コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

「働くということ」(2):2年英語クラスの取組み

[ カテゴリ:国際教養 ]

10月

30日

2014

DSC01967.JPG 「働くということ」を考える時間、3時間目の様子です。前回の課題だった「働くということ=○○ということ」という定義を、各モデレーターから発表してもらいました。「"自立して生きていく"ということ」「"社会貢献をする"こと」など、皆が納得できるものもありましたが、「"自分を幸せにする"こと」や「"妥協する"こと」などなかなか興味深い定義もありました。そうした定義についてはモデレーターからもう少し詳しく追加説明をしてもらいました。まったく同じテーマについて考えても、ひとつとして同じ定義はなく、このテーマの深さが浮き彫りになる結果でした。その後、担任から「働きがいがある企業ランキング」や「女性が働きやすい企業ランキング」などいくつかの資料を提示。
連休明けの総合的な学習の時間までに、今日の発表と配布された資料をもとに、今一度各自が「働く」について考えをまとめます。今日発表された定義と、次回発表されるものには、果たして変化があるでしょうか。

スピーチコンテスト 第2次予選

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

10月

29日

2014

11月19日(水)に迫った第42回「Speech Contest」の第2次予選会が行われました。本校のSpeech Contestは、「レシテーション部門」「スピーチ部門」「海外帰国生スピーチ部門」からなり、毎年ハイレベルなスピーチが披露されます。今年は、創立90周年であることから、スピーチだけでなく、より多様な方法で思いを伝えられるよう「プレゼンテーション部門」を新設しました。この部門に出場する生徒は、映像やダンス、ポスター発表など、それぞれが得意とする方法でのプレゼンテーションを予定しています。
本日は、全1年生が参加した「暗唱部門」のクラス代表者、そして夏休みに書き上げたスピーチ原稿によって選抜された「スピーチ部門」の選抜者が、第2次予選に臨みました。この結果、本選出場者(「暗唱部門」5名、「スピーチ部門」3名)が決定しました。この8名に「海外帰国生スピーチ部門」と「プレゼンテーション部門」の出場者を加えて本選が行われます。
本選は11月19日の13:30から行われます。受験生や受験生の保護者の方もご観覧いただけますので、ご希望の方は03-3946-5301(広報部:松崎)までお問合せください。

DSC01964.JPG     DSC01966.JPG     DSC01962.JPG

「働くということ」:2年英語クラスの取組み

[ カテゴリ:国際教養 ]

10月

17日

2014

2年英語クラスの「総合的な学習の時間」の様子です。
前期はAussie BEST(オーストラリア語学研修)の事前準備に費やしてきたこの時間を、後期は「働くということ」を考える時間に充てています(キャリア教育の一環:他クラスは前期に「企業職業研究」として実施済み)。大学卒業後、必然的に社会で働くことになることは漠然と理解していても、いざ「働くということ」を定義してみると、そう簡単には答えは見つかりません。先週、とある番組を観て各自が気づいたこと、考えたことを本日口頭発表しました。授業のテーマとは多少ずれながらも、「自分たちの環境(家庭)がいかに恵まれているかを考えさせられた」「日本社会において、こんなにも貧富の差があることを知って衝撃的だった」「その場しのぎの、なんとかなるという考え方で働いてはいけない」など様々な意見が出されました。それらの発表を踏まえ、授業の後半にグループディスカッションを行い、「働くということ=○○ということ」という至極端的な定義を試みました。結果は、次回各モデレーターから発表される予定です。
教員自身も簡単には答えられないこの難題の答えを、これから数時間をかけて探し出していきます。

DSC01923.JPG     DSC01922.JPG     DSC01921.JPG

「新生、文京学院シンポジウム」:Global Studies/国際教養

[ カテゴリ:国際教養 ]

10月

11日

2014

第1部 基調講演「女性グローバルリーダーの育成」では、東京大学 恒吉 僚子 教授に日本におけるグローバル教育の最新事情をお話ししていただきました。非英語圏の日本人にとってコミュニケーションの道具としての英語を学ぶことの必要性や日本人であることを戦略的に生かして世界へ出ていくという、これから国際教養コースが目指す道筋を照らしていただくような内容でした。
第2部 パネルディスカッション「グローバル社会で輝くコミュニケーション能力とは」では、国内外を飛び回って活躍する2名の社会人、大学生、在校生という幅広い世代のパネリストを招き、それぞれの現場で実際に行われているコミュニケーション、その能力を身につけるにはどうしたらよいのかについて、語っていただきました。目から鱗の落ちるような刺激的な1時間でした。

DSC01837.JPG     DSC01816.JPG     DSC01809.JPG

DSC01874.JPG     DSC01868.JPG     DSC01884.JPG

卒業生がやってきました。

[ カテゴリ:国際教養 ]

10月

10日

2014

2年特進クラスと英語クラスの生徒を対象に、卒業生が来校し、受験アドバイスをしてくれました。金谷さん(特進クラス:学習院大学卒/東京大学大学院 人文社会系研究科)と小船井さん(特進クラス:早稲田大学卒/同大学院 教育学研究科)です。
彼女たちが高校時代に使っていたノートや教材を持参してくれ、それを見ながら聞く話はとても説得力があり、同時に現実味がありました。「目標から、『今の自分』が遠いと感じたら、何が足りないのか考えてみることが必要だと思います。ベースになるものを底上げするように物事に取り組む姿勢が大切です。今できないことを補填するように努力を続ければ、数ヵ月後、もしかしたら数年後になるかもしれませんが、様々な形で成果が表れてくると思います」(小船井さん)。また、充実した大学での生活の話は、進路目標決定の参考になっただけでなく、今後の学習に対するモチベーションにつながったようです。
第2部では、具体的な勉強方法や生活リズムなど、自分たちが今抱えている悩みを直接先輩たちに聞いてもらうことができました。身近な存在の先輩であるがゆえ、様々な質問を投げることができます。有益なアドバイスをもらい、色々な面で解決策が見えてきた生徒もいたようです。
同じ教室で学び、より広い世界で活躍している先輩の言葉とその姿は、これから本格的な受験勉強が始まる高校2年生にとって大きな励みになりました。

20141010卒業生の話 (1).JPG     20141010卒業生の話 (5).JPG     20141010卒業生の話 (8).JPG

前の5件 22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32
資料請求