資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

ペン習字テスト

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

26日

2015

20150626-01.jpgこれも前期の締めくくりのペン習字テスト。普段の積み重ねが反映するでしょうか。

高校1年生:探究の技法・根源の探究

[ カテゴリ:国際教養 ]

06月

20日

2015

いよいよ中間報告が来週に迫ってきました。
調査が「追い込み」段階で少し焦っているチーム、報告時に示す資料を作成しているチーム、報告内容の整理もできて自主的にリハーサルを行っているチーム...。ペースはそれぞれですが、どのチームもメンバー全員が一生懸命自分の仕事に取り組んでいます。
来週の中間報告では、担任以外の教員もアドバイザーとして立ち会います。どんな報告になるのか、楽しみです。

IMG_0232.JPGIMG_0236.JPGIMG_0235.JPG

 

高校1年生:探究の技法・根源の探究

[ カテゴリ:国際教養 ]

06月

16日

2015

前回、チーム編成とテーマ選びを済ませた1年楓組ですが、限られた時間で中身の詰まった研究をするには、テーマの決め方に曖昧さが残るチームが多くありました。
そこで、今回は、研究対象の絞り込みを中心に、担任の助言も参考にしながら各チームで話し合いを進めました。学校教育について国際比較をするチームでは、経済状況や地理的な位置などを考慮しながら、どの国を比較対象にするか検討しました。また、テレビの教育番組について研究するチームでは、自分たちの幼少期に親しんだ番組を思い出しながら、それぞれの番組が視聴者の目をそらさせないためにどのような工夫をしているのか、意見を出し合っていました。

夏休み前には、これまでの研究の進捗を報告し合う「中間報告」の機会が設けられます。

 

IMG_0217.JPG     IMG_0219.JPG

高校3年生:終礼直後

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

15日

2015

IMG_5752.JPG

本校では、15:20に6時間目が終わり、その後終礼が行われ、15:40頃から放課後となります。本日も、3年英語クラス(国際教養コースの前身となるクラス)の終礼はいつも通りに終わりましたが、多くの生徒が教室に残り、黙々と自己採点を始めました。終礼で、先日実施された進研模試の解答・解説が配布され、早速それを使って自己採点が始まったのでした。進路支援部の指導や教科担当者からのアドバイス、塾の先生をお招きしての進路講演会等で、模擬試験の「振り返り」をすることの重要性を知っているがゆえの行動です。担任から特別な指示があったわけではなく、自主的に始まった本日の自己採点。「鉄は熱いうちに」という通り、極力記憶が新しいうちに、「根拠をもって正解した問題」「偶然正解してしまった問題」「不正解だった問題」に分類し、後者2種類を中心に復習を行います。こうした地道な努力の積み重ねが、大きな成果につながることを信じてやみません。

(高3学年担任 松崎 記)

高校1年生:学年集会・カリキュラム説明会

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

06月

15日

2015

20150610-01.JPG20150610-02.jpg学年集会で、始めて集会委員が前に立っての校歌・信条。翌日の体育祭に向けて、と思いましたが、今ひとつ元気が無く。集会委員は慣れないながらも頑張ってくれました。

続けて、教務の先生から、来年の選択科目についての説明を受けます。まだ入学したばかりですが、夏休みまでには、今後の進路の道筋をつけなければなりません。大変です。じっくり考えて欲しいものです。

(高1学年代表 岡本 記)

前の5件 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23
<