受験生サイト
国際教育

国際教育

異文化体験プログラム

St.Benedict English Intensive Camp(5):授業の様子

07月

22日

2015

生徒がどのような授業を受けているかについて2回に分けて紹介したいと思います。今回は午前中の授業について紹介します。

午前中はESLの先生方の授業です。先生は3人います。
sarah.jpgベテランのサラ先生の授業はパワーポイントを使って行われます。生徒全員に発話させるために、パワーポイントに出てくる文には既に生徒の名前が書かれています。自分のパートの英文を読んだり、質問をしたり、答えたりします。生徒はすぐに自分の番がまわってくるため、どきどきしながら真剣に授業に取り組んでいます。

 

 

jeff1.jpg穏やかなジェフ先生の授業では、比較級について学びながら、週の最後の授業で、生徒は『ある商品の宣伝をする』というプロジェクトを行いました。たった4回授業を受けただけで、商品の説明をする発表が出来るのか不安になりますが、今回は英語漬けの研修です。それぞれの生徒が一生懸命発表をこなすため、誰一人「出来ない!」「無理!」とは言いません。さすが、別名"English Hell Camp"に参加した生徒たちです。もっとも生徒のなかには、「ここまで大変だとは思っていなかった...」と言っている生徒もいましたが。


jessica.jpgこのプログラムのコーディネーターでもあるジェシカ先生の授業は、リーディングが中心です。ですが、先述の通り、この研修は『英語力を伸ばす』プログラムです。先日は、自分の隣の人を紹介するというアクティビティがありました。文法があっているか間違っているかに気をとられている暇はありません。指示のあった20分後には、授業内で発表をします。とにかく、コミュ二ケーション能力が鍛えられます。グループが9名という少人数制のため、思ったより落ち着いて発表が出来ると生徒の一人は言っていました。


2、3分程度のスピーチが毎日のように課題として課されます。生徒は夕食後、眠気と戦いながらその課題と悪戦苦闘しています。洗濯など身のまわりのことも自分でこなすため、生徒には英語だけではなく、本当の留学体験のように感じられるようです。

(引率 島田・坂井 記)