コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

1年英語クラス:酒井先生による"シャドーイング"指導

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

02月

13日

2015

英語多読の授業では、読むだけでなく様々な活動を通して聞く力・話す力・書く力を伸ばしていきます。今日はその方法の1つ、シャドーイングの練習です。シャドーイングとは、シャドー(shadow)、つまり影のように音にピッタリくっつく、つまり音が耳に入った瞬間に繰り返して発話するという訓練方法です。同時通訳の訓練としても用いられているそうです。
今日は酒井先生のシャドーイングのポイントを伺い、早速練習しました。

006.JPGシャドーイングのポイントは
①頭をからっぽにする
②耳と口を直結させて、聞こえたままを発話する
③最初はモゴモゴでOK

シャドーイングをすると、発音がよくなる・リスニングができるようになるだけでなく、英語のリズムが自然と体に染み込みます。そうすると、どこで息継ぎをするのかがわかってきます。息の切れ目は意味の切れ目です。意味の切れ目がわかると、読む時もスラスラ読めるようになります。
発音がよくなる、リスニングができるようになる、スラスラ読めるようになる、という一石三鳥なのがシャドーイングです。

「多読」:生徒による「おすすめコーナー」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

02月

13日

2015

本校では、英語の時間に、週に1度「多読」を行っています。普段は「多読の部屋」と呼ばれる英語の本に埋もれた教室で実施していますが、図書室にも洋書がたくさんあります。授業中だけでなく、借りて好きな時に読むこともでき、「ちょっとかっこいい」から電車の中で英語の本を読んでいるという生徒もいます。
 今日は図書室での多読授業です。図書室には今、「洋書おすすめコーナー」があります。生徒が好きな本を紹介するカードを書き、その中の優秀作品を本と一緒に展示しています。どのカードもとても上手で、うまく工夫してあり、生徒の本に対する愛情も伝わってきます。人気投票も実施中で甲乙つけがたい作品が並ぶ中、誰の作品が入賞するのか楽しみです。
また、今日は本校の多読支援をして下さっているNPO多言語多読の酒井 邦秀 先生も来て下さりました。生徒からの多読についての質問におもしろおかしく答えて下さり、生徒も真剣に耳を傾けていました。

DSC02552.JPGDSC02554.JPGDSC02562.JPGDSC02556.JPGDSC02557.JPGDSC02558.JPGDSC02559.JPGDSC02567.JPGDSC02564.JPG

柴田 卓也先生による『英語Top Level講座』

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

02月

7日

2015

本校では、受験生対象の「進学講座」「直前講座」を数多く設定し、授業外でも受験対策を行っています。そのなかでも、毎年多くの受験生が受講しているのが『英語Top Level講座』です。
この講座の講師は、現役河合塾講師の柴田 卓也 先生です。東進ハイスクール、そして河合塾という大手予備校で教鞭をとり、多くの受験生を難関大学・志望大学へ導いていらっしゃるだけでなく、多くの参考書・問題集の著者でもあります。柴田先生が本校で講座を担当されるようになって10数年。授業のレベルや教材の豊富さはもちろんですが、受講生を飽きさせない話題と話術、そして個別の質問や添削などに親身になって応対してくださる人柄から、難関大学へ進学する生徒の多くが柴田先生の講座を受講してきました。本日は、3月から始まる現高校2年生対象講座の模擬授業をしていただきました。スピーディかつ的確な解説を聞き、生徒たちは「いよいよ受験が始まったんだ」という実感をもったようです。
講座への申し込みは来週から始まります。

R0251449.JPG     DSC02451.JPG     DSC02448.JPG

高校2年生:河合塾「全統マーク模試」

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

02月

5日

2015

中学1・2年生と高校2年生は実力テストを受験しました。加えて、午後には中学1・2年生を対象に、英語力を総合的に測定する「GTEC(ベネッセコーポーレーション)」も実施されました。本校での英語学習効果が測られると同時に、今後の大切な資料となります。そのことを理解している中学生たちは、必死に問題に取り組んでいました。また、高校2年生が受験した「全統マーク高2模試(河合塾)」は、受験本番に向けて重要な志望校判定が行われること、そして今後の学習課題をあぶりだせることから、生徒が全力で受験するのはもちろん、教員側も様々な方法で応援してきました(冬休みや放課後に講習を実施した科目もありました)。昼休みに入ると、該当する参考書のページを確認してみたり、「先生が言っていた方法を試してみた!」「問6(の答え)は...だよね?」など、お弁当を食べながら反省会が始まっていました。

どちらも今後の学習の成果と現在の課題を見出し、今後の学習につなげる大切な機会となりました。結果が出るのは約1ヵ月後です。

R0251433.JPGR0251438.JPGR0251445.JPGR0251442.JPGR0251444.JPGR0251443.JPG

1年英語クラス:「多書」からプレゼンへ

[ カテゴリ:国際教養 ]

02月

4日

2015

「国際教養コース」の前身となる1年英語クラスでは、4月当初より英語(コミュニケーション英語Ⅰ)の授業で「多書の活動」を週に1度実施しています。
英語の単語・文法を知っていても相手に伝える内容がなければコミュニケーションは成り立ちません。時には自由に、時には「してみたい旅行」や「ディズニープリンセスになれるなら、誰になる?」など、自分の意見を表現できるようなテーマを毎回設定しています。週末課題として作ってきたノートをグループで交換し、英語でコメントを書きます。文章だけでなく、わからない単語には注をつけたり、写真やイラストを入れたり、どれも力作ばかりで、読むのが楽しいノートになっています。
今回は「多書」で書いた内容の中から、好きなテーマを1つ選び、教室でプレゼンテーションしてもらいました。暗唱は何度かしてきましたが、プレゼンは初めてです。どの生徒もパワーポイントや写真などを持参して、上手にプレゼンしていました。「相手に伝えること」をしっかり考えた工夫が盛りだくさんの、聞いている側も楽しめるプレゼンテーションになったと思います。

DSC02436.JPG     DSC02442.JPG     DSC02444.JPG

DSC02443.JPG     DSC02440.JPG     DSC02445.JPG

R0251434.JPG     R0251435.JPG     R0251437.JPG

*写真下段は、生徒たちが書き溜めてきたノートです。ほんの一部ですが、これだけでもかなりの量の英文が見てとれると思います。まさに「多書」ですね。

前の5件 21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
資料請求