SSH

ホーム > 科学探究プログラム

科学探究プログラム

今日の探究活動

2019.08.28

科学知 「IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座」2日目

2019.08.27

科学知 先端科学講座 IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座

2019.08.27

科学知 「日常のなかの「問い」をみつめよう講座」

2019.08.25

工学院大学わくわくサイエンス祭 科学教室 TA参加

2019.08.25

科学知 先端科学講座 「遺伝医学と生命倫理講座」

2019.08.24

科学知 先端科学講座 「遺伝子解析実験講座」

2019.08.23

学際数理探究 特別授業 2日目

2019.08.22

学際数理探究 特別授業

2019.08.10

文京ジュニアサイエンスプロジェクト:妙高自然体験教室

2019.08.03

しけんかんにゆきをふらせよう -親子で体験!SSラボ2019-

2019.07.27

つくって発見!スマホde顕微鏡 -親子で体験!SSラボ 2019-

2019.07.13

ポリドロンであそぼう! 親子で体験!SSラボ 2019

2019.06.11

スーパーレクチャー2019「古生物の進化を探る!」

2019.04.23

タイ PCSHS-P 2019科学交流プログラム 6日目

2019.04.19

タイ PCSHS-P 2019科学交流プログラム 2日目

2019.04.18

タイ PCSHS-P来校 2019科学交流プログラム

2019.02.23

第4回東邦大学−GNU先端化学に関する合同シンポジウム

2019.01.11

タイ研修プログラム2018 Science Fair

2019.01.07

タイ研修プログラム2018 3日目

2019.01.06

タイ研修プログラム2018 2日目

2019.01.05

タイ研修プログラム2018 開始

2018.12.24

サイエンスキャッスル2018 関東大会

2018.12.23

平成30年度 東京都内SSH指定校合同発表会にて

2018.12.22

タイ研修プログラム 壮行会

2018.12.22

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2018

2018.12.18

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!2」

2018.12.15

「その成果はいかに?」~平成30年度研究成果報告会~

2018.11.25

スリー・ツー・ワン・ゼロ「発射」~ペットボトルロケットプロジェクト~

2018.11.17

日本音響学会 音楽音響研究会

2018.11.06

SSH卒業生 追跡アンケートのお願い

2018.11.04

第5回SWR in 都立戸山高校への参加

2018.10.20

あつまれ!理系女子 東京大会 10/27

2018.10.06

ペットボトルロケットプロジェクト(第2弾)

2018.09.09

ペットボトルロケット "Intelligent Water Rocket Competition 2018"

2018.08.26

文京ジュニアサイエンスプロジェクト:妙高自然体験教室

2018.08.25

科学知「遺伝子解析実験講座+遺伝医学と生命倫理講座」

2018.08.21

理数キャリア夏期勉強会特別授業 Arduino講座

2018.08.07

科学知「日常の中の「問い」をみつめよう講座」

2018.08.05

科学知「比較解剖で理解する脊椎動物のからだ講座」

2018.08.04

文京アカデミー 子どもアカデミア 理科実験教室

2018.07.29

科学知「IoT時代に向けた電子回路・電子工作講座」

2018.07.14

親子で体験!SSラボ さんすうだいすき!

2018.06.09

TJ-SSF2018 フィールドワーク

2018.06.08

TJ-SSF2018 研究発表・サイエンスラリー

2018.06.07

TJ-SSF2018 歓迎式・研究発表

2018.06.06

TJ-SSF2018へ出発

2018.06.05

フランス人化石研究者 特別講義

2018.04.21

タイ PCSHS-P 来校 サイエンスフェア

2018.04.20

タイ PCSHS-P 来校 高1化学実験授業

2018.04.10

平成29年度の研究成果発表会 表彰報告

2018.03.16

「SSH 学際科学特別授業」 アメリカ大使館員を招いて

2017.12.24

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー(SSラボ)

2017.12.23

サイエンスキャッスル2017関東大会参加

2017.12.23

平成29年度スーパーサイエンスハイスクール東京都内指定校合同発表会

2017.12.09

SSH・SGH研究成果報告会

2017.12.05

12月9日(土)午後 SSH・SGH研究成果報告会開催

2017.12.05

高校1年生:「サイエンスアゴラ2017」に出演!

