SSH

ホーム > 科学探究プログラム

科学探究プログラム

今日の探究活動

2019.04.23

タイ PCSHS-P 2019科学交流プログラム 6日目

2019.04.18

タイ PCSHS-P来校 2019科学交流プログラム

2019.02.23

第4回東邦大学−GNU先端化学に関する合同シンポジウム

2019.01.11

タイ研修プログラム2018 Science Fair

2019.01.07

タイ研修プログラム2018 3日目

2019.01.06

タイ研修プログラム2018 2日目

2019.01.05

タイ研修プログラム2018 開始

2018.12.24

サイエンスキャッスル2018 関東大会

2018.12.23

平成30年度 東京都内SSH指定校合同発表会にて

2018.12.22

タイ研修プログラム 壮行会

2018.12.22

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2018

2018.12.18

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!2」

2018.12.15

「その成果はいかに?」~平成30年度研究成果報告会~

2018.11.25

スリー・ツー・ワン・ゼロ「発射」~ペットボトルロケットプロジェクト~

2018.11.17

日本音響学会 音楽音響研究会

2018.11.06

SSH卒業生 追跡アンケートのお願い

2018.11.04

第5回SWR in 都立戸山高校への参加

2018.10.20

あつまれ!理系女子 東京大会 10/27

2018.10.06

ペットボトルロケットプロジェクト(第2弾)

2018.09.09

ペットボトルロケット "Intelligent Water Rocket Competition 2018"

2018.08.26

文京ジュニアサイエンスプロジェクト:妙高自然体験教室

2018.08.25

科学知「遺伝子解析実験講座+遺伝医学と生命倫理講座」

2018.08.21

理数キャリア夏期勉強会特別授業 Arduino講座

2018.08.07

科学知「日常の中の「問い」をみつめよう講座」

2018.08.05

科学知「比較解剖で理解する脊椎動物のからだ講座」

2018.08.04

文京アカデミー 子どもアカデミア 理科実験教室

2018.07.29

科学知「IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座」

2018.07.14

親子で体験!SSラボ さんすうだいすき!

2018.06.09

TJ-SSF2018 フィールドワーク

2018.06.08

TJ-SSF2018 研究発表・サイエンスラリー

2018.06.07

TJ-SSF2018 歓迎式・研究発表

2018.06.06

TJ-SSF2018へ出発

2018.06.05

フランス人化石研究者 特別講義

2018.04.21

タイ PCSHS-P 来校 サイエンスフェア

2018.04.20

タイ PCSHS-P 来校 高1化学実験授業

2018.04.10

平成29年度の研究成果発表会 表彰報告

2018.03.16

「SSH 学際科学特別授業」 アメリカ大使館員を招いて

2017.12.24

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー(SSラボ)

2017.12.23

サイエンスキャッスル2017関東大会参加

2017.12.23

平成29年度スーパーサイエンスハイスクール東京都内指定校合同発表会

2017.12.09

SSH・SGH研究成果報告会

2017.12.05

12月9日(土)午後 SSH・SGH研究成果報告会開催

2017.12.05

高校1年生:「サイエンスアゴラ2017」に出演!

