コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

卒業生がやってきました。

[ カテゴリ:国際教養 ]

10月

10日

2014

2年特進クラスと英語クラスの生徒を対象に、卒業生が来校し、受験アドバイスをしてくれました。金谷さん(特進クラス:学習院大学卒/東京大学大学院 人文社会系研究科)と小船井さん(特進クラス:早稲田大学卒/同大学院 教育学研究科)です。
彼女たちが高校時代に使っていたノートや教材を持参してくれ、それを見ながら聞く話はとても説得力があり、同時に現実味がありました。「目標から、『今の自分』が遠いと感じたら、何が足りないのか考えてみることが必要だと思います。ベースになるものを底上げするように物事に取り組む姿勢が大切です。今できないことを補填するように努力を続ければ、数ヵ月後、もしかしたら数年後になるかもしれませんが、様々な形で成果が表れてくると思います」(小船井さん)。また、充実した大学での生活の話は、進路目標決定の参考になっただけでなく、今後の学習に対するモチベーションにつながったようです。
第2部では、具体的な勉強方法や生活リズムなど、自分たちが今抱えている悩みを直接先輩たちに聞いてもらうことができました。身近な存在の先輩であるがゆえ、様々な質問を投げることができます。有益なアドバイスをもらい、色々な面で解決策が見えてきた生徒もいたようです。
同じ教室で学び、より広い世界で活躍している先輩の言葉とその姿は、これから本格的な受験勉強が始まる高校2年生にとって大きな励みになりました。

20141010卒業生の話 (1).JPG     20141010卒業生の話 (5).JPG     20141010卒業生の話 (8).JPG

特進クラス:夏季休暇中の「勉強合宿」

[ カテゴリ:国際教養 ]

09月

20日

2014

914.JPGのサムネイル画像     955.JPGのサムネイル画像     951.JPGのサムネイル画像

(写真・左)高1・高2の特進クラスは、8月19日~22日の3泊4日で「勉強合宿」を行いました。最寄駅の武蔵嵐山から国立女性会館までは送迎バスで。夜中まで勉強する楽しい(?!)勉強合宿の始まりです!
(写真・中)夜学習に集中して取り組む1年生。8月末の全国模試に向けて…真剣です。
(写真・右)クラスごとに夜11時まで自主学習。睡魔におそわれても、顔を上げると集中して学ぶ友人の姿が。「私も頑張らなきゃ」と気合を入れて取り組んでいました。夜11時~12時の自主学習は任意でしたが、欠けることなく全員が頑張れました!

938.JPGのサムネイル画像     949.JPGのサムネイル画像     964.JPGのサムネイル画像

(写真・左)食堂では和気あいあいと!体力をつけ、また勉強です!
(写真・中)夜学習では各教科の教員が質問を受け付けました。ラウンジまで降りて、じっくり教わる生徒も。
(写真・右)勉強合宿中も「学習連絡帳」で記録をつけ、自己分析を継続。
「こんなに長い時間勉強できることが分かりました!いままでの自分とは別人!」
「勉強とご飯の思い出だけだけど、結構楽しかったです!」(合宿終了後のコメントより)

今年度のAussie BEST(7/24~8/8)

[ カテゴリ:国際教養 ]

09月

4日

2014

Aussie BEST(英語クラス全員参加のオーストラリア語学研修)の様子をご紹介します。
成田空港を発って約8時間、ゴールドコーストに到着します。時差は1時間ほどなので、時差ボケはありません。日中の気温は23度ぐらい(夜は10度ぐらいまで下がります)。湿気のない爽やかな風と、真っ青な空に迎えられ、St.Hilda's Schoolへ向かいました。St.Hilda's Schoolは、1912年に創立された伝統校。14ヘクタールの緑に囲まれたキャンパスには、幼稚園、小学校、中学、高校それぞれの校舎があります。私たちは、滞在中この学校で生活し、ESL(英語授業)やバディ(St.Hilda'sの生徒:滞在中さまざまな面でサポートしてくれます)の授業に参加したりします。この学校へは、空港から約1時間ほどですが、途中、観光名所やブーツメーカーの「UGG」の工場に立ち寄りつつ学校へ向かいました。学校に到着すると、St.Hilda'sの先生に案内されながら、その広大なキャンパスを見て回りました。美しい芝と、日本の学校とは違う校舎の造りに、いちいち歓声を上げながら、約1時間ほどのキャンパスツアーとなりました。放課後(15:30頃)、ホストファミリーと初対面です。ほとんどのホストファミリーが(高級)車で登下校を送迎してくれることになります。16日間、文字通り家族となる人たちとの対面に、期待と不安の混じった表情で挨拶を交わした後、生徒たちは各家庭へと向かいました。