2017.11.26

IWRC 2017 めざせ!人工衛星打ち上げ

2017.11.08

SSプレカレッジⅡ(SSPⅡ) 最終発表会

2017.09.15

映画「ドリーム」試写会 アメリカ大使館からの招待

2017.09.05

あつまれ!理系女子 東京大会 10月28日

2017.07.08

小笠原研修フィールドワーク事前学習 1日目

2017.06.09

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!」

2017.04.25

PCSHS-P、KVIS 科学交流6日目

2017.04.24

PCSHS-P、KVIS 科学交流5日目

2017.04.22

PCSHS-P、KVIS 科学交流3日目

2017.04.21

PCSHS-P、KVIS 科学交流2日目

2017.04.20

タイの生徒来校 科学交流1日目

2017.04.14

T-J サイエンスフェア2017

2017.03.20

平成28年度 第12回関東近県SSH校合同発表会への参加

2017.03.18

親子で体験SSラボ「イチゴのひみつ」

2017.02.05

TSS第5回生徒研究成果合同発表会

2016.12.24

親子で体験!SSラボ 「静電気」

2016.12.18

Intel (R)Genuino 101 Competition

2016.12.14

WAW!2016 国際女性会議

2016.11.21

サイエンスキャッスルゼミ・出張ミニプレゼン道場

2016.11.21

サイエンスアゴラのトークセッションに参加

2016.11.13

プレゼン道場へ参加してきました

2016.11.06

理系女子のためのシンポジウム

2016.10.20

集まれ!理系女子 10/29

2016.08.20

夏季勉強会&特別講義

2016.08.11

SSH生徒研究発表会

2016.08.06

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/6

2016.08.05

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2016 8/5

2016.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 04

2016.07.30

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 03

2016.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 02

2016.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2016.07.20

グローバル環境科学 フィールドワーク事前学習 六義園実習

2016.07.09

グローバル環境科学 小笠原でのフールドワーク事前学習

2016.06.23

サイエンスコロキウム 第2回タイ・セミナー

2016.06.11

第5回 エッグドロップコンテスト

2016.04.19

タイ PCSHS-P 5日目

2016.04.18

タイ PCSHS-P 4日目

2016.04.16

タイ PCSHS-P 3日目

2016.04.15

タイ PCSHS-P 2日目

2016.04.14

タイ PCSHS-P 来校 1日目

2015.12.26

タイ研修 6日目

2015.12.25

タイ研修 5日目

2015.12.24

TJ-SSF2015 4日目

2015.12.23

TJ-SSF2015 3日目

2015.12.22

TJ-SSF2015 2日目

2015.12.21

TJ-SSF2015 1日目

2015.12.20

TJ-SSF Thailand-Japan Student Science Fair 2015 へ出発!

2015.12.20

「人類働態学会地方会」にて優秀発表賞を受賞しました。

2015.12.12

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.20

東京理科大学 清水克彦教授の特別授業

2015.11.13

SSH・SGH研究成果報告会(公開授業・ポスター発表会)

2015.11.01

The 2nd Symposium for Women Researchers 第2回SWR(第6回SSH女子交流会)

2015.10.31

集まれ!理系女子 第7回女子生徒による研究発表交流会

2015.09.25

文女祭(あやめさい):マジカル・サイエンス・ツアー!

2015.08.29

女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(WAW! 2015)

2015.08.28

「遺伝子診断がもたらす未来とは?」 SSH先端科学講座

2015.08.23

工学院大学 わくわくサイエンス祭

2015.08.20

さくらサイエンス ノーベル賞科学者の講演と国際交流

2015.08.18

理数キャリア 特別授業 2日目

2015.08.17

理数キャリア 夏季勉強会/特別授業1日目

2015.08.10

Jr.SSH in 妙高

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9PM

2015.08.09

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 8/9AM

2015.08.08

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー2015 サイエンス・クッキング

2015.08.06

SSH生徒研究発表会

2015.08.01

小笠原自然体験教室(4)

2015.07.31

小笠原自然体験教室(3)

2015.07.30

小笠原自然体験教室(2)

2015.07.29

小笠原自然体験教室

2015.07.18

親子で体験!SSラボ はなびのしくみをさぐろう!

2015.07.10

グローバル環境科学 フィールドワーク実習

2015.07.07

中学1年生:アドバンストサイエンス 課題研究活動報告

2015.06.20

エッグドロップコンテスト

2015.06.10

『恐竜の進化を探る!』 スーパーレクチャー

2015.06.06

卵の科学  学際科学

2015.05.30

「小笠原自然体験教室」の事前学習

2015.05.30

SSラボ(1):Mはかせ から の しれい。ブラックボックスの なぞ が とけるかな?

