受験生サイト
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

DSC00847.JPGのサムネール画像

視線の先にある世界をより具体的に知るために


充実した英語の授業はもちろん、多彩な国際交流プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成。その力こそ、グローバルリーダーへの道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

 

 

中学校・高等学校(一貫教育)のそれぞれのコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のそれぞれのコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

進路選択の“ストライクゾーン”が広い国際教養

多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びが強みを発揮。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律・経済・芸術分野などへも進学しています。

 

高校1年次

「地球規模の問題のルーツを知る」

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。

高校2年次

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

地球上のいたるところで起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。

高校3年次

「グローバル社会の各所に引かれた“境界線”を考える」

地球全体を一つのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、さまざまな観点から引かれる「境界線」が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえで境界線を軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身に付け、進路実現につなげる。

【想定進学先】*高校2年次より、国際教養コースは、進路目標別に、Tクラス/Sクラス/Aクラス に分かれます

Tクラス(思考力 シンキング):
    ・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える
    ・難関私大、国公立大への一般受験に対応した実践力の育成

Sクラス(スーパーイングリッシュ):
    ・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を養成
    ・海外大学や英語で授業が行われている大学、外国語系、国際系学部への進学に対応

Aクラス(アクティブラーニング):
    ・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成
    ・多様な進路とAO・推薦等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開

 

 

空間力をもって社会をデザインする女性リーダー教育の開発実践

文部科学省から「平成27年度スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校」*の指定を受けた文京学院では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー教育の開発実践」のテーマのもと、学院全体をあげて、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。
*今回のSGHアソシエイト指定期間は、平成27~31年度の5年間

文京学院SGHの学び~グローバル人材として養成する能力

1. 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点をもって把握できる能力(=空間力)
2. 「国境」を軽やかに越えることができる能力
3. 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
4. 対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

国際塾との連携

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。国際教養コースを選択した高校1年生と、国際教養コースのSクラスを選択した高校2年生は、1講座以上の受講が必須となります。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Drama、Graphic Designなど、ネイティブスピーカーの講師が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。

国際塾の主な特徴

・レベル・ニーズに合わせて受講可能な自由度の高い講座設定
・英語によるプレゼンテーション、ディスカッションの実施
・英語運用の能力伸張度測定テスト(GTEC)の実施
・伸張度に関するアドバイスやカウンセリングの実施
・国内国際系大学・海外大学進学希望者に対する進路アドバイス
・長期休暇には特別講座(例:TOEIC講座)を開講

国際塾の概要についてはこちらをご覧ください
国際塾の受講コースについてはこちらをご覧ください

DSC00223.JPG国際塾 (44).JPG国際塾 (33).JPG

Kokusai Juku

In addition to regular classes, students are always looking for an edge in their studies, to expand their knowledge base and gain experience beyond the regular classroom. Our Kokusai Juku program offers students the opportunity to stay after school and broaden their abilities through specialized courses delivered in English.

Our Kokusai Juku courses are designed to meet the needs of students who have a strong desire to serve the global community by increasing their own skills in English, and include reading, writing, listening, and presentation skills. The available courses in the after school classes cover a wide range of areas, from life-based conversation skills, to science-centered, and professional presentation studies via the famed TED Talks series.  A desire to make a difference is only the first step towards globalization, Kokusai Juku is here to offer an extra step towards helping make dreams come true.

 

 

多彩な海外研修

本校では、非常に多くの魅力的なプログラムが設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。下記語学研修・留学プログラムは全コースの希望者が参加可能ですが、「グローバルスタディーズ研修旅行」は国際教養コースの生徒のみ参加可能な研修旅行です。

研修旅行

対象コース 名称 渡航先 時期


国際教養

オージー・グローバル オーストラリア セントヒルダ女子高校 高2 7月(16日間)
シンガポール・グローバル シンガポール 高2 2月(5日間)
理数キャリア マレーシア・サイエンス マレーシア ランカウイ島 アンパン女子高校 高2 2月(6日間)
スポーツ科学 オージー・スポーツ オーストラリア セントマーガレット高校 高2 2月(6日間)
全コース 国内研修旅行 関西方面 高2 2月(5日間)
※いずれのコースも海外研修または国内研修を選択できます。
※中学研修旅行:関西方面(中3全員・4日間)