2017.11.26

IWRC 2017 めざせ!人工衛星打ち上げ

2017.11.08

SSプレカレッジⅡ(SSPⅡ) 最終発表会

2017.09.15

映画「ドリーム」試写会 アメリカ大使館からの招待

2017.09.05

あつまれ!理系女子 東京大会 10月28日

2017.07.08

小笠原研修フィールドワーク事前学習 1日目

2017.06.09

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!」

2017.04.25

PCSHS-P、KVIS 科学交流6日目

2017.04.24

PCSHS-P、KVIS 科学交流5日目

2017.04.22

PCSHS-P、KVIS 科学交流3日目

2017.04.21

PCSHS-P、KVIS 科学交流2日目

2017.04.20

タイの生徒来校 科学交流1日目

2017.04.14

T-J サイエンスフェア2017

2017.03.20

平成28年度 第12回関東近県SSH校合同発表会への参加

2017.03.18

親子で体験SSラボ「イチゴのひみつ」

2017.02.05

TSS第5回生徒研究成果合同発表会

2016.12.24

親子で体験!SSラボ 「静電気」

2016.12.18

Intel (R)Genuino 101 Competition

2016.12.14

WAW!2016 国際女性会議

2016.11.21

サイエンスキャッスルゼミ・出張ミニプレゼン道場

2016.11.21

サイエンスアゴラのトークセッションに参加

2016.11.13

プレゼン道場へ参加してきました

2016.11.06

理系女子のためのシンポジウム

2016.10.20

集まれ!理系女子 10/29

2016.08.20

夏季勉強会&特別講義

2016.08.11

SSH生徒研究発表会

2016.08.06

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/6

2016.08.05

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/5

2016.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 04

2016.07.30

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 03

2016.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 02

2016.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2016.07.20

グローバル環境科学 フィールドワーク事前学習 六義園実習

2016.07.09

グローバル環境科学 小笠原でのフールドワーク事前学習

2016.06.23

サイエンスコロキウム 第2回タイ・セミナー

2016.06.11

第5回 エッグドロップコンテスト

2016.04.19

タイ PCSHS-P 5日目

2016.04.18

タイ PCSHS-P 4日目

2016.04.16

タイ PCSHS-P 3日目

2016.04.15

タイ PCSHS-P 2日目

2016.04.14

タイ PCSHS-P 来校 1日目

2015.12.26

タイ研修 6日目

2015.12.25

タイ研修 5日目

2015.12.24

TJ-SSF2015 4日目

2015.12.23

TJ-SSF2015 3日目

2015.12.22

TJ-SSF2015 2日目

2015.12.21

TJ-SSF2015 1日目

2015.12.20

TJ-SSF Thailand-Japan Student Science Fair 2015 へ出発!

2015.12.20

「人類働態学会地方会」にて優秀発表賞を受賞しました。

2015.12.12

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.20

東京理科大学 清水克彦教授の特別授業

2015.11.13

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.01

The 2nd Symposium for Women Researchers 第2回SWR(第6回SSH女子交流会)

2015.10.31

集まれ!理系女子 第7回女子生徒による研究発表交流会

2015.09.25

文女祭(あやめさい):マジカル・サイエンス・ツアー!

2015.08.29

女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(WAW! 2015)

2015.08.28

「遺伝子診断がもたらす未来とは?」 SSH先端科学講座

2015.08.23

工学院大学 わくわくサイエンス祭

2015.08.20

さくらサイエンス ノーベル賞科学者の講演と国際交流

2015.08.18

理数キャリア 特別授業 2日目

2015.08.17

理数キャリア 夏季勉強会/特別授業1日目

2015.08.10

Jr.SSH in 妙高

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9PM

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9AM

2015.08.08

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 サイエンス・クッキング

2015.08.06

SSH生徒研究発表会

2015.08.01

小笠原自然体験教室(4)

2015.07.31

小笠原自然体験教室(3)

2015.07.30

小笠原自然体験教室(2)

2015.07.29

小笠原自然体験教室

2015.07.18

親子で体験!SSラボ はなびのしくみをさぐろう!

2015.07.10

グローバル環境科学 フィールドワーク実習

2015.07.07

中学1年生:アドバンストサイエンス 課題研究活動報告

2015.06.20

エッグドロップコンテスト

2015.06.10

『恐竜の進化を探る!』 スーパーレクチャー

2015.06.06

卵の科学  学際科学

2015.05.30

「小笠原自然体験教室」の事前学習

2015.05.30

SSラボ(1):Mはかせ から の しれい。ブラックボックスの なぞ が とけるかな?

2015.05.09

10日 TBS 18時30分

2015.04.21

タイ PCCP 最終日目

2015.04.20

タイ PCCP 4日目

2015.04.18

タイ PCCP 3日目

2015.04.17

タイ PCCP 2日目

2015.04.16

タイ PCCP来校

2015.04.15

PCCP歓迎準備

2015.04.08

SSH説明会

2015.03.28

つくば科学研究コンテストで受賞

2015.02.14

平成26年度SSH研究成果報告会開催

2015.01.07

タイ PCCPサイエンスフェア

2015.01.05

タイ PCCP訪問

2014.12.09

スーパーレクチャー 『古生物学への誘い』

2014.11.15

理数クラス3年生が「JSEC 2014」の最終選考に

2014.11.08

タイ派遣生徒 事前プログラム(第1回目)

2014.11.01

タイ派遣生徒・説明会

2014.10.25

『理系女子フェア2014×講談社Rikejo』に参加

2014.10.24

「納豆菌が口内環境に与える影響の研究」が優秀賞を受賞!

