資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校1年生:学年オリエンテーション①

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

04月

7日

2015

20150407 学年オリエンテーション①01.JPG20150407 学年オリエンテーション①02.JPG高校新入生の学年オリエンテーションを行いました。

まず、服装を整え、礼の仕方の指導がありました。すぐに、全員きちんと揃った礼ができるようになりました。続いて、保健室の使い方、キャリア教育についての説明がありました。

 

最後は生徒指導部長から、生活指導の諸注意です。一回では覚えきれないくらいたくさんのルールがありますが、「聞いていなかった」では済まされない大事なことばかりです。真剣に聞いてくれたことと思います。
予定されていた学年代表講話は、時間切れで延期に。

(高校1年学年代表 岡本 記)

海外大学進学説明会:College of Saint Benedict

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

17日

2015

説明する二人.JPG

本日は希望者を対象にアメリカ合衆国ミネソタ州にあるCollege of Saint Benedictの説明会を行いました。

説明を担当してくださったのは、同大学を卒業し、本校併設大学に勤務中の2名です。College of Saint Benedictは、豊富な自然に囲まれており、北海道が入るくらいの大きさがある五大湖の1つスペリオル湖とキャンパスが繋がっています。なんと、湖は冬には雪で凍り、スキーやフィギアスケートと様々なウィンタースポーツを満喫することが出来るそうです。校内にあるスターバックスでコーヒー飲みながらスケートを楽しむ、夏は大学対抗のレガッタをするなど、季節ごとの楽しみが盛りだくさんです。学生にはスキー板やボートなどの道具はすべて無料で貸し出しをしています。そして、クリスチャン系の学校であるため、キャンパスには礼拝堂や教会などの施設があり、湖のそばにはチャペルがあります。“在学中に凍った湖の上を通ってチャペルまで行ったカップルの8割が将来結ばれる”といった、アメリカの大学ならではの七不思議などもあり、生徒も興味津々といった様子でした。

べ根 キャンパス.jpg豪華な寮 べ根.jpg対話式授業 べ根.jpg

 このような、非常に恵まれたキャンパスの中で、ありとあらゆる分野の学問を学ぶことができます。一般的な日本の大学のように、受験時に学部・学科を選ぶのではなく、2年次の最後に、自分の専門を選ぶことになります。

【College of Saint Benedictで学ぶことができる専門分野の例】

Ethics Art Music Communication English
European Studies Hispanic Studies History Language and Cultures Philosophy
Theology Astronomy Biochemistry Biology Chemistry
Computer Science Mathematics Natural Science Numerical Computation Nursing
Nutrition Physics Accounting and Finance Economics Education
Exercise Science and Sport Studies Global Business Leardership Peace Studies Military Science Political Science
Psychology Social Science Sociology etc...  

 

真剣に聞く様子.JPG

1年生の間はリベラルアーツを中心とし、幅広い分野の学問を学ぶことができます。同時に、この1年間には、大学生活に馴染むための行事が多くあるとのことです。授業も対話を重視するものが多く、生徒が問題提起をするなど、生徒が主体的に授業に参加することが求められます。また、1年次と2年次は寮に住むことになっています。まずは、2人で1部屋を使い、3年目からは4人で1つの家を使うことになるそうです。日本の大学とは違うキャンパスライフやカリキュラムに、説明会に来た生徒は強く惹かれていたようです。

College of Saint BenedictのHPでは、入試方法などの情報が詳しく掲載されています。ご興味のある方はこちらをご覧ください。

「英語 Top Level」講座が始まりました。

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

14日

2015

受験"0"期生(現高校2年生)対象の、『英語Top Level講座』が本日より始まりました。
担当するのは、現役河合塾講師で、多くの参考書・問題集の著書でもある、柴田 卓也 先生です。先月、模擬授業を実施していただき、その解説の的確さや知識の豊富さを目の当たりにした生徒たちが、今回の講座(春季講座)に申し込みました。文字通り、内容はトップレベル。初めて本格的に柴田 先生の講座を受けた2年生たちの表情からは、少し焦りの色が見えました。ですが、これは毎年のこと。実際、この講座を受講した今年の卒業生は、青山学院大、立教大、明治大、法政大、中央大、学習院大、東京農業大など、いわゆるG-MARCHレベルの大学入試に合格しています。
なお、柴田 先生による講座以外にも、「進学講座(通年・夏季休暇)」、「直前講座(冬季休暇)」、「小論文講座」など、目的や受験方法に合わせた課外講座が数多く設定されています。

DSC03355.JPGDSC03350.JPGDSC03346.JPG

河合塾から講師をお招きしての「進学講演会」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

9日

2015

Spring Seminar最終日の午後のイベントは、学校法人河合塾 池袋校から竹脇 様をお招きし、2月5日に実施され、先日結果が返却された「全統 マーク高2模試」を振り返る「進学講演会」です。具体的な振り返りは各教科担当者が授業や講座等で行いますが、模試全体の講評や、今後受験に向けて何を、どう、進めていくべきなのかを、詳細なデータを元にお話していただきました。竹脇 様には、継続的に本校でこうした講演会をご担当いただいており、それぞれの時期に応じたアドバイス、時には激励をいただいております。4日間のSpring Seminarが終わったばかりでしたが、さっそくアドバイスを受け、「今晩、○○に着手する」などと、参加した生徒たちは意気揚々と帰途に着いていました。

DSC03246.JPGDSC03243.JPGDSC03248.JPG

海外帰国生対象:大学入試説明会

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

03月

9日

2015

Spring Seminar最終日ですが、午後の講演会に続いて、海外帰国生の希望者対象に、大学入試説明会が行われました。説明担当は、本校「グローバル教育センター」の国際教育交流主任の杉本 教諭。これまでの経験に加え、様々な関連セミナー、勉強会から得た膨大な情報を集約し、集まった生徒たちに分かりやすく説明してくれました。海外帰国生たちが得意とする語学力、海外生活で得た貴重な経験など、それぞれに適した進路や受験方法を約1時間かけてアドバイスしてくれました。会の後も、個別に生徒たちの質問に答えてくれました。会の後、参加した生徒たちは、「やるべきことがはっきりした」「(TOEFL) iBTの対策をしなきゃ」などと、一様に目を輝かせて話してくれました。今後も、引き続き、生徒たちに有益な情報を提供していくことになっています。

DSC03251.JPGDSC03254.JPGDSC03255.JPG

 

前の5件 19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
<