コース制の学び

コース制の学び

高等学校の学び:特色あるクラス指導

高大連携アクティブラーニング大会

[ カテゴリ:国際教養 ]

12月

5日

2015

現在、日本社会全体のグローバル化に向けて、全国の教育機関が様々な取り組みを行っています。本校ではその一環として、高大連携アクティブラーニング大会に参加しています。ここでは、「ローカルな社会」の変化から日本のグローバル化を探ることを目的として、高校生が大学生と一緒に『日本の商店街』について調査と提言をまとめています。
本日はその中間報告会として、神奈川県にあるカリタス女子高等学校+東京海洋大学のチームをお迎えしてBAL Studioで発表会を行いました。会場には本校国際教養コースの1年生約60名も参加し、即席の審査員としてそれぞれのプレゼンテーションを評価していきました。それぞれの観点での好評価、また手厳しい意見もありましたが、今後自分たちでも行っていくプレゼンテーションの参考にもなったと思います。なお、今回の中間報告を元に、12月19日(土)には横浜にある桐蔭学園高等学校で本大会が行われることになっています。

(進路支援部長 佐藤 記)

参加チーム
①文京学院×慶應義塾大学+東京海洋大学チーム
 “From Clean to Clear, from Nakano to the World”

②カリタス女子×東京海洋大学チーム#1
 “Take away the Wall!

③カリタス女子×東京海洋大学チーム#2
 “Globalization of Japan - Hints from Shoten-gai”

20151205active2 (1).JPG20151205active2 (8).JPG20151205active(3).JPG20151205active2 (14).JPG20151205active2 (10).JPG20151205active2 (16).JPG

資料請求