2014.09.22

日本水産学会秋季大会参加(会場:九州大学箱崎キャンパス)

2014.08.24

高校1年・理数クラス わくわくサイエンス祭に参加

2014.08.18

高1・高2理数クラス 夏期勉強会

2014.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その4

2014.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その3

2014.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その2

2014.07.27

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2014.07.18

SSクラブ 東京海洋大学 特別講座

2014.07.09

数学特別授業(数論)

2014.07.01

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー

2014.06.28

人類働態学会でのポスター発表

2014.06.21

第3回~エッグドロップコンテスト~

2014.06.16

グローバル環境科学 小笠原事前学習

2014.06.14

卵の科学 ~加熱調理を中心に~

2014.06.07

親子で体験!SSラボ 第1回

2014.06.05

「グローバル環境科学」 小笠原自然体験 

2014.05.31

SS国際情報 校外特別研究活動 希少植物の残る里山に行こう

2014.05.31

学際科学 エッグドロップ装置の開発(3)

2014.05.23

コミュニケーション英語II

2014.05.17

SSコミュニケーション授業内容

2014.05.17

学際科学 エッグドロップ装置の開発(2)

2014.05.10

学際科学 エッグドロップ装置の開発

2014.04.30

情報セキュリティー講座(高校1年SS国際情報)

2014.04.25

タイ PCCP 六義園・浅草観光

2014.04.24

タイ PCCP 工学院大学へ

2014.04.23

タイ PCCP 清水建設での体験

2014.04.22

サイエンスフェアー タイ・PCCP

2014.04.21

タイ PCCP校来校

2014.03.30

日本水産学会春季大会参加 金賞・奨励賞に輝く

2014.03.22

SSH学際科学公開授業

2014.01.03

1月の活動

2013.12.01

12月の活動

2013.11.01

11月の活動

2013.10.06

10月の活動

2013.09.13

9月の活動

2013.08.25

7・8月(夏季休業中)の活動

2013.06.23

6月の活動

2013.05.20

5月の活動

2013.04.27

4月の活動

2013.03.23

3月の活動

2013.02.09

2月の活動

2013.01.27

1月の活動

2012.12.08

12月の活動

2012.11.18

11月の活動

2012.10.14

10月の活動

2012.09.30

9月の活動

2012.08.29

8月の活動

2012.06.16

6月の活動

2012.05.27

5月の活動

2012.04.28

4月の活動

グローバル環境科学 小笠原でのフールドワーク事前学習

07月

9日

2016

7月27日(水)~8月1日(月)にグローバル環境科学において小笠原への実習を行います。参加者は高校1年生の希望者21名です。
実習先である父島は東京から1000km離れており、到着までに船で24時間もかかります。独自の環境や生態系をもつ小笠原で4日間を過ごしていきます。 この4日間の実習でより多くのことを学んでこれるよう、フィールドワークの事前学習を2日間行ないました。

7月8日(金)は、フィールドワークの基礎知識として自然観察の方法やルール、持ち帰れない試料をどのように記録をとるか、膨大な情報から効果的にメモをとる方法などを講義によって学びました。その後学んだことを生かし、本校校庭で実際に五感をすべて使うことを意識しながら植物や昆虫の観察を行い、フィールドノートにまとめる作業を行いました。

7月9日(土)は、小笠原でのフィールドワークを通して行った研究内容のまとめ方の講義を行いました。今回はポスター発表で研究内容を発表するため、ポスター作成のルールや相手に伝えるべき内容を学びました。本来であれは2日間で学んだことを生かして六義園での実習を行う予定だったのですが、雨のため延期となってしました。六義園へは後日実習に行く予定となっています。
また、午後は保護者の方にもお越しいただき説明会を行いました。21人のリーダーである団長・副団長も力強い挨拶をしてくれました。

