受験生サイト
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

DSC00847.JPGのサムネール画像

視線の先にある世界をより具体的に知るために


充実した英語の授業はもちろん、多彩な国際交流プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成。その力こそ、グローバルリーダーへの道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

 

 

中学校・高等学校(一貫教育)のそれぞれのコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のそれぞれのコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

進路選択の“ストライクゾーン”が広い国際教養

多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びが強みを発揮。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律・経済・芸術分野などへも進学しています。

 

高校1年次

「地球規模の問題のルーツを知る」

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。

高校2年次

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

地球上のいたるところで起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。

高校3年次

「グローバル社会の各所に引かれた“境界線”を考える」

地球全体を一つのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、さまざまな観点から引かれる「境界線」が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえで境界線を軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身に付け、進路実現につなげる。

【想定進学先】*高校2年次より、国際教養コースは、進路目標別に、Tクラス/Sクラス/Aクラス に分かれます

Tクラス(思考力 シンキング):
    ・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える
    ・難関私大、国公立大への一般受験に対応した実践力の育成

Sクラス(スーパーイングリッシュ):
    ・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を養成
    ・海外大学や英語で授業が行われている大学、外国語系、国際系学部への進学に対応

Aクラス(アクティブラーニング):
    ・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成
    ・多様な進路とAO・推薦等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開

 

 

空間力をもって社会をデザインする女性リーダー教育の開発実践

文部科学省から「平成27年度スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校」*の指定を受けた文京学院では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー教育の開発実践」のテーマのもと、学院全体をあげて、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。
*今回のSGHアソシエイト指定期間は、平成27~31年度の5年間

文京学院SGHの学び~グローバル人材として養成する能力

1. 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点をもって把握できる能力(=空間力)
2. 「国境」を軽やかに越えることができる能力
3. 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
4. 対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

国際塾との連携

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。国際教養コースを選択した高校1年生と、国際教養コースのSクラスを選択した高校2年生は、1講座以上の受講が必須となります。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Drama、Graphic Designなど、ネイティブスピーカーの講師が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。

国際塾の主な特徴

・レベル・ニーズに合わせて受講可能な自由度の高い講座設定
・英語によるプレゼンテーション、ディスカッションの実施
・英語運用の能力伸張度測定テスト(GTEC)の実施
・伸張度に関するアドバイスやカウンセリングの実施
・国内国際系大学・海外大学進学希望者に対する進路アドバイス
・長期休暇には特別講座(例:TOEIC講座)を開講

国際塾の概要についてはこちらをご覧ください
国際塾の受講コースについてはこちらをご覧ください

DSC00223.JPG国際塾 (44).JPG国際塾 (33).JPG

Kokusai Juku

In addition to regular classes, students are always looking for an edge in their studies, to expand their knowledge base and gain experience beyond the regular classroom. Our Kokusai Juku program offers students the opportunity to stay after school and broaden their abilities through specialized courses delivered in English.

Our Kokusai Juku courses are designed to meet the needs of students who have a strong desire to serve the global community by increasing their own skills in English, and include reading, writing, listening, and presentation skills. The available courses in the after school classes cover a wide range of areas, from life-based conversation skills, to science-centered, and professional presentation studies via the famed TED Talks series.  A desire to make a difference is only the first step towards globalization, Kokusai Juku is here to offer an extra step towards helping make dreams come true.

 

 

多彩な海外研修

本校では、非常に多くの魅力的なプログラムが設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。下記語学研修・留学プログラムは全コースの希望者が参加可能ですが、「グローバルスタディーズ研修旅行」は国際教養コースの生徒のみ参加可能な研修旅行です。

研修旅行

対象コース 名称 渡航先 時期


国際教養

オージー・グローバル オーストラリア セントヒルダ女子高校 高2 7月(16日間)
シンガポール・グローバル シンガポール 高2 2月(5日間)
理数キャリア マレーシア・サイエンス マレーシア ランカウイ島 アンパン女子高校 高2 2月(6日間)
スポーツ科学 オージー・スポーツ オーストラリア セントマーガレット高校 高2 2月(6日間)
全コース 国内研修旅行 関西方面 高2 2月(5日間)
※いずれのコースも海外研修または国内研修を選択できます。
※中学研修旅行:関西方面(中3全員・4日間)

