資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:高校 コース横断型の学び

 

Bunkyo Blog

英語科研修 「第3回多読支援セミナー」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

08月

3日

2014

8月3日10:30~17:30、本校BAL STUDIOにて、 NPO多言語多読の主催する「第3回多読支援セミナー」が開かれました。 学校や児童英語教室などで多読を支援している人、これから多読の導入を考えている人、またはタドキスト(多読実践者)が 総勢100名集まりました。本校で中心となって多読を推進している村岡千秋教諭が、「多読で変わること~支援者であり実践者からの視点~」と題してミニ講演。本校中学2年生で20万語以上読んでいる例などが紹介されました。

次いで、英語tadokuクラブによるワークショップ。午後は、日本語多読、英語多読に分かれての分科会。英語多読では 日本における多読第一人者であり、本校の多読アドバイザーも務める酒井邦秀先生のワークショップを受けて、支援者同士、 互いの悩みにアドバイスし合いました。閉会後、本校の多読教室と図書館を見学していただき、多読蔵書の多いこと、使いやすく 整理されていることなどに感嘆の声をいただきました。

多読は、英語を「教科」としてではなく「使う言語」として身につける楽しい方法であると同時に、自分から進んで想像力を働かせながら読む構えを育てるものです。文京学院の中学校では、英語5時間のうち1時間を多読にあて、多読を進めています。

IMG_0947.JPG IMG_0964.JPG IMG_0979.JPG

生徒が解説!?:高校2年生 日本史の授業

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

20日

2014

社会科、松本 卓也 先生担当による高校2年生の日本史の授業。「生徒が自ら説明を行うことで、平均点が10点アップしました!」と、松本先生。聴いているだけの授業より、参加して、考え、発表する授業の方が、印象に残り、知識として記憶に残るのかもしれません。文京学院では、インタラクティブな授業実践に、各教員がチャレンジしています!

IMG_3136.JPGIMG_3082.JPGIMG_3123.JPGIMG_3100.JPG

IMG_3111.JPGIMG_3126.JPG

 

高校2年生:「表現サポート」(ベネッセコーポレーション)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

17日

2014

IMG_3225[1].JPGIMG_3221[1].JPGのサムネール画像のサムネール画像

高校2年生を対象に、表現サポートの特別授業(提供 ベネッセコーポーレーション)を行いました。自分の考えを言葉でまとめて表現する。大学生のロールモデルの話を参考にしながら、自己表現を磨いていきます。インタラクティブな授業推進のリーダー、南部先生が、興味深く観察していました。「グループで話し合うと、自分の意見を言えるようになる。やはり、グループワークが自己表現向上には不可欠だね。」と、興味津津でした。

高校3年生対象:「合格体験談」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

28日

2014

昨年度の卒業生(特進クラス・文理クラス)を招き、恒例の「合格体験談」を行いました。これは、主に高校3年生を対象に、卒業生たちが受験期をどのように過ごしたかを聞く会です。大きく進学実績を伸ばした昨年度の卒業生のうち、今回は、獨協大学(法学部)、女子栄養大学(栄養学部)、青山学院大学(教育人間科学部)、東京女子大学(現代教養学部)に進学した卒業生がお話をしてくれました。
赤本の使い方や、学内で実施している英単語・英熟語テストへの取り組み方、そして「日頃の授業を大切に」など、卒業生ならでは具体的なアドバイスに、3年生は聞き漏らすまいと熱心にメモをとっていました。

DSC00333.JPG     DSC00335.JPG     DSC00337.JPG

「進路実現のために、今、何をすべきか」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

05月

24日

2014

前期中間考査最終日、試験を終えたばかりの高校2年生を対象に、学年集会が開かれました。「進路実現に向けて、今、何をすべきか」という演題で、進路支援部長が受験に関する講話を行いました。外部模試の結果を踏まえた現状の再確認と、それを踏まえた今後の具体的な目標など、高校2年生らしい内容の講話でした。
多くの生徒が、今日の内容を念頭に、明日の第1回全統模試(外部受験)に臨みます。

DSC00312.JPG     DSC00314.JPG     DSC00317.JPG

前の5件 17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27
<