小笠原の研修まであと20日をきりました。
生徒たちの研究の成果は文女祭で発表を行いますのでぜひお越しください。

001.jpg 002.jpg 003.jpg
004.jpg 005.jpg

サイエンスコロキウム 第2回タイ・セミナー

06月

23日

2016

SSHとして教育提携を行っているタイのプリンセス・チュラポーン科学高校に、今年は13名の生徒が海外派遣されます。サイエンスコロキウムは、タイの学校で12月に 行われるサイエンス・フェアに向けて、英語プレゼンテーションの準備するセミナーです。
英語での発表は、日本語での発表以上に論理的思考力を要求されます。夏休み前に自分達が取り組んでいる課題研究の目的をしっかりと絞り込み、 実験の方法や条件を明確に説明で生きるようにするために、発表とディスカッションを繰り返します。タイのサイエンスフェアのために英語でポスターを書き、 発表・質疑もすべて英語で行うので、準備段階でも指導講師の先生方とのやりとりをできるだけ英語で説明することが求められるため、選抜された13人全員、一生懸命、頭を使っています。

IMG_3088.JPGIMG_3094.JPGIMG_3099.JPG

第5回 エッグドロップコンテスト

06月

11日

2016

本校主催の第5回エッグドロップコンテストが6月11日(土)に実施されました。

 5回目となる今回は文京女子高校1年梅・萩組81名に加え、熊谷西高校、都立戸山高校、都立科学技術高校、早稲田大学高等学院、東京成徳大学中学高等学校の5校も参加をしてくれました。合計152人、39チームでの大会となり、併設大学の文京学院大学本郷キャンパスで行われました。

 まずは、工学院大学の塩見誠規先生による「衝撃吸収のメカニズム」の物理学講義を受けました。この講演には、エッグドロップ成功にむけての重要な要素についてお話していただきました。
 使用する卵と投下順を決めるくじ引き、競技や制作上のルールの説明の後、いよいよ装置作成に入ります。A3のケント紙1枚とセロハンテープのみを用いて、内部に卵を入れて高いところから落としても卵が割れないような装置を作ります。制限時間90分のなかで班員とアイデアを出し合い、実際に装置を作ります。また、この時間内にエントリーシートの記入も行い、各班の装置のねらいや工夫したポイント、こだわり等を紹介してもらいました。

001.JPG002.JPG003.JPG004.JPG005.JPG 

006.JPGのサムネイル画像

午後には実際に5.3mほどの高さの2階の窓から、煉瓦敷きの床の的を目指して装置を落とします。コンテストの模様は、スカイプを使ってホールへ中継されました。見事成功したグループは、39班中6班でした。成功した班も悔しい思いをした班も互いに応援しあうことで、他の装置の良い所や自分たちでは思いつかなかったところを発見できたようです。
 また、午後からは午前中学校で授業を受けていた高校2・3年生の先輩たち(2年梅・萩組:14名、3年梅組:3名)がお手伝いに駆けつけてくれました。タイムを計ったり、インタビューをしたり、参加者の誘導をしたりとさまざまな場面で活躍してくれました。エッグドロップの競技経験者が運営者として大会に関わってくれたことで非常にスムーズに大会を終えることができました。このような姿を見た1年生はきっと来年、同じように活躍してくれることでしょう。

 

 

007.JPG

最後には塩見先生から表彰と講評をいただきました。
今年度のエッグドロップコンテストの結果は・・・


 1位 戸山高校 2班
 2位 戸山高校 3班
 3位 文京女子 12班

 

 

 エッグドロップコンテストには「課題研究力の育成」・「チームワーク力育成」・「学びの楽しさ」・「論理的思考力育成」、「コミュニケーション能力の育成」の全てが詰まっています。また、来年もぜひ参加、見学をお願いいたします。

タイ PCSHS-P 5日目

04月

19日

2016

5日間に及ぶタイとの交流もとうとう最終日となりました。

最終日の最初のプログラムはPCSHS-P校の生徒と本校の理数キャリアコースの1年生による化学実験を通した交流です。今回の化学実験はチョークの化学変化を通して化学とは何かを英語で学ぶ授業となりますが、本校生徒にとって化学実験は高校では初めて行いました。PCSHS-P校の生徒は日本で言う高校3年生で、既にある程度の化学を学習しており、今回の実験においては学ぶ側だけではなく、教える側としても本実験に関わって貰いました。

