クラブ活動

クラブ活動

クラブ

運動部

硬式テニス

club (52).JPG

中学校、高等学校とも、個人戦は都大会の本戦進出、団体戦はベスト16入りが目標です。競技志向の強いクラブですが、全員がなるべく多くの球数を打てるように工夫して練習しています。まったくの初心者でも、夏の軽井沢合宿(中学生は一部参加)までには試合ができるようになります。日曜日を除く週6日間活動しています。木・金曜日はランニングによる体力作りをしています。月曜日は外部コーチの指導を受け、試合に向けて練習しています。

 

大会の記録 

9月 第60回 東京都高等学校新人テニス選手権大会 4回戦進出
  第47回 東京都中学校新人テニス選手権大会 本選出場
12月 第45回 東京都私立中学校高等学校テニス選手権大会         4回戦進出

*2022年3月現在

活動報告

硬式テニス:ご入学予定の小学6年生の方へ

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

12日

2022

次年度ご入学予定の現小学校6年生の方で、硬式テニスの経験者(試合のルールがわかり、セルフジャッジができれば、レベルは問いません)の方は、4月17日(予定)から始まる、「東京都中学校テニス選手権大会・第4ブロック大会」に出場することができます。
出場をご希望される方は、顧問(岡本)までお電話(03-3946-5301(代))にてご相談ください。ご連絡お待ちしております。

硬式テニス:卒業式にて

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

8日

2022

高等学校の卒業式が、併設大学(文京学院大学)の「本郷キャンパス」で行われました。

20220308.JPG

色紙を後輩から直接渡せないのも3年連続...寂しいお別れですが、コロナが明ければまた顔をあわせる機会もあるでしょう。 卒業おめでとうございます。

硬式テニス:練習を再開しました。

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

7日

2022

7週間にわたる活動停止期間(期末試験期間も含む)が明け、練習を再開しました。
参加者が少なく、短時間ですがコーチにみっちり教えていただきました。体力の衰えはいかんともしがたいですが、中高とも試合が迫っています。

20220307.JPG

硬式テニス:休止前最後の練習

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

22日

2022

暖かな日差しの下での練習ですが、リモート授業期間への移行に伴い、残念ながら本日をもって活動はしばらく休止となります。
再開の日が一日も早く訪れますよう。

20220122_club_tennis.JPG

硬式テニス:「私学個人戦」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

12月

29日

2021

12月26~29日、「私学個人戦」が行われ、中学1年生から高校2年生まで、全部員がエントリーし、体調不良の1名を除いて全員が出場しました。結果から言うと、初日の3回戦を勝ち抜いたのは高校2年生の1名のみ、という、近年稀に見る寂しい結果となりました。

20211226 私学個人戦01.JPG

初日は出場した6名のうち、5名が3回戦に進んだものの、1名以外は敗退。2日目は、出場した6名全員が1回戦に勝って2回戦で敗退。3日目は、中学1年生の1名が2回戦に進みましたが、あとの5名は初戦敗退。4日目は、出場した5名が全員初戦敗退でした。予選のシードがついているような、強い選手にあたってしまったのであれば仕方のないことですが、そういうこともあまりなく、レベルこそ違え、多くが自らのミスが原因で、今年度最後の公式戦を終えてしまいました。

20211227 私学個人戦02.JPG

もちろん、試合が2度目という中学1年生、初めての公式戦という高校1年生にとっては、負けて当たり前、負け試合が今後のモチベーションになる、ということもあるでしょう。が、越年者が1名、というのは、クラブ全体としては、創部初の危機かもしれません。また、折角全員が自校会場で試合ができたのに、地の利を生かせなかったのも残念です。

20211228 私学個人戦03.JPG

今年は、個人戦・団体戦とも、中学1年生の「都大会新人戦」本戦進出を除いて、これといった成果のない年となってしまいました。来年はそれぞれが、少なくとも今年より一段階上の結果を残せるよう、心機一転頑張ってほしいものです。
天候に恵まれた4日間、多くの選手が来校し、コロナの感染対策に留意してプレーしてくれました。無事4日間の会場提供を終えられたことを、有り難く思っています。

20211229 私学個人戦04.JPG

硬式テニス:「私学リーグ戦」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

12月

18日

2021

例年は夏休みを中心に行っている私学リーグ戦ですが、この夏は開催できず、なんとか少人数の会場提供が可能になったので、3日間(11月13日・20日・12月18日)に分けて、土曜日の夕方からナイターで、2校ずつをお招きして行いました。

20211113 私学リーグ戦01.JPG

トップリーグからひとつずつ降格し続け、とうとう5部まできてしまいましたので、なんとか昇格を果たそうと、進路が決まった高校3年生力を借りることにしました。初日は危なげなく3-0で勝ちましたが、2日目は0-3(スコア上は1-2の扱いになりましたが)で敗退、この時点で1位校が確定したため、昇格の目はなくなってしまいました。最終日も3-0で勝ったので、一応2位となりましたが、次年度も5部残留です。

20211120 私学リーグ戦02.JPG

「私学団体戦」、「城南大会」と、ダブルスのポイント数が多い中、後衛の安定感も、前衛の積極性も足りないペアばかりで、苦しい戦いが続きます。

20211218 私学リーグ戦03.JPG

硬式テニス:「城南大会」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

12月

12日

2021

「城南大会」への出場も5回目となります。過去1勝しかできていない験の悪い大会です。
ここも本来は高校2年生以下で出場すべきなのですが、できればひとつ勝ってシード校とやりたい、という下心で、エントリー直前に進路が決まった高校3年生をブッキング。初戦はダブルスで1-1となりましたが、助っ人がシングルスを押さえてなんとか2回戦へ。会場校で、シードの杉並学院との対戦です。

20211212 城南大会.JPG

ブランクのあるシングルスの3年生も、初戦から変えて起用したD2の高校1年生ペアも歯が立ちませんでしたが、「私学団体戦」同様、高校2年生のD1ペアのみが2バックで粘り、負けはしたもののそれなりに粘りました。とはいえ、相手は上位選手を温存しての編成であり、ダブルスは下位の選手でしたので、「善戦した」で喜んでいることはできません。
5年で2勝5敗...D2S1で、使えるダブルスをどう作っていくかが問われています。とはいえ、年度を締めくくる次の大会、「私学個人戦」はシングルスのみ。練習期間はわずかですが、切り替えてシングルス対策を行っていきます。

硬式テニス:「私学団体戦」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

11月

14日

2021

「私学団体戦」のAチームですが、初戦に辛勝したあと、雨天延期となっていた試合が、慶應女子高会場で行われました。

20211114 私学団体戦.JPG

相手がシードの日大鶴ヶ丘、しかも慣れないハードコートと、良いのは天気だけ、という状況下でのスタート。しばらく練習を続けていた2バックが少しでも機能したのは高校2年のD2のみで、前半は競りましたが後半は突き放されてしまいます。あとの4ポイントは...完敗です。予想通りの結果ではありましたが、コロナ禍前は自校会場での開催が多かったため、他校にお邪魔して1試合で負けると、徒労感が高まります。
個人戦のポイントがゼロ→団体戦でノーシード、という負の連鎖を、どこかで断ち切らなければならないのですが。

硬式テニス:高校「都大会新人戦」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

11月

6日

2021

11月3日に初戦が行われた、高校の「都大会新人戦」。初戦を3-2、2回戦を3-1でなんとか切り抜け、この日の3回戦に臨みました。
対戦相手の2回戦が2ポイント終了時点でサスペンドになっていたため、シングルス2、ダブルス2、シングルス3の様子を見ることができ、ダブルス2とシングルス3はなんとかなるのでは、という予想で試合に入ります。
シングルス1は全く歯が立たず、ダブルス1はミスが先行しなかなかゲームが取れず、0-2と追い込まれます。崖っぷちのシングルス2も、アップの段階で弱点を見抜かれ、徹底的にバックを攻められ試合になりません。結果としてほとんどゲームも取れずに3回戦敗退となりました。

