コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:国際教養

視線の先にある世界をより具体的に知るために


 

充実した英語の授業はもちろん、多彩な異文化体験プログラムで、日本語と英語で発信できる力を養成します。その力こそ、真の国際人への道を開く推進力となるでしょう。国際社会を身近に感じる喜び、世界中の人々と分かち合える感動を胸に、視線の先にある世界がより具体的に見えてきます。

 

■ 中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

■ 高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

広く世界に学び、活躍する女性を目指す

 

 

英語によるコミュニケーション力を基盤として、活動範囲の広いグローバル社会で活躍する人材を育成します。語学力に加えて、自国の文化・言語に対する深い理解を前提とした文化発信力も高めていきます。また、多彩な進路設定に対応できるリベラルアーツ型の学びも国際教養コースの特徴です。卒業生は国際社会を身近に感じ、世界の人々とコミュニケーションできる成功体験を持って、法律、経済、芸術分野などへも進学しています。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを再選択)

 

「地球規模の問題のルーツを知る」

 

国境を越えてどこにでも起こりうる問題を取り上げ、その原因と関係性について分析する。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Tクラス
・豊富な知識と高いレベルの理解力を基に、論理的思考力・発信力を鍛える。
・国公立大・難関私大への一般選抜入試に対応した実践力を育成する。
 Aクラス
・アクティブラーニングによる授業で、自立した学習者を育成する。
・多様な進路と総合型選抜等の多様な受験方式に対応した進路指導を展開する。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「持続可能なグローバル社会をデザインする」

 

地球上の至る所で起こっている諸問題について、多様な価値観から幅広く考察する。また、諸制度を細かく分析し、望ましいグローバル社会の在り方を模索する。
2年進級時には、コースの再選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Sクラス(英語)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 Sクラス
・英語によるレポート作成、発表を通して高い英語運用能力を育成する。
・海外大学や英語で授業が行われる大学・学部、外国語系学部、国際系学部への進学に対応する。

 

 

 

高校3年次

 

「グローバル社会の各所に引かれた”境界線”を考える」

 

地球全体をひとつのまとまりとして捉える「グローバル」な世界にあっても、様々な観点から引かれる”境界線”が存在する。この境界線を現実の問題として認識し、そのうえでそれを軽やかに越えて考え、行動するための手法・知識を身につけ、進路実現につなげる。

 

 

 

【想定進学先】

 Tクラス:国公立大学・難関私立大学
 Sクラス:国内国際系大学・海外大学
 Aクラス:文系大学全般

 

 

 

社会をデザインする女性リーダー教育

 

文部科学省から「SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校」の指定(平成27~31年)を受けた本校では、「空間力をもって社会をデザインする女性リーダー育成の開発実践」のテーマのもと、学園全体をあげ、4つの柱から成る「グローバル人材育成戦略」に取り組んでいます。

 

 

 目の前にある事象を、時間軸と空間軸の複眼的視点を持って把握できる能力(空間力)
 「国境」を軽やかに越えることができる能力
 異文化への理解と尊敬をもとに、多様性を楽しむことができる包容力
対話を通してお互いの関係を信頼関係に高めることができるコミュニケーション力

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。なお、高等学校の国際教養コース在籍の高校1年生ならびにSクラス在籍の2年生は、国際塾を1講座以上受講することが必須となります。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

アジア研究(11月25日)

[ カテゴリ:国際教養 ]

11月

25日

2017

前回から着手し始めた論文完成の時間となりました。

学園祭で各自の考えをポスターという形でまとめましたが、これを『論文』にまとめていくことは、また一段高い壁となって生徒達の前に聳えています。

それが、今回も東京海洋大学の小松教授と学生さんたちからの助言や示唆を受けて徐々にまとまったものになっていきました。生徒達も、苦しみながらも手応えを掴みつつあるようです。インターネットからの情報検索も的を射るようになってきています。年明けの完成が楽しみです。

12月9日(土)にはSSH/SGHa+スポーツサイエンス合同の成果報告会が予定されています。お時間がおありでしたら、是非おいでください。

合同成果発表会 12月 9日(土)午後 進学棟地下 BAL Studio

DSC00047.JPGDSC00046.JPGDSC00043.JPG
DSC00049.JPGDSC000421.JPGDSC00051.JPG

アジア研究(11月11日)

[ カテゴリ:国際教養 ]

11月

11日

2017

今回は、10月28日にあったアジア5大学来校の振り返りから導入されました。全体会後、アジ研に参加生徒しているだけが参加した交流会は、どの生徒にとってもとても刺激になったようで、これからの活動に弾みがつきました。

さて、今後の流れとしては、12月にあるSSH/SGHの合同発表会に向けて、いよいよ論文作成を本格化させていくことになります。小松先生からこれから残されている時間が提示されると、生徒たちからもどよめきの声があがりました。

その後の、東京海洋大の学生の方たちにお手伝いしてもらいながらいよいよ論文執筆に突入しました。実質3週間の取組でどこまで完成させられるか、教員も補助しながら見守っていきます。

DSC00051.JPGDSC00042.JPGDSC00054.JPG
DSC00053.JPGDSC00046.JPGDSC00047.JPG

アジア5大学来訪

[ カテゴリ:国際教養 ]