2015.05.09

10日 TBS 18時30分

2015.04.21

タイ PCCP 最終日目

2015.04.20

タイ PCCP 4日目

2015.04.18

タイ PCCP 3日目

2015.04.17

タイ PCCP 2日目

2015.04.16

タイ PCCP来校

2015.04.15

PCCP歓迎準備

2015.04.08

SSH説明会

2015.03.28

つくば科学研究コンテストで受賞

2015.02.14

平成26年度SSH研究成果報告会開催

2015.01.07

タイ PCCPサイエンスフェア

2015.01.05

タイ PCCP訪問

2014.12.09

スーパーレクチャー 『古生物学への誘い』

2014.11.15

理数クラス3年生が「JSEC 2014」の最終選考に

2014.11.08

タイ派遣生徒 事前プログラム(第1回目)

2014.11.01

タイ派遣生徒・説明会

2014.10.25

『理系女子フェア2014×講談社Rikejo』に参加

2014.10.24

「納豆菌が口内環境に与える影響の研究」が優秀賞を受賞!

2014.09.22

日本水産学会秋季大会参加(会場:九州大学箱崎キャンパス)

2014.08.24

高校1年・理数クラス わくわくサイエンス祭に参加

2014.08.18

高1・高2理数クラス 夏期勉強会

2014.07.31

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その4

2014.07.29

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その3

2014.07.28

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室 その2

2014.07.27

グローバル環境科学 小笠原自然体験教室

2014.07.18

SSクラブ 東京海洋大学 特別講座

2014.07.09

数学特別授業(数論)

2014.07.01

親子で体験!スーパーサイエンスラボラトリー

2014.06.28

人類働態学会でのポスター発表

2014.06.21

第3回~エッグドロップコンテスト~

2014.06.16

グローバル環境科学 小笠原事前学習

2014.06.14

卵の科学 ~加熱調理を中心に~

2014.06.07

親子で体験!SSラボ 第1回

2014.06.05

「グローバル環境科学」 小笠原自然体験 

2014.05.31

SS国際情報 校外特別研究活動 希少植物の残る里山に行こう

2014.05.31

学際科学 エッグドロップ装置の開発(3)

2014.05.23

コミュニケーション英語II

2014.05.17

SSコミュニケーション授業内容

2014.05.17

学際科学 エッグドロップ装置の開発(2)

2014.05.10

学際科学 エッグドロップ装置の開発

2014.04.30

情報セキュリティー講座(高校1年SS国際情報)

2014.04.25

タイ PCCP 六義園・浅草観光

2014.04.24

タイ PCCP 工学院大学へ

2014.04.23

タイ PCCP 清水建設での体験

2014.04.22

サイエンスフェアー タイ・PCCP

2014.04.21

タイ PCCP校来校

2014.03.30

日本水産学会春季大会参加 金賞・奨励賞に輝く

2014.03.22

SSH学際科学公開授業

2014.01.03

1月の活動

2013.12.01

12月の活動

2013.11.01

11月の活動

2013.10.06

10月の活動

2013.09.13

9月の活動

2013.08.25

7・8月(夏季休業中)の活動

2013.06.23

6月の活動

2013.05.20

5月の活動

2013.04.27

4月の活動

2013.03.23

3月の活動

2013.02.09

2月の活動

2013.01.27

1月の活動

2012.12.08

12月の活動

2012.11.18

11月の活動

2012.10.14

10月の活動

2012.09.30

9月の活動

2012.08.29

8月の活動

2012.06.16

6月の活動

2012.05.27

5月の活動

2012.04.28

4月の活動

スーパーレクチャー「人類の進化を探る!2」

12月

18日

2018

12月18日(火)に、化石研究家のフランソワ先生が6月に続いて来校して、霊長類の進化に関する講義をいただきました。講義はもちろん英語で行われ、英語と理科の教員が内容をサポートしました。今回は、中学生から高校生まで、17名の生徒が参加しました。

講義の始めに、エビ・カエル・古代魚・ティラノサウルスの化石の実物を見せていただきました。生徒たちは、実際に自分達が良く知る生物の化石を手にとるという貴重な体験ができて、とても興奮していました。霊長類の進化のお話では生物学的な難しい内容が多くありましたが、写真やイラストを多用したスライドを参考にし、中学生・高校生ともに一生懸命英語の講義を受けていました。ネアンデルタール人と現代人を繋ぐ人類の進化に関する専門家の熱い講演は、正直分からない部分もありましたが、聞いていてワクワクする感動がありました。フランソワ先生の講義が終わっても、数名の生徒がフランソワ先生の所に話を聞きに行くなど、各々が興味に応じて有意義な時間を過ごすことができました。

