受験生サイト
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

DSC00847.JPGのサムネール画像

視線の先にある世界をより具体的に知るために


充実した英語の授業はもちろん、多彩な国際交流プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成。その力こそ、グローバルリーダーへの道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

 

 

中学校・高等学校(一貫教育)のそれぞれのコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のそれぞれのコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

進路選択の“ストライクゾーン”が広い国際教養

多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びが強みを発揮。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律・経済・芸術分野などへも進学しています。

 

高校1年次

「地球規模の問題のルーツを知る」

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。

高校2年次

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

地球上のいたるところで起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。

高校3年次

「グローバル社会の各所に引かれた“境界線”を考える」

地球全体を一つのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、さまざまな観点から引かれる「境界線」が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえで境界線を軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身に付け、進路実現につなげる。

【想定進学先】*高校2年次より、国際教養コースは、進路目標別に、Tクラス/Sクラス/Aクラス に分かれます

Tクラス(思考力 シンキング):
    ・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える
    ・難関私大、国公立大への一般受験に対応した実践力の育成

Sクラス(スーパーイングリッシュ):
    ・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を養成
    ・海外大学や英語で授業が行われている大学、外国語系、国際系学部への進学に対応

Aクラス(アクティブラーニング):
    ・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成
    ・多様な進路とAO・推薦等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開

 

 

空間力をもって社会をデザインする女性リーダー教育の開発実践

文部科学省から「平成27年度スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校」*の指定を受けた文京学院では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー教育の開発実践」のテーマのもと、学院全体をあげて、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。
*今回のSGHアソシエイト指定期間は、平成27~31年度の5年間

文京学院SGHの学び~グローバル人材として養成する能力

1. 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点をもって把握できる能力(=空間力)
2. 「国境」を軽やかに越えることができる能力
3. 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
4. 対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

国際塾との連携

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。国際教養コースを選択した高校1年生と、国際教養コースのSクラスを選択した高校2年生は、1講座以上の受講が必須となります。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Drama、Graphic Designなど、ネイティブスピーカーの講師が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。

国際塾の主な特徴

・レベル・ニーズに合わせて受講可能な自由度の高い講座設定
・英語によるプレゼンテーション、ディスカッションの実施
・英語運用の能力伸張度測定テスト(GTEC)の実施
・伸張度に関するアドバイスやカウンセリングの実施
・国内国際系大学・海外大学進学希望者に対する進路アドバイス
・長期休暇には特別講座(例:TOEIC講座)を開講

国際塾の概要についてはこちらをご覧ください
国際塾の受講コースについてはこちらをご覧ください

DSC00223.JPG国際塾 (44).JPG国際塾 (33).JPG

Kokusai Juku

In addition to regular classes, students are always looking for an edge in their studies, to expand their knowledge base and gain experience beyond the regular classroom. Our Kokusai Juku program offers students the opportunity to stay after school and broaden their abilities through specialized courses delivered in English.

Our Kokusai Juku courses are designed to meet the needs of students who have a strong desire to serve the global community by increasing their own skills in English, and include reading, writing, listening, and presentation skills. The available courses in the after school classes cover a wide range of areas, from life-based conversation skills, to science-centered, and professional presentation studies via the famed TED Talks series.  A desire to make a difference is only the first step towards globalization, Kokusai Juku is here to offer an extra step towards helping make dreams come true.

 

 

多彩な海外研修

本校では、非常に多くの魅力的なプログラムが設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。下記語学研修・留学プログラムは全コースの希望者が参加可能ですが、「グローバルスタディーズ研修旅行」は国際教養コースの生徒のみ参加可能な研修旅行です。

研修旅行

対象コース 名称 渡航先 時期


国際教養

オージー・グローバル オーストラリア セントヒルダ女子高校 高2 7月(16日間)
シンガポール・グローバル シンガポール 高2 2月(5日間)
理数キャリア マレーシア・サイエンス マレーシア ランカウイ島 アンパン女子高校 高2 2月(6日間)
スポーツ科学 オージー・スポーツ オーストラリア セントマーガレット高校 高2 2月(6日間)
全コース 国内研修旅行 関西方面 高2 2月(5日間)
※いずれのコースも海外研修または国内研修を選択できます。
※中学研修旅行:関西方面(中3全員・4日間)

 

派遣留学・語学研修・科学交流 :SSH連携校以外はコースに関わらず参加可能

  派遣先 受入れ先 期間 対象学年
ロータリー
長期留学
合格後決定
(ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中南米、インド) ※1
現地高校 8月~翌5月末
約10か月
高1~高2
高2~高3
オタゴガールズ
長期留学
ニュージーランド
ダニーデン
オタゴ女子高校 1月~翌12月
約11か月
高1~高2
オタゴガールズ
中期留学
ニュージーランド
ダニーデン
オタゴ女子高校 7月~10月
約3か月
高2
St.Benedict English
Intensive Camp
アメリカ ミネソタ州 セントベネディクト大学 7月~8月
25日間
高1・高2
UK BEST イギリス ウースター ウースター大学 7月下旬
14日間
高1・高2
Maple BEST カナダ ビクトリア ビクトリア 7月下旬
11日間
中3
SSH研究連携校※2 タイ  プリンセスチュラポーン科学高校
ペッチャブリー校
1月 理数キャリアコース
British Hills 福島
ブリティッシュヒルズ
ブリティッシュヒルズ 12月(3日間) 中1・中2
※1:決定権はロータリーにあります。 ※2:選抜制

