資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

高等学校の学び:特色あるクラス指導

高校3年生:キャリア教育「18歳の誕生学」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

10日

2015

20150909tanjyo-gaku (4).JPG

本日5・6時間目は、高校3年生を対象に「18歳の誕生学」の講演会を実施しました。
講師は、誕生学アドバイザーの長谷部しのぶ先生です。

○からだの変化とそれに応じたケア
○異性とのコミュニケーションについて
○命を産み出す存在として、自分のこころとからだをどのように大切にするか

についてお話いただきました。
赤ちゃんは、食事を与えたり、身のまわりのお世話をしても、微笑みかけたり言葉をかけないと育たない。今、ここに元気に存在することができる皆さんは、「毎日抱かれた歴史の持ち主」など こころに残る、自尊感情を育んでいただくような言葉をたくさんいただきました。
後半はグループをつくり、母親となった生活をイメージするためのワークショップを行いました。現在の1日の生活と、出産後の生活を円グラフにしてみた生徒たちは、「自分の時間がな~い」と育児にかかる時間の多さに驚き、「お母さんがひとりでトイレに行くことはできるの?」「自分の時間をつくるために、育児はおばあちゃんに任せる~!」など、いろいろと感じたこと、素朴な疑問を話していました。

生徒たちは、高校を卒業すると、学生であっても半分おとな扱いされ、自律的な行動が求められます。大学卒業後、2~3年で母親になる人も少なくありません。近い将来、社会人になって行く生徒たちが、女性として豊かで幸せな人生を送るためのたくさんのヒントをいただきました。
3年生は、目前の大きな目標達成に向け、猛勉強の真最中ですが、その先にある長い人生に欠かせない性のあり方について、考え続けて欲しいと思っています。

(キャリア教育支援部長 沢柳 記)

20150909tanjyo-gaku (2).JPG20150909tanjyo-gaku (6).JPG20150909tanjyo-gaku (9).JPG

<