 

派遣留学・語学研修・科学交流 :SSH連携校以外はコースに関わらず参加可能

  派遣先 受入れ先 期間 対象学年
ロータリー
長期留学
合格後決定
(ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中南米、インド) ※1
現地高校 8月~翌5月末
約10か月
高1~高2
高2~高3
オタゴガールズ
長期留学
ニュージーランド
ダニーデン
オタゴ女子高校 1月~翌12月
約11か月
高1~高2
オタゴガールズ
中期留学
ニュージーランド
ダニーデン
オタゴ女子高校 7月~10月
約3か月
高2
St.Benedict English
Intensive Camp
アメリカ ミネソタ州 セントベネディクト大学 7月~8月
25日間
高1・高2
UK BEST イギリス ウースター ウースター大学 7月下旬
14日間
高1・高2
Maple BEST カナダ ビクトリア ビクトリア 7月下旬
11日間
中3
SSH研究連携校※2 タイ  プリンセスチュラポーン科学高校
ペッチャブリー校
1月 理数キャリアコース
British Hills 福島
ブリティッシュヒルズ
ブリティッシュヒルズ 12月(3日間) 中1・中2
※1:決定権はロータリーにあります。 ※2:選抜制

 

AG8.JPGのサムネール画像のサムネール画像IMG_0108.JPGAU1.JPG

 

このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

アジア5大学来訪

[ カテゴリ:国際教養 ]

11月

1日

2017

10月28日(土)には、アジア5カ国(シンガポール、マレーシア、タイ、台湾、中国(香港))から、それぞれ国を代表する大学(シンガポール国立大学、マレーシア・サバ大学、チュラロンコン大学、国立台湾大学、香港大学)の学生たちが本校を来訪しました。これは、国際教養コースのSGHアソシエイト・カリキュラムにおけるグローバル・リサーチとして、日頃アジア研究(通称アジ研)でご指導をしていただいている東京海洋大学の小松俊明教授が主催している『探検隊プロジェクト』の一環として実現したものです。

当日は三部構成で、第一部は、本校国際教養コース2年生の生徒たちによるホールでの歓迎会です。学校紹介や校歌を披露した後には、チアダンス部による演技、更に有志の指示の下、全員で恋ダンスを踊って盛り上がりました。

第二部では、5つの教室に分かれて、各国の学生たちが自分たちの国の文化や大学での研究などについてプレゼンテーションを用意してくれました。専門的な研究内容も含めた英語でのやりとりに、生徒たちも臆せず質問を投げかけていました。その一つ、『毎日どれ位勉強しているのか』という質問に対しての『寝ている時と食事をしている時以外はいつも勉強しています』という回答には、生徒たちはびっくりするとともに、これから本格的な学問の世界に飛び込む際の厳しさにも思い至ったようです。

そして第三部はアジ研生徒たちとの交流です。お昼ごはんを一緒に食べてから、アジア学生2名+本校生徒2名+東京海洋大の学生2名で班を作った座談会。アジアの学生たちもばらばらに分けられたので、みんな本当に初対面です。小松教授からは「Only English!」のルールを出され、最初は戸惑っていた本校生徒たちも、気さくで優しい大学生の皆さんのお陰で、最後にはすっかり打ち解けて、それぞれに意見を交えることができました。

P1010391.JPGP1010400.JPGP1010440.JPG
P1010437.JPGP1010422.JPGP1010457.JPG

生徒たちは今回の行事を通じて、みな異なる言語や文化を有するアジアの人たちとも、共通語としての英語さえあれば、お互いに意思疎通できるという事実に、改めて気がついてくれたようです。また実際に、生徒たちの、まだ充分でなくとも、そんなことは気にせず自分の気持ちを英語で表現して楽しむ姿勢に、これからの日本を将来の姿が映し出されていたようにも思えます。今回訪問した大学は、みな世界大学ランキングで上位に位置する大学ばかりです。例えば、タイのチュラロンコン大学など、生徒には馴染みのない学校でしたが、ランキング上では慶應義塾大学や早稲田大学よりも上位に位置していることを伝えると、生徒たちは一様に驚いていました(ランキングにもよりますが、シンガポール国立大学や香港大学は、東京大学や京都大学と同列、もしくはそれらを超えるところに位置しています)。こういった、世界有数の知性と直接やり取りすることは、生徒達にとっても大きな刺激となったようです。