20211106_tennis.JPG

記念すべき第1回大会。せっかくシードダウンの山に入っていたのですが、ベスト56止まり。監督としても、S1から始まる選抜形式のオーダーが初体験だったこともあり、選手起用に迷いました。また、ダブルスに力を発揮できる選手が育っていないことも課題です。
この後、私学リーグ戦、私学団体戦の4回戦、城南大会、私学個人戦と試合が続きます。なんとか選手自身が納得できる結果を残すために、短い練習時間を充実させたいと思います。

硬式テニス:文女祭に動画参加しました。

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

11月

5日

2021

「文女祭」(学園祭)は、2年連続の動画参加となりました。

20211105_tennis (1).JPG

普段の練習も短縮が続いていますが、試合が続き、ビデオを撮っている余裕もありません。昨年のビデオの焼き直しでお茶を濁す形となりました。かつ、お客様が集中するであろう2日目(11月6日)に、高校の新人団体戦が重なってしまったため、同室の音楽部の部員に迷惑をかけてしまいました。

20211105_tennis (2).JPG

来年こそ、例年のストラックアウト企画を行いたいものです。

20211105_tennis (3).JPG

硬式テニス:「都中学校新人テニス選手権大会(団体)」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

10月

3日

2021

「東京都中学校新人テニス選手権大会(団体の部)」が行われ、本校は初戦で山崎学園富士見中学校に1-4で敗退しました。

20211003_tennis.JPG

試合内容はさておき、ジャッジができない、カウントが数えられない等のミスが続出しました。コロナ禍で練習量が少ないのは仕方のないことですが、セルフジャッジやルール・マナーについては、きちんと理解していなければ本来は試合に出る資格がないはずです。そこについて、夏から進歩がなかったのが残念でした。団体戦ではベンチからある程度のフォローができますが、個人戦ではそうはいきません。年末の私学個人戦までには、そこだけはきちんとできるようになってほしいと思います。
前日の雨で、会場がクレーコートだったため、1時間遅れでのスタートとなりました。女子選手が、重いローラーを引いて、とてもきれいに整備してくれていました。普段オムニコートで、ろくにブラシもかけずに楽をしている部員たちに、会場提供をしてくださっている学校の方々への感謝の気持ちも忘れないでほしいところです。

硬式テニス:「都新人大会(本戦)」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

23日

2021

中学の都新人大会の本戦が、町田市の「成瀬クリーンセンター」で行われ、中学1年生の1名がシングルスに出場しましたが、初戦で1-6と完敗でした。

20210923_tennis.JPG

都の上位128名のみが出場しているわけで、初戦から強い相手にあたるのが普通です。まだ4回チャンスがありますから、まずはブロック大会をしっかり勝ち抜いて、その上で、本戦でも結果を出せるようになってほしいと思います。

硬式テニス:都大会新人戦「第4ブロック予選大会」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

6日

2021

20210904tennis (2).JPG

去る8月21日(~28日)、中学1・2年生の10名は、都大会新人戦の「第4ブロック予選大会」に出場しました。
3か月前に初めてラケットを握った初心者も、経験と思ってエントリーしましたが、夏休みの練習が例年とは比べものにならないほど少なかったので、プレーはもちろん、セルフジャッジも覚束ないままでの出場(本当はそれではいけないのですが)となってしまいました。
その中で、シングルスで第3シードがついていた中1の1名は準決勝まで進み、結果4位となって都大会本戦の出場を決めました。また、ダブルスでは中1の1ペアが準々決勝まで進み、結果5位となりました。本戦には行けませんが、順位決定戦の2試合を勝ち抜けたことは今後につながるかと思います。
コロナ禍で、本校は例年とちがい会場提供ができませんでした。会場提供をしてくださった学校、運営にあたってくださった先生方・生徒の皆さんのご協力あっての大会でした。選手には、しっかりと感謝の気持ちをもってほしいと思います。

20210904tennis (1).JPG

硬式テニス:「東京都ジュニアティーム選手権」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

6日

2021

去る8月6日、「東京都ジュニアティーム選手権」に、高校2チーム、中学2チームで参加しました。
高校はA・Bチームとも予選初戦で敗退しましたが、中学はA・Bチームとも予選初戦に勝ち、Aチームは後日のSFにも勝ち、予選の決勝にコマを進めました。決勝は3ポイントとも落とし敗退しましたが、ブロック新人戦を控える中学1・2年生にはよい経験になったと思います。

20210904tennis_1.JPG

硬式テニス:部活動体験(6月26日)

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

06月

10日

2021

硬式テニス部では、6月26日(土)「部活動体験」を実施いたします。対象は小学生または中学生になります。ご希望の方は、下記内容をご確認のうえ、予約サイトからご予約ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

日時:6月26日(土)14:00~15:30
会場:本校校庭
持ち物:運動ができる服装、運動靴、飲み物

その他
・雨天の場合は中止となります。
・ジュニアの大会へ出場を考えている方や中学の都大会出場以上の方は、プロコーチの指導日がありますので、別途ご相談ください。

ご予約
 中学入試用(対象:小学生)予約サイトはこちらです。
 高校入試用(対象:中学生)予約サイトはこちらです。

硬式テニス:都大会団体戦(中学生)

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

06月

6日

2021

中学生は、東京成徳会場での「都大会団体戦」(第4ブロック予選)に臨みました。

初戦はD2(中学3・1年生の急造ペア)を取りましたが、D1(中学3・2の急造ペア)は試合の体をなさず敗退。S3の中学3年生は危なげなく勝ったものの、S2の中学1年生は相手のNo.1に全く歯が立たず、嫌な流れで勝敗はS1にもつれこみました。が、S1の中学3年生が、ベンチからの「緩い球を深くつなぐだけに」との指示を守ったため競り勝ち、なんとか初戦を突破しました。
2回戦の相手は第3シードの学校です。オーダーをいじってこなければ、D1、D2に勝ち目はないので、ここには中学1年生をあて、残りのD2、S3、S1にこちらの中学3年生を固めました。登録順位のNo.1とNo.2で組んだ中学3年D2とS3は、期待に応えて勝ちましたが、中学1年生はやはり相手にならず、2-2のタイに。最終戦にもつれたのは1回戦と同じでしたが、S1は初戦の反省をいかせず、敗戦となりました。
中学1年生はまだしっかりと練習ができていない中での出場ですから無理もないことですが、上級生が「ジャッジができない」「カウントが数えられない」「マナーがわかっていない」状況では、本当は試合に出すことはできません。 公式戦・練習試合の経験が足りないのはどこの学校も同じことです。むしろ、校内練習はそれなりにやらせてもらっているほうだと思いますし、マッチ練形式にも時間を割きました。その中身の緩さが出てしまった試合でしたし、指導している高校生にも責任の一端はあるでしょう。
もちろん、顧問としても、強く反省せざるを得ない試合でした。常々言って聞かせているつもりだった、プレー以前の諸々を、まったく身につけさせられていませんでした。次の新人戦までに、なんとか全員がまともに試合を進行できるようにさせなくてはなりません。そうしないと、仮にテニスが上達したとしても何の意味もないのですから。

20210606.jpg

硬式テニス:東京都高等学校テニス選手権大会(団体の部)

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

05月

16日

2021

「東京都高等学校テニス選手権大会(団体の部)」が行われました。

生憎の小雨交じりの天候でしたが、初戦の2回戦を3-0、3回戦を2-0と危なげなく勝ち抜き、第18シードの学校との4回戦は3面展開でスタートしました。 3年生ペアのダブルスは、格上の相手に対してポイントを取る工夫を見せたものの2-6で、3年生のシングルス1は、ほとんどミスなくスピンのかかったフォアを繰り出す個人戦の本戦選手に圧倒され0-6で敗退しましたが、その時点で2年生のシングルス2は5-4アップとマッチゲームを迎えており、残念な打ち切りとなってしまいました。

