国際教育

国際教育

異文化体験プログラム

お知らせ

2019.11.11

「海外研修報告会」

2019.07.18

Aussie Global(オーストラリア研修):結団式

2019.06.29

ドイツからの長期留学生が帰国

2019.03.04

国際交流委員会 併設大学の留学生と交流

2019.02.15

タイの高校とのオンライン交流 国際交流委員会

2018.11.20

英国語学研修 報告会

2018.10.30

オタゴ女子校の生徒来校

2018.07.11

国際交流委員会 留学生の帰国

2017.01.16

HOLA! スペインからの手紙

2016.12.07

ニュージーランド長期留学生:テニス大会優勝

2016.11.30

ニュージーランド派遣留学生帰国間近

2016.11.14

EUが文京にやってきた!

2016.11.12

コネチカット留学生日記

2016.11.11

コネチカット留学生日記

2016.11.10

コネチカット留学生日記

2016.11.08

アメリカから7名の留学生来校

2016.11.02

「米国研修報告会」を行いました。

2016.10.19

高校2年生:シンガポールグローバル事前準備

2016.09.28

学園祭SGH展示

2016.05.30

マレーシアから

2016.01.29

ニュージーランドへ出発

2016.01.25

壮行会:ニュージーランドへ留学

2015.12.26

中学生:British Hills 異文化体験英語プログラム(最終日)

2015.12.25

中学生:British Hills 異文化体験英語プログラム(2日目)

2015.12.24

中学生:British Hills 異文化体験英語プログラム(1日目)

2015.12.09

ボランティアとのお別れ会を行いました。

2015.11.14

ロータリー留学生歓迎会

2015.10.03

ブリティッシュヒルズ異文化体験英語プログラム説明会

2015.09.18

アメリカ人学生ボランティアによるチャットラウンジ 

2015.08.07

Aussie BEST(オーストラリア語学研修)が終わりました。

2015.08.03

St.Benedict English Intensive Camp(14)

2015.08.02

St.Benedict English Intensive Camp(13)

2015.08.01

St.Benedict English Intensive Camp(12)

2015.08.01

Maple BESTを終えて。

2015.07.31

St.Benedict English Intensive Camp(11)

2015.07.30

St.Benedict English Intensive Camp(10)

2015.07.29

St.Benedict English Intensive Camp(9)

2015.07.25

St.Benedict English Intensive Camp(8)

2015.07.24

St.Benedict English Intensive Camp(7)

2015.07.23

St.Benedict English Intensive Camp(6)

2015.07.22

St.Benedict English Intensive Camp(5):授業の様子

2015.07.21

St.Benedict English Intensive Camp(4)

2015.07.20

St.Benedict English Intensive Camp(3)

2015.07.20

St.Benedict English Intensive Camp(2)

2015.07.16

St.Benedict English Intensive Camp(1)

2015.07.16

Maple BEST:渡航前最後の英会話レッスン

2015.07.13

リトアニアから...

2015.07.07

St.Benedict English Intensive Camp 結団式

2015.06.21

国際ロータリー青少年交換留学来日学生帰国報告会

2015.06.18

留学生修了書授与

2015.06.17

Super Lectureを開催しました。

2015.06.07

高校2年生が「海外進学説明会」に参加

2015.06.06

トリニティカレッジからの先輩が帰国しました。

2015.05.30

国際交流委員会

2015.05.30

留学生送別会

2015.05.27

海外大学進学を応援します。(2)

2015.05.21

海外大学進学を応援します。

2015.05.12

中学生対象「チャットラウンジ」が始まりました。

2015.04.30

国際ロータリー青少年交換派遣留学試験実施

2015.04.27

説明会:UK BEST・St.Benedict English Intensive Camp

2015.04.21

Maple BEST:英会話講座が始まりました。

2015.04.15

国際ロータリー青少年交換派遣留学説明会

2015.04.14

夏季英語研修説明会

2015.03.17

海外大学進学説明会:College of Saint Benedict

2015.03.14

Maple BEST(カナダ語学研修):参加者対象説明会

2015.03.09

海外帰国生対象:大学入試説明会

2015.01.21

国際交流委員:異文化理解

2014.12.19

国際交流委員:「ポットラックパーティ」

2014.11.20

短期留学生受入プログラム7

2014.11.19

短期留学生受入プログラム6

2014.11.19

短期留学生受入プログラム5

2014.11.17

短期留学生受入プログラム4

2014.11.14

短期留学生受入プログラム3

2014.11.13

短期留学生受入プログラム2

2014.11.12

短期留学生受入プログラム1

2014.09.20

Otago Girls' Highへの長期留学説明会

2014.07.26

2014年度 Aussie BEST(オーストラリア語学研修)の様子

2014.07.26

2014年度 Aussie BEST(オーストラリア語学研修)の様子

2014.07.22

2014 Maple BEST(カナダ語学研修)

Otago Girls' Highへの長期留学説明会

09月

20日

2014

本校では海外の姉妹校(アメリカ:Brien McMahon High School、ニュージーランド:Otago Girls' High School)への派遣留学を行っています。本日は、留学希望者(1年生)を対象にした説明会が開かれました。英語力・成績が優れていることはもちろん、日頃の生活態度も選考の基準となります。こうした厳しい条件をクリアした先輩達3名が、現在ニュージーランドで学んでいます。先輩達の活躍を聞き、参加した生徒たちの留学に対するモチベーションは更に高まったようです。

