受験生サイト
国際教育

国際教育

異文化体験プログラム

マレーシアから

05月

30日

2016

長い間交流を続けているマレーシア、アンパン女子高校の先生と生徒が来校しました。両校の校長先生挨拶と記念品交換のあと、生徒は国際教養クラスの生徒と交流会を行ないました。パートナーの生徒に学校案内をしたり、民族衣装を着せてもらったりと楽しい時間を過ごしました。放課後には生徒による歓迎セレモニーが行われました。合唱部が歓迎の歌でお迎えすると、アンパン女子学校の生徒達はマレー系、中華系、インド系という3つの民族の踊りを披露してくれました。その後、剣道部の生徒が稽古を披露すると興奮した様子で見つめていました。稽古を体験したい生徒を募ると一斉に手が挙がり、初めて握る竹刀に大喜びでした。会場には、浴衣や空手着、部活動のユニフォームを着てセレモニー参加してくれた生徒もおり日本の文化や学校の様子を伝えようとする「おもてなしのこころ」が伝わったように思います。3時間ほどの短い滞在でしたが両校の生徒達はすっかり仲良くなり、学校を離れる際には、たくさん生徒達が別れを惜しんで集まりました。

(国際教育交流主任 杉本 記)

DSC01997.JPGDSC02012.JPGDSC02045.JPG246b8031ed30bab97f7394affd7cc8487c4b71ee.JPGaaab1840bb9e28c2f830807bd0ab637380f950e4.JPGf4a5216244f43504d5842899ca72dddf60084c22.JPG