クラブ活動

クラブ活動

ソフトボール部 - クラブ

運動部

ソフトボール

20210522club_soft (2).JPG

練習は、火・木曜日に校庭で守備練習、水・金・土曜日に学校隣接のグラウンドで打撃練習をメインに、休日は外部で練習試合を行っています。技術面だけでなく、礼儀を学び、仲間との絆を深め、充実した3年間を過ごすことができます。

 

大会の記録

3月 第63回江東区高等学校ソフトボール選手権 1部4位
4月 第13回さくらカップ大会 出場
  第69回東京都高等学校春季ソフトボール選手権大会 出場
5月 第12回稲葉杯争奪研修大会(春) 優勝
  第71回インターハイ予選 ベスト16
7月 第46回城北地区高校女子ソフトボール大会 出場
8月 第61回東京都私立学校女子ソフトボール選手権大会 出場
9月 第59回東京私学女子ソフトボール新人大会 出場
10月 第49回東京都高等学校女子ソフトボール新人大会 出場
11月 第26回稲葉杯争奪研修大会 出場
令和2年    
8月 第62回東京都私立学校女子ソフトボール選手権大会 ベスト16
9月 第60回東京私学女子ソフトボール新人大会 ベスト16

*2021年1月現在

活動報告

ソフトボール:「インターハイ予選 東京都大会」

[ カテゴリ:ソフトボール部 ]

06月

18日

2022

2022年6月5日実施 「インターハイ予選 東京都大会」

VS 日体大桜華高等学校 0-13 ×(3回)

3年前ベスト8をかけて対戦し、粘りはしたものの惜敗した経験がある相手です。その時とはもちろんメンバーは違いますが、格上の相手に対し今度こそリベンジするぞ!と気持ちをつくって臨んだはずでしたが…。

20220618_club_softball (3).JPG

初回にチャンスをつくったものの得点できず、その裏、出だしから打たれ続け、守備のミスも重なり、アウトが全くとれません。初回でホームランも含む11失点。張り合うどころか、同じ土俵に立つことすらできませんでした。

20220618_club_softball (2).JPG

さすがにこんな展開になることは想定外、チームの地力の差と、崩れたリズムを立て直す精神力や技術力のなさを痛感させられる結果となりました。

20220618_club_softball (1).JPG

この大会で、2人の高校3年生が先に引退しました。これまで培ってきた頑張り抜く力、集中力を発揮して、受験に向けてシフトチェンジしてほしいと思います。

20220618_club_softball (4).JPG

チームとしては、まず1年生が試合に出られるように、ルールの把握と基本技術の習得から努めていきたいと思います。

thumbnail_IMG_4120.JPG

ソフトボール:「春季都大会」「稲葉杯(春)大会」

[ カテゴリ:ソフトボール部 ]

05月

22日

2022

2022年5月1日実施 「春季都大会」

VS 日体大荏原高等学校 3-6 ×

秋に行われた新人戦の結果からシードを獲得し、今大会は支部予選免除でした。初戦からどこも力のあるチームとの対戦になります。出だしで乗り遅れないようにと試合前から心がけ、落ち着いて臨みました。

20220518_club_softball (2).JPG

相手は打力・走力もあり、試合の展開を先読みできる選手が多くいる印象でした。幸先よく先制し、ピンチも凌ぎ続けて4回まで1対0でリード。特大のホームランで逆転を許すも、高3が意地を見せて追いつき、6回終わって3対3。叩くバッティングの相手に対し、本校バッテリーはチェンジアップとインコース攻めで丁寧に切り抜けていきました。

20220518_club_softball (3).JPG

最終回、ついに守備のエラーが出てしまい、3点リードされます。その裏、1アウト満塁、バッターは4番、5番とサヨナラのチャンスまで作ったものの、最後のバッターが打ち取られて試合終了となりました。

終始緊迫した試合展開に持ち込めた事は大きな進歩です。間違いなくこのチームのベストゲームでした。バッテリーはじめ、チームの成長を感じましたが、格上のチームに勝ちきるには一歩及びませんでした。試合後、悔しいけど楽しかったというキャプテンの言葉を聞けたことは、大きな前進です。3月から少しずつ増えてきた練習試合の成果が見えてきました。


2022年5月5日実施 「第15回 稲葉杯(春)大会」

VS 都立小松川高等学校 6-2 ◎
VS 都立江北高等学校  9-3 ◎

コロナ禍により中止が続き、3年ぶりの開催でした。前回は優勝させていただいた大会です。

20220518_club_softball (5).JPG20220518_club_softball (6).JPG

今回は会場の確保が難しかったことと、感染対策の観点から、4校ずつ2会場に分かれての開催となりました。決勝戦はできませんでしたが、1試合でも多く経験したいチームにとってはとても貴重な機会でした。開催にあたりご尽力くださった皆様、ありがとうございました。

20220518_club_softball (8).JPG

試合は、2試合とも勝利することができ、ブロック優勝という形で終了。久しぶりに賞状をいただけたことと、高3のみとはいえ、保護者の方々にチームの成長を見ていただけたことはとても嬉しかったです。

20220518_club_softball (9).JPG

試合が増え、急成長している高3ですが、もう引退が近づいています。できる時にできる事を最大限!精一杯取り組んでいきます。

20220518_club_softball (10).JPG

ソフトボール:「第28回 稲葉杯争奪研修大会」

[ カテゴリ:ソフトボール部 ]

01月

19日

2022

2022年1月9日・10日実施「第28回 稲葉杯争奪研修大会」

予選トーナメント
 VS 都立武蔵丘・第一商業高等学校 16-10 ◎
 VS 都立晴海総合・第三商業・第四商業高等学校 5-0 ◎

決勝トーナメント
 VS 都立葛飾商業高等学校 3-8 ×
 VS 都立晴海総合・第三商業・第四商業高等学校 17-4 ◎

最終結果:Ⅰ部 第3位

例年11月に行われてきた大会です。昨年は中止となりましたが、今年は1月に延期しての実施となりました。 まだグランドに雪が残る寒い時期に大会に出場するのは初めてなうえに、年末年始を挟み、練習も十分とは言えない状況です。どんな展開になっても最後まで粘り強く戦い抜くことを念頭に挑みました。

20220119_club_softball (1).JPG

1日目は、試合にまだまだ慣れていない1年生の硬さが目立ち、エラーも多く出てしまいましたが、2年生バッテリーがピンチを凌ぎ2連勝、ブロック予選を1位で通過できました。
2日目は、決勝進出をかけて都立葛飾商業と対戦。初回に4番のタイムリーで先制するという最高の滑り出しでしたが、相手の叩きつけてランナーを返すバッティングに対応できず、失点を重ねてしまいました。

20220119_club_softball (1)-2.JPG20220119_club_softball (2).JPG

2日間で4試合できたこと、最後まで諦めずに頑張ったこと、そして試合を重ねるごとに反省を活かして成長していく部分が見えたこと、さまざまな収穫のあった大会でした。

20220119_club_softball (3).JPG20220119_club_softball (4).JPG

春は都大会からの出場になります。都大会で十分に戦えるチームを目指して、体力やスピードのレベルアップはもちろん、ミスでの失点を減らすなど試合内容の向上を図っていきたいと思います。

資料請求