コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校3年生:文理クラス Communication英語Ⅲ

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

11日

2015

受験を目前に控えた高校3年生。文理クラスのCommunication英語Ⅲの授業では、現在「水の枯渇」という避けては通れない問題に関する教材を扱っています。ただ英文を読んで情報を得るだけでなく、それに対する自分の意見を持ち、更にそれを伝えることを目標に設定しています。
本日は、読んだ英文内容の定着をねらいとして、英文に関する自作の問題(英語)を出し合うというアクティビティを行いました。問題を作るという作業は、想像以上に難しいものですが、生徒たちはしっかりと英文の内容を理解し、なかなか骨のある問題をペアの相手に投げかけていました。問答が終わると、相手をかえて再び問題を投げかけあいます。相手が答えられない場合は、ヒントを含めて、相手に答えを説明してあげます。その過程で知識の定着が期待できるアクティビティです(Learning by teaching)。

(広報部 松崎 記)

P1070848.JPGP1070849.JPGP1070851.JPG

高校3年生:キャリア教育「18歳の誕生学」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

10日

2015

20150909tanjyo-gaku (4).JPG

本日5・6時間目は、高校3年生を対象に「18歳の誕生学」の講演会を実施しました。
講師は、誕生学アドバイザーの長谷部しのぶ先生です。

○からだの変化とそれに応じたケア
○異性とのコミュニケーションについて
○命を産み出す存在として、自分のこころとからだをどのように大切にするか

についてお話いただきました。
赤ちゃんは、食事を与えたり、身のまわりのお世話をしても、微笑みかけたり言葉をかけないと育たない。今、ここに元気に存在することができる皆さんは、「毎日抱かれた歴史の持ち主」など こころに残る、自尊感情を育んでいただくような言葉をたくさんいただきました。
後半はグループをつくり、母親となった生活をイメージするためのワークショップを行いました。現在の1日の生活と、出産後の生活を円グラフにしてみた生徒たちは、「自分の時間がな~い」と育児にかかる時間の多さに驚き、「お母さんがひとりでトイレに行くことはできるの?」「自分の時間をつくるために、育児はおばあちゃんに任せる~!」など、いろいろと感じたこと、素朴な疑問を話していました。

生徒たちは、高校を卒業すると、学生であっても半分おとな扱いされ、自律的な行動が求められます。大学卒業後、2~3年で母親になる人も少なくありません。近い将来、社会人になって行く生徒たちが、女性として豊かで幸せな人生を送るためのたくさんのヒントをいただきました。
3年生は、目前の大きな目標達成に向け、猛勉強の真最中ですが、その先にある長い人生に欠かせない性のあり方について、考え続けて欲しいと思っています。

(キャリア教育支援部長 沢柳 記)

20150909tanjyo-gaku (2).JPG20150909tanjyo-gaku (6).JPG20150909tanjyo-gaku (9).JPG

高校3年生:始業式直後

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

1日

2015

R0000038.JPG

高校3年生用校舎「進学棟」では、始業式が終わるとすぐに、佐藤 進路支援部長監修による「動詞語法100題テスト」を全クラスが受験しました。夏休み明けということで、生活のリズムが崩れたりはしていないだろうかという担任たちの不安をよそに、生徒たちは真剣に40分間のテストに臨んでいました。さすがは受験生です。
テストが終わると、夏休みの話に花が咲いたのでしょうか。いつも通り元気な声が聞こえてきました。

(広報部 松崎 記)

高校1年生:新メンバー

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

1日

2015

20150901-01.JPG20150901-02.JPG高1学年に、留学生1名と、転入生1名を迎えました。新メンバーを加えての新学期のスタートです。

高校1年生:Global Studies Seminar アクティビティ(その3)

[ カテゴリ:国際教養 ]

08月

23日

2015

Global Studies Seminarの最終日、JICA地球ひろばを訪問しました。

まず最初に、海外青年協力隊としてラオスに派遣された経験がある「地球案内人」の方から現地での体験談を伺いました。

ラオスでは、バッグの生産・販売を軌道に乗せる支援をなさったそうですが、品質管理や接遇など日本では当たり前のことでもラオスでは初めから説明しなくてはならない、というような苦労があったそうです。そもそも、自給自足で暮らしている現地の人々に、「物を売る」という概念がなく、それを理解してもらうのが大変だったそうです。
一方、お話を聞いた生徒からは、「女性ならでは苦労した事は」「食べられなかった物はありますか」など滞在中に関する色々な質問が出ました。

その後、施設内の体験ゾーンで、世界が直面する多くの課題についての展示を見学・体験しました。ここでは、地球案内人の皆さんから実際に地雷や食料事情の話を聞いたり、展示物を触って体験することも出来ます。

午前中の英語特別講座で「大気汚染と水不足」「ごみから靴を作る」などのトピックを学んできたこともあり、関連する展示には特に興味深く見学していました。また、さまざまな国の民族衣装の試着もできました。

日本にいながら、世界の問題を疑似体験できた事で、生徒の視野が広がっていったのではないでしょうか。

DSC00322.JPGのサムネイル画像     DSC00330.JPGのサムネイル画像     DSC00328.JPGのサムネイル画像

前の5件 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21
資料請求