20210516.jpg

個人戦の本戦選手がゼロでの4回戦進出(ベスト56)は健闘とも言えますが、4年前には同じく本戦選手ゼロで、奇しくも今日の4回戦の相手を破ってベスト8に進出していますので、やはりビッグシードに当たるところまでいかないと「納得の敗戦」とはならない気がします。

今日をもって3年生は引退。明日(といっても緊急事態宣言下で練習はできませんが)から新チームの始動です。先輩が残してくれたものは少なからずあるはずですので、高2以下でしっかり引き継いでいってほしいと思います。

硬式テニス:「第4ブロック大会(中学)」「平川杯」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

05月

5日

2021

5月2日
中学の第4ブロック大会が十文字学園会場で行われ、唯一ベスト8に勝ち上がっていた中1がシングルスの準々決勝に臨みました。周囲はほとんどが中3の選手という中、競った展開もありましたが、結果として3敗を喫し、都大会本戦の出場権を得ることはできませんでした。次は本戦に、という気持ちを強く持ったことでしょう。

20210502.jpg

5月5日
この日がエントリーとなる、都大会団体戦のメンバー選考の参考として、年に一度の部内戦「平川杯」を行いました。ただ、練習時間が短時間に制限されているため、高校生部員のみ、2-2スタートのショートゲームで行いました。結果は、高3のエースが、中3、高1に続いて三連覇(昨年は開催できず)となりました。これで高校も全体としての練習は打ち切られ、緊急事態宣言までは都大会の団体戦の準備のみ、ということになります。ほとんど練習ができずに本番に臨むことになりますが、これが高3の引退試合ですので、試合に出られない部員の分も、頑張ってもらいたいと思います。

20210505.jpg

硬式テニス:「初顔合わせ」他

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

05月

1日

2021

4月29日
朝からの雨で、中学のブロック大会は中止になりましたが、高校の都大会は決行されました。3名の選手がシングルスに出場し、それぞれ3回戦・4回戦・予選決勝で敗退し、本戦進出は残念ながらゼロでした。残る1本のダブルスに期待したいところです。

4月30日
初顔合わせが行われ、中1、高1それぞれ数名の新入部員が加入しました。ただ、緊急事態宣言の影響で、見学・体験期間が延びていますので、これ以降も入部者が増えることを期待します。

20210430.jpg

5月1日
通常はじっくり練習できる土曜日も、翌日の試合に向けてごく短時間の練習のみが許可されています。ネットを張ったと思ったらすぐ片付けて、という慌ただしさですが、他の学校も似たような状況が多いと思われます。明日の結果やいかに。

20210501.jpg

硬式テニス:都大会ダブルス

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

04月

26日

2021

DSC_0443-2.jpg

本校は会場ではありませんのでこの通りですが、中学生・高校生とも他校会場で都大会のダブルスの試合がありました。
高校生は1ペアが勝ち残りましたが、中学生は3年生の1ペアが予選の4回戦で敗退し、本戦の可能性はなくなりました。中学生・高校生とも、このあとシングルスが残っていますが、果たして試合は実施されるのでしょうか…。

硬式テニス:都大会(個人戦)

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

04月

21日

2021

4月18日(日)

20210418.JPG

高校生は都大会の個人戦がスタート。シングルスに4名が出場し、うち3名が2回戦を勝ち抜き、3回戦に駒を進めました。うち2名の2回戦は、相手の欠場・失格に伴う勝利。素直に喜べませんが、とりあえず次戦までの練習期間は得られました。
中学生は第4ブロック大会。こちらもシングルスに11名が出場しましたが、2・3年生が3回戦までに敗退する中で、新入生の中1が1名、4回戦まで勝ち抜き、よもやのベスト8入り。本戦出場まであと1勝です。2年振りの本戦進出者が出るかどうか、次戦は29日です。

硬式テニス:「私学個人戦」

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

30日

2021

3月28・29・30日

「私学個人戦」の予選4回戦・決勝が行われ、勝ち残っていた高校生5名が出場しました。
結果は、4回戦敗退が2名、予選決勝敗退が2名、予選優勝が1名となりました。今回は本戦は中止となったので、続きはありません。新2年生の1名が、負けはしましたが予選決勝に進出しましたので、 来年の大会ではシードがつく、というのも収穫でしょうか。

硬式テニス:ご入学予定の小学6年生の皆さんへ

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

26日

2021

DSC_0409.JPG

テニスコート脇の桜も満開となりました。
さて、入学予定の小学6年生の方、ご卒業おめでとうございます。もし、硬式テニス部に入部予定の方で、試合のやり方がわかっていれば、4月から始まる夏季大会の予選に出場することが可能です。学校の代表番号(03-3946-5301)で構いませんので、顧問の岡本宛にその旨お言付けください。折り返しこちらからご連絡差し上げます。

硬式テニス:卒業式

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

8日

2021

202103 tennis sotsugyo.jpg

高校生の卒業式が行われました。昨年同様、後輩は見送りに来ることもできず、顧問が代わりに色紙と記念品を、7名の卒業生に手渡しました。はやくOGが気軽に練習や合宿に参加できる状況になってもらいたいものです。ともあれ、卒業おめでとうございます。

硬式テニス:大会中断中

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

02月

6日

2021

temp02.jpg

2/6
緊急事態宣言の発出につき、昨年末からの私学個人戦は中断しており、再開は早くても3月、場合によっては中止の可能性もあります。練習も全くできない中、予選の3回戦まで勝ち残っている5名の高校生部員にインタビューをしてみました(密を避けて個別に行っています)。

Q:とりあえず予選の3回戦は突破しました。勝因は?
Bさん(高2)「最後まで考えながらプレーできていたからだと思います。」
Eさん(高1)「直前の試合形式の練習と、文京が会場で緊張せずに済んだことです。」

Q:試合後のコーチからのアドバイスは?
Aさん(高2)「攻めのポイントと守りのポイントの打ち分けが弱いと…。」 

Q:1月4日以降学校での練習がありませんが、今現在のコンディショニングは?
Cさん(高2)「自宅のガレージでラダーを使ってのアジリティ、ピラティスなどです。」
Eさん「スクールで試合を想定した形でのレッスンを受けています。」

Q:予選4回戦以降の抱負を聞かせてください。
Cさん「高校では予選決勝での敗退が続いているので、最後こそ本戦、と思っています。」
Dさん(高1)「予選2回戦で負け寸前まで追い込まれたので、その経験を良い方に活かせれば、と。」 

Q:今年度の残りの2か月、部員としてどう過ごそうと思っていますか?
Bさん「昨年度はコロナで先輩からの引継ぎが大変だったので、下への引継ぎはしっかりやりたいと思っています。」
Eさん「現在中学生の後輩たちへの目配りをしっかりできるようになりたいです。」 

Q:今春、入部を考えている小6・中3の皆さんにメッセージを。
Aさん「難しいけれど一生涯続けられるスポーツなので、是非チャレンジしてほしいです。」
Dさん「目標を持って臨めば、楽しく上達できるクラブだと思うので、是非入部してください。」

2か月のブランクは厳しいですが、高校生のレギュラー陣はなんとかモチベーションをキープしてくれているようです。私学個人戦の再開と、高2にとっては最後の公式戦となる、春の都大会の開催が叶うよう、コロナ感染の収束が切に望まれます。

