コース制の学び

コース制の学び

高等学校の学び:特色あるクラス指導

高校3年生:終礼直後

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

15日

2015

IMG_5752.JPG

本校では、15:20に6時間目が終わり、その後終礼が行われ、15:40頃から放課後となります。本日も、3年英語クラス(国際教養コースの前身となるクラス)の終礼はいつも通りに終わりましたが、多くの生徒が教室に残り、黙々と自己採点を始めました。終礼で、先日実施された進研模試の解答・解説が配布され、早速それを使って自己採点が始まったのでした。進路支援部の指導や教科担当者からのアドバイス、塾の先生をお招きしての進路講演会等で、模擬試験の「振り返り」をすることの重要性を知っているがゆえの行動です。担任から特別な指示があったわけではなく、自主的に始まった本日の自己採点。「鉄は熱いうちに」という通り、極力記憶が新しいうちに、「根拠をもって正解した問題」「偶然正解してしまった問題」「不正解だった問題」に分類し、後者2種類を中心に復習を行います。こうした地道な努力の積み重ねが、大きな成果につながることを信じてやみません。

(高3学年担任 松崎 記)

資料請求