SSH

ホーム > 科学探究プログラム

科学探究プログラム

今日の探究活動

2019.04.23

タイ PCSHS-P 2019科学交流プログラム 6日目

2019.04.18

タイ PCSHS-P来校 2019科学交流プログラム

2019.02.23

第4回東邦大学−GNU先端化学に関する合同シンポジウム

2019.01.11

タイ研修プログラム2018 Science Fair

2019.01.07

タイ研修プログラム2018 3日目

2019.01.06

タイ研修プログラム2018 2日目

2019.01.05

タイ研修プログラム2018 開始

2018.12.24

サイエンスキャッスル2018 関東大会

2018.12.23

平成30年度 東京都内SSH指定校合同発表会にて

2018.12.22

タイ研修プログラム 壮行会

2018.12.22

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2018

2018.12.18

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!2」

2018.12.15

「その成果はいかに?」~平成30年度研究成果報告会~

2018.11.25

スリー・ツー・ワン・ゼロ「発射」~ペットボトルロケットプロジェクト~

2018.11.17

日本音響学会 音楽音響研究会

2018.11.06

SSH卒業生 追跡アンケートのお願い

2018.11.04

第5回SWR in 都立戸山高校への参加

2018.10.20

あつまれ!理系女子 東京大会 10/27

2018.10.06

ペットボトルロケットプロジェクト(第2弾)

2018.09.09

ペットボトルロケット "Intelligent Water Rocket Competition 2018"

2018.08.26

文京ジュニアサイエンスプロジェクト:妙高自然体験教室

2018.08.25

科学知「遺伝子解析実験講座+遺伝医学と生命倫理講座」

2018.08.21

理数キャリア夏期勉強会特別授業 Arduino講座

2018.08.07

科学知「日常の中の「問い」をみつめよう講座」

2018.08.05

科学知「比較解剖で理解する脊椎動物のからだ講座」

2018.08.04

文京アカデミー 子どもアカデミア 理科実験教室

2018.07.29

科学知「IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座」

2018.07.14

親子で体験!SSラボ さんすうだいすき!

2018.06.09

TJ-SSF2018 フィールドワーク

2018.06.08

TJ-SSF2018 研究発表・サイエンスラリー

2018.06.07

TJ-SSF2018 歓迎式・研究発表

2018.06.06

TJ-SSF2018へ出発

2018.06.05

フランス人化石研究者 特別講義

2018.04.21

タイ PCSHS-P 来校 サイエンスフェア

2018.04.20

タイ PCSHS-P 来校 高1化学実験授業

2018.04.10

平成29年度の研究成果発表会 表彰報告

2018.03.16

「SSH 学際科学特別授業」 アメリカ大使館員を招いて

2017.12.24

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー(SSラボ)

2017.12.23

サイエンスキャッスル2017関東大会参加

2017.12.23

平成29年度スーパーサイエンスハイスクール東京都内指定校合同発表会

2017.12.09

SSH・SGH研究成果報告会

2017.12.05

12月9日(土)午後 SSH・SGH研究成果報告会開催

2017.12.05

高校1年生:「サイエンスアゴラ2017」に出演!

