR(第6回SSH女子交流会)

2015.10.31

集まれ!理系女子 第7回女子生徒による研究発表交流会

2015.09.25

文女祭(あやめさい):マジカル・サイエンス・ツアー!

2015.08.29

女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(WAW! 2015)

2015.08.28

「遺伝子診断がもたらす未来とは?」 SSH先端科学講座

2015.08.23

工学院大学 わくわくサイエンス祭

2015.08.20

さくらサイエンス ノーベル賞科学者の講演と国際交流

2015.08.18

理数キャリア 特別授業 2日目

2015.08.17

理数キャリア 夏季勉強会/特別授業1日目

2015.08.10

Jr.SSH in 妙高

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9PM

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9AM

2015.08.08

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 サイエンス・クッキング

2015.08.06

SSH生徒研究発表会

2015.08.01

小笠原自然体験教室(4)

2015.07.31

小笠原自然体験教室(3)

2015.07.30

小笠原自然体験教室(2)

2015.07.29

小笠原自然体験教室

2015.07.18

親子で体験!SSラボ はなびのしくみをさぐろう!

2015.07.10

グローバル環境科学 フィールドワーク実習

2015.07.07

中学1年生:アドバンストサイエンス 課題研究活動報告

2015.06.20

エッグドロップコンテスト

2015.06.10

『恐竜の進化を探る!』 スーパーレクチャー

2015.06.06

卵の科学  学際科学

2015.05.30

「小笠原自然体験教室」の事前学習

2015.05.30

SSラボ(1):Mはかせ から の しれい。ブラックボックスの なぞ が とけるかな?

2015.05.09

10日 TBS 18時30分

2015.04.21

タイ PCCP 最終日目

2015.04.20

タイ PCCP 4日目

2015.04.18

タイ PCCP 3日目

2015.04.17

タイ PCCP 2日目

2015.04.16

タイ PCCP来校

2015.04.15

PCCP歓迎準備

2015.04.08

SSH説明会

2015.03.28

つくば科学研究コンテストで受賞

2015.02.14

平成26年度SSH研究成果報告会開催

2015.01.07

タイ PCCPサイエンスフェア

2015.01.05

タイ PCCP訪問

2014.12.09

スーパーレクチャー 『古生物学への誘い』

2014.11.15

理数クラス3年生が「JSEC 2014」の最終選考に

2014.11.08

タイ派遣生徒 事前プログラム(第1回目)

2014.11.01

タイ派遣生徒・説明会

2014.10.25

『理系女子フェア2014×講談社Rikejo』に参加

2014.10.24

「納豆菌が口内環境に与える影響の研究」が優秀賞を受賞!

2014.09.22

日本水産学会秋季大会参加(会場:九州大学箱崎キャンパス)

2014.08.24

高校1年・理数クラス わくわくサイエンス祭に参加

2014.08.18

高1・高2理数クラス 夏期勉強会

2014.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その4

2014.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その3

2014.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その2

2014.07.27

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2014.07.18

SSクラブ 東京海洋大学 特別講座

2014.07.09

数学特別授業(数論)

2014.07.01

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー

2014.06.28

人類働態学会でのポスター発表

2014.06.21

第3回~エッグドロップコンテスト~

2014.06.16

グローバル環境科学 小笠原事前学習

2014.06.14

卵の科学 ~加熱調理を中心に~

2014.06.07

親子で体験!SSラボ 第1回

2014.06.05

「グローバル環境科学」 小笠原自然体験 

2014.05.31

SS国際情報 校外特別研究活動 希少植物の残る里山に行こう

2014.05.31

学際科学 エッグドロップ装置の開発(3)

2014.05.23

コミュニケーション英語II

2014.05.17

SSコミュニケーション授業内容

2014.05.17

学際科学 エッグドロップ装置の開発(2)

2014.05.10

学際科学 エッグドロップ装置の開発

2014.04.30

情報セキュリティー講座(高校1年SS国際情報)