IMG_5135.JPGIMG_5140.JPGIMG_5155.JPGIMG_5157.JPGIMG_51690.JPGIMG_5165.JPG

「その成果はいかに?」~平成30年度研究成果報告会~

12月

15日

2018

年の瀬も押し迫った12月15日(土)の午後、本部棟に於いて「平成30年度 研究成果報告会」が開催されました。「理数キャリアコース」「国際教養コース」「スポーツ科学コース」の3コース合同によるオーラルプレゼンテーション(口頭発表)、ポスターセッションが展開されました。

はじめに、「Bunkyo Active Learning Studio 2(通称「BAL2」)」でグループごとのテーマに基づくオーラルプレゼンテーションが行われます。これに真剣に耳を傾けているのは、主にサイエンスクラス、スポーツサイエンスクラスの1、2年生です。その後質疑応答が行われましたが、大変な熱気でした。また、今回は保護者の皆様の出席も数多く見られました。

181215Session (1).JPG181215Session (3).JPG181215Session (4).JPG

次に、会場を移し、準備したパネルを用いての「ポスターセッション」です。各グループが、それぞれの研究成果をまとめたパネルの前に立ち、見学者を迎え入れ、様々に飛び交う質問に答えます。本学学園長先生のお姿もありました。

181215Session (6).JPG181215Session (8).JPG181215Session (10).JPG

保護者対象の説明も堂々としたもので、研究内容に対する自信の程が伺えます。

181215Session (11).JPG  181215Session (13).JPG  181215Session (19).JPG

1枚目のスナップ写真に見覚えがあると思ってよく注意してみたら、例の「ペットボトルロケット」ですね。11月25日に東海大学にて発射実験を行わせていただいた際のものです。

2枚目は「なぜ『あんかけ』は冷めないのか?」のパネルです。着眼点が素晴らしい。「『あん』がかかっているからじゃないの? 」「いや、そんな単純なものじゃない」そんな問答が聞こえてきました。 

3枚目は「外反母趾」に関する研究です。当事者にとっては深刻な悩みですよね。

181215Session (21).JPG181215Session (23).JPG181215Session (27).JPG

スリー・ツー・ワン・ゼロ「発射」~ペットボトルロケットプロジェクト~

11月

25日

2018

「ペットボトルロケットプロジェクト」。正式名称は 「Intelligent Water Rocket Competition 2018」 で、東海大学湘南キャンパス・総合グラウンドで開催されました。(当日の様子は、web版の神奈川新聞ニュースでも紹介されました。)

前回同キャンパスへは9/9に訪れて、競技説明・抽選・自チーム紹介・相談会が行われたのですが、それから2ヵ月半の時を経て、今日がペットボトルロケットの打ち上げ本番の日になりました。今まで学内で繰り返してきた「試行錯誤」の総決算の日です。全12チームでそれぞれの'技'を競いましたが、とはいえ、いずれのチームもはじめはなかなか思い通りに行かなくて......。

10:00~ 開会式・競技説明の後に

10:30~ アピールタイムがあり、その後持参した「実機」が封印されます。

11:00~ 加圧担当者講習会 と続きました。

封印後は各チームの「ロケット発射」の直前まで、手を触れることが出来ません。その後発射タイムが近づいて開封許可が出て最終段階へと進みました。そのとき以降の様子を中心にお届けします。

前回ここを訪れた時の19号館校舎が1枚目です。晩秋の装いで、紅葉も最終段階でした。会場のグラウンドでは、すでに先行チームが打ち上げをスタートしています。3・4枚目が文京チームのロケットで、まさに発射を待っているところ。

191125PET Rocket2nd (1).JPG 191125PET Rocket2nd (3).JPG 191125PET Rocket2nd (5).JPG 191125PET Rocket2nd (4).JPG

以前お知らせしたように、本校文京学院からは高1梅組6名参加のところ、2チームに分かれてそれぞれが1チームとしてエントリーしています。しかし、同一校仲間なので協力すべきところは事前準備で仲良く。以下の写真は、ロケットを現地に運び出す直前の手入れ。3枚目は各チーム共通テーマになっているパラシュート搭載。「上手くひらいてね」と祈ります。

191125PET Rocket2nd (7).JPG191125PET Rocket2nd (12).JPG191125PET Rocket2nd (13).JPG