オタゴ説明会 (1).JPG     オタゴ説明会 (2).JPG     オタゴ説明会 (3).JPG

2014年度 Aussie BEST(オーストラリア語学研修)の様子

07月

26日

2014

成田空港を発って約8時間、ゴールドコーストに到着します。時差は1時間ほどなので、時差ボケはありません。日中の気温は23度ぐらい(夜は10度ぐらいまで下がります)。湿気のない爽やかな風と、真っ青な空に迎えられ、St.Hilda's Schoolへ向かいました。St.Hilda's Schoolは、1912年に創立された伝統校。14ヘクタールの緑に囲まれたキャンパスには、幼稚園、小学校、中学、高校それぞれの校舎があります。私たちは、滞在中この学校で生活し、ESL(英語授業)やバディ(St.Hilda'sの生徒:滞在中さまざまな面でサポートしてくれます)の授業に参加したりします。この学校へは、空港から約1時間ほどですが、途中、観光名所やブーツメーカーの「UGG」の工場に立ち寄りつつ学校へ向かいました。学校に到着すると、St.Hilda'sの先生に案内されながら、その広大なキャンパスを見て回りました。美しい芝と、日本の学校とは違う校舎の造りに、いちいち歓声を上げながら、約1時間ほどのキャンパスツアーとなりました。放課後(15:30頃)、ホストファミリーと初対面です。ほとんどのホストファミリーが(高級)車で登下校を送迎してくれることになります。16日間、文字通り家族となる人たちとの対面に、期待と不安の混じった表情で挨拶を交わした後、生徒たちは各家庭へと向かいました。

Aussie1 (1).JPG     Aussie1 (3).JPG     Aussie1(2').JPG
週末は各家庭で過ごします。家族全員で子供のサッカーの試合を応援に行ったり、クルーザーに乗ってWhale Watchingに繰り出したりと、家庭によって週末の過ごし方は様々ですが、異文化に触れるという点では一緒。それぞれに充実した週末を過ごしました。
平日は、大きく分けて2種類のプログラムがあります。ひとつはSt.Hilda'sでのESLの授業およびキャンパス内でのプログラムです。英語教育のプロフェッショナルによる授業は、趣向を凝らした教材が用いられるだけでなく、体を使ったりゲームを取り入れたりと、非常に充実したものです。約15名ずつの少人数授業も効果が高いものです。ESL最終日には、St.Hilda'sの先生から一人ひとりに修了証が渡されます。また、キャンパス内にある幼稚園への訪問は生徒たちが心待ちにしているプログラムのひとつでした。折り紙を教えてあげたり、日本語で「キラキラ星」を歌ってあげたりと、わずか2時間の訪問でしたが、帰り際には園児からハグの嵐でした。その他、バディと一緒にSt.Hilda'sの授業に参加するのもいい経験になります。バディごとに授業が異なるため、科学の授業や日本語の授業など、様々な授業に参加する機会があります。もちろん英語で行われる高校1年~3年の授業を完全に理解することは難しいことですが、それを実感することで、さらに英語学習に対するモチベーションが高まります。

Aussie2 (1).JPG     Aussie2 (2).JPG     Aussie3 (1).JPG
学外でのプログラムでは、Griffith UNIVのキャンパスツアーに参加したり、ブリスベン(バスで1時間ほど)で博物館と現代美術館を訪れ、アボリジニの文化について学ぶこともできました。また、動物園でオーストラリアの動物に触れたり、海のテーマパークを満喫したり、巨大なショッピングモールやサーファーズパラダイスで買い物に勤しんだりと、多岐に渡りゴールドコーストを満喫しました。

Aussie4 (3).JPG     Aussie4 (2).JPG     Aussie4 (1).JPG    
学内プログラムのメインはCultural Presentation(日本文化紹介)です。この日のために5月から準備を進めてきたプレゼンテーションを披露します。今年は、「七夕とはなにか」「日本の伝統的な遊び」「日本の昔話」「習字」など日本独特の文化を紹介、体験してもらいました。このプレゼンテーションに参加したSt.HIlda'sの生徒は日本語の授業を選択している約40名。日本文化に興味が強く、次々にブースを訪れては熱心に説明を聞いてくれました。準備が功を奏し、どの班も満足いくプレゼンテーションができたようです。