2017.11.26

IWRC 2017 めざせ!人工衛星打ち上げ

2017.11.08

SSプレカレッジⅡ(SSPⅡ) 最終発表会

2017.09.15

映画「ドリーム」試写会 アメリカ大使館からの招待

2017.09.05

あつまれ!理系女子 東京大会 10月28日

2017.07.08

小笠原研修フィールドワーク事前学習 1日目

2017.06.09

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!」

2017.04.25

PCSHS-P、KVIS 科学交流6日目

2017.04.24

PCSHS-P、KVIS 科学交流5日目

2017.04.22

PCSHS-P、KVIS 科学交流3日目

2017.04.21

PCSHS-P、KVIS 科学交流2日目

2017.04.20

タイの生徒来校 科学交流1日目

2017.04.14

T-J サイエンスフェア2017

2017.03.20

平成28年度 第12回関東近県SSH校合同発表会への参加

2017.03.18

親子で体験SSラボ「イチゴのひみつ」

2017.02.05

TSS第5回生徒研究成果合同発表会

2016.12.24

親子で体験!SSラボ 「静電気」

2016.12.18

Intel (R)Genuino 101 Competition

2016.12.14

WAW!2016 国際女性会議

2016.11.21

サイエンスキャッスルゼミ・出張ミニプレゼン道場

2016.11.21

サイエンスアゴラのトークセッションに参加

2016.11.13

プレゼン道場へ参加してきました

2016.11.06

理系女子のためのシンポジウム

2016.10.20

集まれ!理系女子 10/29

2016.08.20

夏季勉強会&特別講義

2016.08.11

SSH生徒研究発表会

2016.08.06

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/6

2016.08.05

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/5

2016.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 04

2016.07.30

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 03

2016.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 02

2016.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2016.07.20

グローバル環境科学 フィールドワーク事前学習 六義園実習

2016.07.09

グローバル環境科学 小笠原でのフールドワーク事前学習

2016.06.23

サイエンスコロキウム 第2回タイ・セミナー

2016.06.11

第5回 エッグドロップコンテスト

2016.04.19

タイ PCSHS-P 5日目

2016.04.18

タイ PCSHS-P 4日目

2016.04.16

タイ PCSHS-P 3日目

2016.04.15

タイ PCSHS-P 2日目

2016.04.14

タイ PCSHS-P 来校 1日目

2015.12.26

タイ研修 6日目

2015.12.25

タイ研修 5日目

2015.12.24

TJ-SSF2015 4日目

2015.12.23

TJ-SSF2015 3日目

2015.12.22

TJ-SSF2015 2日目

2015.12.21

TJ-SSF2015 1日目

2015.12.20

TJ-SSF Thailand-Japan Student Science Fair 2015 へ出発!

2015.12.20

「人類働態学会地方会」にて優秀発表賞を受賞しました。

2015.12.12

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.20

東京理科大学 清水克彦教授の特別授業

2015.11.13

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.01

The 2nd Symposium for Women Researchers 第2回SWR(第6回SSH女子交流会)

2015.10.31

集まれ!理系女子 第7回女子生徒による研究発表交流会

2015.09.25

文女祭(あやめさい):マジカル・サイエンス・ツアー!

2015.08.29

女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(WAW! 2015)

2015.08.28

「遺伝子診断がもたらす未来とは?」 SSH先端科学講座

2015.08.23

工学院大学 わくわくサイエンス祭

2015.08.20

さくらサイエンス ノーベル賞科学者の講演と国際交流

2015.08.18

理数キャリア 特別授業 2日目

2015.08.17

理数キャリア 夏季勉強会/特別授業1日目

2015.08.10

Jr.SSH in 妙高

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9PM

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9AM

2015.08.08

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 サイエンス・クッキング

2015.08.06

SSH生徒研究発表会

2015.08.01

小笠原自然体験教室(4)

2015.07.31

小笠原自然体験教室(3)

2015.07.30

小笠原自然体験教室(2)

2015.07.29

小笠原自然体験教室

2015.07.18

親子で体験!SSラボ はなびのしくみをさぐろう!

2015.07.10

グローバル環境科学 フィールドワーク実習

2015.07.07

中学1年生:アドバンストサイエンス 課題研究活動報告

2015.06.20

エッグドロップコンテスト

2015.06.10

『恐竜の進化を探る!』 スーパーレクチャー

2015.06.06

卵の科学  学際科学

2015.05.30

「小笠原自然体験教室」の事前学習

2015.05.30

SSラボ(1):Mはかせ から の しれい。ブラックボックスの なぞ が とけるかな?