さて、時間が来たようです。私たち文京のひとチームはその名もチーム「文女」 運び出してグラウンドへ移動です。ここで発射場所に入るメンバーはご覧のようにヘルメットとゴーグルを着用して安全管理、でも「よくお似合いですよ」

191125PET Rocket2nd (14).JPG191125PET Rocket2nd (19).JPG191125PET Rocket2nd (21).JPG

もう一チームの3人が遠くから見守る中、発射台に設置して、点検をしました。

191125PET Rocket2nd (27).JPG191125PET Rocket2nd (34).JPG191125PET Rocket2nd (30).JPG

いよいよ「加圧」して発射に備えますが......、どうも様子が変です。「何かあったんですか」「空気が漏れているみたいです」あえなく失敗。原因を究明して再チャレンジします。

191125PET Rocket2nd (40).JPG 191125PET Rocket2nd (42).JPG 191125PET Rocket2nd (36).JPG 191125PET Rocket2nd (43).JPG

ステージ側に戻ってきて、先生・スタッフと相談です。がっかりしないで、どこが問題かチェックし次に向けて調整しなければ。「どうやら、底の部分のビスが緩んでいたようですね」「ハイ、オーケー。やり直します。」

191125PET Rocket2nd (44).JPG191125PET Rocket2nd (45).JPG191125PET Rocket2nd (47).JPG

 

さてさて、そしたらこのチームが後回しになっている間に、もう1チームは自分たちの打ち上げのために、粛々とプロジェクトを進めるしかありません。もう一つのチーム名はチーム「HAM」......「何ですか、この名前は??」 「ハイ生徒名の頭文字をとりました」「じゃあ、ハムって読むんじゃなく、エイチ・エイ・エムなんですね」

本番の臨場感を出すために、場内でアナウンスされている言葉を順に追って、

「シーケンス開始」「推進剤充填」「高度制限金具取り付け」「ピーロード部設置」「衛星準備」「ロケット最終確認」「ランチャー確認」「退避」「プレ加圧 ~3気圧」「空気漏れ確認」「誤発射防止ワイヤー切断」「本加圧 ~7気圧」

「安全確認」「ファイナルカウント」  「「発射」」

やりました「HAM」チーム、成功です。ちなみにこのチームのパラシュートは上手く開き、チーム独自のミッションだった「キャンディー」が空から地上に舞い降りました。「雨が降ったのではなく、『飴』を降らせたんですね。」「それ受けるんだけど」

191125PET Rocket2nd (58).JPG191125PET Rocket2nd (59).JPG191125PET Rocket2nd (60).JPG191125PET Rocket2nd (62).JPG191125PET Rocket2nd (63).JPG191125PET Rocket2nd (2).PNG

終了後は「機体回収」となり、現場を離れました。そこへやってきたのは「すみません、神奈川新聞です」「ちょっとお聞かせください」ということで、取材を受けました。HAMチームの皆さん、誇らしげです。

191125PET Rocket2nd (68).JPG191125PET Rocket2nd (72).JPG191125PET Rocket2nd (73).JPG

さらに「すみません、東海大学ですが、大学新聞にも掲載させてください」 最後に会場となったグラウンドをバックにロケットとともに3人で記念撮影を。その後ロケットに取り付けた小型カメラがどのように周囲を捕らえているか、PC確認まで実施して終了。

191125PET Rocket2nd (77).JPG191125PET Rocket2nd (86).JPG191125PET Rocket2nd (93).JPG

それで、先ほど上手くいかなかったリベンジの「文女」チームはというと、再度不具合を直して再チャレンジしました。そのときの様子は以下のとおり。教授とスタッフの指導を受けて、今度は大丈夫。そろそろ時間的に空が茜色に染まる頃、大空に舞い上がりました。今度は成功です。

191125PET Rocket2nd (98).JPG191125PET Rocket2nd (102).JPG191125PET Rocket2nd (104).JPG191125PET Rocket2nd (106).JPG  191125PET Rocket2nd (110).JPG  191125PET Rocket2nd (1).PNG

この世界では「失敗は成功の元」それを「文女」チームは体現してくれました。しかし同時に、感動の涙を禁じ得ません。で、このチーム独自のミッションは?? 「はい、ウズラの玉子を落下させて、割れないようにするというものです」「あら、本当! 事実割れていませんね」「そういえばどこかの学校で『エッグドロップ』とかいう実験をしていましたかしら」「ちなみにこの玉子、茹でてませんよね(笑)」 その後関係者にも説明していましたが驚きを隠せなかったようです。