Aussie5 (1).JPG     Aussie5 (2).JPG     Aussie5 (3).JPG
こうして本当に多くのことを経験できた研修も最終日を迎えました。集合場所までホストファミリーが(高級)車で送ってくれます。16日間を毎日過ごしたホストファミリーはもはや家族同然です。別れるのがつらく、涙が止まらない生徒も。しかし、このとき国や言語を越えた人間関係が築けることに気づけるのだと思います。成田空港に着いたとき、出国時よりも、生徒が一回も二回りも大きくなったように感じました。

Aussie6 (1).JPG     Aussie6 (2).JPG     Aussie6 (3).JPG

2014年度 Aussie BEST(オーストラリア語学研修)の様子

07月

26日

2014

成田空港を発って約8時間、ゴールドコーストに到着します。時差は1時間ほどなので、時差ボケはありません。日中の気温は23度ぐらい(夜は10度ぐらいまで下がります)。湿気のない爽やかな風と、真っ青な空に迎えられ、St.Hilda's Schoolへ向かいました。St.Hilda's Schoolは、1912年に創立された伝統校。14ヘクタールの緑に囲まれたキャンパスには、幼稚園、小学校、中学、高校それぞれの校舎があります。私たちは、滞在中この学校で生活し、ESL(英語授業)やバディ(St.Hilda'sの生徒:滞在中さまざまな面でサポートしてくれます)の授業に参加したりします。この学校へは、空港から約1時間ほどですが、途中、観光名所やブーツメーカーの「UGG」の工場に立ち寄りつつ学校へ向かいました。学校に到着すると、St.Hilda'sの先生に案内されながら、その広大なキャンパスを見て回りました。美しい芝と、日本の学校とは違う校舎の造りに、いちいち歓声を上げながら、約1時間ほどのキャンパスツアーとなりました。放課後(15:30頃)、ホストファミリーと初対面です。ほとんどのホストファミリーが(高級)車で登下校を送迎してくれることになります。16日間、文字通り家族となる人たちとの対面に、期待と不安の混じった表情で挨拶を交わした後、生徒たちは各家庭へと向かいました。

Aussie1 (1).JPG     Aussie1 (3).JPG     Aussie1(2').JPG
週末は各家庭で過ごします。家族全員で子供のサッカーの試合を応援に行ったり、クルーザーに乗ってWhale Watchingに繰り出したりと、家庭によって週末の過ごし方は様々ですが、異文化に触れるという点では一緒。それぞれに充実した週末を過ごしました。
平日は、大きく分けて2種類のプログラムがあります。ひとつはSt.Hilda'sでのESLの授業およびキャンパス内でのプログラムです。英語教育のプロフェッショナルによる授業は、趣向を凝らした教材が用いられるだけでなく、体を使ったりゲームを取り入れたりと、非常に充実したものです。約15名ずつの少人数授業も効果が高いものです。ESL最終日には、St.Hilda'sの先生から一人ひとりに修了証が渡されます。また、キャンパス内にある幼稚園への訪問は生徒たちが心待ちにしているプログラムのひとつでした。折り紙を教えてあげたり、日本語で「キラキラ星」を歌ってあげたりと、わずか2時間の訪問でしたが、帰り際には園児からハグの嵐でした。その他、バディと一緒にSt.Hilda'sの授業に参加するのもいい経験になります。バディごとに授業が異なるため、科学の授業や日本語の授業など、様々な授業に参加する機会があります。もちろん英語で行われる高校1年~3年の授業を完全に理解することは難しいことですが、それを実感することで、さらに英語学習に対するモチベーションが高まります。

Aussie2 (1).JPG     Aussie2 (2).JPG     Aussie3 (1).JPG
学外でのプログラムでは、Griffith UNIVのキャンパスツアーに参加したり、ブリスベン(バスで1時間ほど)で博物館と現代美術館を訪れ、アボリジニの文化について学ぶこともできました。また、動物園でオーストラリアの動物に触れたり、海のテーマパークを満喫したり、巨大なショッピングモールやサーファーズパラダイスで買い物に勤しんだりと、多岐に渡りゴールドコーストを満喫しました。

Aussie4 (3).JPG     Aussie4 (2).JPG     Aussie4 (1).JPG    
学内プログラムのメインはCultural Presentation(日本文化紹介)です。この日のために5月から準備を進めてきたプレゼンテーションを披露します。今年は、「七夕とはなにか」「日本の伝統的な遊び」「日本の昔話」「習字」など日本独特の文化を紹介、体験してもらいました。このプレゼンテーションに参加したSt.HIlda'sの生徒は日本語の授業を選択している約40名。日本文化に興味が強く、次々にブースを訪れては熱心に説明を聞いてくれました。準備が功を奏し、どの班も満足いくプレゼンテーションができたようです。