2番目のプログラムは国立科学博物館ですが出発前に、本校生徒とのお別れの時間をカフェテリアで行いました。本日PCSHS-P校の生徒に同行できる生徒は全体の3分の1となります。3分の2の生徒とにとってはここがお別れの時間となるわけです。お互いに手紙を書いたりメールアドレスを交換するなど別れを惜しんでおりました。 国立科学博物館には英語表記の無い日本語の展示物が多くあります。PCSHS-P校の生徒達に対して本校の生徒達が英語を用いて一生懸命解説をしていました。今回の交流は科学交流ですので、科学に対して英語を用いてやり取りする姿は、本校生徒の今後を予期させるものでした。

3番目のプログラムは上野動物園での動物観賞となります。パンダ・ペンギンなどの愛らしい動物達とのひと時を過ごしました。動物園で見れたゾウに感動していたらPCSHS-P校の生徒達の反応は今一つ。聞けば近所で見れるそうで、動物園のゾウはタイから来たゾウでもあったようです。また上野動物園には日タイ友好120周年の「サーラータイ(タイ風の東屋)」が記念に立てられており、そこで本校生徒とPCSHS-P校の生徒も友好を育みました。

最後のプログラムは浅草観光です。浅草寺周辺を散策いたしました。伝統的な日本の工芸品が多々あり、タイで待つ友人の為のお土産を沢山買っていました。このプログラムでもって本校生徒とPCSHS-P校の生徒の交流プログラムは終了です。涙ながらに抱き合う生徒の姿や、タイでの再会を誓う生徒など、様々な反応を生徒達は見せてくれました。 最後に文京を代表して教員数名がPCSHS-P校の生徒ならびに先生方をお見送りして、本プログラムは終了となりました。PCSHS-P校の先生方・生徒達、本校の教員・生徒達もこの貴重な経験から多くのことを学びした。次は本校生徒の代表者が12月にタイへ向かう番です。更なる努力を重ね、次に向かって進んで生きたいと思います。

c411342fed24ca9ce690fb6a5f0b347d2f211782.JPG 750f2c94c044e551b71ebcdc5e54ab82385a9ec9.JPG 9328a776ec7966d8dcdb98a8bce1afd7184ad48a.JPG bb77017af1a35f9a2869546cddbfa366485f8729.JPG 9cc6b3fceb9b9b4f60e8bc65b063f2ba19e902d0.JPG 06.JPG 07.jpg 08.JPG 09.JPG

タイ PCSHS-P 4日目

04月

18日

2016

今日は、JAXAの相模原キャンパスを見学しました。JAXA相模原キャンパスは、旧宇宙科学研究所の中核部として研究・管理棟、研究センター、そしてロケット・人工衛星搭載機器の特殊実験棟などが設置されています。日本で最初に打ち上げられたペンシルロケットからはやぶさまで、科学衛星や惑星探査機の展示や開発運用の歴史などについて、詳しく解説してくれました。特に、はやぶさのサンプルリターンや、搭載されているイオンエンジンの仕組みなど、みんな興味津々に聞き入っていました。

DSC_0608.JPG DSC_0610.JPG DSC_0617.JPGDSC_0644.JPG DSC_0663.JPG DSC_0667.JPG

次に向かったのが、工学院大学八王子キャンパスです。杉山健二郎先生の特別講座を受けました。PCSHS-Pと文京学院の共同研究テーマであるコメのアレルギー反応について、タンパク質の解析実験を行いました。用意された日本米とタイ米の試料10種類について、電気泳動による分析実験のサンプルを作り、アレルギーの原因となるタンパク質の含有量について比較解析します。

精密機器で実験結果を解析している間に、大学のキャンパスや、杉山先生の研究室で取り組んでいる研究内容を見学させていただきました。解析が終わると、グループディスカッションと結果の考察です。各データーの共通項と違いに着目し、グループ内の話し合いが行われました。英語で進められた講義でしたが、自分たちのグループの考察を堂々と発表した文京生もいました。

DSC_0683.JPG DSC_0701.JPG DSC_0737.JPGDSC_0796.JPG DSC_0806.JPG DSC_0815.JPG

前の5件 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21
文京学院このページの先頭へ