2014.04.25

タイ PCCP 六義園・浅草観光

2014.04.24

タイ PCCP 工学院大学へ

2014.04.23

タイ PCCP 清水建設での体験

2014.04.22

サイエンスフェアー タイ・PCCP

2014.04.21

タイ PCCP校来校

2014.03.30

日本水産学会春季大会参加 金賞・奨励賞に輝く

2014.03.22

SSH学際科学公開授業

2014.01.03

1月の活動

2013.12.01

12月の活動

2013.11.01

11月の活動

2013.10.06

10月の活動

2013.09.13

9月の活動

2013.08.25

7・8月(夏季休業中)の活動

2013.06.23

6月の活動

2013.05.20

5月の活動

2013.04.27

4月の活動

2013.03.23

3月の活動

2013.02.09

2月の活動

2013.01.27

1月の活動

2012.12.08

12月の活動

2012.11.18

11月の活動

2012.10.14

10月の活動

2012.09.30

9月の活動

2012.08.29

8月の活動

2012.06.16

6月の活動

2012.05.27

5月の活動

2012.04.28

4月の活動

「SSH 学際科学特別授業」 アメリカ大使館員を招いて

03月

16日

2018

アメリカ大使館より宇宙開発のエンジニアであるフィリップ・ドバーフル空軍中佐をお迎えし、本校の高校1年理数キャリアの生徒を対象に特別講演をしていただきました。

生徒の中にはNASA以外にも宇宙開発に取り組む機関があること、しかもそれが空軍にあることを初めて知った生徒も多くいました。生徒はロケットや人工衛星を始めとする機器の開発、そしてそれによりもたらされる未来に思いを馳せながら、目を輝かせて話を聞いていました。同時にドバーフル氏はご自身の経歴について、米国家機関に入る前、一般企業に入って活躍されていた頃に遡って具体的にお話しくださいました。生徒たちにとってはストレートに目標の仕事に就くことが全てではないこと、人生の様々な経験が仕事に繋がる可能性が大いにあることを知り、夢に立ち向かう勇気を持てた生徒も多くいました。

今回の講演は、今後の彼女たちのキャリアを考える上での大きなヒントを得る素晴らしい機会となりました。素晴らしい機会をいただけたことに感謝したいと考えます。

KIMG1646.JPGKIMG1667.JPGKIMG1685.JPG

ドバーフル氏は、最初はスーツ姿で講演を始められましたが、途中で空軍の制服に早変わり!という、粋な演出も交えて、講演を盛り上げてくれました。

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー(SSラボ)

12月

24日

2017

12/24(日)のSSラボでは静電気がテーマの実験講座「バチッとビックリ!せいでんきのひみつ!」を行いました。

1年生から6年生まで、幅広い年代の小学生が参加してくれました。 司会進行や実験指導は理数クラスの生徒6名が行いました。小学生には難しい内容を、どのように説明したら伝わるのか、事前に各自考えて当日を迎えました。

まずは、電気を通す物を探す実験を交えながら、電気とは何かを学びました。 乾電池と豆電球の回路を利用して、電気を通す物を夢中になって探しました。
次に、日常生活で静電気が起こる状況を思い浮かべ、静電気が発生するメカニズムを学びました。原子や電子など、難しい内容もありましたが、一生懸命きいていました。ポリエチレンで作った電気クラゲを浮かせる実験を行い、学んだことを活かして、電気クラゲが浮く仕組みを考えました。楽しそうに遊んでいるようでも、子どもたちはちゃんと電気のことを考えることができました。

さらに、アルミホイルとコルク瓶を使って、箔検電器を作りました。箔検電器は、物が電気をもつか調べる装置です。手作りの箔検電器によって、電気クラゲの実験で使った物が、電気をもっていたことが確認できました。司会の生徒の質問に、子どもたちは競って手をあげて元気に答えてくれました。

最後に、静電気の放電について学習し、百人おどしの実験で体験しました。みんなで手をつなぎ、電撃を感じたところで、SSラボは終了です。子どもたちが目を輝かせて、保護者の方も一緒に楽しんでくれました。参加した親子にとって、そして指導した本校生徒達にとっても、今日の講座は、お互いに素敵なクリスマスプレゼントになったように思います。

IMG_1535.JPGIMG_1550.JPGIMG_1561.JPG

サイエンスキャッスル2017関東大会参加

12月

23日

2017

東京都港区北青山のTEPIA先端技術館において開催された、(株)リバネス主催のサイエンスキャッスル2017関東大会に、本校の理数キャリアコースの1・2年生の有志が参加致しました。
リバネスのホームページはこちらから

本校からの参加は今回で通算で3回目となりました。 今年度は本大会への参加を強く希望した9つの研究班(1年生5名、2年生13名の計18名)が参加致しました。
研究テーマは以下の通りです。