Aussie5 (1).JPG     Aussie5 (2).JPG     Aussie5 (3).JPG
こうして本当に多くのことを経験できた研修も最終日を迎えました。集合場所までホストファミリーが(高級)車で送ってくれます。16日間を毎日過ごしたホストファミリーはもはや家族同然です。別れるのがつらく、涙が止まらない生徒も。しかし、このとき国や言語を越えた人間関係が築けることに気づけるのだと思います。成田空港に着いたとき、出国時よりも、生徒が一回も二回りも大きくなったように感じました。

Aussie6 (1).JPG     Aussie6 (2).JPG     Aussie6 (3).JPG

2014 Maple BEST(カナダ語学研修)

07月

22日

2014

現地時間7月22日10:00 バンクーバーに到着し、フェリーでヴィクトリアに向かいました。 いよいよMaple BEST(Bunkyo English Study Tour)が始まります。

%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B.jpgのサムネール画像2日目:昨日ヴィクトリアに到着し、今日から本格的に授業開始。午前中は2クラスに分かれて1時間半を2コマの授業です。自己紹介からホームステイなどで実際に使う英語を中心に学びます。みんな英語の必要性を強く感じたのかとても集中して取り組んでいます。学校の中だけではなく、周辺の林の中に入り、植物の名前を覚えたり、自然のブラックベリー(すっぱいがとても美味しい)に挑戦した生徒もいました。午後は、学校の周辺を英語の勉強をしながら散策しました。基本的な疑問文"What color...?" "How many...?"などの質問に答えていきます。

3日目:今日は午後のショッピングに備えて、買い物をするのに必要な英会話を学習します。お金の話から、紙のお金を使い、店員とお客さんに分かれて実践訓練をしました。安く感じるか高く感じるかも、まず自分が理解して相手に伝えないと失敗してしまいます。買い物が大好きな生徒は、ショッピングに必要な英語を真剣に学んでいました。

2.jpgのサムネール画像4日目:午後に近くの湖にピクニックに行きました!天気は快晴でとてもピクニック日和でした。まず30分くらいの山路をバディと共に歩きました。大きな犬を散歩させている家族に出会うなど、ワイワイと楽しく歩いていました。着替えを持ってきていたので、湖では水風船の投げ合いが始まりました。一見地味ですが、始まるとみんな大興奮!下に落とせば足下で破裂。靴を濡らしたり、ズボンを濡らしたり汚したり、とても楽しそうでした。投げながら少しずつ後ろに下がっていくので、距離が遠くなりますます難しくなって行きます。週末はレッスンがないため、生徒はホストファミリーと過ごします。週末もいろいろな経験、体験ができると良いですね。

5日目・6日目:週末はホストファミリーと過ごしました。

mail01.bizmail71.jpgのサムネール画像7日目:今日は午後にブッチャートガーデンに行き、バディ(班に着いてくれる、現地生徒)と共に散策しました。天気も快晴で散策日和でした。日本庭園を初め様々な様相の庭に、花々がとても綺麗に咲いていました。イタリアンガーデンでは、ジェラートも販売しており、アイスを食べながら休憩していました。「花より団子」ならぬ「花よりアイス」な感じでした。

 

201407301.jpgのサムネール画像8日目:Maple BESTも残り2日となりました。バディとの英語での会話にも慣れてきて、積極的に話しかけるようになってきました。まだまだスムーズにとはいきませんが、何とか意志を伝えようと努力するようになってきました。午後に体育館でドッジボールをしました。カナダのルールと日本のルールが違うので、説明をし合いながらゲームをしていました。ゲームではバディも文京生も関係なく楽しんでいました。

 

201407311.jpgのサムネール画像9日目:今日は午後にフェアウェルパーティの準備を行いました。日本で用意した出し物の最終準備です。写真はフェアウェルパーティでホストファミリーと一緒にカナダの国歌「O CANADA」(※Oで合ってます。)を斉唱しているところです。フェアウェルパーティは各ホストファミリーがデザートを持ち寄り、食べながら文京生の文化紹介(コマ、かるた、あやとり、折り紙、紙芝居など)を体験する形です。生徒たちが一生懸命、身振り手振り英語を使いながら説明していました。すべてのホストファミリーが生徒たちを本当の娘のように可愛がってくれたのがとても伝わってきました。生徒たちは本当に良い経験ができたと思います。日本に帰ってからもホストファミリーと連絡を取り合って ぜひ再開してもらいたいと思います。

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
資料請求