Aussie1 (1).JPG     Aussie1 (3).JPG     Aussie1(2').JPG
週末は各家庭で過ごします。家族全員で子供のサッカーの試合を応援に行ったり、クルーザーに乗ってWhale Watchingに繰り出したりと、家庭によって週末の過ごし方は様々ですが、異文化に触れるという点では一緒。それぞれに充実した週末を過ごしました。
平日は、大きく分けて2種類のプログラムがあります。ひとつはSt.Hilda'sでのESLの授業およびキャンパス内でのプログラムです。英語教育のプロフェッショナルによる授業は、趣向を凝らした教材が用いられるだけでなく、体を使ったりゲームを取り入れたりと、非常に充実したものです。約15名ずつの少人数授業も効果が高いものです。ESL最終日には、St.Hilda'sの先生から一人ひとりに修了証が渡されます。また、キャンパス内にある幼稚園への訪問は生徒たちが心待ちにしているプログラムのひとつでした。折り紙を教えてあげたり、日本語で「キラキラ星」を歌ってあげたりと、わずか2時間の訪問でしたが、帰り際には園児からハグの嵐でした。その他、バディと一緒にSt.Hilda'sの授業に参加するのもいい経験になります。バディごとに授業が異なるため、科学の授業や日本語の授業など、様々な授業に参加する機会があります。もちろん英語で行われる高校1年~3年の授業を完全に理解することは難しいことですが、それを実感することで、さらに英語学習に対するモチベーションが高まります。

Aussie2 (1).JPG     Aussie2 (2).JPG     Aussie3 (1).JPG
学外でのプログラムでは、Griffith UNIVのキャンパスツアーに参加したり、ブリスベン(バスで1時間ほど)で博物館と現代美術館を訪れ、アボリジニの文化について学ぶこともできました。また、動物園でオーストラリアの動物に触れたり、海のテーマパークを満喫したり、巨大なショッピングモールやサーファーズパラダイスで買い物に勤しんだりと、多岐に渡りゴールドコーストを満喫しました。

Aussie4 (3).JPG     Aussie4 (2).JPG     Aussie4 (1).JPG    
学内プログラムのメインはCultural Presentation(日本文化紹介)です。この日のために5月から準備を進めてきたプレゼンテーションを披露します。今年は、「七夕とはなにか」「日本の伝統的な遊び」「日本の昔話」「習字」など日本独特の文化を紹介、体験してもらいました。このプレゼンテーションに参加したSt.HIlda'sの生徒は日本語の授業を選択している約40名。日本文化に興味が強く、次々にブースを訪れては熱心に説明を聞いてくれました。準備が功を奏し、どの班も満足いくプレゼンテーションができたようです。

Aussie5 (1).JPG     Aussie5 (2).JPG     Aussie5 (3).JPG
こうして本当に多くのことを経験できた研修も最終日を迎えました。集合場所までホストファミリーが(高級)車で送ってくれます。16日間を毎日過ごしたホストファミリーはもはや家族同然です。別れるのがつらく、涙が止まらない生徒も。しかし、このとき国や言語を越えた人間関係が築けることに気づけるのだと思います。成田空港に着いたとき、出国時よりも、生徒が一回も二回りも大きくなったように感じました。

Aussie6 (1).JPG     Aussie6 (2).JPG     Aussie6 (3).JPG

英語クラス:Summer Camp(英文法学習講座)

[ カテゴリ:国際教養 ]

08月

21日

2014

DSC01392.JPG2年英語クラスの希望者を対象としたSummer Camp(英文法学習講座)が行われています。先日、Aussie BEST(オーストラリア語学研修)を無事に終了し、受験勉強が再開です。この講座では、中学~高校2年生前期までに学習した英文法を総復習し、24日の模擬試験対策および後期からの本格的な受験勉強の基礎固めを目標としています。
Call Roomにて、オリジナルの教材とPower Point資料を使って授業は進みます。1回180分(90分×2コマ)の講座ですが、生徒たちは集中力を切らすことなく、真剣に取り組んでいます。現英語クラスでは、これまでにも、Christmas Camp、Spring Campなど、長期休暇中に集中講座を実施しています。

Aussie BEST:結団式

[ カテゴリ:国際教養 ]

07月

18日

2014

英語クラスの語学研修であるAussie BEST(オーストラリア)の出発が近づいてきました。
終業日の本日、最終説明会ならびに結団式が行われました。佐藤校長先生から期間中の安全を祈願してお守りが渡され、語学研修の意義についてお話をいただきました。失敗を恐れず、臆することなく英語を使ってくること、そして何よりもオーストラリアでの生活を楽しんでくることが伝えられました。
続いて、student captainより決意表明がありました:"Have responsibilities for our own action and take care of yourself."
レベルの高いESL(英語授業)に加え、現地校の体育祭の見学、併設幼稚園訪問、サーファーズパラダイス観光やUGG工場見学など、充実したプログラムが予定されています。この16日間を通して、英語力の向上のみならず、グローバルな視野が養われることを期待しています。

DSC00743.JPG     DSC00757.JPG     DSC00747.JPG

前の5件 22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32
資料請求