2015.05.09

10日 TBS 18時30分

2015.04.21

タイ PCCP 最終日目

2015.04.20

タイ PCCP 4日目

2015.04.18

タイ PCCP 3日目

2015.04.17

タイ PCCP 2日目

2015.04.16

タイ PCCP来校

2015.04.15

PCCP歓迎準備

2015.04.08

SSH説明会

2015.03.28

つくば科学研究コンテストで受賞

2015.02.14

平成26年度SSH研究成果報告会開催

2015.01.07

タイ PCCPサイエンスフェア

2015.01.05

タイ PCCP訪問

2014.12.09

スーパーレクチャー 『古生物学への誘い』

2014.11.15

理数クラス3年生が「JSEC 2014」の最終選考に

2014.11.08

タイ派遣生徒 事前プログラム(第1回目)

2014.11.01

タイ派遣生徒・説明会

2014.10.25

『理系女子フェア2014×講談社Rikejo』に参加

2014.10.24

「納豆菌が口内環境に与える影響の研究」が優秀賞を受賞!

2014.09.22

日本水産学会秋季大会参加(会場:九州大学箱崎キャンパス)

2014.08.24

高校1年・理数クラス わくわくサイエンス祭に参加

2014.08.18

高1・高2理数クラス 夏期勉強会

2014.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その4

2014.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その3

2014.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その2

2014.07.27

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2014.07.18

SSクラブ 東京海洋大学 特別講座

2014.07.09

数学特別授業(数論)

2014.07.01

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー

2014.06.28

人類働態学会でのポスター発表

2014.06.21

第3回~エッグドロップコンテスト~

2014.06.16

グローバル環境科学 小笠原事前学習

2014.06.14

卵の科学 ~加熱調理を中心に~

2014.06.07

親子で体験!SSラボ 第1回

2014.06.05

「グローバル環境科学」 小笠原自然体験 

2014.05.31

SS国際情報 校外特別研究活動 希少植物の残る里山に行こう

2014.05.31

学際科学 エッグドロップ装置の開発(3)

2014.05.23

コミュニケーション英語II

2014.05.17

SSコミュニケーション授業内容

2014.05.17

学際科学 エッグドロップ装置の開発(2)

2014.05.10

学際科学 エッグドロップ装置の開発

2014.04.30

情報セキュリティー講座(高校1年SS国際情報)

2014.04.25

タイ PCCP 六義園・浅草観光

2014.04.24

タイ PCCP 工学院大学へ

2014.04.23

タイ PCCP 清水建設での体験

2014.04.22

サイエンスフェアー タイ・PCCP

2014.04.21

タイ PCCP校来校

2014.03.30

日本水産学会春季大会参加 金賞・奨励賞に輝く

2014.03.22

SSH学際科学公開授業

2014.01.03

1月の活動

2013.12.01

12月の活動

2013.11.01

11月の活動

2013.10.06

10月の活動

2013.09.13

9月の活動

2013.08.25

7・8月(夏季休業中)の活動

2013.06.23

6月の活動

2013.05.20

5月の活動

2013.04.27

4月の活動

2013.03.23

3月の活動

2013.02.09

2月の活動

2013.01.27

1月の活動

2012.12.08

12月の活動

2012.11.18

11月の活動

2012.10.14

10月の活動

2012.09.30

9月の活動

2012.08.29

8月の活動

2012.06.16

6月の活動

2012.05.27

5月の活動

2012.04.28

4月の活動

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 04

07月

31日

2016

今日は、小笠原滞在の最終日。港の案内所に荷物を預け、お世話になったペンションの方にお礼をいってから、みんなで海岸へ清掃活動に行きました。
ビジターセンターには小笠原関連の資料が充実しています。「自然」と「歴史」についてのビデオを見たあと、それぞれの研究テーマに関する資料を収集し、レクチャールームでまとめの作業をしました。内地に帰ったあとは、すぐにポスター作成に取りかかります。