 

派遣留学・語学研修・科学交流 :SSH連携校以外はコースに関わらず参加可能

  派遣先 受入れ先 期間 対象学年
ロータリー
長期留学
合格後決定
(ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中南米、インド) ※1
現地高校 8月~翌5月末
約10か月
高1~高2
高2~高3
オタゴガールズ
長期留学
ニュージーランド
ダニーデン
オタゴ女子高校 1月~翌12月
約11か月
高1~高2
オタゴガールズ
中期留学
ニュージーランド
ダニーデン
オタゴ女子高校 7月~10月
約3か月
高2
St.Benedict English
Intensive Camp
アメリカ ミネソタ州 セントベネディクト大学 7月~8月
25日間
高1・高2
UK BEST イギリス ウースター ウースター大学 7月下旬
14日間
高1・高2
Maple BEST カナダ ビクトリア ビクトリア 7月下旬
11日間
中3
SSH研究連携校※2 タイ  プリンセスチュラポーン科学高校
ペッチャブリー校
1月 理数キャリアコース
British Hills 福島
ブリティッシュヒルズ
ブリティッシュヒルズ 12月(3日間) 中1・中2
※1:決定権はロータリーにあります。 ※2:選抜制

 

AG8.JPGのサムネール画像のサムネール画像IMG_0108.JPGAU1.JPG

 

このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校1年生:ポン菓子作り体験(SS国際情報)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

01月

18日

2016

高校1年生の学校設定科目「SS国際情報」の授業で、ポン菓子作りを体験しました。授業では稲作体験を教材として用い、お米の生育や成分分析について学習を進めてきました。今日はお米の活用について実践的な勉強です。加熱と気圧を利用したお米の変化を楽しく、おいしく、学ぶことができました。

(情報科 関口 記)

pon1.JPGpon2.JPGpon3.JPGpon4.JPGpon5.JPGpon6.JPGpon7.JPGpon8.JPGpon9.JPG

SSH・SGH研究成果報告会

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

12日

2015

本校は、SSH(Super Science High school)およびSGH(Super Global High school)アソシエイトに指定されています。本日は、その「研究成果発表会」が行われました。
関係各所からご来賓をお招きし、「公開授業」として通常の授業を見学していただきました。公開授業は3時間目と4時間目に設定され、「学際科学・SS数理演習(高校1年 理数キャリアコース)」「SSプレカレッジⅠ(高校2年 理数クラス)」「SSコミュニケーション(高校2年 理数クラス)」「数学Ⅰ(高校1年 国際教養コース)」「古典B(高校2年 文理クラス)」「中学総合学習(中学1年 全クラス):ファンデーションプログラム」「中学総合学習(中学2年 アドバンストサイエンスコース):探求の技法」の授業を見学していただきました。
午後は会場をBAL Studioに移し、「SSH・SGH課題研究ポスター発表会」を行いました。ここでは、タイ・プリンセスチュラボーン高校との国際科学口中「T-JSSF2015」で発表予定の研究成果をはじめとして、「SSH学校設定科目(学際科学・SS数理演習・グローバル環境科学)」および「SGH学校設定科目(探求の技法・探求の根源)」における取り組みや研究成果の発表、「SSクラブ(課外活動)」での課題研究(個人・グループ)の成果発表等が行われました。これまで行ってきたグループや個人による研究をまとめたポスターが所狭しと並べられ、各ポスターの前では担当者がプレゼンテーションを行います。ご来賓や、他のコースの生徒、他のグループ生徒が熱心にそのプレゼンテーションに耳を傾け、その後質疑応答が行われました。想定外の質問なども投げかけられ、慌てる生徒もいましたが、そうした対応を含めて、素晴らしいプレゼンテーションが披露されていました。