硬式テニス:雪

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

28日

2021

Dsc_0243.jpg

1/28 都心に本格的な降雪は今季初めてでしょう。例年ならこの時期の雪は雪かきが心配になったりするのですが。練習が再開できるのはいつでしょうか…。

硬式テニス:会場提供#2

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

5日

2021

CIMG9166.JPG1/5。私学個人戦は5日目です。本校は2日目の会場提供で、高1と高2の2名が3回戦を勝ち抜きました。12/29とあわせて5名が初日突破、というのは過去の記録と照らしても悪くない数字ですが、緊急事態宣言の発出が迫っており、予選4回戦以降がどうなるのかは微妙なところです。会場でも、応援なし、本校の選手が試合をしていても、部員はおとなしく間隔を空けて座って見ているだけなのですが…。

硬式テニス:初打ち

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

4日

2021

CIMG9148.JPG1/4。恒例の初打ちです。せっかく暖かな日差しに恵まれましたが、例年は終日のところを今年は2時間強。ただ、私学個人戦がまだ残っている選手は、コーチに時間をかけて見ていただけました。いろいろ活動に制限がある中で、せめても、とボールはニューボールに一新しましたが。

硬式テニス:会場提供#1

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

12月

29日

2020

CIMG9138.JPGCIMG9134.JPG12/29。私学個人戦は年内の最終日。そして、本校では今年度初めての会場提供を行いました。例年は、試合のない部員全員で運営にあたりますが、今回は顧問2名のみ。選手との接触を避けるため、これまでホワイトボードや紙の掲示で行ってきたドロー掲示やオーダーオブプレーを、2台の電子黒板を使って行い、本部でのボールのやりとりも手渡しでは行いませんでした。出場選手も少なく、応援もなしのため、コート周りも閑散としてはいましたが、試合はスムーズに進行しました。

 なお、本校の選手は、前日29日の他校会場でやっと中2が1勝し、今日も中2が他校会場で1勝しました。また、本校会場では、出場6名のうち高校生3名が初日を突破し、まずまずの結果に。応援はなくともホームグラウンドでのアドバンテージはあるものでしょう。

 これにて年内の活動はすべて終了です。自分が顧問になって四半世紀が経ちますが、こんなに練習ができなかった、試合ができなかった、合宿もできなかった、という年はありませんでした。医療従事者の方をはじめ、飲食業の方、観光業の方、多くの大人たちがレジャーどころではない生活を余儀なくされています。その中で、制限はあるものの、テニスなどすることを許されている自分の立場がどんなに恵まれていることか、よく考えてクラブ活動に臨んでほしいと思います。来年はよい年になりますように。

硬式テニス:練習納め

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

12月

28日

2020

CIMG9131.JPG12/28。年内最後の練習。私学個人戦に出場した中学生3名は残念ながら全員初戦敗退でしたが、中1は初めての公式戦で、遠い他校会場にきちんとたどり着くだけでも大変だったことでしょう。試合のないメンバーは、コーチの年内最後のレッスンを受け、1年間の練習納めです。空には輝く月。

硬式テニス:冬休み初日

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

12月

26日

2020

CIMG9126.JPG12/26。今日から冬休み。同時に私学個人戦が始まっていますが、本日の他校会場の結果は1敗2棄権となんともコメントできないもの。残りの部員は明日以降の試合なので、短い時間ですが1セットのゲーム練習を中心に行いました。ランニングで汗ばむ暖かい一日でした。練習は実質2時間ですが…。

硬式テニス:師走

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

12月

21日

2020

CIMG9125.JPG12/21。今年もあと10日です。月曜日は毎週コーチに来ていただいていますが、練習はまだ短時間制限です。短い時間ですが、他の日の練習にも生かせるアドバイスをいただいているはずです。練習の密度を上げてほしいところです。

硬式テニス:城南大会

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

12月

13日

2020

DSC_0214.JPG12/13。高校生は、杉並学院高にお邪魔して、城南大会に出場しました。過去3度の出場で1勝しかできていない験の悪い大会ですが、今年もダブルス2本を落とし初戦敗退です。シングルスはある程度勝ちが期待できるチームでありながら、ダブルスが勝ちきれません。シングルス以上に戦略が必要なのに、攻める前にミスをして失点を重ねています。コロナ禍で、会場校に多大なご負担をかけて出場させていただいているのですから、1対抗で終わってしまうのは本当にもったいないことです。今年度もあとは私学個人戦を残すのみとなりました。

硬式テニス:練習再開

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

12月

12日

2020

DSC_0212.JPG12/12。後期中間試験が終わり、練習を再開しました。高校生の一部は明日の城南戦に向けて、他の部員は私学個人戦に向けての準備ですが、後者もそれほど時間は残されていません。

硬式テニス:私学団体戦(Bチーム)

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

11月

8日

2020

DSC_0188.JPG11/8。今週はBチームが大成高校にお邪魔して私学団体戦に臨みました。中3の1名が一人シングルスで気を吐きましたが、あとのダブルス3本とシングルスはほぼ自らのミスでポイントを落とし、1-4で初戦敗退となりました。練習時間の少なさ、経験のなさは仕方のないことですが、セルフジャッジのミスやカウント忘れが少なからずあったことが残念でした。補欠登録で応援に携わった新入生にはあまりよいお手本とはならず。

硬式テニス:私学団体戦(Aチーム)

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

11月

1日

2020

DSC_0180.JPG11/1。Aチームは大成高校にお邪魔して私学団体戦に臨みました。1回戦は危なげなく、2回戦は辛勝で3回戦に駒を進めましたが、4面展開となった3回戦は中学生チーム相手になすすべもなく敗退しました。練習不足に加え、地力の圧倒的な差が見て取れましたが、「もう1ゲーム、もう1ポイント」を取る工夫が足りなかったのが残念です。前衛がアタックされる場合のツーバックの展開も頭にあったはずなのですが機能せず。個人戦での活躍に期待したいと思います。

硬式テニス:朝練

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

10月

30日

2020

CIMG9112.JPG10/30。週末に私学団体戦を控え、Aチームのレギュラーのみでの朝練です。

硬式テニス:ランニング

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

4日

2020

CIMG9110 (1).JPG9/4。希望者のみランニングの日。中1だけが真面目に走っています。上級生は…?

硬式テニス:照明

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

2日

2020

CIMG9108.JPG9/2。夏休み中にグラウンドの照明がLED化されました。が、練習時間は短縮され、大会への会場提供もなく、しばらくは出番がなさそうです。

硬式テニス:Social Distance

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

25日

2020

CIMG9107.JPG8/25。体操もいつもの倍の間隔を取って行っています。

硬式テニス:新入生

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

18日

2020

CIMG9105.JPG8/18。中1の新入生は4名。月末から(あるかもしれない)都大会新人戦のブロック大会に間に合わせるために、急いで教えていますが、基本的な動きだけでもそう簡単には覚えられません。

硬式テニス:練習

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

17日

2020

CIMG9103 (1).JPG8/17。コーチを招いての練習日。いつもより密度の濃い練習に。

硬式テニス:夏休み

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

6日

2020

CIMG9082.JPG8/6。いつもなら軽井沢で合宿中ですが、今年は登校から下校までが3時間以内、という条件付での練習のみ。コートでボールを打てるのは実質2時間です。時間の節約のために、コート外でアップを済ませます。

硬式テニス:初顔合わせ

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

07月

3日

2020

CIMG9080.JPGCIMG9079.JPG7/3。例年よりふた月遅れての初顔合わせです。現執行部の高3は、春の個人戦・団体戦がない中で実質的に引退となってしまいました。お疲れ様でした。

硬式テニス:筋トレ

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

06月

30日

2020

CIMG9078.JPG6/30。雨天のため、一番広い教室を使っての室内筋トレです。なまった身体が思うように動きません!