P1010456.JPGP1010450.JPGP1010445.JPG

 

後期第1回目「アジ研」

[ カテゴリ:国際教養 ]

09月

2日

2017

本日は後期第1回目「アジ研」です。ここから、学園祭でのポスター発表に向けて、各自の考えを形にしていきます。本日の流れは、

・まずはタイトルを決めよう
・研究の目的は?
・どんな仮説を持っている?
・何を(What)どうやって(How)調べる?
・研究の結果、何を伝えたいか?

という項目毎に整理をしていきました。東京海洋大学の小松教授と補助の大学生たちが、一人ひとり生徒と話しながら内容を整理してくれます。そうすることで、自然と自分の考えをまとめることができるようになってきたようです。
思考の整理方法として、他の場面でも応用してもらいたいところです。さぁ、どのようなポスターが出来上がるか、次回も時間をかけて作成していきます。お楽しみに。
因みに、本日のアジ研の最初に夏休みに何をしたのか報告し合いましたが、小松先生は学生を引率していた出張先のタイで、この春に本校を卒業してタイの大学に進学していたたアジ研一期生に偶然出会い、一緒に活動したそうです。
グローバル化した社会のまさに好例と言えるでしょう。これからも多くの本校生徒が世界を舞台に活動してくれることでしょう!

DSC02454.JPGDSC02453.JPGDSC02455.JPG
DSC02458.JPGDSC02460.JPGDSC02459.JPG

『INSPIRE』進捗状況報告

[ カテゴリ:国際教養 ]

07月

11日

2017

本校で日頃SGHのご指導をいただいている東京海洋大学の小松俊明教授が主催する取り組みが"INSPIRE"です。これは、私達の身の周りにある様々なグローバルイシューに対して、次世代を担う大学生と高校生が協力してリアルに向き合い、問題解決に向けた提言を行うワークショップです。一昨年は本校の国際教養の生徒たちが参加しましたが、今回は理数キャリアの生徒たちが東京海洋大学の学生と力を合わせて取り組みます。
 
今回のテーマは、
①日本国内に起きている『グローバル化』に注目する
②航行生と大学生が一緒に『グローバル教育』に取り組む
③次世代労働市場を担う若者の『グローバルマインド』を醸成する
の3点。
具体的に、事業後継者に悩む茨城県にある養鶏場を取り上げます。ここまで、定期試験もあって中々思うように進まなかったようですが、17日の本番に向けて熱のこもった話し合いが展開されていました。
当日には、東京海洋大学で開催される『海の日記念行事』の一つとして実施されます。お楽しみに。
 
IMGP1830.JPGIMGP1825.JPGIMGP1828.JPG

第5回アジア研究(アジ研)

[ カテゴリ:国際教養 ]

06月

17日

2017

DSC02388[1].JPG第5回目となる「アジア研究」(アジ研)の様子です。
いよいよ、各自の興味関心が明確になってきて、論文としての輪郭がまとまってきました。

今回も大学生をメンターとして交えながら、論文として内容を絞り込んでいきます。内容は多岐に渡るものの、研究として調査するものとするには、やはり整理が必要です。アジ研の集まりは、前期は今回が最終回。これからは、小松先生とメールを中心にやりとりをしながら、ポスター、論文とまとめていきます。さて、どのようにまとまるか。お楽しみに。

 

DSC02392.JPGDSC02393.JPGDSC02389.JPGのサムネイル画像

 

第4回アジア研究(アジ研)

[ カテゴリ:国際教養 ]

06月

10日

2017

今日はアジア研究(アジ研)の第4回目が行われました。そろそろ各自のテーマ設定をどうするのかについて、メンター大学生と話しながら探っていきました。
今回から興味のある1年生も加わったことで、2年生もぐっと集中度が増してきたようです。今後各自のテーマを掘り下げ、いよいよ各自の研究が開始されます。
IMG_0569.JPGIMG_0572.JPGIMG_0566.JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11