7dede8c312a754671d3f07b7cc5cabda938f7737.JPG05b13c510a527a412b817d4ad9054be8e472de12.JPG2be02f75eca3538ddd956ec3eaee54735221b943.JPG

口頭発表を担当した生徒もいます。理数クラスの高校2年生と、理数キャリアコースの高校1年生です。大勢の人たちの前で行う英語でのプレゼンテーション(資料も英語で制作)ということもあり、準備も大変だったと思われますが、その甲斐あってか、内容・発表ともに素晴らしいプレゼンテーションでした。特に印象的だったのは、2番目に発表した高校1年生。プレゼンテーション後の英語による質疑応答で、思ったように答えられなかったのか、解散後、BAL Studioの片隅で涙が溢れてきてしまいました。すぐに同じクラスの生徒と担当教員が駆け寄り、肩を叩いたり、ハグしたりと、絆の強さを感じる場面でした。同時に、悔しい思いをしたことと思いますが、今回の経験が、今後彼女の人生における様々な場面で役に立つことでしょう。こうした嬉しい「経験」、悔しい「経験」を通して学んでいくことが、本校での学びの特徴のひとつだと言えます。

(広報部 松崎 記)

3061b1553a69b5f4f1f2e426637a2f94e1da82a1.JPG80c84a5e181dd5e20e3e8ce3900e5e147aef2315.JPG68e751483f34a46da70ac8c24519cfd06e2da1cf.JPG

平成27年度 SSH・SGH研究成果発表会 ポスター発表のタイトル

学年 クラス/コース ポスタータイトル
1 理数キャリアコース 「円周率πについて探る」
1 理数キャリアコース 「イカから光のもとをとりだそう!」
1 理数キャリアコース 「コメのとぎ汁の参加防止効果」
1 理数キャリアコース 「音の振動数が植物の成長に与える影響」
1 理数キャリアコース 「イヤホンと外部スピーカーで音楽を聞くことが暗記学習に与える影響」
1 理数キャリアコース 「植物の再生」
1 理数キャリアコース 「クロロゲン酸の緑化現象を利用したお米への着色」
1 理数キャリアコース 「梅干しの殺菌効果」
1 理数キャリアコース 「シャボン玉の割れる時間」
2 理数クラス 「Flame Emission Spectrometry of Two Metal Compounds」
2 理数クラス 「Pregelatinization Increase GABA in Japanese and Thai Rice」
2 理数クラス 「Deodrant Effect of Coffee Beans」
2 理数クラス 「The Relationship between Posture and Concentration」
2 理数クラス 「Hallux Valgus Incidence Rate and Age-related Differences among Young Women」
2 理数クラス 「Change in Body Color of Marble Crayfish Fed Caroten」
2 理数クラス 「Late-Planted Rice - An Analysis of Growth and Nutrition」
2 理数クラス 「The Greening Progression of Garlic Soaked in Vinegar」
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究①:根の重量比較」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究②:1穂の米数」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究③:草丈の比較」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究④:葉色の比較」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究⑤:米の重量比較」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「稲の生育と土の量の関連性の研究⑥:米の栄養素検査」 (2グループ)
1 理数キャリアコース 「水溶液の違いによる蒸発量の変化」
1 理数キャリアコース 「光と色の関係性」
1 理数キャリアコース 「接触する物質の違いによる蒸発量の変化」
1 理数キャリアコース 「布の違いによる乾く速さの変化」
1 理数キャリアコース 「水とアルコールの乾く速さ」
1 理数キャリアコース 「水の色による蒸発量の違い」
1 理数キャリアコース 「LEDライトの色による水の蒸発量の違い」
1 理数キャリアコース 「植物性繊維タオルの乾きやすさ」
1 理数キャリアコース 「干し方による乾き方の違い」
1 理数キャリアコース 「温度と蒸発量」
1 理数キャリアコース 「タオルの質による乾き方の違い」
1 理数キャリアコース 「濡れたタオルを加圧して乾かす」
1 理数キャリアコース 「水が空気に触れる表面積の変化」
1 理数キャリアコース 「タオルの色によって変化する乾き方の変化」
1 理数キャリアコース 「塩分濃度によるタオルの乾く速さの違い」
1 理数キャリアコース 「水の状態とタオルの乾き方の違いについて」
1 理数キャリアコース 「減圧による蒸発量の変化」
1 理数キャリアコース 「タオルの位置と新聞紙の関係」
1 理数キャリアコース 「グローバル環境科学:小笠原研修旅行報告」 (7グループ)
1 国際教養コース 「世界と日本の給食の違い」
1 国際教養コース 「国々の学力の差」
1 国際教養コース 「日本食が外国で人気な理由」
1 国際教養コース 「Immigrant」
1 国際教養コース 「近代化した社会」
1 国際教養コース 「世界の食事のマナー」
1 国際教養コース 「世界の死刑について考えてみよう」

