資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校1年生:Global Studies Seminar アクティビティ(その2)

[ カテゴリ:国際教養 ]

08月

22日

2015

高校1年の国際教養コースを対象としたGlobal Studies Seminarでは、世界規模で活動しているさまざまな組織を訪問しています。

8月19日と8月20日に2つのグループに分かれて、外務省を訪問しました。当日は外務省の現役の職員の方々に省内を案内してもらった後に外務省での仕事についての説明を聞きました。

最初に案内されたのはテレビ中継で見ることができる記者会見室でした。記者会見室にはテレビ局と直接繋がっている機材や通訳の部屋など様々な設備がありました。机が下がることで座りながら喋ることができる、カメラ写りを良くする光を反射する板が用意されているなど様々な工夫に生徒は驚いていました。記社会見室を出る前に、壇上に上がり集合写真を撮りました。

他にも日本庭園や大臣専用エレベーターなど見所がたくさんありました。日本庭園が見える正門エントランスで集合写真を撮りました。

最後に現役の職員の方から外務省についての説明を受けました。外務省は一番女性が多い省だそうです。最も職員の数が少ない省でもあるそうです。また外務省に勤めた際は最低でも2年間は海外での研修があるそうです。生徒達は2年間の研修でどんなことを学べるのか、現地での暮らしについて質問をしました。他にも食事や国民性など他にも様々な質問が出ました。現役の女性職員から国際社会で活躍するアドバイスを聞くことが出来る貴重体験でした。

また国際交流に興味があるなら日本の文化を1つか2つ紹介できるようになっておくと良いということでした。習字や着物の着付けや料理などがおススメとのことです。

国際社会で活躍する女性になる上で参考になることばかりだったと思います。今回の訪問で生徒達は国際交流についてより深く知ることが出来ました。

外務省 (3).JPG外務省 (4).JPG外務省 (6).JPG外務省 (7).JPG外務省 (11).JPG外務省 (13).JPG

高校1年生:Global Studies Seminar アクティビティ(その1)

[ カテゴリ:国際教養 ]

08月

22日

2015

高校1年の国際教養コースを対象としたGlobal Studies Seminarでは、世界規模で活動しているさまざまな組織を訪問しています。

世界各地に取材拠点を持つ読売新聞東京本社には、52名が2グループに分かれて訪問しました。
初めに記者の方々のお仕事を映像で紹介していただいた後、編集局を見学させていただきました(写真撮影はできませんでした)。次に展示物を見ながら新聞の歴史をクイズ形式で学習したり、カラー印刷のしくみを体験したりしました。

そして、今回のメインは取材体験です。模擬記者会見に参加したり、タブレットを利用して取材に出る疑似体験をしたりして記事の作成に取り組みました。必要な情報を集め、わかりやすく伝わりやすい文章を書く練習にもなりました。

P1040600.JPGのサムネイル画像P1040616.JPGのサムネイル画像P1040612.JPGのサムネイル画像

高校1年生:Global Studies Seminar 2日目

[ カテゴリ:国際教養 ]

08月

21日

2015

高校1年の国際教養コースを対象に実施中のGlobal Studies Seminar、午後は世界規模で活動しているさまざまな組織を訪問しています。

2日目には、38名の生徒が世界各地に拠点を持つ総合商社の丸紅株式会社を訪問し、「中高生のための総合商社講座」を受講しました。

初めは「高校生にはあまりなじみのない業界の話」という印象を持って受講していた生徒たちでしたが、とても身近な商品が、実は丸紅が取り扱っているものと深く関わりがあるということをお聞きして、だんだん「総合商社」のイメージが具体的になってきました。

また、CSR(企業の社会的責任)についての講義を通じて、企業で働くひとりひとりが、利益を追求するだけでなく世の中の役に立ちたいと考え行動することの大切さを知りました。

最後に、インドネシアや東ティモールに駐在経験をお持ちの方から、海外駐在の体験談をお聞きしました。日本とまったく異なる状況にある国で働くことの大変さややりがいを熱く語っていただき、生徒たちもとても刺激を受けたようでした。現地で習得なさったインドネシア語も披露してくださり、さながら「ミニ・インドネシア語講座」のようでした。

P1040623.JPGP1040635.JPG

高校1年生:Global Studies Seminar 1日目

[ カテゴリ:国際教養 ]

08月

20日

2015

高校1年の国際教養コースを対象とした「Global Studies Seminar」が8月19日から4日間の日程で始まりました。

P1040589.JPG

4日間とも、午前中は校内で英語の特別授業を行います。普段の授業とは異なり、次の4テーマで授業を展開しています。

*Global Issues(地球規模の課題について英語で学ぶ)
*英字新聞に挑戦
*中学英文法の総復習
*模試の問題に慣れる

そして、午後は校外に出て世界規模で活動しているさまざまな組織を訪問します。

 

英語「を」学ぶだけでなく、英語「を使って」グローバル社会で活躍する将来をイメージすることがこの行事の目的であり、本校がめざすグローバル人材育成の基本的な考え方です。

前期期末考査

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

07月

3日

2015

前期期末考査が始まりました。これまでの学習の成果を試すうえで、非常に重要なテストになります。高校1年生にとっては、初めての期末考査です。中間考査よりも受験科目数も増え、より計画的な学習が求められます。
高校3年英語クラス(国際教養コースの前身となるクラス)では、土曜日の2、3時間目に、GTEC(ベネッセコーポレーション)も行われました。本校では、継続的にGTECを受験し、「読む」「聞く」「書く」(前回は「話す」も加わりました)能力を総合的に計測。その後の学習・モチベーション向上につなげます。

(広報部 松崎 記)

DSC04412.JPGDSC04415.JPGDSC04413.JPG

前の5件 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22
<