硬式テニス:練習再開

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

06月

27日

2020

CIMG9074.JPG6/27。新入生を迎え、練習を再開しました。短時間で、コート1面あたりの人数も制限し、声出しもなし、という形ではありますが。

硬式テニス:卒業式

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

8日

2020

CIMG9050.JPG3/8。例年は大学の本郷キャンパスで行われる卒業式ですが、コロナの影響で、校内で簡略化された形式で行われました。クラブとしても後輩が集まってお祝いすることもできず、色紙と記念品を渡すだけになってしまいました。ともあれ、卒業おめでとうございます。

成人を祝う会、私学個人戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

18日

2020

CIMG9041.JPG1/12。私学個人戦シングルスの予選の続きが行われましたが、勝ち残っていた3名は全員4回戦で敗退し、予選決勝進むことはできませんでした。

1/13。2年前の卒業生が、「成人を祝う会」で来校しました。IN予選で「奇跡の」ベスト8進出を果たした代です。練習日で、ちょうどコーチも来校していたので、成人の報告をすることができました。そんな中、他校会場で試合をしていたダブルスの1ペアから、予選決勝をタイブレークで勝ち、本戦進出を決めたとの報告が。ダブルスとはいえ、なんとか本戦選手を出すことができ、二重に喜ばしい一日となりました。

私学個人戦#7

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

18日

2020

thumbnail_IMG_1736.jpg1/7。ダブルス予選1~3回戦の最終日、本校の会場提供も最終日となりました。この日も1ペアも勝ち残れず、結局、シングルス3名とダブルス1組のみが4回戦に進出するのみとなりました。

初めて7日間全ての会場提供でしたが、大きな運営上のトラブルもなくすんだのはよかったかと思います。運営・応援・試合の合間に、宿題やペン習字に勤しむ部員もいましたが、こうして会場提供をすることで得られることも少なくありません。練習試合の依頼も受けました。まずは勝ち残ったメンバーの健闘を祈りたいと思います。

私学個人戦#6

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

6日

2020

20200106.JPG1/6。私学個人戦はダブルスの2日目。本校からは4ペアが出場しましたが、予選の第1シードがついている高校生の1ペアのみが勝ち上がったのみでした。皆疲れが出てきたのか、朝は遅刻ギリギリ、集中力を切らして顧問や上級生から怒られる1年生が出るなどしました。会場提供もあと1日。大変なこともありますが、最後までしっかりつとめてほしいと思います。

私学個人戦#5

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

6日

2020

CIMG9026 (1).JPG1/5。私学個人戦が再開されました。シングルスの1~3回戦は最終日。本校の選手は、高3の昨年の本選選手こそ敗れたものの、高1・2はそれぞれのエースが初日を突破し、さらに高1はもう1名が、足をつりながらも接戦を制して勝ち抜けました。最終日にやっと勝ち残りが出ましたが、欲を言えば一日一人ずつくらいは勝ち残らないと、本戦が見えてきません。ともあれ、3名には1週間の猶予が与えられましたので、4・5回戦に向けて調子を上げてほしいものです。

城南大会

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

5日

2020

DSC_3120.JPGDSC_3121.JPG12/15。3回目の出場となる城南大会ですが、過去2回は初戦負け。3度目の正直で臨む今回は、寒風吹きすさぶ本羽田公園が会場です。マッチゲームを握ったところからあり得ないミスでダブルス2を落としましたが、ダブルス1・シングルスは危なげなく取り、1回戦はなんとか勝ちましたが、2回戦は相手が第1シードの東京高校ということで、逆に気楽に臨めたのか、ダブルス1はスコア以上に健闘し、シングルスは序盤から強打で押し切り、1-2での2回戦敗退となりました。

怪我・病気で主力を欠いたことを考えればまずまずの結果ですが、滅多に対戦できない強豪校との2回戦でしたので、ダブルスではもう少し工夫した攻め・守りが期待されたところです。応援の部員も寒い中お疲れ様でした。

初打ち

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

4日

2020

CIMG9020.JPG1/4。新しい年が始まりました。正月でなまった身体をゆっくり戻して、といきたいところですが、明日から私学個人戦が再開されますので、午後からはマッチ練形式としましたが、既にS・Dとも負けてしまった選手も、まだ試合が残っている選手も含めて、初日にかける意気込みが感じられず、顧問としても甚だ不満の残る初打ちとなってしまいました。

昨日、五回目の箱根駅伝優勝を果たした青山学院の駅伝部は、今年度になってから4年生が何人も退部するような事態を経て、規律を取り戻したそうです。

このままでは昨年の低迷を引きずったまま、変わる気配がありません。明日からの3日間、それをなんとかしようという気持ちをプレーに出してくれる選手がいるとよいのですが。

私学個人戦#4

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

4日

2020

CIMG9017.JPGCIMG9015.JPG12/29。私学個人戦は年内最終日。ダブルスの初日です。本校からは4ペアが出場しましたが、これまた全ペアが3回戦までに敗退と、4Rに進める選手がいまのところゼロ、という厳しい年越しになりました。風もなく穏やかな一日だったのですが。

年内最後の活動日、ということで、テニスコートに丁寧にブラシをかけ、一年間無事であったことのお礼をのべて活動終了です。戦績的には極めて不振の一年ではありましたが、多くの一年生が入ってくれましたので、チーム力の底上げを図れる来年にしたいと思います。

私学個人戦#3

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

4日

2020

CIMG9007.JPGCIMG9002 (1).JPG12/28。私学個人戦、シングルスの3日目です。本校からは6名が初戦に臨みましたが、この日も3回戦の壁を破れず、とうとう年内のシングルスは全敗ということになってしまいました。予選決勝、あわよくば本戦に、というレギュラーメンバーも勝ち残れず。風も前日ほどの強さはなかったにも関わらず、本来の力を出し切れずに終わる試合が多かったのが残念です。

私学個人戦#2

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

4日

2020

CIMG8991.JPGCIMG8997.JPG12/27。私学個人戦はシングルスの2日目。本校からは8名が出場するも、3回戦を勝ち抜けた選手はゼロでした。予選シードの選手とあたっているわけでもないのですが…。日差しはあったのですが、午後からは強風に悩まされました。

私学個人戦#1

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

4日

2020

CIMG8987.JPG12/26。私学個人戦が開幕しました。本校からはシングルスに7名の選手が出場しましたが、残念ながら一人も初日を突破せずに終わりました。雨の予報が夜にずれ込み、試合に影響がなかったのだけはよかったのですが。

クリスマス会/練習試合

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

4日

2020

CIMG8986.JPG20191225-02.jpg20191225-01.JPG12/25。午前中は練習を早めに切り上げ、恒例のクリスマス会を行いました。午後に練習試合を組んでいたため、ケーキとドリンクだけのささやかな会ですが、その分ビンゴの景品は…。

午後からは東京女学館中高をお迎えしました。翌日からの私学個人戦に向けて、よい調整ができた、ということにしておきましょう。実際には、不安の残る試合前、といったところです。

私学団体戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

11月

4日

2019

CIMG8937.JPGCIMG8939.JPG11/3、11/4の連休に、BチームとAチームが私学団体戦にのぞみました。

Bチームは富士見中高会場での初戦です。まず、病欠で最低限の8名が揃わない可能性があったため、保険として登録しておいた高3部員に急遽出場してもらいました。彼女は半年のブランクをものともせず、比較的しっかりラリーを続けてくれたのですが、他の選手はミスを連発し、シングルス2以外を落としてCチームと同じ1-4での初戦敗退となりました。今年は比較的部員が多かったので、久しぶりに3チームを編成したのですが、やはり無理があったようです。

