コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校2年生:「ICT Conference 2015」に参加しました。

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

10月

16日

2015

10月11日に高校2年生が「高校生 ICT Conference 2015 in 東京」に参加させて頂きました。5校18名の高校生が4つのグループに分かれ、それそれが「大人が作った子どものルール&マナーを考える」をテーマに熟議を行い、「身近なケータイやインターネットの問題を通して、共に考え、議論し、まとめ、発表することで、コミュニケーション力とプレゼンテーション力を育む」機会にすることができました。以下は参加生徒の感想文です。

『今回初めて参加してみて、自分以外の高校生がネットの使い方についてどう思っているのか知ることができました。私はこのように他校の生徒と一つのテーマについて話したことがなかったので、この経験は新鮮なものでした。一つのテーマでグループ討議した内容を発表したことで絆も生まれ、他校生に友達を作ることもでき、充実した一日でした。』

1 ict.JPG2jukugi.JPG3 happyou.JPG

 

 

高校1年生:次年度クラス・科目選択説明会

[ カテゴリ:国際教養 ]

10月

14日

2015

国際教養コースは、来年度のコース・科目選択の説明会を行いました。クラスは、自らの進路を考えて、アドバンストα、アドバンストβ、スタンダードから選択します。科目選択も大学受験を意識して決定しなければなりません。1年生もちょうど折り返し点、今後を考える契機にしてほしいところです。

(高1学年代表 岡本 記)

20151014-01.JPGのサムネイル画像20151014-02.JPGのサムネイル画像20151014-03.JPGのサムネイル画像

高校2年生:古典B(『源氏物語』暗唱テスト)

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

10月

13日

2015

1013ansho.JPG今日は、『源氏物語』の冒頭部分について、暗唱のテストでした。暗唱することで、古文のリズムがしっかりと身につきます。また、練習で何度も口にするうちに、単語や場面の意味が自然と思い浮かぶようになります。何より、世界最古の長編小説と言う価値ある物語の冒頭部分は、教養として身につけておきたいものです。みんな、目をつぶったり、手や指を動かしながら、暗記した章句を一生懸命思い出して唱えていました。周囲の友だちも、無言の応援をしていました。

(高2学年代表 田島 記)

 

いづれの御時にか、女御、更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。はじめより我はと思ひあがり給へる御方々、めざましきものに、おとしめそねみ給ふ。同じほど、それより下﨟の更衣たちは、まして安からず。朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふ積もりにやありけむ、いとあつしくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして、人のそしりをもえ憚らせ給はず、世の例にもなりぬべき御もてなしなり。

第2回 英検

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

10月

10日

2015

今年度2回目の「英検」が実施されました。今回は中学生70名、高校生120名が受験しました。本校は準会場となっているため、慣れ親しんだ環境で受験できるというメリットがあります。恵まれた環境で、普段の英語学習や国際塾での学習の成果が存分に発揮できたことと思います。

(広報部 松崎 記)

%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B (2).jpg%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B (1).jpg%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B.jpg

高校3年生:進学棟の放課後

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

10月

8日

2015

無事にセンター試験の願書提出も終わり、進学棟はますます受験ムードが高まっています。放課後の「進学講座」では、本日は今泉教諭の古文、佐藤進路支援部長の英語の講座が行われていました。理数クラスの教室では、薬学部志望の生徒を対象とした高山教諭による実践面接練習も行われていました。また、BAL Studioに併設されている自習スペースでも多くの生徒が赤本や問題集に取り組んでいる様子が見られました。

(広報部 松崎 記)

20151008 (2).jpg20151008 (1).jpg20151008 (3).jpg

前の5件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18
資料請求