11月

1日

2017

10月28日(土)には、アジア5カ国(シンガポール、マレーシア、タイ、台湾、中国(香港))から、それぞれ国を代表する大学(シンガポール国立大学、マレーシア・サバ大学、チュラロンコン大学、国立台湾大学、香港大学)の学生たちが本校を来訪しました。これは、国際教養コースのSGHアソシエイト・カリキュラムにおけるグローバル・リサーチとして、日頃アジア研究(通称アジ研)でご指導をしていただいている東京海洋大学の小松俊明教授が主催している『探検隊プロジェクト』の一環として実現したものです。

当日は三部構成で、第一部は、本校国際教養コース2年生の生徒たちによるホールでの歓迎会です。学校紹介や校歌を披露した後には、チアダンス部による演技、更に有志の指示の下、全員で恋ダンスを踊って盛り上がりました。

第二部では、5つの教室に分かれて、各国の学生たちが自分たちの国の文化や大学での研究などについてプレゼンテーションを用意してくれました。専門的な研究内容も含めた英語でのやりとりに、生徒たちも臆せず質問を投げかけていました。その一つ、『毎日どれ位勉強しているのか』という質問に対しての『寝ている時と食事をしている時以外はいつも勉強しています』という回答には、生徒たちはびっくりするとともに、これから本格的な学問の世界に飛び込む際の厳しさにも思い至ったようです。

そして第三部はアジ研生徒たちとの交流です。お昼ごはんを一緒に食べてから、アジア学生2名+本校生徒2名+東京海洋大の学生2名で班を作った座談会。アジアの学生たちもばらばらに分けられたので、みんな本当に初対面です。小松教授からは「Only English!」のルールを出され、最初は戸惑っていた本校生徒たちも、気さくで優しい大学生の皆さんのお陰で、最後にはすっかり打ち解けて、それぞれに意見を交えることができました。

P1010391.JPGP1010400.JPGP1010440.JPG
P1010437.JPGP1010422.JPGP1010457.JPG

生徒たちは今回の行事を通じて、みな異なる言語や文化を有するアジアの人たちとも、共通語としての英語さえあれば、お互いに意思疎通できるという事実に、改めて気がついてくれたようです。また実際に、生徒たちの、まだ充分でなくとも、そんなことは気にせず自分の気持ちを英語で表現して楽しむ姿勢に、これからの日本を将来の姿が映し出されていたようにも思えます。今回訪問した大学は、みな世界大学ランキングで上位に位置する大学ばかりです。例えば、タイのチュラロンコン大学など、生徒には馴染みのない学校でしたが、ランキング上では慶應義塾大学や早稲田大学よりも上位に位置していることを伝えると、生徒たちは一様に驚いていました(ランキングにもよりますが、シンガポール国立大学や香港大学は、東京大学や京都大学と同列、もしくはそれらを超えるところに位置しています)。こういった、世界有数の知性と直接やり取りすることは、生徒達にとっても大きな刺激となったようです。

P1010456.JPGP1010450.JPGP1010445.JPG

 

後期第1回目「アジ研」

[ カテゴリ:国際教養 ]

09月

2日

2017

本日は後期第1回目「アジ研」です。ここから、学園祭でのポスター発表に向けて、各自の考えを形にしていきます。本日の流れは、

・まずはタイトルを決めよう
・研究の目的は?
・どんな仮説を持っている?
・何を(What)どうやって(How)調べる?
・研究の結果、何を伝えたいか?

という項目毎に整理をしていきました。東京海洋大学の小松教授と補助の大学生たちが、一人ひとり生徒と話しながら内容を整理してくれます。そうすることで、自然と自分の考えをまとめることができるようになってきたようです。
思考の整理方法として、他の場面でも応用してもらいたいところです。さぁ、どのようなポスターが出来上がるか、次回も時間をかけて作成していきます。お楽しみに。
因みに、本日のアジ研の最初に夏休みに何をしたのか報告し合いましたが、小松先生は学生を引率していた出張先のタイで、この春に本校を卒業してタイの大学に進学していたたアジ研一期生に偶然出会い、一緒に活動したそうです。
グローバル化した社会のまさに好例と言えるでしょう。これからも多くの本校生徒が世界を舞台に活動してくれることでしょう!

DSC02454.JPGDSC02453.JPGDSC02455.JPG
DSC02458.JPGDSC02460.JPGDSC02459.JPG

『INSPIRE』進捗状況報告

[ カテゴリ:国際教養 ]

07月

11日

2017

本校で日頃SGHのご指導をいただいている東京海洋大学の小松俊明教授が主催する取り組みが"INSPIRE"です。これは、私達の身の周りにある様々なグローバルイシューに対して、次世代を担う大学生と高校生が協力してリアルに向き合い、問題解決に向けた提言を行うワークショップです。一昨年は本校の国際教養の生徒たちが参加しましたが、今回は理数キャリアの生徒たちが東京海洋大学の学生と力を合わせて取り組みます。
 
今回のテーマは、
①日本国内に起きている『グローバル化』に注目する
②航行生と大学生が一緒に『グローバル教育』に取り組む
③次世代労働市場を担う若者の『グローバルマインド』を醸成する
の3点。
具体的に、事業後継者に悩む茨城県にある養鶏場を取り上げます。ここまで、定期試験もあって中々思うように進まなかったようですが、17日の本番に向けて熱のこもった話し合いが展開されていました。
当日には、東京海洋大学で開催される『海の日記念行事』の一つとして実施されます。お楽しみに。
 
IMGP1830.JPGIMGP1825.JPGIMGP1828.JPG

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
資料請求