満を持して本校会場での試合に臨んだAチーム、こちらも怪我で主戦を投入できず、進路の決まった高3に力を借りての出場でしたが、初戦の2回戦と3回戦は順調に勝ち抜け、この日の最終戦の4回戦にのぞみました。4面展開の中で、高1のS2は早々に勝ちを決めますが、ダブルス3本は粘りがポイントには結びつかず、じりじりとリードを広げられます。高3のS1が序盤の競り合いを演じている最中に、立て続けにダブルスの3本を落とし、打ち切りの敗退です。これといった強いチームのいない山だったにも関わらず、初日を勝ち抜けなかったショックは小さくないと思うのですが、ベンチの顧問からも、わざわざお越しいただいたコーチからも厳しい言葉を向けられることになります。

今年の試合は、12月の城南戦と、年末からの私学個人戦を残すのみとなってしまいました。中高とも、ここまで、本当にこれといった船籍を残せていない今年のチームですが、その原因を探り、改善し、少しでも満足のいく結果を出すことが求められています。

私学団体戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

10月

27日

2019

DSC_3061.JPG10/27。Cチームが、私学事業団会場で私学団体戦の初日にのぞみました。初戦の相手は中学校のEチームということで、多少は競るだろうと思っていましたが、先にマッチゲームを握りながら5-7で競り負けたS2と、圧勝したS1の2人の中3以外のダブルスはまったく相手にされず、1-4で初戦敗退となりました。練習量の少なさが露呈した敗戦でした。

試験明け

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

10月

21日

2019

CIMG8928.JPG10/21。中高生とも本日で後期中間試験①が終わり、練習の再開です。前日に私学団体戦は既に開幕していますが、本校は日程考慮をしていただきましたので、初日は週末の10/27となります。コーチもお見えになり、試験でなまった身体に活を入れてくださいました。

練習試合

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

10月

5日

2019

CIMG8926.JPG10/5。貞静学園をお迎えして、練習試合を行いました。今月からスタートする私学団体戦に向けて、プレーはもとより、審判経験のない部員にはよい練習をさせていただきました。

文女祭

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

28日

2019

CIMG8923.JPGCIMG8924.JPG9/28。文女祭初日に、毎年恒例のストラックアウトとボウリングの模擬店で参加しました。多くのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

高校新人戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

20日

2019

20190915-02.JPG20191915-01.jpg9/15・16。高校の新人戦がスタート。初日は本校会場でダブルス1・2回戦が行われました。出場した本校の3ペアのうち、1ペアは初日を突破しましたが、残る2ペアは2回戦で敗退と寂しい結果に。

翌16日のシングルスは、雨にたたられ進行が遅れましたが、出場した5名のうち、シードにあたってしまった1名を除く4名が初日を突破しました。

次戦は次週末。1人、1ペアでも予選決勝に辿り着き、なんとか本戦のドアをこじ開けてほしいところです。

ワンデイマッチ

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

8日

2019

CIMG8886 (1).JPGCIMG8894.JPGCIMG8896.JPG9/8。第2回目となる文京ワンデイマッチを開催しました。30名の中学生の皆さんと、2名の本校の中1部員によるトーナメントです。が、夕刻から台風の影響が出始めることを想定して、もともと6ゲーム先取で行う予定だったものを、2-2からの4ゲーム先取に短縮しての実施となりました。途中、強い雨が一度だけ降りましたが、それ以外は日差しが強いほどで、なんとか午後には決勝まで終えることができました。入賞者は以下の皆さんです。

1位 M.Y.さん(コートピア大泉テニスクラブ)

2位 Y.K.さん(東京JTTC)

3位 M.K.さん(小石川中等教育学校)・N.H.さん(OTS)

コンソレ1位 U.M.さん(南町田インターナショナルテニスカレッジ)

昨年に続き台風に祟られていますので、来年は時期を変更しようと思いますが、継続して開催の予定です。参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

私学リーグ戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

7日

2019

DSC_3016.JPGDSC_3014 (1).JPG9/7。聖心女子学院にお邪魔して、私学リーグ戦の最後の1対抗を。高2が模試や追試で出場できないことが直前に発覚し、急遽高1と中3の5名のみで戦うことに。

中3のD1はボレーが機能せず破れ、シングルスは粘られましたが突き放し、1勝1敗に。残った急造の高1ペアは、粘りのプレーで競り勝ち、待望の1勝を得ました。

しかし、そうなると8/31の1勝2敗で落とした日大鶴ヶ丘戦が悔やまれます。あそこで勝てていたら、悪くても残留、もしかすると昇格を果たしていたかもしれません。後の祭りではありますが、私学の団体戦はダブルス重視なので、もう少しダブルスが機能するようにならないと、と痛感させられました。

後期スタート

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

2日

2019

CIMG8875.JPG9/2。後期が始まり、練習も再開です。しかし、参加人数が少なく、高校の新人戦に出場するレギュラーからは1名だけ。外部コーチにシングルスの特訓を受けることができました。

オリンピック ボールパーソン研修

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

09月

1日

2019

DSC_3008.JPG9/1。東京成徳テニスコートでのオリンピック ボールパーソン研修に、代表生徒1名が参加しました。インターハイの審判も難しかったですが、今回のボールパーソンはそれ以上の難しさがあり、果たして本校の生徒に務まるかどうか、心配になってきました。

私学リーグ戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

31日

2019

CIMG8870 (1).JPGCIMG8874.JPG8/31。夏休み最終日、私学リーグ戦第4部Aリーグの3校戦が、本校会場で行われました。

抽選で第1試合が対明星高等学校戦に。3面展開で行われる中、ダブルス2本は形にはなりつつも敗戦、リードしていたシングルスも追いつかれ、タイブレークの末に破れてしまいます。

第3試合の対日大鶴ヶ丘戦は、5月に対戦済みであったこともあり、シングルスを捨て、ダブルス2本を取りに行きます。うち1本は読み通り取りますが、もう1本は前半は競ったものの後半は突き放され、シングルスは想定内でしたが歯が立たず、1勝2敗で連敗となり、5部降格がほぼ決定してしまいました。

リーグ発足当時にトップリーグにいた学校で、ここまで落ちてしまった学校も少ないと思われます。残る聖心女子学院戦をとって来年につなげたい所ですが、厳しい戦いになりそうです。

防犯訓練

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

29日

2019

CIMG8868 (1).JPG8/29。奥2面では練習が、手前2面では、刃物を持った不審者が校内に入り込んだ、という想定で、教員研修の防犯訓練が行われています。もちろん部員には「気にしないで練習するように」と伝えてはあるのですが、シュールなグラウンドです。

ワンデイマッチ

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

28日

2019

このHPをご覧の中学生の皆さん 8/1から受付を開始している、9/8実施のワンデイマッチですが、実施まであと10日となった時点で、まだ32ドローの半分ほどしか埋まっていない状況です。このHPの「入試・説明会」のところに説明はありますが、中3生のみを対象としたものではなく、中1・中2の方や、私立中学校の方もエントリーされています。資格は「セルフジャッジでシングルスの試合ができる都内の中学校在籍の女子中学生」だけですので、どうぞ振るってご参加ください。エントリー方法は、okatake@bgu.ac.jpまで、お名前と電話番号をお知らせいただくだけです。

練習

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

26日

2019

CIMG8863.JPG8/26。外部コーチの指導は合宿以来。ちょっと間があいただけで、合宿でできたことができなくなっているところを指摘されてもおかしくない元気のない練習。よい天気ではありましたが、季節は確実に秋に近づいています。新しいコートも含めて、プレーしやすい環境、短い練習時間、と頑張れるはずの一日に思われましたが。夏休みの終日練習もあと一日のみ、その後、締めくくりの31日に大変厳しい状況の私学リーグ戦が控えています。