IMG_0769.JPG IMG_0792.JPG IMG_0793.JPG

お昼を挟んだ自由行動のあとは、二見港客船ターミナルに集合して送別セレモニーです。副村長さんから、草を編んで作った手作りのレイを一人ずつもらいました。このレイを出港後に船から海に投げて、それが岸に流れ着けば、また島に戻って来られるのだそうです。
港には大勢の島民が見送りに集まってくれました。さようならの代わりの「いってらっしゃい」の旗を振る人、和太鼓をたたいてくれる人など、とてもにぎやかです。出港後は、何艘ものボートが、おがさわら丸に併走して、いつまでも手を振ってくれます。竹ネイチャーアカデミーのスタッフの方もボートで見送りに来てくれました。最後は船に乗っていた人たちが海へダイブ。小笠原流の心温まる見送り風景です。また「ただいま」と帰ってきたいですね。
内地まで24時間の船旅も、もうすっかり慣れた様子で、みんなそれぞれの時間を楽しんでいました。往路の船にも同乗していたTBSテレビのNスタのスタッフが、帰りも一緒の船でした。生徒が、行きのときと同様にまた取材を受けていました。

DSCF1539.JPG IMG_0854.JPG IMG_0858.JPG IMG_0838.JPG IMG_0866.JPG IMG_0920.JPG

8月1日(月)15:30、無事定刻に竹芝桟橋に到着。みなさん、お疲れさまでした。沢山のおみやげとすてきな思い出を持って、気をつけて帰宅してください。小笠原での研究成果についても、頑張ってまとめてくださいね。

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 03

07月

30日

2016

今朝の散歩では、大神山神社まで223段の階段を上って体操、今日の1日森山散策に備えます。元気のある生徒は、山頂展望台までのぼりました。日の出を見るために早起きして海岸に行った生徒は、海へ帰っていく産卵を終えたウミガメを見ることができたそうです。今年は本当にウミガメの当たり年。とても幸運でした。

IMG_0531.JPG IMG_0536.JPG IMG_0537.JPG

森山散策では、まずは父島の南部にある小港海岸にきました。低地の湿性高木林や海岸の植物(オオハマボウ、グンバイヒルガオなど)を観察。海洋島である小笠原に生物がやってくる3W1H(Wave,Wing,Wind,and Human)と、そのための植物の種子形状の意味などを詳しく聞きます。生徒はフィールドワークノートに熱心にメモをとります。早速、事前実習の成果が出ています。
小笠原の自然探索には細心の注意が必要です。保護区域の山に入る前には、入念に靴底やズボンについた泥などをおとし、散策の目的を示す小石もいれて岩山に登ります。固有植物の説明や野猫の捕獲トラップや捕獲した猫の保護活動の話にうなずき、森の中にある大きなガジュマルの大木では、童心に返って木登りを楽しみました。

IMG_0550.JPG IMG_0576.JPG IMG_0554.JPG IMG_0592.JPG IMG_0506.JPG IMG_0603.JPG

午後には、父島で最も高い中央山(319m)の頂上へ。360度のパノラマ、気持ちの良い風が吹き抜け、景色は最高です。岩山の頂上部分は薄い土壌しかありません。保水力も弱い山頂の環境で生き延びるために、低地と同じ種類の固有種の木々もその背丈を低くし、葉を小さく厚くして進化します。小笠原の植物の特徴でもある乾性低木林です。
ガイドスタッフの竹ネイチャーアカデミーの方が管理する農場にもいきました。外来種である木々の伐採を少しずつ進めることで固有種の生育を見守ります。伐採した材木からチェーンソーアートも生まれます。

