資料請求バナー
トピックス

トピックス

Bunkyo Blog

文京学院での生活をお知らせします

高校1年生:「オリンテーション期間」

04月

9日

2021

入学式の翌日(7日)から、「オリエンテーション期間」が始まりました。高校1年生は、4日間かけて短期集中で文京生のルールやシステム・クラスや学年の親睦を深めるイベントを展開しています。

20210408hi1_guidance (2).jpg

学年の全員がきちんと理解しておきたいことは、全員が集まれるホールで説明します。ここでの基本テキストは『学校生活のしおり』。文京生のルール、併設中学とも違う高校のしくみなど、基本の「き」がギュッと詰まった必携のマニュアルです。また、「国際塾」や探究学習など、授業外のさまざまな活動についての説明もありました。来週以降、本格的にスタートする学校生活に向けて、期待半分・不安半分の生徒たちでした。

20210408_hi1 (3).jpg

各クラスの時間には、自己紹介や校舎の施設見学を行いました。併設中学から進級する一貫生と、高校から入学する高入生がグループを組んで、校舎内の施設を見学しました。特に今年の高入生は、コロナ禍で学校見学の機会が少なく、入学前に校舎見学ができなかった人も多かったのではないでしょうか。実際にこの校舎で生活してきた一貫生の校舎案内は、教員が説明するよりもずっと実用的で、「意外とよく使う」ところにしっかり目配りしたツアーになりました。

20210408hi1_guidance (1).jpg20210408hi1_guidance (7).jpg

中学1年生:登校初日の様子です。

04月

9日

2021

入学式に続いて、爽やかな空が広がる中、新1年生の登校が始まりました。

20210407 (3).jpg

初めての登校だったために、最初は緊張感が解けず、集合場所のカフェテリアも静まりかえっていましたが、徐々に打ち解け、和やかな雰囲気に変わってきました。「Hello!!」というダリアン先生の声に、はにかみながら応える生徒もいれば、サイパル先生の冗談に笑う生徒も、首をかしげる生徒もいます。そんな新入生の元気な様子を、中1学年の教員がホッとしたように見つめていました。

20210407 (2).jpg20210407 (6).jpg

その後、クラスごとに集合写真と個人写真の撮影を行い、教室へと向かいました。中学1年生は、今日、初めて教室に入りました。小学校にはないロッカーに興味津々で開けてみる生徒、机の大きさに驚く生徒。それぞれが、それぞれの過ごし方で一休みをした後は、体育館で「対面式」です。1年生が入場すると、2、3年生の先輩達があたたかな拍手で迎えてくれました。

20210407 (8).jpg

文京生としての生活は始まったばかりですが、これからも元気に、楽しく学校生活を送って欲しいと願うばかりです。

中学校・高等学校:入学式

04月

8日

2021

4月6日月曜日、中学校と高等学校の入学式が、併設大学である文京学院大学(本郷キャンパス)内「仁愛ホール」にて挙行されました。昨年度は行うことができなかった式を無事に挙行でき、教職員一同大変嬉しく思いました。3月20日ごろから咲き始めた桜が、この日まで散らないようにと祈り続けた2週間でしたが、入学式まで美しい花を見せてくれました。

DSCF8217.jpg

午前中は中学校の入学式でした。少し大きめに見える制服に身を包み、嬉しそうに、少し不安そうに到着した新入生でしたが、新入生の到着を「いまか、いまか」と待っていた水上校長先生の出迎えに笑顔がこぼれました。

DSCF8214.jpgDSCF8215.jpg

受付では、英語教育に特色を持つ本校らしく学年所属のネイティブスピーカーの教員が立ち、新入生一人ひとりに声を掛けます。クラス名簿を手に、保護者の皆さんとクラスを確認しながら会場に入りました。会場内では、生徒はクラスごとに座るため、生徒席と保護者席が離れてしまいます。心配そうにご子女の背中をみつめるお父様やお母様の様子に、今日この日まで娘をいつくしみ、育てられた毎日を感じさせられました。式の最後の、水上校長先生の「大切にお預かりします」という言葉は、全教職員が思いを同じにするものです。式後の控室では、学年代表からも同じ言葉が聞かれました。

DSCF8218.jpgDSCF8234.jpg

また式中、いよいよ今年度から本校との教育提携が始まる「アオバジャパン・インターナショナルスクール」のKen Sell学園長からの祝辞を頂きました。勿論、英語での祝辞です。「少し難しいかな」と思って新入生の方を見ると、皆、内容を理解しようと前のめりで聞いています。笑顔でうなずきながら聞いている新入生も。新入生の英語に対する意識、英語学習に対する意欲の高さを感じさせられました。

DSCF8244.jpgDSCF8250.jpg

午後は同じ会場で高等学校の入学式が挙行されました。日の向きが変わったことに気づいた島田昌和理事長先生が、自ら入学式の立て看板に位置を日の当たる向きへと直す場面も。保護者の皆さんのうれしそうな顔に微笑む島田昌和理事長先生が一番うれしそうでした。

DSCF8270.jpgDSCF8261.jpg

中学校同様、受付には学年所属のネイティブスピーカーの教員が立ち、新入生一人ひとりに声を掛けます。新入生たちは、少し緊張した面持ちながらも、笑顔で挨拶を返していました。式辞では、清水校長先生から本校が推進する「アオバジャパン・インターナショナルスクールとの教育連携」、「探究」、「ICT」の3つの学びについて触れられました。新入生が背筋を伸ばし、うなずきながら聞く様子は頼もしく、これから始まる高校生活で、大きく成長していく期待が高まりました。

DSCF8283.jpgDSCF8304.jpgDSCF8296.jpg

そんな高等学校の入学式で、今年から新たにクラスを持つ先生がいらっしゃいます。 1年藤組を担任するS先生です。本校在学中に、担任の先生にあこがれて、教員を目指したS先生から担任として臨んだ入学式の感想をいただきました。

生徒達との初対面、前日はよく眠れないほど、私自身も楽しみと緊張の中で迎えた一日でした。 “今日からは高校生”という自覚からくるものなのか、初々しさのなかにもどこか凜とした姿が印象的でした。これから今日ここに集まったみなさんと共に、新たな学校生活が始まるのだな、と期待に胸を膨らませています。 高校生活を思い切り楽しんで欲しい。私も担任として精一杯そのサポートをしていきたいと思います!

DSCF8269.jpg

前の3件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
<