中学新人戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

24日

2019

CIMG8855 (1).JPGCIMG8861 (1).JPG8/24。前日とはうってかわって好天の一日。ダブルスは4ペアが出場しましたが、特に1年生はプレーの仕方が分かっておらず、プレー中に相手ではなくパートナーを見てしまったりしています。中2も振るわず、全員が初日で敗退。春の個人戦に続き、順位決定戦には一人も進めないことになりました。

保護者の皆様、あまりよいところを見せることができませんでしたが、応援・差し入れ、ありがとうございました。

中学新人戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

23日

2019

CIMG8853.JPG8/23。張替えの済んだ新しいサーフェスのコートでの初めての会場提供です。小雨、とはとても言えない強めの雨が降る時間帯もありましたが、まったく水たまりができず、予定されていたシングルスの試合をすべて消化できました。ただ、本校の中1・2はよいところがなく、全員が初戦か2戦目で敗退となりました。また、ルールやマナーを十分に理解させきれないまま試合に臨ませてしまったところも目立ち、その点での課題も残る初日でした。

東京都ジュニアティームチャンピオンシップ

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

12日

2019

DSC_2988.JPG8/12。表記の大会が、今年は合宿期間中に始まってしまったので、複数チームをエントリーすることができず、高校の1チームのみの出場です。時折小雨の降る駒沢公園のコートで、初戦は0-3で敗退、コンソレに回り、ダブルス2本をとって勝利しますが、中3を起用したシングルスは敗退します。ところが、翌日のコンソレSFに人数が揃わないことがわかり、棄権を申し出なければならない状況に。本来は、コンソレの1Rでマッチポイントまでプレーして棄権するのがマナーなのですが、まさか3名揃えば1名はメンバー変更で補える大会でそんなことになろうとは思わず、相手校に失礼なことになってしまいました。過去の小中学生部門の優勝はどこへやら、本当に縁のない大会です。

保護者の方、雨の中差し入れありがとうございました。

合宿最終日

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

9日

2019

P8092728.JPGDSC_2982.JPG01.jpgP8092733.JPGP8092735.JPG02.jpgP8092751.JPGP8092750.JPGP8092749.JPGDSC_2985.JPGDSC_2983.JPG8/9。最終日も好天に恵まれ、紅白戦の残り試合を無事消化しました。12勝対11勝という僅差でした(賞品の差は大きいのですが)。5日間お世話になったテニスコート管理の方と、セミナーハウス管理の方に挨拶し、一路東京へ。夕方学校に着いてみると、テニスコートの人工芝の張替えはすっかり完了していました。

終わってみればあっという間の合宿でしたが、間をあけずジュニアティーム戦、中学1・2年生は新人戦、月末の私学リーグ戦と試合が続きます。合宿の成果を少しでも発揮することができるでしょうか。

合宿4日目

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

8日

2019

DSC_2980.JPGP8082667.JPGP8082673.JPGP8082676.JPGP8082680.JPG01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg05.jpgP8082720.JPGCIMG8849.JPG8/8。昨晩、突然浅間山が噴火しましたが、半径4㎞の範囲からも大きく外れた区域であったため、学校と連絡を取った上で、注意しつつ合宿は継続となりました。午前中は最後の練習となり、初心者グループは最後のコーチの指導を受けました。昼でコーチは帰京し、午後からは紅白戦形式の試合です。ダブルスを消化したあたりの時点で雲行きが怪しくなり、激しい雷雨に。試合を中止し、セミナーハウスに引き上げました。

残念ながらバーベキューは2年連続で室内に。花火も軒先で細々と行うことに。最後のミーティングを経て、合宿の目標と結果を書いた栞を提出しましたが、前者も後者も具体性に欠く記述が多く、どこまで上達を自覚できているかがわかりづらいところがありました。いつもの何倍も走り、何倍もボールを打っているのですから、目に見える上達がなければいけないと思うのですが。

合宿3日目

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

7日

2019

04backhand02.jpg01shugo.jpg03forehand02.jpg02running.jpg05volley01.jpg05forehand01.jpg06backhand01.jpg07OG.jpg08kato.jpg8/7。仕事を休んで合宿に参加してくれたOG2名と、女性顧問の代理で引率してくださった別のクラブの顧問の先生が午前中でお帰りになりました。午後から別の女性の先生に交代になりましたが、指導は顧問とコーチの2名だけに。夜のミーティングでは、指導者が減ったことでのコートでの気のゆるみをコーチからも指摘されてしまいました。中日を終え、体力的にも厳しくなってきたところですが、通常の練習はあと半日を残すばかりです。

合宿2日目

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

6日

2019

P8062579.JPGP8062582.JPGP8062583.JPGP8062590.JPGP8062593.JPG8/6。今日も快晴。朝はラジオ体操ののち、昨日遅刻があった中学年生のひと班は罰ランです。コートへの往復のランニングも、最初はスピードを落としていますが、到着すると汗だくに。ただ、途中曇る時間帯もあり、昨日ほどのドリンクの消費量ではありませんでした。塩分タブレットはどんどん消費されますが。

合宿初日

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

5日

2019

P8052578.JPGCIMG8826.JPGP8052576.JPGP8052574.JPGP8052572.JPG8/5.合宿初日を迎えました。好天に恵まれた軽井沢は暑く、急遽ジャグタンクを買い足すことに。夜の反省会では、手伝いに来てくれている社会人OGから、色々と足りないところを指摘されました。翌日からの改善は果たせるでしょうか。

張り替え

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

08月

3日

2019

DSC_2975.JPG8/3。工事が始まって1週間ですが、すでに1面分には新しい芝が張られていました。まだ砂は入っていないので、目の覚めるような緑が、猛暑の青空の下で輝いています。

HPの「入試・説明会」情報では既にお知らせしていますが、9/8(日)に新装なった本校のコートで、中学生を対象としたワンデイマッチを企画しています。8/1から受付を開始しましたが、3日の時点で32ドローの1/3ほどのエントリーを既にいただいています。ご予定のつく方は是非ご検討ください。

外部練習

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

07月

29日

2019

DSC_2951.JPGIMG_0087.JPG7/29。校内のコートの工事が始まりました。2日間だけですが、王子駅前のサンスクエアのコートをお借りしての練習です。2時間という短い時間でしたが、梅雨明けで急に暑くなった状況では、身体を慣らすのにちょうどよいくらいだったかもしれません。しかし、合宿直前に5日間まるまる練習がないのは痛いところです。

最終日

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

07月

28日

2019

CIMG8809.JPG7/28。前日からの雨も上がり、このコートでの最後の練習を行いました。明日から、人工芝の全面張り替えが行われます。

午後からは、翌々週に迫った合宿の準備も併せて行いました。

学校説明祭

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

07月

14日

2019

CIMG8808.JPG7/14。学校説明祭はあいにくの雨。せっかくのクラブ活動体験がコートでできず、エントランスの空きスペースでキッズボールを使ったミニ体験になってしまいました。特に硬式経験者の方にはつまらない企画となってしまいました。これに懲りずに、是非また体験に参加していただけたらと思います。随時可能ですので、お電話でご予約ください。

特別コーチ

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

07月

13日

2019

20190713-01.jpg20190713-02.jpgCIMG8807.JPG7/13。試験休み中の練習ですが、縁あって特別コーチを招くことができました。関西ジュニアや関西の名門大で活躍され、留学中のアメリカから一時帰国中に半日おつきあいくださいました。試験休み中は顧問の目がないからか、だらけがちな練習ですが、少しは締まってくれたでしょうか。ありがとうございました。

平川杯 表彰

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

06月

5日

2019

CIMG8797.JPG6/5。当日行えず延期されていた部内戦「平川杯」決勝の表彰を行いました。高1が、本来既に引退している高3を破っての優勝です。そういえば3位決定戦もコンソレ決勝戦も延期されたまま…。

