コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

"Christmas Camp"

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

24日

2014

街はクリスマス一色ですが、教室では高校2年生の希望者が英語、国語(古文)、日本史・世界史の講座で勉強中です(12月24~26日午前中)。1月18日の「センターチャレンジ(センター試験同日に行われる試験)」ならびに2月5日の河合塾マーク模試に向けたセンターレベルの講座です。より専門的な解法を扱っています。本番は再来年ですが、高校2年生の段階で目標とする大学に求められる得点率をクリアすることが目標です。特別講座ならではの緊張感と充実感が得られる3日間です。無料講座であることを気遣ってか、講座終了後に教員に手作りのクッキーやチョコレートを振舞ってくれる生徒も。これもクリスマス講座ならでは、でしょうか。クリスマスにも関わらず頑張った皆さんの努力は、必ず実ると信じています。体調に気をつけつつ、充実した冬休みを送ってください。

DSC02345.JPG     DSC02356.JPG     DSC02357.JPG

DSC02361.JPG     DSC02358.JPG     DSC02346.JPG

「大学生トークイベント」:高校1・2年生対象

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

12月

15日

2014

進学棟内BAL Studioにおいて、高校1年生と2年生を対象に、「大学生トークイベント」を開催しました(16:00~18:30)。これは進路支援部(旧進路指導部)が主催し、毎年開催しているものです。例年以上に参加希望者が多く、一時はBAL Studioに収まりきらないのではと心配されるほどでした。
今回は日本女子大学、法政大学(2名)、早稲田大学から現役の大学生にお越しいただき、主に受験期のお話をしていただきました。ご自身が使われていた教材や勉強法について、具体的なお話が多く、参加した約120名の生徒は熱心にメモをとっていました。やはり、歳の近い先輩の話にはリアリティーがあり、今後の自分の姿に重ねやすいものです。
第2部では、現在抱える悩みや疑問について、個別に質疑応答をさせていただきました。受験まで約1年となった高校2年生が、最後まで熱心に質問している姿が印象的でした。
本校では、進路支援部を中心に、こうしたイベントを定期的に行い、学力の向上以外にも、進学に対する動機付け、疑問解決などに役立てています。

20141215大学生talk (2).JPG     20141215大学生talk (4).JPG     20141215大学生talk (6).JPG

20141215大学生talk (5).JPG     20141215大学生talk (8).JPG     20141215大学生talk (1).JPG

GTEC:"Speaking Test"の導入

[ カテゴリ:国際教養 ]

12月

6日

2014

昨日後期中間考査(2)が終わったばかりですが、本日高校1年生、2年生はGTEC(ベネッセコーポレーション)を受験しました。定期的に受験することで、英語運用能力の伸長を確認すると同時に、今後の課題等を把握することができます。特に国際教養コースの前身となる英語クラスの生徒たちの英語の伸長度は全国平均を大きく上回っています。
今回の目玉は、新しく導入された“Speaking Test”です。一人一台のタブレット端末が貸与され、設問ごとに解答(返答)していきます。これによって、これまでの「読む」「聴く」「書く」に加え、「話す」能力も測ることができるようになりました。受験した英語クラスの1、2年生は初めての試みに、少し戸惑いながらも、楽しんで解答している様子でした。

DSC02241.JPG     DSC02246.JPG     DSC02236.JPG

「働くということ」(5):2年英語クラスの取組み

[ カテゴリ:国際教養 ]

11月

20日

2014

約2コマをかけてウェディングプランナー、企画開発、看護師など、7種類の職業の方の勤務の様子とコメントをビデオで観てきました。今日は、それぞれの職業に求められる資質と同時に、全ての職業に共通して求められる資質について考えました。多岐にわたる仕事に共通している資質が発見できれば、そこから「働く」ために求められる資質が見えてくるかもしれません。
各自が考えた資質を持ち寄り、グループの中でその考えを共有します。さらにそれを精選して各グループ1つだけ「働く」ために求められる資質を挙げました。6グループ中5グループが「相手のために」という共通したキーワードを挙げる結果となりました。この授業が始まった当初は「自分のため」「自分の家族のため」と一人称で考える生徒が多かったのですが、この4、5時間で少しずつ考えが広がってきたようです。

DSC02099.JPG     DSC02100.JPG     DSC02101.JPG

「働くということ」(3):2年英語クラスの取組み

[ カテゴリ:国際教養 ]

11月

6日

2014

DSC01993.JPGDSC01996.JPG「働くということ」を考える時間、4時間目の様子です。今回は、前回各モデレーターから発表された働くことの定義と、担任から提示された資料をもとに、再度各自が「働くこと」について考えました。そしてそれが最初の時間に考えたものから変化しているか、変化していないかを書き出しました。この約1ヶ月の間に、ほとんどの生徒の考えに何らかの変化があったようです。まだまだ結論には至りませんが、この時間を通して真剣に「働くこと」と向き合い、多かれ少なかれ"気づき"があったことは将来に向けての収穫と言えると思います。
これから数時間をかけて、実際に社会で働く人々の様子とコメントをまとめた映像を観ながら、その職業に求められる資質と、あらゆる職業に共通して求められる資質の有無について考えていきます。その先駆けとして、本日はリッツカールトン大阪でコンシェルジュとして働く女性の映像を観ました。今後は、看護師、弁護士、企画開発、パティシエ、ウェデングプランナー、介護福祉士の方々の映像を観る予定になっています。

前の5件 22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32
資料請求