トップ > 文女ーあやめー

文女ーあやめー

文京学院での生活をお知らせします

中学3年生によるコース別研究発表会

01月

24日

2018

研究活動の成果をつなぐ! 中学3年生によるコース別研究発表会が行われました ※1月24日(水)2時間目開催

本校の中学生は、課題研究を「探究の技法」を通して学びながら、学年ごとに研究成果をあげています。その最上級生である3年生は、学びを通して向上させた探究力をポスターセッションを通して、後輩全員に伝える機会をもっています。それが「中学3年生によるコース別研究発表会」です。

1月24日発表当日の1時間目は、3年生たちが力を合わせて、体育館をポスタセッション会場に仕立てる設営作業に携わり、2時間目の発表会を通して、後輩たちに自分たちが探究活動を行い、解明した研究内容を伝えてゆきます。この1時間の発表会は、中学1年生から3年生まで全員が交流できる大切な機会。会場では、発表者・見学者ともにとても新鮮な気持ちで発表会に参加していました。その生徒たちのイキイキした姿は、掲載写真をご覧ください。

この研究発表会に参加した3コースの生徒たちはそれぞれに、グローバル・スタディーズコースは「日本と世界の文化を様々な視点から比較する」をテーマとした複数の研究発表、スポーツ・サイエンスコースは「複数種のボールでのリフティング回数の違い」をテーマとした複数の研究発表、アドバンスト・サイエンスは「京都を科学する」をテーマとした複数の研究発表を行いました。このような発表会を設定する効果は、まずテーマ設定に始まり、探究活動に至るまでの身近な疑問や関心の持ち方、その原因を解き明かすための基本姿勢、そして最後にその問題を解決して発表に至るまでの道のりが生徒間で伝承されることです。コース特有のユニークなテーマ名を見ても納得できるのではないでしょうか。

文京学院の探究活動の総決算ともいえる「中学3年生によるコース別研究発表会」はこうして無事に終了しました。

研究発表会風景 左からグローバル・スポーツ・サイエンスコースの発表

1gs0124.JPG2ss0124.JPG3as0124.JPG

文京学院このページの先頭へ

入試・説明会

スーパーグローバル
ハイスクールアソシエイト

スーパーサイエンス
ハイスクール

クラブ活動