平川杯・OG会

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

05月

21日

2019

20190506.JPG5/6。例年GW最終日に、部内戦「平川杯」を開催しています。全部員によるシングルスのトーナメントですが、順当に第1シードの高3と、第2シードの高1が勝ち上がりました。が、時間切れで決勝は日を改めて、となりました。

同時に、コートを1面開放して、OGを招待してテニスをしてもらっています。今年は、朝だけ顔を出してくれた大学1年生に始まり、赤ん坊連れの20期、24期が数名ずつ、久しぶりのテニスを楽しんでいきました。差し入れありがとうございました。

4校戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

05月

20日

2019

DSC_2892.JPG5/4。玉川聖学院高校にお邪魔して、日大鶴ヶ丘高・聖ドミニコ高との4校戦に臨みました。直後に控える高校の団体戦を模した戦いですが、2校に0-3、1-2と連敗し、最後の対抗を行っている際に雷が。やむなく中止となりました。実際に試合に出るメンバーを揃えられたわけではありませんが、本番も厳しい戦いが予想されます。

中学・高校個人戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

05月

20日

2019

CIMG8790.JPG4/28。1週間前から始まった高校の個人戦は、5名が出場したシングルスで1名しか初日を勝ち抜けず、この日は本校会場でダブルスの初戦です。3ペアが出場しましたが、1ペアも3回戦を突破できず。怪我人の代わりに出場した1年生も結果は残せませんでしたが、高校の大会の厳しさを知れたことだけは収穫でしょう。

中学もこの日から春のブロック大会の個人戦がスタート。ダブルスに中3・中2の4ペアが出場しましたが、これもすべて初日敗退と残念な結果に。

4/29。高校生で唯一勝ち上がっていた3年生も4回戦で敗退してしまいました。これで団体戦のノーシードも確定。3年生の引退がいよいよ現実味を帯びてきてしまいました。

中学はブロック大会のシングルス。唯一シードがついていた中3も含めて、全選手が初日で敗退してしまいました。2日目の順位決定戦に誰も残れないのは、何年ぶりのことでしょう。

年度が変わりましたが、今のところよい兆しが見られません。新戦力に期待したいところです。

初顔会わせ

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

05月

20日

2019

CIMG8789.JPG4/26。初顔合わせが行われました。現役部員をあわせてとりあえずひと教室に入りきれなくなるくらいの数の新入生が来てくれたでしょうか。細かい説明を部長と顧問からしましたが、最初からすべて分かることではないでしょう。上級生がきちんと教えてあげる体制を作ってほしいところです。

生徒会オリエンテーション

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

05月

20日

2019

CIMG8780.JPG4/11。生徒会オリエンテーションが行われ、高校はいつものVTR紹介でしたが、中学は新入生の前でのデモラリーを行いました。並行して見学・入部体験も行っていますが、果たして新入生は入部してくれるでしょうか。

練習再開

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

05月

20日

2019

CIMG8755.JPG4/4。春休みが明け、練習再開です。テニスコートの桜は早くも葉桜です。

高校団体戦

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

05月

12日

2019

DSC_2895.JPG20190512-01.jpg5/12。高校の団体戦が都立翔陽高校で行われました。初戦は勝利したものの、2回戦では完敗を喫し、高3はこれで引退となりました。一昨年のベスト8、昨年のベスト32に比べると物足りなさを禁じ得ませんが、これが実力、ということでしょう。遠方のため、中1の応援はなしとしましたが、参加した下級生のこれからの奮起につながることを期待したいと思います。高3はお疲れ様でした。

練習試合

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

25日

2019

CIMG8752.JPG3/23。修了式の午後でしたが、頌栄学院高校にお越しいただき、練習試合を行いました。校庭の桜は開花したものの、前日とはうってかわっての冷え込みに、もうしまおうかと思っていたベンチコートやストーブを引っ張り出すことになりました。

これで今年度の活動は終わりです。本クラブは、夏休みと冬休みが試合でつぶれてしまうので、春休みが唯一の長期休みとなっていますが、身体を休めるように言っているわけではありませんので、ランニングやスイミング、あるいは友達同士で公営コートを使っての練習等推奨しております。4月の中盤から、中学生・高校生とも春の個人戦が始まります。

練習試合

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

25日

2019

DSC_2730.JPGDSC_2728.JPG3/21。成城学園高校にお邪魔して、杉並学院高との3校戦を行いました。そもそも、成城さんとの練習試合の予定が、本校の部員の人数が揃わなかったので、急遽杉並学院さんに加わっていただいた形です。テントも吹き飛ぶ強風でしたが、たくさんの試合をさせていただき、とても勉強になりました。ありがとうございました。

卒業生

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

25日

2019

CIMG8750.JPG3/20。今春ではなく、昨春の卒業生が5名、練習に参加してくれました。といってもごく短時間、昼休みにボールを打ちにきた体でしたが。浪人していた1名が無事、というよりは素晴らしい合格結果を出したので、その報告を兼ねて来てくれた意味もあったかと思うのですが。なんにせよ、これでその代の全員の進学が決まり、一安心です。

試験休み

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

25日

2019

CIMG8741.JPG3/19。この日も午前中からコーチに来ていただきました。徹底して球出しからのフットワーク練習を課していただいています。試験休み中も週4日ペースで練習がありますが、顧問が見られない時期なので、コーチがお見えになる日は貴重な機会です。やったことを他の日の練習に生かしてもらいたいものです。

試験休み

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

25日

2019

DSC_2721.JPG3/13。今年度は基本的に毎週月曜日に外部コーチにお越しいただいていますが、試験休み中なのでこの日は暖かい午前中にレッスンを。ネットにつめてボレー、の反復練習をしていただいていますが、これが実戦でできるかどうかです。

高校卒業式

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

25日

2019

DSC_2717.JPGDSC_2720.JPG3/8。高校の卒業式が、大学の本郷キャンパスで行われました。クラブとしても、後輩が集まり、卒業生を送り出しました。おめでとうございます。是非後輩の面倒を見に、たまにはクラブに顔を出してもらいたいものです。

私学個人戦(本戦)

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

25日

2019

P1271646.JPG1/27。私学個人戦の本戦(シングルス)が、私学事業団コートで行われました。唯一勝ち残った高2の1名が出場しましたが、中学生選手に対して先行する展開からの逆転負けを喫し、1回戦敗退となりました。本戦出場は立派なことですが、もしこの試合に勝っていれば、次は第1シードと当たることができた(しかも結果としてその第1シードの選手は棄権して出場しなかった)ので、惜しいことをしました。応援の力がなかったのも残念でした。

変則

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

25日

2019

CIMG8715.JPG1/15。私学個人戦のシングルスの本戦に勝ち上がった選手1名対4名の変則マッチ。1名が勝てるはずがないのですが、力量差があるので果たしてどうでしょうか。

ランニング

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

03月

25日

2019

CIMG8713.JPG1/10。木曜日はコートが使えないランニングデー。高1が黙々と走っています。私学個人戦も1名を除いて終わってしまったので、基礎体力をつけるべき時期でもあります。

私学個人戦#5

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

5日

2019

20190105.JPG1/5。私学個人戦はダブルスの2日目。高1と中3の主力同士が組んだペアが3回戦まで進出しましたが、どちらも敗退し、今のところダブルスは初日勝ち抜けがゼロという厳しい状態です。この日で本校の会場提供の5日間は最終日。大きなトラブルもなく、比較的穏やかな天候にも恵まれたのはが幸いでしたが、チームとしては課題山積の新年のスタートです。

初打ち

[ カテゴリ:硬式テニス部 ]

01月

4日

2019

20190104.JPG1/4。コートに一礼して、新年恒例の初打ちに臨みます。午前中は顧問が一人一人個別指導をし、午後はマッチ練形式で、翌日より再開される私学個人戦の対策を行いました。進路が決まった高3の部員も参加してくれました。

資料請求