コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校2年生(国際教養Sクラス):「パラグラフライティング」

[ カテゴリ:国際教養 ]

04月

17日

2019

高等学校の「国際教養コース」には、2年次に「Sクラス」(Super Englishクラス)という英語をより強化したい人のためのクラスが設置されます。
Sクラス生徒が主体の授業に「パラグラフライティング」があります。これはネイティブスピーカーによる授業で、Global Issuesについて論理的な文章を書く力を養うことを目的としています。

授業冒頭は生徒同士の英会話で始まります。今日のテーマは"What news this week was most interesting to you?"でした。多くの生徒がパリのノートルダム大聖堂の火災について話していました。年間計画の中で、今は論理的な文章の構造を学ぶ時期です。オールイングリッシュの教材を使い、基本的な構造を使えるように練習しました。

IMG_2006.JPGIMG_2008.JPGIMG_2010.JPGIMG_2013.JPGIMG_2015.JPGIMG_2017.JPG

高校2年生(国際教養コース):「政治経済」の授業ガイダンス

[ カテゴリ:国際教養 ]

04月

16日

2019

高校生になって初めての公民科の授業が「政治経済」です。
最初の授業では「令和」改元をテーマに、「元号」に対して問いを立て、自分たちで調べて発表しました。想定外の答えが色々と見つかり、驚きや発見がありました。
私たちの身近な「元号」の背景には様々なルールや仕組みがあります。今後はそのルール・仕組みについて学びます。

IMG_1970.JPGIMG_1953.JPGIMG_1962.JPGIMG_1965.JPGIMG_1967.JPGIMG_1963.JPG

高校2年生(国際教養コース):リトアニア映画上映会・制作者講演会

[ カテゴリ:国際教養 ]

04月

12日

2019

本日の午後、高校2年国際教養コースの生徒は、本校併設大学協定校であるリトアニアのヴィータウマス・マグヌス大学アジア研究センター元所長のオウレリウス・ジーカス教授をお招きし、お話を伺いました。
ジーカス教授は、リトアニアと日本の橋渡し役として大変ご活躍中の方です。今回は制作された『カウナス スギハラ、日本を想う(Kaunas, The Cith of Sugihara and Japan)』というドキュメンタリー映画の上映会で日本を回っておられ、本校にもその一環としてお越しいただきました。
生徒は邦画『命のビザ』を事前に鑑賞し、杉原千畝について学んだうえで臨みました。

CIMG3385.JPGCIMG3384.JPGP4129318.JPG

日本語とリトアニア語のインタビュー形式で展開された映画を鑑賞し、終了後にはジーカス先生から3つのテーマでお話をしていただきました。

1つ目は「挑戦したこと」。リトアニア人と日本人が一緒に座って見られるように、ナレーションは使わず字幕で完全バイリンガル対応できるよう工夫したというお話がありました。
2つ目は「楽しかったこと」。日本での撮影期間がわずか10日間と聞くと、生徒から驚嘆の声が上がりました。
そして3つ目は「残念なこと」。多くの資料を集めたが、その1割程度しか使えなかったのがとても残念だったそうです。

その後は生徒からの質問に答えていただきました。

「もしもジーカス先生が杉原千畝の立場だったらどのような行動をしたか?」
「残りの9割の資料を使って、次はどんな作品を作りたいか?」
「リトアニアでは第二次世界大戦についてどのように学ぶのか」
「この映画で一番伝えたかったことは何か」

など、積極的な質問に笑顔で答えていただきました。

日本人とリトアニアから来たユダヤ人のラブロマンスについて質問されると、「ラブロマンスの要素があると映画はもっと面白くなるだろう」と楽しそうに仰っていました。

CIMG3386 - コピー.JPGCIMG3388-2.jpgCIMG3394.JPGCIMG3397.JPGP4129328.JPGP4129332.JPGP4129333.JPGP4129337.JPGCIMG3403.JPG

 

高校1年生(国際教養):「コース内ポスター発表会」

[ カテゴリ:国際教養 ]

03月

7日

2019

本日、高校1年生国際教養コース4クラスで、「コース内ポスター発表会」を行いました。1年間続けてきた探究活動の成果を出す場であり、また発表の練習の意味合いもあります。
今日は学園長先生、理事長先生、校長先生にもお越しいただき、たくさんの発表を見ていただきました。開会式で清水校長先生からは「文京生として探究活動を通じてつけてほしい力」についてお話しいただきました。閉会式では、理事長先生からご講評いただき、国際教養コースの生徒のサイエンスに関する興味関心の高さにお褒めの言葉をいただきました。また、「発表する人は相手を見て目で伝えましょう」ということや「1番目に質問することの大切さ」についてお話しいただきました。
多くの生徒が知識を自分の言葉にして話すことができました。

写真 2019-03-07 10 35 42.jpg写真 2019-03-07 11 04 35.jpg写真 2019-03-07 11 12 21.jpg写真 2019-03-07 11 34 13.jpg写真 2019-03-07 11 35 00.jpg写真 2019-03-07 11 35 04.jpg

「アジ研」Season 3 #14

[ カテゴリ:国際教養 ]

01月

29日

2019

1月26日(土)は本校SGHプロジェクト-グローバルリサーチとして取り組んでいる「アジア研究(通称:アジ研)」の2018年度の最終回です。
ここまで、東京海洋大学 小松俊明教授のご指導の下、9回の講義を受けてきました(講義と言っても、毎回趣向を凝らしたアジア各国の現状の紹介、それぞれの国やアジア全体にの理解を深められた、楽しい内容でした)。参加した生徒たちは、その講義から知見を広げ、各自が興味関心を抱いている社会問題について、アジア各国での取り組みと比較し、考えを整理し、将来に向けての提言を加え、論文にまとめました。これは、高校生にとってはかなり大変な課題(何と言っても、高校生活は、勉強に部活にと忙しい!)で、当初参加していた中で、この論文発表に辿り着けたのは、5名です(1年生3名、2年生2名)。今日は、一人10分の持ち時間で発表し、その後に質疑応答を受けるという形式を採りました。
実際は、全員が10分では意見がまとめられずに、発表時間を超過していましたし、小松教授や一緒に参加した仲間たちからの質問に、充分に答えられない場面も見られました。それでも、ここまで苦労して一つの考えをまとめるという作業を経、各自がひと回り大きく成長できた様子が見て取れました。
再点検をして、製本作業に入ります。春には、ご希望の方に配布いたしますので、お楽しみに!

前回の様子はこちらからご覧いただけます。

RIMG0028.JPGRIMG0020.JPGRIMG0027.JPG
RIMG0026.JPGRIMG0021.JPGRIMG0022.JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
資料請求