トップ > 文女ーあやめー

文女ーあやめー

文京学院での生活をお知らせします

卒業生座談会【11月25日中学入試体験にて】

11月

25日

2018

平成31年度入試に向けて、本番さながらの「入試体験」が行われました。朝早くからたくさんの受験生と保護者の皆様にお越しいただきました。

お手伝いの在校生も朝早くから登校し、1年前、2年前を思い出しながら、受験教室まで誘導するなど大活躍!!
休み時間には、宿題やペン習字に取り組むなど、頼もしい先輩ぶりを発揮してくれました。
P1180425.JPGP1180428.JPG

受験生が入試問題に挑戦している間にBALスタジオでは、お待ち頂いている保護者の皆さま向けに、卒業生の座談会が開かれました。
水上茂一貫部校長が、最後に学年代表を務めた時の卒業生です。卒業して早4年、来春には社会人として社会に巣立ちます。
中高6年間を振り返り、今も繋がり、支え合う旧友との友情、文京学院で受けた教育を土台に、大学で学びを深めていく過程を語ってくれました。
そんな中、全員が異口同音に言ったのが「ペン習字」の効果。就職活動において、「美しい文字」を企業の方からもほめて頂いたそうです。
タイで行われた科学交流研修で、プリンセスチュラボーンハイスクールとの共同研究では、「自分は誰よりもこの分野において知っている」という自信が、英語でのプレゼンテーションを可能にした経験が今に繋がっているという報告もありました。
美術大学に進んだ生徒は、企業とのコラボレーションしたデザインが商品パッケージとして採用されています。
文京学院大学の看護学科で学ぶ卒業生は、先生との距離の近さ、こまやかなフォローは中高と変わらないそうで、2月に行われる国家試験に向けて学業に励み、準備を進めているそうです。
受験生保護者の皆様からも「6年後に娘がこのように巣立ち、10年後にこのように社会に羽ばたいてくれたらどんなに嬉しいだろうか」というお言葉をいただきました。
私たち教職員も、日々成長していく生徒、卒業生に負けぬように前進していかねばと、改めて思った「卒業生座談会」でした。
P1180415.-2jpg.jpgP1180429.JPG

※次の入試体験は、12月16日(日)に行われます。詳細はこちらをご覧ください。

文京学院このページの先頭へ