資料請求バナー
コース制の学び

コース制の学び

特色あるコース指導:理数キャリア

SSH活動の実績をベースに育成する価値ある「探究マインド」


 

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校(2012-2017)として開発したカリキュラムをもとに、科学に興味を持つ能力と、探究心を育てる多彩な活動を展開しています。理数系大学や企業との連携、小学生への実験指導、また、タイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンス高校との交流など、探究マインドを持った“学び合い”も魅力の一つです。

 

中学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

高等学校のコースについては、以下のコース名をクリックしてご覧ください。

 

 

国際性と探究力を備えた研究者を育成

 

 

多様なカリキュラムを通して、研究者として必要な基礎学力や、英語を含むプレゼンテーション能力の向上も推進。研究者との出会いなどから、将来のキャリアを具体的に想像する機会も豊富にあります。

 

 

 

高校1年次(高校入学時にコースを選択)

 

「科学探究のスキルを高める」

 

SSHの活動を盛り込んだ先進科学教育がスタート。課題発見力、探求スキルを向上させ、高度な研究活動を開始する。また、幅広く科学分野に接する機会を通して、興味関心の幅を広げる。
高等学校入学時(出願時)には、コースの選択だけでなく、進路希望に合わせてコース内で「Tクラス(特進)」「Aクラス(進学)」を選択します。

 

 

 

高校2年次(2年進級時にコースを再選択)

 

「国際的コミュニケーション能力の向上」

 

海外提携校との交流、各種研究発表会への参加に向けて、発表スキルや、科学分野の英語力向上を図る。小グループや個人での課題研究や、先端科学に接する機会を通して、将来の目標を明確にする。

 

 

 

高校3年次

 

「進路実現と国際的研究者の育成」

 

進路実現に必要な学力と、国際社会で活躍できる研究基礎力の仕上げに取り組む。

 

 

 

【想定進学先】

Tクラス:理系国公立大学・難関理系私大
Aクラス:難関理系私大・理系私大

 

 

 

科学探究プログラム

 

SSH指定(2012-2017)により本校が独自に開発した、科学探究力を養成するカリキュラムによる教育を実践しています。
本校の「科学探究プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

多彩な海外研修

 

本校では、非常に多くの魅力的な異文化体験プログラムが設定されているだけでなく、各コース独自のプログラムも設定されています。多くの生徒が積極的に参加し、異文化理解、英語力の養成に努めています。日ごろの英語学習の成果を試し、更なる能力の向上が期待できるだけでなく、世界の多様な文化や歴史・価値観への理解を深めることができます。
本校の「異文化体験プログラム」については、こちらのページをご覧ください。

 

 

 

国際塾との連携

 

全コースから履修が可能な放課後の特別英語講座である「国際塾」。正課の授業では定着しにくい技能を身に付けたり、表現のチャンスを広げていきます。Essay Writing、Presentaion、Debate、Game  Designなど、ネイティブスピーカー教員が担当する多種多様な講座のほか、基礎・基本を重視したい生徒には、英検やGTECなどの検定対策講座も開講されます。多くの講座は、学年による選択の制限がなく、学年の枠を越えて、各人のレベルとニーズに合わせた受講パターンを組むことができます。
「国際塾」の概要については、こちらのページをご覧ください。


このページの先頭へ

 

Bunkyo Blog

高校3年生:第4回看護・医療技術系進路ガイダンス

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

23日

2015

シルバーウィークの最終日、高校3年生の看護・医療技術系への進路希望者対象の第4回ガイダンスを行いました。
夏休み前のガイダンスでは『面接準備編』と題し、面接対策の材料集めを夏休み中に済ませるようにという話をしました。それを踏まえたうえで、今回は『面接実践編』と題し、実際に面接練習を行いました。このガイダンスで行う面接練習は普通の面接ではありません。教員が面接官を務めるまでは普通の練習ですが、その練習風景を他の生徒がオブザーバーとして見守ります。1グループ終わったところで、オブザーバー役の生徒が良かったところと悪かったところの意見を出して、参加者全員で面接を振り返ります。最後に担当教員からのアドバイスを経て、次のグループの練習に入ります。オブザーバーの生徒は自分が面接練習をしているつもりで見ていますので、人の練習も見取り稽古をしているようになり、各自のスキルを上げます。面接練習をする生徒にとっては、本番のときよりも多い人数から見られているプレッシャーは普通の練習では味わえないものです。今日の練習の反省を生かして、来月以降からスタートするAO入試や推薦入試や一般入試までの間、各自でスケジュールを考えて面接練習を積んでいきます。
がんばって、春には満開の桜を咲かせましょう。

(高校3年理数クラス担任 高山 記)

P9230861.JPGP9230869.JPGP9230870.JPG

高校2年生:学年目標

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

17日

2015

916test.JPG学園祭が近づいていますが、生徒たちはしっかりとメリハリをもって授業に臨んでいます。高校2年学年目標は「けじめ・挨拶・思いやり」です。時間のけじめ、先生や先輩との言葉遣いのけじめ、私服の日常と制服を着た文京生としての生活のけじめ、を大切にしています。写真は、古典の小テスト(夏休みの宿題の確認テスト)に取り組んでいるところです。

(高2学年代表 田島 記)

高校1年生:共生社会研究

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

16日

2015

20150916-02.JPG20150916-01.jpg各クラスのLHRでは、共生社会研究の文女祭に向けての準備が大詰めです。当日のシフトも決定しつつあり、盛り上がってきました。

高校2年生:企業・職業研究 発表(1)-文女祭

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

15日

2015

20150916kigyo-syokugyo.JPG

高校2年生は、キャリア教育の一環として、夏休みの期間に「企業訪問」を実施しました。3~4名のグループで、事前に訪問する企業について調べ、質問を考えて訪問しました。訪問内容はレポートにまとめ、文女祭で展示発表します。
本日は、文女祭の展示準備、当日の係分担、後片付けについて話し合い、役割分担を決めました。それぞれの企業や病院、職種について貴重なお話を伺い、働くとはどういうことなのかを 考える機会になりました。
文女祭後は、クラス内発表会を行います。

(キャリア教育支援部長 沢柳 記)

高校3年生:文理クラス Communication英語Ⅲ

[ カテゴリ:高校 コース横断型の学び ]

09月

11日

2015

受験を目前に控えた高校3年生。文理クラスのCommunication英語Ⅲの授業では、現在「水の枯渇」という避けては通れない問題に関する教材を扱っています。ただ英文を読んで情報を得るだけでなく、それに対する自分の意見を持ち、更にそれを伝えることを目標に設定しています。
本日は、読んだ英文内容の定着をねらいとして、英文に関する自作の問題(英語)を出し合うというアクティビティを行いました。問題を作るという作業は、想像以上に難しいものですが、生徒たちはしっかりと英文の内容を理解し、なかなか骨のある問題をペアの相手に投げかけていました。問答が終わると、相手をかえて再び問題を投げかけあいます。相手が答えられない場合は、ヒントを含めて、相手に答えを説明してあげます。その過程で知識の定着が期待できるアクティビティです(Learning by teaching)。

(広報部 松崎 記)

P1070848.JPGP1070849.JPGP1070851.JPG

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
<