高校2年生(6テーマ)
「新規緑色色素の開発を目的とした牛蒡の煮汁成分の分析」
「アルギン酸ボールの秘密」
「アスコルビナーゼからビタミンCを守る」
「デンプンが塩基からビタミンCを守る」
「星形正n角形k点飛ばしにおける面積の研究」
「ビタミンCと金属による触媒作用についての研究」

高校1年生(3テーマ)
「トライアングルの力を100%引き出す為の周波数解析」
「コウジカビの仲が悪いのか良いのかは時間の問題?」
「ニンニクの緑化の進行」

このサイエンスキャッスルは、研究を通して社会で活躍する、未来のリーダーへの一歩を踏み出すきっかけを提供する、中高生のための学会です。中高生自身が活動を振り返り、発表する場として、教員が新しい探究活動のネタを探す場として、中高生・教員同士の情報交換の場と して、そして中高生が研究者として大きく成長する場としての期体がされるものとなります。6年目の実施となる今回は、11都道府県38校195演題から選ばれた120件(口頭12件、ポスター108件)が発表することになり、過去最大の規模となっております。

本校の生徒達は日頃の研究の成果を存分に発揮して、得られた結果を基にして他校の生徒・先生、研究者の方々と交流を存分に行い、自身の研究を深めたり、研究に範囲を限定しない幅広い知見を得ることが出来ました。交流の際には、時には英語なども用いてやり取りをしており、日頃の学習の成果が生かされる形となりました。

また大変嬉しいことに、理数キャリアスタンダードコースの生徒2名によるポスター発表「トライアングルの力を100%引き出す為の周 波数解析」が本校高校1年ながら全108件のポスター発表の頂点である最優秀ポスター賞に選ばれました。

これからも生徒のより良い成長のために、SSHは活動し続けて生きたいと思います。

20171223_100110_321.jpg20171223_120419_913.jpg20171223_130034_507.jpg20171223_134700_949.jpg20171223_141758_933.jpg20171223_150100_457.jpg20171223_151928_008.jpg20171223_152011_521.jpg20171223_152508_117.jpg20171223_152626_931.jpg20171223_152843_887.jpg20171223_165702_123.jpg

平成29年度スーパーサイエンスハイスクール東京都内指定校合同発表会

12月

23日

2017

各学校とも終業式を間近に控え、または終えて間もない12月23日(土)に、快晴の天気の中、今年で10回目を迎えるスーパーサイエンスハイスクール東京都内指定校合同発表会が文京学院大学本郷キャンパスを会場に開催されました。

当日朝は珍しく主要交通である地下鉄南北線のトラブルで電車が遅れるというニュースが入り、開催時間の変更も検討される中、朝8時からの準備作業に参加各校は、しっかり集合して、ポスター会場や口頭発表会場を予定通りに準備して、開会式を迎えることができました。開会式では、幹事校である文京学院大学女子中学高等学校の清水直樹校長先生の開催校挨拶に始まり、本合同発表会を後援する国立研究開発法人科学技術振興機構よりお出でいただいた野中繁様からの挨拶をいただき、いよいよ生徒達の発表の場である合同発表会が幕を開けました。

午前中の10時から12時までは、参加各校による口頭発表です。今年のテーマは以下の12テーマがエントリーされ、受付業務や司会進行を生徒自身が運営して、円滑に口頭発表が進められました。

 

発表順 603講義室 604講義室
10:00~
10:15
筑波大学附属駒場高等学校
四官能性モノマーを用いた高強度・高柔軟性高分子の合成
玉川学園高等部・中学部
対話型人工知能が人に与える感情
10:20~
10:35
東京都立科学技術高等学校
都市鉱山。都市に眠るレアメタル。
〜タンタルコンデンサの熱分解によるタンタルの回収〜
東京都立小石川高等学校
プログラミング言語scopion
10:40~
10:55
東京都立多摩科学技術高等学校
そうだ、泥炭つかおう。
~鉛筆の芯と水質浄化フィルターの作成~
東京工業大学附属科学技術高等学校
単一モータでかじ取りと駆動を行う探索ロボットの製作
11:00~
11:15
東京学芸大学附属国際中等教育学校
クビレズタの浄化能力を利用した陸上養殖の効率化
東京都立日比谷高等学校
身近な運動におけるエネルギー損失
11:20~
11:35
東京都立戸山高等学校
弦の基本。振動を利用した重力加速度測定装置の開発
東海大学付属高輪台高等学校
ハナスベリヒユと光の関係
11:40~
12:00
東京学芸大学附属高等学校
外的環境変化によるツボワムシの形態変化
早稲田大学高等学院
ストロー笛を用いた閉管気柱の音の解析