IMG_0645.JPG IMG_0655.JPG IMG_0663.JPG IMG_0674.JPG IMG_0678.JPG IMG_0682.JPG

夕方から小笠原海洋センター(カメセンター)に行って、ウミガメについても学習・体験をしてきました。
最初に、ウミガメについてパワーポイントの講義を受けました。このセンターでは、ウミガメの保護・保全のために人工飼育もしています。ウミガメの卵は触ってみると柔らかいです。砂地に産み落とされるため割れないためだそうです。なんといっても生まれたばかりの赤ちゃんカメが大人気でした。ウミガメの甲羅を掃除してあげたり、エサをあげたりとふれあう時間が持てました。
野生動物の保護・保全のための活動には、その生態についての正確な知識が必要不可欠だそうです。一昨晩観察できた野生のウミガメ産卵に続いて、研究施設でのウミガメの生態研究の説明を受けて、とてもよい勉強になりました。

IMG_0719.JPG IMG_0731.JPG IMG_0724.JPG IMG_0733.JPG IMG_0756.JPG IMG_07590.JPG

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 02

07月

29日

2016

今日は2班に分かれて、首都大学東京の研究施設訪問とシュノーケリングツアーを午前・午後の交代で行います。

首都大学東京研究施設では、環境省小笠原自然保護官事務所の岸秀蔵先生、自然環境研究センター研究員の鶴智之先生、小山田佑輔先生から、研究中のオガサワラハンミョウという固有種の甲虫についての講義を受けました。外来種の植物の大量の落ち葉によって生育環境が大きく変わり、個体数が激減してしまったこと、繁殖研究の過程で生き餌のコオロギを与えることで活動様式が変わったことなど、固有種に関する研究を試行錯誤や工夫をしながら進めている様子を、丁寧に解説してくれました。研究施設をでた後は、水産センターの水族館を見学しました。

IMG_0276 (2).JPG IMG_0520.JPG IMG_0519.JPG

ボートに乗って出かけたシュノーケリングツアーで南島に行きました。潮の流れの関係で上陸できないことも多いのですが、幸運にも午前・午後とも上陸することができました。崖のような岸壁に船を寄せて、慎重に岩壁を上っていきます。植物の保護のために、人の歩けるルートも石の敷かれているところだけに限定されています。小笠原のパンフレットには必ず紹介されている、素晴らしい風景が目前に広がります。南島はウミガメの産卵が多い場所でもあります。砂浜には、海岸までたどり着けなかったウミガメの赤ちゃんもかなりいて、自然の厳しさも実感します。今では絶滅してしまったカタヒラマイマイの化石もたくさんありました。

DSCF1168.JPG DSCF1265.JPG IMG_0457.JPG IMG_0415.JPG IMG_0435.JPG IMG_0444.JPG

次に、ドルフィンスイムに向かいました。シュノーケルとフィンをつけて準備をしておき、イルカの群を見つけるとボートを止めて海へ飛び込みます。ボートの乗り降りはちょっと勇気が要りますが、ボニンブルーの海で野生のイルカと一緒に泳げて、みんな大興奮でした。海を泳ぐウミガメを見ることのできた生徒もいたようです

IMG_0501.JPG IMG_0504.JPG DSCF1250.JPG IMG_0350.JPG IMG_0359.JPG IMG_0474.JPG

夕食後に、流星群を観測しに大村海岸へでかけました。今日は雲が多かったのですが数個の流星を見ることができました。
また、ウミガメが産卵のため波打ち際に上がってくるところを見ることができました。後ろ足がうまく動かないカメのようで、ちゃんと産卵できるかすこし心配でしたが、明日の活動に備えて今晩は早めに宿へ戻りました。

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

07月

28日

2016

「グローバル環境科学」のメインプログラムである「小笠原自然体験教室」がいよいよ始まりました。

7月27日(水)、竹芝客船ターミナルに集合した参加生徒21名・教員4名は、今年の7月に就航したばかりの三代目「新おがさわら丸」に乗船。11時に出港、ここから24時間の船旅です。360度見渡す限りの大海原を、一路1000km離れた父島へ向かいます。太平洋の海は真っ青、天気も晴れで順調に航海は進みます。大きく、速く、快適になった新しい船で、揺れも小さく感じます。心配した船酔いもありません。船から見る日の入りは、少し雲がかかっていましたがとてもきれいでした。