 

AG8.JPGのサムネール画像のサムネール画像IMG_0108.JPGAU1.JPG

 

このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

「アジ研」Season 3 #2

[ カテゴリ:国際教養 ]

05月

1日

2018

今日はアジア研究の開催日。前回は「健康診断」の日、本日は「保護者会」の日と、慌しい中での実施となってしまいましたが、今回は前回参加できなかった2年生も参加して進めることができました。
第二回目のテーマは、『アジアの魅力を探る』です。題材となったのはタイ王国。ご指導される小松先生から繰り出される意表を突いた様々な質問に答える内に、生徒たちの中で今まで考えてもみなかった様々な視点からタイという国が浮き上がってきました。極めつけは、コンピュータ実習室の大画面に映し出されたタイのドラマ『ステイ』です。実は、この大人気ドラマは日本の佐賀県が舞台になっているってご存知でしたか。このドラマがきっかけになって、タイから佐賀県への観光客が急増しているそうです。このように、アジアと日本の思わぬ結び付きが至るところにあるのだということを、生徒は実感できました。
年を追う毎にその充実度を増している『アジ研』です。生徒たちの様子からも、その満足度が窺えました。

前回の様子はこちらからご覧いただけます。

 

DSCF0857.JPGIMG_4779.JPGIMG_4778.JPG
DSCF0859.JPGIMG_4781.JPGDSCF0847.JPG

 

「アジ研」SEASON3 始動

[ カテゴリ:国際教養 ]

04月

16日

2018

DSC00159.JPGSGHアソシエイトとしての取り組み『グローバル・リサーチ』の一環である『アジア研究』が、今年も東京海洋大学の小松俊明教授のご指導の下、行われます。
 
これからの社会や価値観における多様性、そこで生き、活躍していくことになる私たちの意識について、ご自身のご経験を踏まえ小松先生がネットからの情報等も交えてお話して下さいました。
 
アジ研も今年で3年目。アジ研1期生で、本校卒業後タイの大学に進学した生徒が偶然にも現地で小松先生と再会し、現在も連絡を取り合っていますが、その活躍の様子も紹介して下さいました。
こういった話を通し、生徒たちの中で世界はその大きさを変えていくのでしょう。昨年の生徒達が取り組みをまとめた論文集を手に、生徒達は熱心に小松先生のお話に耳を傾けていました。
今年も一層の充実を期して、アジ研の始動が始動しました。
 
DSC00175.JPGDSC00181.JPGDSC00180.JPG

「SGH甲子園2018」出場

[ カテゴリ:国際教養 ]

04月

9日

2018

3月24日、関西学院大学で開催された「SGH甲子園2018」に本校国際教養クラスの2年生が出場しました。「SGH甲子園」とは、全国のスーパーグローバルハイスクール(SGH)校、SGHアソシエイト校が課題研究発表を行なう大変大きな規模の大会です。
本校生徒はポスタープレゼンテーション部門に出場し、「日本とマレーシアのゼノフォビアに関する比較研究」というタイトルで発表をしました。彼女は、本校のSGH活動の一つである「アジア研究」に参加し、この研究を1年間続けてきました。他の学校の生徒や先生、大学の先生、海外からの留学生から鋭い指摘や厳しい質問も受けましたが、誠実に落ち着いて受け答えしていました。
彼女の活躍は、今年度、後輩達の研究に大きな影響を与えてくれることでしょう。

CIMG1293.JPGCIMG1299.JPGIMG_0020.JPG

 

アジア研究(11月25日)

[ カテゴリ:国際教養 ]

11月

25日

2017

前回から着手し始めた論文完成の時間となりました。

学園祭で各自の考えをポスターという形でまとめましたが、これを『論文』にまとめていくことは、また一段高い壁となって生徒達の前に聳えています。

それが、今回も東京海洋大学の小松教授と学生さんたちからの助言や示唆を受けて徐々にまとまったものになっていきました。生徒達も、苦しみながらも手応えを掴みつつあるようです。インターネットからの情報検索も的を射るようになってきています。年明けの完成が楽しみです。

12月9日(土)にはSSH/SGHa+スポーツサイエンス合同の成果報告会が予定されています。お時間がおありでしたら、是非おいでください。

合同成果発表会 12月 9日(土)午後 進学棟地下 BAL Studio

DSC00047.JPGDSC00046.JPGDSC00043.JPG
DSC00049.JPGDSC000421.JPGDSC00051.JPG

アジア研究(11月11日)

[ カテゴリ:国際教養 ]

11月

11日

2017

今回は、10月28日にあったアジア5大学来校の振り返りから導入されました。全体会後、アジ研に参加生徒しているだけが参加した交流会は、どの生徒にとってもとても刺激になったようで、これからの活動に弾みがつきました。

さて、今後の流れとしては、12月にあるSSH/SGHの合同発表会に向けて、いよいよ論文作成を本格化させていくことになります。小松先生からこれから残されている時間が提示されると、生徒たちからもどよめきの声があがりました。

その後の、東京海洋大の学生の方たちにお手伝いしてもらいながらいよいよ論文執筆に突入しました。実質3週間の取組でどこまで完成させられるか、教員も補助しながら見守っていきます。

DSC00051.JPGDSC00042.JPGDSC00054.JPG
DSC00053.JPGDSC00046.JPGDSC00047.JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11