 

高校1年生:GTEC Speaking Testを初体験

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

5日

2015

高校1、2年生は昨日で第2回目の後期中間考査が終了しましたが、本日はベネッセコーポレーション「GTEC for STUDENTS」を受験しました。このテストは、Reading、Writing、Listeningだけでなく、Speakingを含め英語の4技能を測定することができます。
高校1年生にとっては、今回初めてのSpeaking Testとなりました。普段の英語会話の授業や英検などの面接試験とは異なり、タブレットから出る音声指示に対して自分の解答を録音していく方式であるため、全員が一斉に同じ試験を受験することができます。生徒たちは、初めてのタブレット受験に四苦八苦しながらも、頑張って受験していました。
結果が返却されるのは約1ヶ月後。普段の授業や、国際塾の授業の成果が発揮されていることと思います。

(高1学年担任 坂井 記)

bd4005c2610c17d35d2d5a0e53d39fdfe1c22562.JPGf5877725fc942f9cb6688b874cd26c7c80979be2.JPGgtec speaking with ear phone.JPG

高大連携アクティブラーニング大会

[ カテゴリ:国際教養 ]

12月

5日

2015

現在、日本社会全体のグローバル化に向けて、全国の教育機関が様々な取り組みを行っています。本校ではその一環として、高大連携アクティブラーニング大会に参加しています。ここでは、「ローカルな社会」の変化から日本のグローバル化を探ることを目的として、高校生が大学生と一緒に『日本の商店街』について調査と提言をまとめています。
本日はその中間報告会として、神奈川県にあるカリタス女子高等学校+東京海洋大学のチームをお迎えしてBAL Studioで発表会を行いました。会場には本校国際教養コースの1年生約60名も参加し、即席の審査員としてそれぞれのプレゼンテーションを評価していきました。それぞれの観点での好評価、また手厳しい意見もありましたが、今後自分たちでも行っていくプレゼンテーションの参考にもなったと思います。なお、今回の中間報告を元に、12月19日(土)には横浜にある桐蔭学園高等学校で本大会が行われることになっています。

(進路支援部長 佐藤 記)

参加チーム
①文京学院×慶應義塾大学+東京海洋大学チーム
 “From Clean to Clear, from Nakano to the World”

②カリタス女子×東京海洋大学チーム#1
 “Take away the Wall!

③カリタス女子×東京海洋大学チーム#2
 “Globalization of Japan - Hints from Shoten-gai”

20151205active2 (1).JPG20151205active2 (8).JPG20151205active(3).JPG20151205active2 (14).JPG20151205active2 (10).JPG20151205active2 (16).JPG

後期中間考査②(期末考査)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

2日

2015

後期中間考査②および後期期末考査が始まりました。高校1年生と高校2年生にとっては、後期2回目となる中間考査で、高校3年生にとっては高校生活最後の定期考査になります(高校1・2年生は2月に期末考査を実施)。考査は4日まで実施され、1日2~3教科を受験します。

(広報部 松崎 記)

20151202test (1).JPG20151202test (2).JPG20151202test (3).JPG

前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15