 

002.jpg

どの学校の発表内容も、しっかり研究準備をした上で進められたものばかりで、会場は常時立ち見がでる大盛況。その中、発表者たちは自分の研究を丁寧に解説して行きました。
特に、AIなどの人口知能や環境汚染に関わる科学などの時代を反映する題目も並び、12分間の発表に3分の質疑応答という発表形式のすべての時間が無駄なく使われた口頭発表でした。

また口頭発表開催中の午前中も、ポスター発表会場は自由見学可能としていたため、午後の発表時間前に下見を兼ねて入場する生徒も多く、入れ替わり立ち代わり自分の興味に合うポスターテーマを探しまわる姿も見ることができました。
今年のポスター発表は分野別に、化学系79テーマ・生物系58テーマ・物理系41テーマ・地学系10テーマ・情報系5テーマ・数学系28テーマ・一般科学系37テーマ、合計258テーマにわたるバラエティーに富んだ発表です。

午前の口頭発表の部を終えると、ポスター会場である大体育館(名称メセナ)には、前日50名の生徒と教員による準備作業で見事に配置された2枚展示が可能な大型パネル100枚の前に、午後のポスター発表を楽しみに待つ生徒が続々と集結して来ました。

003.jpg 004.jpg 005.jpg 006.jpg 007.jpg

参加生徒達は、このようなポスター発表にも慣れた生徒が多く、自主的に好みの研究分野ごとに分けられた会場内を動き回り、研究交流を楽しみました。参加生徒・教員・一般来場者を含め、延べ1000名近い入場者が入った会場内は、寒い外とは違い、大変な熱気に包まれていました。
ポスター前では、研究発表者の解説に耳を傾ける見学者が疑問点について納得がゆくまで質問していました。お楽しみとしては、人気の研究発表ポスターに貼ることができる開催校が用意したGood Jobシールがしっかり貼られていました。

001.jpg

ポスター発表は、午後3時30分予定通りに終了。閉会式では、開催校の文京学院大学教授である樋口桂教授から研究発表で意見交換するその大切さと、研究を深めるやり取りの重要な視点をパワーポイントで解説して頂き、発表会の経験を丁寧に整理する方法を伝授していただきました。

最後に開催校の雨宮正典副校長先生による閉会挨拶をもって、今年度の東京都内スーパーサイエンスハイスクール指定校合同発表会が幕を閉じました。

SSH・SGH研究成果報告会

12月

9日

2017

12月9日(土) に本校のSSH・SGH研究成果報告会が開催されました。

本年度は午後より生徒の課題研究活動のポスターによる発表、ならびに口頭でプレゼンテーションを行い、日頃の研究成果を発表いたしました。

昨年度よりSSHの研究成果報告会はSGHの研究成果報告会も同時に行なっております。 本校は3コース制を2年前より行なっており、SSH(理数キャリアコース)、SGH(国際教養コース)がそれぞれに対応しております。 さらに今年度は本校の3コース制のスポーツ科学コースの生徒が発表会に加わり、3コース全ての生徒課題研究が本校のBAL studio で一堂に会しました。

ポスターはそれぞれSSHから37テーマ、SGHから17テーマ、スポ科から5テーマの発表がありました。 更にSSHより3名の口頭発表が行われました。1月にタイへ派遣されるSSHの生徒達は英語ポスターで発表しました。また、口頭発表のうち2名は英語による発表でした。

生徒達は授業や放課後の活動を通じて、本日まで熱心に研究活動を行なってまいりました。 今回の発表会では生徒によって得意不得意はありましたが、自らの研究を相手に伝えることに喜びを感じ、他者の研究を知ることを大変楽しんでおりました。 また他のコースの課題研究活動をお互いに知れたことも、それぞれのコースにとても良い刺激を与えていました。 生徒達も今後の研究活動に向けて、自分がなすべきことや、次の目標を持つことができたと思います。

DSC_0476.JPGDSC_0359.JPGDSC_0312.JPGDSC_0318.JPGDSC_0342.JPGDSC_0367.JPGDSC_0370.JPGDSC_0371.JPGDSC_0372.JPGDSC_0373.JPGDSC_0374.JPGDSC_0376.JPGDSC_0389.JPGDSC_0449.JPGDSC_0474.JPGDSC_0409.JPGDSC_0434.JPGIMG_1452.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
文京学院このページの先頭へ