IMG_0135.JPG IMG_0141.JPG IMG_0171.JPG

7月28日(木)、天気も快晴、紺碧の海原を船は快調に進みます。海鳥のカツオドリが船のすぐ横を旋回しながら飛びまわり、ときおり魚を捕まえているのか、海面に飛び込んだりしていました。
おがさわら丸の操舵室を見学させてもらいました。カーナビ画面のような電子海図やレーダーなど、機器類がスッキリ配置されています。太平洋上では自動航行だそうですが、湾内では手動で慎重に操縦するそうです。岸壁に着けるときは、船が時計の針のように回転して向きを変えることもできるそうです。船長の帽子をかぶらせてもらって記念写真も撮りました。

IMG_0206.JPG IMG_0227.JPG IMG_0238.JPG

昼前に、いよいよ父島が見えてきました。二見港での歓迎セレモニーでは、小笠原村村長さんの歓迎をうけました。学校名が中学校になっていて、村長さんがとっても恐縮していました。宿の父島ペンションに到着。昼食後は近くの海岸で、さっそくシュノーケルレッスンを受け、明日の南島でのシュノーケル体験に備えます。とにかく海がきれい、エダサンゴの周りには魚がたくさん泳いでいます。ミズクラゲが目の前を漂っていて、頭をつついたりもできます。みんなシュノーケルやフィンの使い方にもだいぶ慣れた様子で、水中に潜る練習もしました。

IMG_0255.JPG IMG_0276.JPG IMG_0316.JPG IMG_0336.JPG DSCF1078.JPG DSCF1105.JPG

9時過ぎに宿の近くの大村海岸へ、ウミガメの産卵や夜空の星を観察に行きました。海岸に行ってみると、浜で待機していた海洋センターの人が、ちょうど今、産卵のためにアオウミガメが穴を掘っていると教えてくれました。実際の産卵までには2~3時間かかるかもしれない、と言われたので、星を眺めながら静かにそのときを待ちます、月のない夜空は満天の星で、天の川もくっきりと見えます。流星も見ることができました。

IMG_2372.JPG

意外にも早く、40分ほどでウミガメが産卵を始めました。センターの人が亀の後足の産卵部分だけをペンライトで照らしてくれした。みんなで順番に産卵の様子を見学します。体長1mほどのアオウミガメで、たくさんの卵を産んでいました。初日の晩からウミガメの産卵の様子を見学できて奇跡のようでした。

グローバル環境科学 フィールドワーク事前学習 六義園実習

07月

20日

2016

7月27日(水)~8月1日(月)にグローバル環境科学において高校1年生の希望者21名を対象に小笠原での実習を行います。 本日はフィールドワークの事前学習の実践として六義園での実習を行いました。

以前行った事前学習ではフィールドワークのルールやマナー、五感を生かして観察する方法を学びました。 六義園実習での観察の方法は、「ネイチャービンゴ」を取り入れました。例えば、「手のひらより大きい葉」、「すべすべした幹」、「コケ」、「風の音」など視線を変えてみたり、触ったり、聞いてみたりしなければ見つけられない項目を32個与え、時間内により多く見つけることを目標としました。生徒たちは積極的に五感を使って観察を行い、数多くの項目を見つけることができました。また、気付いたことや感じたことをフィールドノートに自主的にメモをしている姿も印象的でした。

事前学習で学んだことを小笠原でも生かし、多くの体験を通して知識だけでなくさまざまなことを感じたり考えたりしてもらいたいと思います。
小笠原への出発まであと1週間!楽しみです。

2016-07-20 14.02.46.jpg 2016-07-20 13.50.23.jpg 2016-07-20 13.55.32.jpg 2016-07-20 14.47.07.jpg

前の5件 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
文京学院このページの先頭へ