191125PET Rocket2nd (115).JPG191125PET Rocket2nd (119).JPG191125PET Rocket2nd (123).JPG

全チームの終了後に審査が行われ、閉会式で結果発表が行われました。そしてそして、私たち文京2チーム中1チーム「チーム「HAM」が「ルネサス賞」をいただきました。「おめでとうございます」 全参加者による集合写真に続いて表彰チームの喜びの表情を。

191125PET Rocket2nd (127).JPG191125PET Rocket2nd (126).JPG

日本音響学会 音楽音響研究会

11月

17日

2018

本日、本郷高等学校で行なわれた日本音響学会 音楽音響研究会に本校の理数キャリアコース所属の2年生1名、1年生1名が参加しました。

日本音響学会の音楽音響研究会とは一般社団法人である日本音響学会に属する8つの研究委員会の中の1つです。音響学会は科学的な方法を用いて様々な音の性質や作用について研究している人々の集まりであり、この研究会は次のような特徴をもっています。

・研究対象は音楽に関係のある音である
・基礎となる学問分野はかなり広く、学際的である

本校では学際科学という課題研究に取り組む授業を行っており、今回は研究発表の場としてだけではなく、学習活動の場としても参加しました。この研究会には音楽や楽器に興味をもっている人、音楽家、楽器製作者、演奏家、楽音や聴覚の研究者など多くの人々が参加をしており、音楽に関する幅広い知が集まっています。

今回の参加をした2年生は楽器であるトライアングルの研究をしており、この研究会への参加は3回目になる活動熱心な生徒です。 過去の2回は見学者としての参加でしたが、今回は発表者としてはじめて参加します。音楽音響研究会では過去に高校生の発表はなく、研究会としても初の高校生の発表となりました。
発表に到るまでに論文を作成し、プレゼン資料となるパワーポイントを作成したりなど、様々な困難を努力で乗り越えての発表となりました。 研究を行なうきっかけの1つとなった、『楽器の科学』という本のトライアングルのページを作成された筑波大学の先生とも、この研究会を通じて出会うことができました。 初めてだらけのことでしたが、一連の研究活動を通じて生徒の更なる成長が期待できます。

参加をした生徒からは以下のような声がありました。

「高校生として初めて音楽音響研究会で発表できたことを大変嬉しく思います。発表では練習と違って少し失敗してしまったことが心残りでしたが、発表を聞いてくださった方々からお褒めの言葉を頂けたことは嬉しかったです。また研究の改善点にも色々と助言を頂けて、とても自分の研究にとって有意義な時間を過ごすことが出来ました」
1月のタイ科学交流プログラムに選別 今回口頭発表をした 2年生

「私は音楽に関する研究をこれからしていこうと考えています。音楽を研究するということには色々な切り口があることを知ることができました。先輩の上手い発表を見れたことは、これからの自分自身の発表にもきっと生かせると思います。」
1 年生

音楽音響1.jpg音楽音響2.jpg音楽音響3.jpg

SSH卒業生 追跡アンケートのお願い

11月

6日

2018

卒業生のみなさまには、文京学院大学女子高等学校を卒業以来、それぞれの分野で頑張っていらっしゃることと思います。本校のSSH活動は、平成29年度をもって第1期6年間の活動を完了いたしました。今後の新たな活動計画をまとめるにあたり、卒業生の追跡アンケートを行うことといたしました。ぜひともご協力をお願いいたします。

アンケートはweb上で回答できます。以下のリンクの該当項目をクリックしてください。すべての項目にご回答いただき、最後に「アンケート回答終了」としていただければ自動送信されます。現在も受け付けていますので、ご回答にぜひご協力ください。
なお、本アンケートで取得した個人情報は、文京学院大学女子高等学校において責任を持って管理し、SSH追跡調査の目的以外には使用いたしません。

 

【平成26年度・平成27年度の卒業生】 【平成28年度・平成29年度の卒業生】

 

 パソコンの方は、こちらから

 

 

 パソコンの方は、こちらから

 

 スマートフォンの方は、こちらから

 

 スマートフォンの方は、こちらから

 

 

現在は、SSH指定校の期間に開発してこれまで取り組んできた探究活動を、3コース制における理数キャリアコースの活動として継続実施しております。文京学院における後輩生徒達の支援へのご協力を、ぜひともよろしくお願いいたします。

卒業生のみなさまの、今後のご活躍を心からお祈りしています。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
文京学院このページの先頭へ